メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

ビデオの概要

はじめに

Galaxy Watch3はSamsungのウェアラブルシリーズ “Galaxy Beans”と並ぶ最新モデルです。そしてこのモデルが私達の分解テーブルに舞い降りてきました。どうしてSamsungはGalaxy Watch からGalaxy Watch2を飛ばして、Watch3を登場させたのでしょうか?Galaxy Active Watch2は、一時停車だったのでしょうか?さあ、早速これを開いて、中身を確認しましょう。

iFixitのマルチチャンネルが拡大中です!InstagramTwitterTwitter 日本語版もしくはFacebookをフォローしてください。 ニュースレターを購読いただければ、受信箱に直接お届けします。(英語配信)

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのSamsung Galaxy Watch 3を修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. 私たちの分解ユニットである45mmモデルのスペックを(X線画像も!)確認しましょう。 1.4インチ(34 mm) 円形Super AMOLED ディスプレイ, 360 × 360解像度 Exynos 9110 Dual-core, 1.15 GHz Cortex-A53
    • 私たちの分解ユニットである45mmモデルのスペックを(X線画像も!)確認しましょう。

    • 1.4インチ(34 mm) 円形Super AMOLED ディスプレイ, 360 × 360解像度

    • Exynos 9110 Dual-core, 1.15 GHz Cortex-A53

    • 1 GB RAM、8 GBストレージ (前モデルは1.5 GB RAM、4 GB 内蔵メモリ)

    • ワイヤレス充電

    • ECGセンサー、光学心拍センサー、加速度計と気圧計、ギャイロスコープ,

    • IP68防水防塵性能、5気圧防水 耐水深度(5 ATM)

    • 前モデルと比べて14%薄く、15%軽量になりました。Creative Electronが提供してくれたX線画像を見てください。それから引き続き分解をお楽しみください。

  2. まず先に、かっこいい回転型ベゼルが輝かしく戻ってきました。始終、色々と指先を動かしてしまう人にとっては朗報です! 背面に移動すると、マイクロフォン、高度気圧センサー、スピーカーに加えて、心拍数センサーとECG機能による新しいレイアウトが確認できます。すると数々のセンサーが織りなす星座が見えてきます。 ECGレイアウトを見たことがありますか?Apple Watch Series4にそっくりです。
    • まず先に、かっこいい回転型ベゼルが輝かしく戻ってきました。始終、色々と指先を動かしてしまう人にとっては朗報です!

    • 背面に移動すると、マイクロフォン、高度気圧センサー、スピーカーに加えて、心拍数センサーとECG機能による新しいレイアウトが確認できます。すると数々のセンサーが織りなす星座が見えてきます。

    • ECGレイアウトを見たことがありますか?Apple Watch Series4にそっくりです。

    • これはボタンの1つに、脈動読み取りを可能する隠れたアップグレードが施されているということです。引き続き注目していきましょう!

  3. ”間違い探し”用にオリジナルGalaxy Watch(左)とGalaxy Watch 3を並べてみました。 Watch 3のボティは小さくなりましたが、スクリーンのサイズは大きくなりました。(解像度は同じ)ボタンは、よりクラシックな時計らしくなりました。 しかし重要なのは中身ですよね?Watch 3には8つの光学センサーとECG機能が搭載されています。このX線画像で、一番最初に目に留まるパーツはワイヤレス充電コイルです。
    • ”間違い探し”用にオリジナルGalaxy Watch(左)とGalaxy Watch 3を並べてみました。

    • Watch 3のボティは小さくなりましたが、スクリーンのサイズは大きくなりました。(解像度は同じ)ボタンは、よりクラシックな時計らしくなりました。

    • しかし重要なのは中身ですよね?Watch 3には8つの光学センサーとECG機能が搭載されています。このX線画像で、一番最初に目に留まるパーツはワイヤレス充電コイルです。

