メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを参照して、Samsung Galaxy S20 Plusのスクリーンアセンブリを交換します。ディスプレイガラス、OLEDパネルとデジタイザがスクリーンアセンブリを構成しており、まとめて交換する必要があります。

ご注意:このモデル交換用スクリーンは、新しいフレーム(別名シャーシ)にプリインストールされている場合があります。つまりデバイス内部をすべて移植して、新しいバッテリーを取り付けなければなりません。このガイドを始める前に、正しいパーツを入手しているか確認してください。

この作業中に、補強されていない壊れやすいディスプレイパネルを壊す可能性があります。 スクリーンセンブリを再利用する場合は、熱を多く当てて、こじ開ける作業は慎重に行ってください。

この修理を完成するには、交換用の接着剤が必要です。

  1. 作業を始める前に、デバイスの電源を切ってください。
    • 作業を始める前に、デバイスの電源を切ってください。

    • 温めたiOpenerを、バックカバーの右側端に沿って約2分間載せます。

    • ヘアドライヤー、ヒートガンもしくはホットプレートでも対応できますが、デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。ディスプレイとバッテリーは、熱によるダメージに弱い性質があります。

  2. デバイス背面の、下部中央のできる限り端に近い位置に吸盤カップを装着します。 ディスプレイのダメージが大きい場合、透明な梱包テープで全体を覆ってから吸盤カップを装着してください。もしくは代用として強力な梱包テープを吸盤カップのように装着することもできます。それでも上手く行かない場合は、吸盤カップに強力ボンドをつけて固定してください。 吸盤カップを強く一定の力で引き上げて、バックカバーとフレームの間に隙間を作ります。
    • デバイス背面の、下部中央のできる限り端に近い位置に吸盤カップを装着します。

    • ディスプレイのダメージが大きい場合、透明な梱包テープで全体を覆ってから吸盤カップを装着してください。もしくは代用として強力な梱包テープを吸盤カップのように装着することもできます。それでも上手く行かない場合は、吸盤カップに強力ボンドをつけて固定してください。

    • 吸盤カップを強く一定の力で引き上げて、バックカバーとフレームの間に隙間を作ります。

    • 隙間に開口ピックの先端を差し込みます。

    • 非常に強力に装着されているため、複数回にわたってiOpenerで温めてこじ開ける作業を繰り返す必要があります。

    • 隙間を作れない場合、さらに端に沿って温めてから再試行してください。

    • ピックに過剰な力を加えないでください。バックカバーガラスを飛散する可能性があります。

  3. 開口ピックをデバイスの下部端に沿って前後にスライドしながら、接着剤を切開します。 再度熱を当てる前に、コーナーを固定している接着剤を切開しないでください。バックカバーがひび割れしてしまうことがあります。 接着剤の再装着を防ぐため、隙間に開口ピックを差し込んだままにします。
    • 開口ピックをデバイスの下部端に沿って前後にスライドしながら、接着剤を切開します。

    • 再度熱を当てる前に、コーナーを固定している接着剤を切開しないでください。バックカバーがひび割れしてしまうことがあります。

    • 接着剤の再装着を防ぐため、隙間に開口ピックを差し込んだままにします。

  4. 温めたiOpenerをデバイス左端に約2分間当てます。
    • 温めたiOpenerをデバイス左端に約2分間当てます。

  5. 吸盤カップをデバイス背面に装着します。できる限り左端の中央に取り付けてください。 強く、一定の力で吸盤カップを引き上げて、バックカバーとフレームの間に隙間を生じます。 開口ピックの先端を隙間に差し込みます。
    • 吸盤カップをデバイス背面に装着します。できる限り左端の中央に取り付けてください。

    • 強く、一定の力で吸盤カップを引き上げて、バックカバーとフレームの間に隙間を生じます。

    • 開口ピックの先端を隙間に差し込みます。

    • このエッジのガラスは湾曲しているため、開口ピックの先端を深くまで差し込むことができません。ピックの先端がガラスエッジの下にある限り、作業を続けることができます。

