メインコンテンツにスキップ

はじめに

この手順を使ってSamsung Galaxy S6 のドーターボードを交換します。ドーターボードはヘッドホンジャック、LEDソフトボタンとUSB充電ポートを搭載しています。auxポートが動かない、充電に問題がある場合は、このドーターボードを交換すると解決に繋がります。

この手順は背面ガラスの取り外しを含みます。背面ガラスを取り外すと付けられた接着剤を剥がすことになります。背面ガラスを再装着する際はこのガイドを参照してください。

  1. 紙クリップの先端か、SIM取り出しツールを電源ボタン側にあるSIMカードスロットの穴に差し込みます。 SIMカードトレイを押し出します。
    • 紙クリップの先端か、SIM取り出しツールを電源ボタン側にあるSIMカードスロットの穴に差し込みます。

    • SIMカードトレイを押し出します。

    • SIMカードトレイにダメージが入らないようあまり強く押し込まないでください。

  2. 電話本体からSIMカードトレイを取り出します。
    • 電話本体からSIMカードトレイを取り出します。

  3. 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。 iOpenerを電子レンジ中央に置きます。
    • 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。

    • iOpenerを電子レンジ中央に置きます。

    • 回転型の電子レンジ:iOpenerが電子レンジのターンテーブルで回転しているか確認してください。iOpenerが作動中に留まってしまうと、熱しすぎや焦げてしまいます。

  4. iOpenerを30秒温めます。
    • iOpenerを30秒温めます。

    • 修理作業中はiOpenerが冷めてしまいますので、使用毎に電子レンジに30秒入れて温めてからご利用ください。

    • 作業中、iOpenerを温めすぎないようにご注意ください。温めすぎるとiOpenerを破裂させてしまうことがあります。

    • 膨らんでいる状態のiOpenerは絶対に触らないでください。

    • 適切に温められたiOpenerは約10分間、温かい状態を保ちます。

  5. 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。
    • 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。

    • iOpenerは大変熱くなっていることがあります。必要であれば、オーブン用のミトンカバーをご利用ください。

  6. 電話本体を裏側にします。 ガラスにひびが入っている場合は、取り外し作業の間ガラスを固定する必要があるため、パネル全体に透明の保護テープを貼り付けてください。
    • 電話本体を裏側にします。

    • ガラスにひびが入っている場合は、取り外し作業の間ガラスを固定する必要があるため、パネル全体に透明の保護テープを貼り付けてください。

    • ガラスの端にiOpenerを約30秒間置いて、ガラス周辺に付けられた接着剤を柔らかくします。

    • iOpenerを反対側の端に約30秒間置いて、パネルの残り部分の接着剤も温めます。

  7. 頑丈な吸盤カップを背面ガラスパネルの下半分に取り付けます。 吸盤カップをしっかり留めて蝶番のハンドルを上に上げて吸盤カップをしっかりと留めます。両方のハンドルを持ち手にするため片方のハンドルも上げます。 吸盤カップをしっかり留めて蝶番のハンドルを上に上げて吸盤カップをしっかりと留めます。両方のハンドルを持ち手にするため片方のハンドルも上げます。
    • 頑丈な吸盤カップを背面ガラスパネルの下半分に取り付けます。

    • 吸盤カップをしっかり留めて蝶番のハンドルを上に上げて吸盤カップをしっかりと留めます。両方のハンドルを持ち手にするため片方のハンドルも上げます。

  8. 次の手順では背面パネルをミッドフレームから取り外すため、開口ピックを使います。接着剤が強い場合は、iOpenerを使って熱をあててください。 吸盤カップを使ってパネルの中央部分に取り付けて本体の下部分端を引っ張って持ち上げます。
    • 次の手順では背面パネルをミッドフレームから取り外すため、開口ピックを使います。接着剤が強い場合は、iOpenerを使って熱をあててください。

    • 吸盤カップを使ってパネルの中央部分に取り付けて本体の下部分端を引っ張って持ち上げます。

  9. 持ち上げた際の隙間が十分にできたら、背面ガラスとミッドフレームの間に開口ピックを差し込みます。 持ち上げた際の隙間が十分にできたら、背面ガラスとミッドフレームの間に開口ピックを差し込みます。
    • 持ち上げた際の隙間が十分にできたら、背面ガラスとミッドフレームの間に開口ピックを差し込みます。