    • X線画像を見ると、内部に幾層に重なったパーツが詰まっています。分解して確認してみましょう。

  4. Watch 3モデルの開口方法は分かっています。そして比較的簡単です。作業手順はトライポイントネジとラバーガスケットです。 このトライポイントネジは極小ですが、少なくともキャプティブ(拘束)ネジのため、紛失の心配がなく、締めやすいです。 バックカバーは思いがけず切断してしまう罠が仕掛けられたセンサーケーブルが搭載されていますが、十分な長さがあるため安全です。
    • Watch 3モデルの開口方法は分かっています。そして比較的簡単です。作業手順はトライポイントネジとラバーガスケットです。

    • このトライポイントネジは極小ですが、少なくともキャプティブ(拘束)ネジのため、紛失の心配がなく、締めやすいです。

    • バックカバーは思いがけず切断してしまう罠が仕掛けられたセンサーケーブルが搭載されていますが、十分な長さがあるため安全です。

    • ECGセンサー、心拍センサー、ワイヤレス充電コイルがバックケースに所狭しと詰め込まれています。しかしガスケット付きの小さなスピーカーはここにはありません。

    • 光学バイオセンシングは、Texas Instruments AFE49I30です。

    • Texas Instruments TLV9002 1 MHz オペアンプ

    • モジュールは最高です!これに賛成です。(ただし、これはスピーカーの一つを指しています。 他のパーツがモジュールかどうか分かるにはこれから少し時間がかかりそうです。)

  5. このディスク型マザーボードをすくい出してみると、シールドの下に以下のものを見つけました。 A Samsung SiP FO-PLP combining the Exynos 9110デュアルコア, 1.15 GHz Cortex-A53プロセッサ、同じくSamsung 1 GB DRAM とパワーマネージメントIC SiP FO-PLP はSystem-in-Package Fan-Out Panel Level Packagingという意味で、Samsungはできるだけ多くのテクノロジーをこの極薄パッケージに詰め込んでいます。これはにオリジナルGalaxy Watchにも使われています。
    • このディスク型マザーボードをすくい出してみると、シールドの下に以下のものを見つけました。

    • A Samsung SiP FO-PLP combining the Exynos 9110デュアルコア, 1.15 GHz Cortex-A53プロセッサ、同じくSamsung 1 GB DRAM とパワーマネージメントIC

    • SiP FO-PLP はSystem-in-Package Fan-Out Panel Level Packagingという意味で、Samsungはできるだけ多くのテクノロジーをこの極薄パッケージに詰め込んでいます。これはにオリジナルGalaxy Watchにも使われています。

    • S915 SBN3K 中間周波数 IC

    • NXP PN80T NFCコントローラー w/ Secure Element

    • Broadcom BCM430132 WiFi/BluetoothモジュールとGPS/GLONASS/用のBroadcom GNSS Location Hub

    • Qualcomm Atheros QPA5580 パワーアンプ の可能性

    • IDT P9222S ワイヤレスパワーレシーバー

  6. チップ認識、パート2です。 STMicroelectronics ST33G1M2 セキュアエレメント
    • チップ認識、パート2です。

    • STMicroelectronics ST33G1M2 セキュアエレメント

    • STMicroelectronics LPS22HB プレッシャーセンサー

    • STMicroelectronics LSM6DSOP 3軸の加速度センサーとジャイロスコープ

    • Infineon BGSA14GN10 SP4T アンテナチューニングスイッチ

  7. 少量の接着剤が使用されていますが、これを温めなくてもバッテリーを取り出すことができます。(おそらく室内が32度という環境によるものでしょう) この小さなバッテリー容量はたった1.3Wh (340 mAh @ 3.85 V)ですが、Samsungは2日間の連続使用が可能だと公表しています。おそらくSamsungは、スマートウォッチのバッテリースペックについては勝ち負けを気にしていないのでしょう。 オリジナルのGalaxy Watch  (1.81 Wh)とHuawei Watch GT(1.56 Wh)には若干及びませんが、44mm Apple Watch Series 5(1.129 Wh)に比べると容量は大きいです。
    • 少量の接着剤が使用されていますが、これを温めなくてもバッテリーを取り出すことができます。(おそらく室内が32度という環境によるものでしょう)

    • この小さなバッテリー容量はたった1.3Wh (340 mAh @ 3.85 V)ですが、Samsungは2日間の連続使用が可能だと公表しています。おそらくSamsungは、スマートウォッチのバッテリースペックについては勝ち負けを気にしていないのでしょう。