    • 接着剤の強度のため、この作業は複数回に渡って行う必要があります。

    • 隙間ができない場合は、さらにiOpenerを温めてさらに同じ部分に当ててください。

    • もしくは高濃度(90%以上)イソプロピルアルコールの数滴を隙間に注入し、接着剤を緩めることもできます。

    • 開口ピックで過剰な力を加えないでください。バックカバーのガラスがひび割れてしまうリスクがあります。

  6. ガラスのエッジの下に開口ピックを差し込めたら、下向きに傾けて、さらにバックカバーの接着剤を切開するために深くまで押し込みます。 ガラスのエッジの下に開口ピックを差し込めたら、下向きに傾けて、さらにバックカバーの接着剤を切開するために深くまで押し込みます。
    • ガラスのエッジの下に開口ピックを差し込めたら、下向きに傾けて、さらにバックカバーの接着剤を切開するために深くまで押し込みます。

  7. デバイス左端に沿って、開口ピックをスライドして、バックカバーの接着剤を切開します。 音量ボタンと電源ボタンを囲むフレームの尾根をスライドするときは注意してください。ガラスの切り欠きにより、ひびが入りやすくなる場合があります。 接着剤の再装着を防ぐため、隙間に開口ピックを差し込んだままにします。
    • デバイス左端に沿って、開口ピックをスライドして、バックカバーの接着剤を切開します。

    • 音量ボタンと電源ボタンを囲むフレームの尾根をスライドするときは注意してください。ガラスの切り欠きにより、ひびが入りやすくなる場合があります。

    • 接着剤の再装着を防ぐため、隙間に開口ピックを差し込んだままにします。

  8. 温めたiOpenerをバックカバーの右端に約2分間当てます。
    • 温めたiOpenerをバックカバーの右端に約2分間当てます。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、ホットプレートでも対応できますが、デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。内蔵のバッテリーは熱によるダメージを受けやすいです。

  9. 吸盤カップをデバイス背面に取り付けます。できる限り中央の右端に装着してください。 吸盤カップを一定の強さで引き上げて、バックカバーとフレームの間に隙間を作ってください。 開口ピックの先端を隙間に差し込みます。
    • 吸盤カップをデバイス背面に取り付けます。できる限り中央の右端に装着してください。

    • 吸盤カップを一定の強さで引き上げて、バックカバーとフレームの間に隙間を作ってください。

    • 開口ピックの先端を隙間に差し込みます。

    • 前の手順と同じように開口ピックを下向きに傾けて、バックカバーの下に差し込んでください。

  10. デバイス右端に沿って開口ピックをスライドして、バックカバーに付けられた接着剤を剥がします。 デバイス上部付近の右端に開口ピックを残してください。接着剤の再装着を防ぎます。 これを行うと、バックカバーが他のピックと同様に接着剤の再装着から守られて、簡単に外すことができます。 バックカバーを外せたら、開口ピックを脇に置いておきます。
    • デバイス右端に沿って開口ピックをスライドして、バックカバーに付けられた接着剤を剥がします。

    • デバイス上部付近の右端に開口ピックを残してください。接着剤の再装着を防ぎます。

    • これを行うと、バックカバーが他のピックと同様に接着剤の再装着から守られて、簡単に外すことができます。 バックカバーを外せたら、開口ピックを脇に置いておきます。

  11. 温めたiOpenerをバックカバーの上部端に約2分間当てます。
    • 温めたiOpenerをバックカバーの上部端に約2分間当てます。

  12. バックカバーのコーナー付近のガラスは湾曲しており、ひび割れやすくなっています。この手順では、バックカバーのダメージを防ぐために慎重に作業を進めてください。 デバイスの右端から右上隅に向かってピックを徐々にスライドさせます。 バックカバーの接着剤を完全に切開するために、左上隅に向けて上端に沿ってスライドを続けます。
    • バックカバーのコーナー付近のガラスは湾曲しており、ひび割れやすくなっています。この手順では、バックカバーのダメージを防ぐために慎重に作業を進めてください。

    • デバイスの右端から右上隅に向かってピックを徐々にスライドさせます。

    • バックカバーの接着剤を完全に切開するために、左上隅に向けて上端に沿ってスライドを続けます。

    • スライドが困難になってきた時点で、作業を止めて再度温めてください。

  13. バックカバーをゆっくりと持ち上げます。開口ピックを使って、残りの接着剤を切開します。 バックカバーを取り出します。
    • バックカバーをゆっくりと持ち上げます。開口ピックを使って、残りの接着剤を切開します。