  10. 背面ガラスのパネルの左側下部の角まで開口ピックをスライドします。 背面ガラスのパネルの左側下部の角まで開口ピックをスライドします。 背面ガラスのパネルの左側下部の角まで開口ピックをスライドします。
    • 背面ガラスのパネルの左側下部の角まで開口ピックをスライドします。

  11. 本体の電源ボタン側に沿ってピックをスライドします。 本体の電源ボタン側に沿ってピックをスライドします。 本体の電源ボタン側に沿ってピックをスライドします。
    • 本体の電源ボタン側に沿ってピックをスライドします。

  12. 電話本体の上部に沿って開口ピックをスライドします。 電話本体の上部に沿って開口ピックをスライドします。 電話本体の上部に沿って開口ピックをスライドします。
    • 電話本体の上部に沿って開口ピックをスライドします。

  13. 電話本体の音量ボタンにそって開口ピックをスライドします。 電話本体の音量ボタンにそって開口ピックをスライドします。 電話本体の音量ボタンにそって開口ピックをスライドします。
    • 電話本体の音量ボタンにそって開口ピックをスライドします。

  14. コンポーネントを外すため、ミッドフレームを押さえながら背面ガラスパネルを引き上げます。 接着剤からの強い抵抗感を感じたら、数回以上ガラスの下に開口ピックをスライドしてください。 接着剤からの強い抵抗感を感じたら、数回以上ガラスの下に開口ピックをスライドしてください。
    • コンポーネントを外すため、ミッドフレームを押さえながら背面ガラスパネルを引き上げます。

    • 接着剤からの強い抵抗感を感じたら、数回以上ガラスの下に開口ピックをスライドしてください。

  15. PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る
  16. 背面パネルとミッドフレームの間に開口ピック差し込みます。 残りの接着剤を緩めるため、電話の上部に沿って開口ピックをスライドします。 2つのパーツを取り外すため、ピックをひねります。
    • 背面パネルとミッドフレームの間に開口ピック差し込みます。

    • 残りの接着剤を緩めるため、電話の上部に沿って開口ピックをスライドします。

    • 2つのパーツを取り外すため、ピックをひねります。

  17. この時点で背面ガラスのパネルは電話本体から完全に取り出せていますが接着ストリップが両側に付いたままです。 背面パネルを引き上げて完全に外します。 背面パネルを引き上げて完全に外します。
    • この時点で背面ガラスのパネルは電話本体から完全に取り出せていますが接着ストリップが両側に付いたままです。

    • 背面パネルを引き上げて完全に外します。

  18. 電話本体に留められたミッドフレームから 3.5mm #00プラスネジを13本外します。
    • 電話本体に留められたミッドフレームから 3.5mm #00プラスネジを13本外します。

  19. ミッドフレームアセンブリの端をしっかりと掴みます。 電話本体からミッドフレームアセンブリを外すため、バッテリーを片手で押さえながら、ミッドフレームアセンブリを持ち上げます。 電話本体からミッドフレームアセンブリを外すため、バッテリーを片手で押さえながら、ミッドフレームアセンブリを持ち上げます。
    • ミッドフレームアセンブリの端をしっかりと掴みます。

    • 電話本体からミッドフレームアセンブリを外すため、バッテリーを片手で押さえながら、ミッドフレームアセンブリを持ち上げます。

  20. ミッドフレームアセンブリを持ち上げて残りの電話本体から外します。
    • ミッドフレームアセンブリを持ち上げて残りの電話本体から外します。

  21. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターをマザーボード上のソケットから接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターをマザーボード上のソケットから接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターをマザーボード上のソケットから接続を外します。

  22. スパッジャーの平面側先端を使って、BluetoothとWi-Fiアンテナケーブルコネクターをマザーボードのソケットから外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、BluetoothとWi-Fiアンテナケーブルコネクターをマザーボードのソケットから外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、BluetoothとWi-Fiアンテナケーブルコネクターをマザーボードのソケットから外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、BluetoothとWi-Fiアンテナケーブルコネクターをマザーボードのソケットから外します。