    • オリジナルのGalaxy Watch (1.81 Wh)とHuawei Watch GT(1.56 Wh)には若干及びませんが、44mm Apple Watch Series 5(1.129 Wh)に比べると容量は大きいです。

    • メタルパウチに入った画期的なバッテリーデザインが見られると半分期待していましたが、これまでのところ、Appleのみがこのバッテリーパックを採用しているようです。

    • 私たちの上等なカーボンファイバー製スパッジャーは、このミッドフレームには十分すぎますが、難なくこじ開けれます。

    • これはゴムで覆われた高度気圧センサーでしょうか?

    • 2つのスイッチと1つのマイクロフォンは、モジュールのケーブルコンビネーションです。

    • このうち一つのスイッチにはブラケットが付いています。指先と手首をループのように繋ぐことでECG(心電図)機能が可能となります。

    • ホールエフェクトセンサーは外側ベゼルの回転を追跡します。

    • そして振動モーターが確認できます。フレームに軽く接着剤で固定されています。

  8. 時計内部全体を取り出した状態になると、円形のAMOLED常時表示ディスプレイにアクセスできます。 ここに到達するための分解作業でしたが、このディスプレイを取り出す最後の作業は、指先でフレームから押し出すだけです。 当然のことながら、ディスプレイ自体はSamsung製です。自社調達です!
    • 時計内部全体を取り出した状態になると、円形のAMOLED常時表示ディスプレイにアクセスできます。

    • ここに到達するための分解作業でしたが、このディスプレイを取り出す最後の作業は、指先でフレームから押し出すだけです。

    • 当然のことながら、ディスプレイ自体はSamsung製です。自社調達です!

    • SamsungはモバイルサービスにおいてAMOLEDテクノロジーを一早く導入しました。しかし伝えられるところによると、AppleはmicroLEDディスプレイに将来を見据えているようで、今後の動向に注目です。

    • 分解はここで時間切れのようです!

  9. 新たに解体されたGalaxyです。バンドに小さな彗星、ディスクやエネルギーが浮遊しています。このカオスを元通りに戻すにはどれぐらい簡単か、リペアビリティスコアだけがその答えを教えてくれます。
    • 新たに解体されたGalaxyです。バンドに小さな彗星、ディスクやエネルギーが浮遊しています。このカオスを元通りに戻すにはどれぐらい簡単か、リペアビリティスコアだけがその答えを教えてくれます。

  10. まとめ
    • デバイスの開口方法は簡単で、接着剤が使用されていません。
    • ケーブルを重複させない設計で、デリケートなZIFコネクタが使用されていません。
    • バッテリーとディスプレイは、簡単な解体作業があればアクセスできます。
    • バックカバーの作業には、特殊なトライポイントドライバーが必要です。一般的なプラスドライバーは内部コンポーネントで使用します。
    • 多くのコンポーネントがモジュールで個別での交換ができます。ただし、背面のセンサーアレイはバックカバーに固定されています。
    • ガラス製デジタイザとスクリーンは融合されています。つまり、ガラスだけの修理は実用的ではありません。
    リペアビリティのスコア
    7
    10点中7点のリペアビリティ
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

86%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

6 件のコメント

Where is the location of the esim?? Waar is de lokatie van de esim??

Erwin - 返信

Hey. Wie sieht es mit dem homebutton aus, ist dieser austauschbar? Ich würde ihn gerne tauschen.

Chris D. - 返信

Hi there. Wondering how easy it is to replace the glass on the back casing. Kits can be found online but haven't seen any pictures of it. Thanks.

Andrew Lock - 返信

I'm Curious. I wrote a comment in Januari and still no response regarding my question. Thanks for creating it, but where can put down a quest about it and get a respons.

Erwin - 返信

Hi Erwin, this is a good place for your questions, another good place would be in the answers forum of the according device. Anyone who has an answer to your question can answer. Unfortunately I don’t know where exactly the eSIM chip is located, sorry. Usually those things are listed on the motherboard step of a teardown.

Tobias Isakeit -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 31

過去 7 日: 277

過去 30 日: 1,458

今までの合計 20,113