    • バックカバーを取り出します。

    • 再組み立ての際は、バックカバーを密封する前に、デバイスの電源を入れて、全ての機能が動くかテストをすることをお勧めします。再組み立て作業に戻る前に、デバイスの電源を必ず切ってください。

    • このガイドを参照してバックカバー周辺の接着剤を交換してから、デバイスを密封してください。

  14. #00 プラスドライバーを使って、マザーボードブラケットを固定している4mmネジを6本外します。
    • #00 プラスドライバーを使って、マザーボードブラケットを固定している4mmネジを6本外します。

    • この修理では各ネジの装着位置を管理してください。再組み立ての際は、正しい位置に戻してください。

  15. ピンセットを使って、プラスチックのミッドフレームからマザーボードブラケットをゆっくりと引き上げて、クリップを外します。 ブラケットをまだ完全に外さないでください。ワイヤレス充電コイルと繋がっています。 ブラケットをまだ完全に外さないでください。ワイヤレス充電コイルと繋がっています。
    • ピンセットを使って、プラスチックのミッドフレームからマザーボードブラケットをゆっくりと引き上げて、クリップを外します。

    • ブラケットをまだ完全に外さないでください。ワイヤレス充電コイルと繋がっています。

  16. マザーボードブラケットをゆっくりと傾けて持ち上げます。これでオレンジのバッテリーコネクタにアクセスできます。 マザーボードブラケットをゆっくりと傾けて持ち上げます。これでオレンジのバッテリーコネクタにアクセスできます。 マザーボードブラケットをゆっくりと傾けて持ち上げます。これでオレンジのバッテリーコネクタにアクセスできます。
    • マザーボードブラケットをゆっくりと傾けて持ち上げます。これでオレンジのバッテリーコネクタにアクセスできます。

  17. スパッジャーを使って、バッテリーコネクタの接続をこじ開けて外します。 このようにコネクタの接続を外す際は、ソケット周辺の表面上についている小さなコンポーンネントを紛失しないようにご注意ください。
    • スパッジャーを使って、バッテリーコネクタの接続をこじ開けて外します。

    • このようにコネクタの接続を外す際は、ソケット周辺の表面上についている小さなコンポーンネントを紛失しないようにご注意ください。

  18. スパッジャーを使って、ワイヤレス充電コイルのコネクタをこじ開けて、接続を外します。 スパッジャーを使って、ワイヤレス充電コイルのコネクタをこじ開けて、接続を外します。
    • スパッジャーを使って、ワイヤレス充電コイルのコネクタをこじ開けて、接続を外します。

  19. ピンセットを使って、ワイヤレス充電コイルをゆっくりとデバイスから剥がします。 ワイヤレス充電コイルを取り出します。 再組み立ての際は、マザーボードのブラケット用ネジを一番先に留めて、充電コイルの位置を正しく揃えます。それからコイルの本体をしっかりと押さえて装着します。
    • ピンセットを使って、ワイヤレス充電コイルをゆっくりとデバイスから剥がします。

    • ワイヤレス充電コイルを取り出します。

    • 再組み立ての際は、マザーボードのブラケット用ネジを一番先に留めて、充電コイルの位置を正しく揃えます。それからコイルの本体をしっかりと押さえて装着します。

  20. #00プラスドライバーを使って、ラウドスピーカーと下部ミッドフレームを固定している4mmネジを5本外します。
    • #00プラスドライバーを使って、ラウドスピーカーと下部ミッドフレームを固定している4mmネジを5本外します。

  21. ミッドフレーム左上隅にある凹みに、スパッジャーまたはピンセットの先端を挿入してこじ開けて、クリップを外します。 ラウドスピーカーと下部ミッドフレームを取り出します。 ラウドスピーカーと下部ミッドフレームを取り出します。
    • ミッドフレーム左上隅にある凹みに、スパッジャーまたはピンセットの先端を挿入してこじ開けて、クリップを外します。

    • ラウドスピーカーと下部ミッドフレームを取り出します。

  22. ディスプレイケーブルをスパッジャーでこじ開けて、接続を外します。 ディスプレイケーブルをスパッジャーでこじ開けて、接続を外します。
    • ディスプレイケーブルをスパッジャーでこじ開けて、接続を外します。