  23. スパッジャーの平面側先端を使ってホームボタンコネクターの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使ってホームボタンコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使ってホームボタンコネクターの接続を外します。

  24. スパッジャーの平面側先端を使ってマザーボードからディスプレイアセンブリのケーブルの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使ってマザーボードからディスプレイアセンブリのケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使ってマザーボードからディスプレイアセンブリのケーブルの接続を外します。

  25. イヤホンスピーカーアセンブリのケーブルコネクターをマザーボードから外します。 イヤホンスピーカーアセンブリのケーブルコネクターをマザーボードから外します。
    • イヤホンスピーカーアセンブリのケーブルコネクターをマザーボードから外します。

  26. ディスプレイフレームからカメラ側先端のマザーボードを持ち上げて、取り外します。 マザーボードを持ち上げながら、作業の邪魔にならないように、リボンケーブルを動かす必要があるかもしれません。基板が持ち上げにくい場合は、基板の接続が完全に外れていて、リボンケーブルに巻き込まれていないか確認してください。
    • ディスプレイフレームからカメラ側先端のマザーボードを持ち上げて、取り外します。

    • マザーボードを持ち上げながら、作業の邪魔にならないように、リボンケーブルを動かす必要があるかもしれません。基板が持ち上げにくい場合は、基板の接続が完全に外れていて、リボンケーブルに巻き込まれていないか確認してください。

    • マザーボードを完全に取り外さないでください。マザーボードの下では、リボンケーブルがドーターボードと繋がっています。

  27. スパッジャーの平面側先端を使って、ドーターボードのリボンケーブルコネクターの接続をマザーボード下側ソケットから外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、ドーターボードのリボンケーブルコネクターの接続をマザーボード下側ソケットから外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ドーターボードのリボンケーブルコネクターの接続をマザーボード下側ソケットから外します。

  28. ディスプレイのガラスが広範囲にひび割れている場合は、ガラスの上にテープを貼ってガラスが飛び散らないようにします。こうすることで吸盤カップを持ち上げやすくなります。 iOpenerを温めます。
    • ディスプレイのガラスが広範囲にひび割れている場合は、ガラスの上にテープを貼ってガラスが飛び散らないようにします。こうすることで吸盤カップを持ち上げやすくなります。

    • iOpenerを温めます。

    • S6のディスプレイ上にiOpenerを配置します。2分後、iOpenerをスクリーンの反対側に移して載せます。

    • デバイスが十分に温かくなるまでiOpenerを複数回に渡って温めてデバイスに載せる作業が必要になります。加熱しすぎないようiOpenerの使用方法を参照してください。

  29. 開口ピックをフレームとディスプレイの間、バッテリーのケース側端に差し込み、上向きにして持ち上げます。 正しく作業が終わったら、ディスプレイフレームとディスプレイアセンブリの間に隙間ができます。 作業が正しく完了しなかった場合は、ピックがガラスから目で確認できます。ピックを取り出してもう一度作業を進めてください。
    • 開口ピックをフレームとディスプレイの間、バッテリーのケース側端に差し込み、上向きにして持ち上げます。

    • 正しく作業が終わったら、ディスプレイフレームとディスプレイアセンブリの間に隙間ができます。

    • 作業が正しく完了しなかった場合は、ピックがガラスから目で確認できます。ピックを取り出してもう一度作業を進めてください。

  30. 開口ピックをディスプレイ端から下向きにスライドし、留められた接着剤を切断します。 ディスプレイ下の繊細な容量ボタンに接触しないよう副基板に到達したら切断作業を止めてください。
    • 開口ピックをディスプレイ端から下向きにスライドし、留められた接着剤を切断します。