  23. 次の幾つかの手順では、デバイス周辺に付けられた黒い接着剤を剥がす必要があります。
    • 次の幾つかの手順では、デバイス周辺に付けられた黒い接着剤を剥がす必要があります。

    • デバイスの長辺側の接着剤は薄く、接着剤を切開するのに、開口ピックを5mm程度差し込んでください。

    • デバイスの上部端に沿って接着剤の範囲はデバイスのエッジからかなり内側まであります。開口ピックを奥深くまで差し込んで、接着剤を剥がしてください。

  24. 温めたiOpenerを、ディスプレイの上部端に沿って2分間当てます。
    • 温めたiOpenerを、ディスプレイの上部端に沿って2分間当てます。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、ホットプレートでも対応できますが、デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。

  25. 吸盤カップを、ディスプレイガラスの上部端中央に近い位置に装着します。 ディスプレイの破損程度が酷い場合は、透明の梱包テープを表面に貼って、吸盤カップをしっかりと装着させます。代わりに、強力なテープで吸盤カップを作ることもできます。それでも上手くいかない場合は、強力ボンドを吸盤カップ上に付けてください。 吸盤カップをしっかりと強く一定の力で引き上げ、ディスプレイガラスとフレームの間に隙間を作ってください。
    • 吸盤カップを、ディスプレイガラスの上部端中央に近い位置に装着します。

    • ディスプレイの破損程度が酷い場合は、透明の梱包テープを表面に貼って、吸盤カップをしっかりと装着させます。代わりに、強力なテープで吸盤カップを作ることもできます。それでも上手くいかない場合は、強力ボンドを吸盤カップ上に付けてください。

    • 吸盤カップをしっかりと強く一定の力で引き上げ、ディスプレイガラスとフレームの間に隙間を作ってください。

    • 開口ピックをイヤピーススピーカーの切り欠きの真ん中の隙間に差し込みます。ディスプレイの下側に向けて差し込んでください。

    • フロントカメラ上にピックをスライドしてください。カメラ側に押さないでください。

    • 強力な接着剤のため、iOpenerを複数回にわたって温めて、吸盤カップで引っ張る作業を繰り返す必要があります。

    • 隙間が作れない場合は、デバイス端を温め直してください。

    • 接着剤の再装着を防ぐため、ピックを継ぎ目の間に残します。

  26. 前の手順と同じ隙間に2枚目の開口ピックを差し込んで、ディスプレイの左上コーナーに向けてスライドして、接着剤を切開します。 開口ピックを継ぎ目に残して、接着剤の再装着を防ぎます。
    • 前の手順と同じ隙間に2枚目の開口ピックを差し込んで、ディスプレイの左上コーナーに向けてスライドして、接着剤を切開します。

    • 開口ピックを継ぎ目に残して、接着剤の再装着を防ぎます。

  27. 3番目の開口ピックを中央の隙間に差し込んで、右上のコーナーに向けてスライドして、接着剤を切開します。 接着剤の再装着を防ぐため、開口ピックをその場に残します。
    • 3番目の開口ピックを中央の隙間に差し込んで、右上のコーナーに向けてスライドして、接着剤を切開します。

    • 接着剤の再装着を防ぐため、開口ピックをその場に残します。

  28. 中央のピックをデバイス上部端の内側に差し込んで、イヤピースとフロントカメラ周辺の接着剤を切開します。 接着剤が切開しにくい場合は、再度温めて作業を継続します。
    • 中央のピックをデバイス上部端の内側に差し込んで、イヤピースとフロントカメラ周辺の接着剤を切開します。

    • 接着剤が切開しにくい場合は、再度温めて作業を継続します。

    • 開口ピックを深くまで差し込みすぎないようにご注意ください。スクリーンアセンブリの下に開口ピックが消えてしまいます。

    • 中央のピックを取り出します。

  29. 温めたiOpenerを、2分間デバイスの右端に当てます。
    • 温めたiOpenerを、2分間デバイスの右端に当てます。

  30. ディスプレイの右上コーナーの隙間に開口ピックを差し込みます。 右下コーナーに向けてピックをスライドして、接着剤を切開します。 スクリーンの右端中央の下に開口ピックを差し込んで、接着剤の再装着を防ぐため、その場に残します。
    • ディスプレイの右上コーナーの隙間に開口ピックを差し込みます。

    • 右下コーナーに向けてピックをスライドして、接着剤を切開します。

    • スクリーンの右端中央の下に開口ピックを差し込んで、接着剤の再装着を防ぐため、その場に残します。

  31. 温めたiOpenerをディスプレイの左端に沿って、約2分間当てます。
    • 温めたiOpenerをディスプレイの左端に沿って、約2分間当てます。

  32. ディスプレイの左上コーナーの隙間に開口ピックを差し込みます。 ピックを左下コーナーに沿ってスライドして、接着剤を切開します。 スクリーンの左端中央の下に、開口ピックを差し込んで、接着剤の再装着を防ぎます。
    • ディスプレイの左上コーナーの隙間に開口ピックを差し込みます。

    • ピックを左下コーナーに沿ってスライドして、接着剤を切開します。

    • スクリーンの左端中央の下に、開口ピックを差し込んで、接着剤の再装着を防ぎます。

  33. この手順では、イソプロピルアルコールをスクリーンの下に注入して、デバイスの中央側に向けてアルコールを流します。 高濃度(90%以上)のイソプロピルアルコールをディスプレイの裏に注入します。赤でマークされたエリアにできるだけ近い位置に流してください。
    • この手順では、イソプロピルアルコールをスクリーンの下に注入して、デバイスの中央側に向けてアルコールを流します。

    • 高濃度(90%以上)のイソプロピルアルコールをディスプレイの裏に注入します。赤でマークされたエリアにできるだけ近い位置に流してください。

    • デバイスを傾けて、ディスプレイ下側部分の下にアルコールを浸透させます。

    • アルコールを注入した後、2-3分間デバイス下部を傾けて、さらに接着剤に浸透させます。

  34. スクリーンの上部端の下にスパッジャーをゆっくと差し込み、接着剤を乖離させます。 接着剤が完全に剥がれるまで、スパッジャーを差し込みます。 接着剤が完全に剥がれるまで、スパッジャーを差し込みます。
    • スクリーンの上部端の下にスパッジャーをゆっくと差し込み、接着剤を乖離させます。

    • 接着剤が完全に剥がれるまで、スパッジャーを差し込みます。

  35. フレームからディスプレイを外します。 デバイス下端に接着剤の小さなストリップがまだあるかもしれませんが、それは簡単に剥がれるはずです。 ディスプレイケーブルをフレームから解きます。
    • フレームからディスプレイを外します。

    • デバイス下端に接着剤の小さなストリップがまだあるかもしれませんが、それは簡単に剥がれるはずです。

    • ディスプレイケーブルをフレームから解きます。

    • 再組み立て中は、ディスプレイを所定の位置に装着する前に、フレームの穴にディスプレイケーブルを通す必要があります。 新しいスクリーン接着剤を塗布する前に、ディスプレイケーブルを挿入しないでください。

  36. ピンセットを使って、フレームから残りの接着剤を剥がします。 イソプロピルアルコールと糸くずの出ないマジックワイプを使って、フレーム表面を拭き取り、新しい接着剤を装着する準備をします。前後ではなく、一方向に拭いてください。 再組み立ての際は、このガイドを参照して、カスタムカットされた接着剤をデバイスにインストールします。
    • ピンセットを使って、フレームから残りの接着剤を剥がします。

    • イソプロピルアルコールと糸くずの出ないマジックワイプを使って、フレーム表面を拭き取り、新しい接着剤を装着する準備をします。前後ではなく、一方向に拭いてください。

    • 再組み立ての際は、このガイドを参照して、カスタムカットされた接着剤をデバイスにインストールします。

終わりに

オリジナルのパーツと交換用パーツをよく見比べてください。交換用パーツに付いていない残りのコンポーネントや接着シールなどは、インストールする前に新パーツに移植する必要があります。

このデバイスを再組み立てするには、インストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシューティングのヘルプには、このモデルのアンサーコミュニティを参照してください。

10 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Tarun Thiruma

メンバー登録日: 2019年11月20日

25,971 ポイント

133のガイドは作成済み

コメント1件

Thank you for the step by step guide. Where did you get the repair screen from? Are these screens OEM? Thank you in advance!

Greivin Vega - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 58

過去 7 日: 341

過去 30 日: 1,564

今までの合計 20,686