    • ディスプレイ下の繊細な容量ボタンに接触しないよう副基板に到達したら切断作業を止めてください。

    • 切断が難しい状況になったときは、iOpenerを準備して該当箇所に載せてください。

    • 接着剤の切断作業が終わったら、ディスプレイがフレームに再粘着するのを防ぐためピックを挟んだままにしておきます。

  31. 開口ピックをデバイス下部の端、ヘッドフォンジャックから充電ポートを過ぎたあたりまでスライドします。 開口ピックを6mm以上中へ差し込まないでください。ホームボタンにダメージを与えてしまいます。
    • 開口ピックをデバイス下部の端、ヘッドフォンジャックから充電ポートを過ぎたあたりまでスライドします。

    • 開口ピックを6mm以上中へ差し込まないでください。ホームボタンにダメージを与えてしまいます。

  32. 開口ピックをヘッドホンジャック付近のディスプレイの下側コーナーの下に約1.2cm差し込みます。 ピックを挿入する際、ボタンのリボンケーブルに注意してください。このケーブルは繊細で簡単に裂けてしまいます。ピックの挿入が困難でケーブルが引っ張られる状態であれば、もう一度該当箇所に熱を当ててください。
    • 開口ピックをヘッドホンジャック付近のディスプレイの下側コーナーの下に約1.2cm差し込みます。

    • ピックを挿入する際、ボタンのリボンケーブルに注意してください。このケーブルは繊細で簡単に裂けてしまいます。ピックの挿入が困難でケーブルが引っ張られる状態であれば、もう一度該当箇所に熱を当ててください。

    • ピックをディスプレイ下に差し込み、ボタンがディスプレイに再粘着するのを防ぎます。

    • 容量ボタンもしくはリボンケーブルどちらかを切断してしまった場合、副基板アセンブリを交換できます。これは新しい容量ボタンも含まれています。

  33. 開口ピックを反対側のディスプレイ下部端に約1.2cmほど差し込みます。 ピックを挿入する際、ボタンのリボンケーブルにご注意ください。ケーブルは繊細でとても裂けやすいためです。ピックの挿入が困難な状態やケーブルを引っ張っている場合は、再度熱を当ててください。
    • 開口ピックを反対側のディスプレイ下部端に約1.2cmほど差し込みます。

    • ピックを挿入する際、ボタンのリボンケーブルにご注意ください。ケーブルは繊細でとても裂けやすいためです。ピックの挿入が困難な状態やケーブルを引っ張っている場合は、再度熱を当ててください。

    • ボタンがディスプレイに再装着しないよう、ピックをディスプレイの下に差し込んだままにしてください。

  34. 開口ピックをデバイス本体のバッテリーと反対側に差し込み、下に留められた接着剤を切断します。 接着剤を切断できたら、ピックをディスプレイ側に差し込んだままにします。ディスプレイがフレームに再装着するのを防ぎます。
    • 開口ピックをデバイス本体のバッテリーと反対側に差し込み、下に留められた接着剤を切断します。

    • 接着剤を切断できたら、ピックをディスプレイ側に差し込んだままにします。ディスプレイがフレームに再装着するのを防ぎます。

  35. デバイス本体上部に沿ってバイブレーター側にピックをスライドします。 イヤホンスピーカーグリルに接触しないよう、ピックを少し外側に引き出します。 イヤホンスピーカーグリルに接触しないよう、ピックを少し外側に引き出します。
    • デバイス本体上部に沿ってバイブレーター側にピックをスライドします。

    • イヤホンスピーカーグリルに接触しないよう、ピックを少し外側に引き出します。

  36. 開口ピックを使ってディスプレイからバッテリー側のフレームの間に差し込み、こじ開けます。 ディスプレイとフレームが簡単に外れない場合は、開口ピックを使って残りの接着剤を全て切断してください。もし切断が難しい場合は、該当箇所に熱を当ててください。
    • 開口ピックを使ってディスプレイからバッテリー側のフレームの間に差し込み、こじ開けます。

    • ディスプレイとフレームが簡単に外れない場合は、開口ピックを使って残りの接着剤を全て切断してください。もし切断が難しい場合は、該当箇所に熱を当ててください。

    • ここではディスプレイを完全に取り出さないでください。ディスプレイケーブルがフレームに繋がった状態です。

  37. ディスプレイ右端のフレックスケーブルをフレームのホールから外します。 ディスプレイ右端のフレックスケーブルをフレームのホールから外します。
    • ディスプレイ右端のフレックスケーブルをフレームのホールから外します。

  38. 新しいディスプレイを装着する前に、フレームから古い接着剤を取り除いてください。特に小さなガラスの破片がある場合は気をつけて作業を進めてください。
    • 新しいディスプレイを装着する前に、フレームから古い接着剤を取り除いてください。特に小さなガラスの破片がある場合は気をつけて作業を進めてください。

    • 接着剤とガラスの破片をフレームから全て取り除いた後、90%以上のイソプロピルアルコールとリントフリーの布もしくはコーヒーフィルターで綺麗に拭き取ってください。前後ではなく同じ方向に向けて拭きます。

    • フレームが曲がっている場合やガラスや接着剤の残りが付いている場合、新しいディスプレイが正しく装着できずダメージを与えてしまいます。必要に応じてフレームを交換してください。

    • 新しいスクリーンを取り付ける際に最善の方法は、カスタムカットした両面テープを使うことです。テープをスクリーンの裏側に付けて丁寧にディスプレイケーブルをフレームに通します。スクリーンを定位置に載せてしっかりと押し込みます。

  39. ディスプレイフレームに留められたドーターボードから 3.0mm #00 プラスネジを1本外します。
    • ディスプレイフレームに留められたドーターボードから 3.0mm #00 プラスネジを1本外します。

  40. ディスプレイフレームを裏返しにしてホームボタンを上向きにします。 スパッジャーの先端をソフトボタンLEDケーブルの右側横の溝に差し込みます。 ディスプレイフレームからLEDケーブルを丁寧に持ち上げます。
    • ディスプレイフレームを裏返しにしてホームボタンを上向きにします。

    • スパッジャーの先端をソフトボタンLEDケーブルの右側横の溝に差し込みます。

    • ディスプレイフレームからLEDケーブルを丁寧に持ち上げます。

    • プラスチックのフレームからケーブルを外す際は、壊れやすいためケーブルを裂かないようにご注意ください。

  41. スパッジャーの先端をソフトボタンLEDケーブルの左側横の溝に差し込みます。 左側のソフトボタンLEDケーブルをプラスチックフレームから持ち上げます。 左側のソフトボタンLEDケーブルをプラスチックフレームから持ち上げます。
    • スパッジャーの先端をソフトボタンLEDケーブルの左側横の溝に差し込みます。

    • 左側のソフトボタンLEDケーブルをプラスチックフレームから持ち上げます。

  42. フレームを再び裏返しにして、ディスプレイフレームからドーターボードを剥ぎ取るようにして持ち上げます。 フレームを再び裏返しにして、ディスプレイフレームからドーターボードを剥ぎ取るようにして持ち上げます。 フレームを再び裏返しにして、ディスプレイフレームからドーターボードを剥ぎ取るようにして持ち上げます。
    • フレームを再び裏返しにして、ディスプレイフレームからドーターボードを剥ぎ取るようにして持ち上げます。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。背面ガラスを再装着する際は、背面ガラス接着剤の交換ガイドをご利用ください。

81 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Dante Mazzanti

メンバー登録日: 2015年07月13日

32,565 ポイント

26のガイドは作成済み

Step 41

I could not find any led cables... after the repair the led soft keys work and vibrate but do not light up... anyway to fix this problem? Fixing g925a

Devin Gonzales - 返信

It seems like you've damaged the Flex oder the Button itself. If youve allready checked the connection to Motherboard, then you need to replace the Daughterboard to solve the issue

Patrick -

For step 41

I could not find and led cables to remove... and after there repair the led light forsaken the soft keys do not light up but they do work and vibrate... what should I do?

Devin Gonzales - 返信

I would definitely recommend heating and prying before carrying out step 17. There is a lot of glue holding the frame together and not heating and prying could easily lead to screen damage.

Marty - 返信

STEP 30 - What about the glue between the plastic frame and display assembly. Is there a product to use to glue it up again?

aaron - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 22

過去 7 日: 147

過去 30 日: 683

今までの合計 77,105