はじめに

このガイドを参照しながら、iFixitバッテリー交換キットを使ってMacBook Proから接着剤で固められたバッテリーを安全に取り外します。キットの中に含まれる接着剤リムーバーはバッテリーにつけられた接着剤を溶解します。これでバッテリーを簡単に取り外せます。

iFixitの接着剤リムーバーは引火しやすい性質をもっています。 この作業を行う際は換気の良い場所で行ってください。作業中の喫煙や火の気の近くでの作業は絶対にやめてください。

安全のため、MacBook Proのバッテリー残量を放電してください。 充電したリチウムイオン電池は危険性が潜んでおり、アクシデントで穴を開けてしまうと引火をコントロールできなくなります。

ご注意: バッテリーの接着剤を溶解するために使用されている溶剤はプラスチック製の筐体に接触してしまうとスピーカーにダメージを与えてしまうことがあります。このガイドではバッテリーへの作業を始める前に、スピーカーを外します。

  1. MacBook Proの底ケースに固定されているP5ペンタローブネジを取り外します。
    • MacBook Proの底ケースに固定されているP5ペンタローブネジを取り外します。

      • 3.0 mmー8本

      • 2.3 mmー2本

  2. クラッチカバー付近の端を持ち上げて、MacBook Proの底ケースを外します。
    • クラッチカバー付近の端を持ち上げて、MacBook Proの底ケースを外します。

    • 底ケースを脇に置きます。

  3. バッテリーコネクタを覆っている注意書きラベルを剥がします。
    • バッテリーコネクタを覆っている注意書きラベルを剥がします。

  4. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターの接続部分を基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。 バッテリーケーブルを後ろ側に折り曲げ、バッテリーコネクタがアクシデントで基板に接触しないように確認してください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターの接続部分を基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。

    • バッテリーケーブルを後ろ側に折り曲げ、バッテリーコネクタがアクシデントで基板に接触しないように確認してください。

  5. スパッジャーの先端を使って、3本のAirPortアンテナケーブルをAirPortボード上のソケットから接続を真っ直ぐ引き上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、3本のAirPortアンテナケーブルをAirPortボード上のソケットから接続を真っ直ぐ引き上げます。

  6. スパッジャーの先端を使って、カメラケーブルのコネクタをファン側に押して、基板上のソケットから外します。
    • スパッジャーの先端を使って、カメラケーブルのコネクタをファン側に押して、基板上のソケットから外します。

      • 基板に対して平行に押してください。コネクタの一方をまず押してから、反対側を押してください。ソケットには接触しないでください。

  7. 右側ファン上にあるゴム製ヒートシンクカバーの下にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 スパッジャーをカバー全体にスライドしながら、接着剤を剥がします。 カバーを持ち上げて、裏返します。これで下にあるケーブルにアクセスできます。
    • 右側ファン上にあるゴム製ヒートシンクカバーの下にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • スパッジャーをカバー全体にスライドしながら、接着剤を剥がします。

    • カバーを持ち上げて、裏返します。これで下にあるケーブルにアクセスできます。

  8. 指先を使って、AirPort/カメラケーブルをファンから引っ張ります。 ケーブルはファンに接着剤で固定されています。そのためダメージを与えないように、引っ張る際はゆっくりと丁寧に作業を進めてください。 丁寧にプラスチックのケーブルガイドからケーブルを外します。
    • 指先を使って、AirPort/カメラケーブルをファンから引っ張ります。

      • ケーブルはファンに接着剤で固定されています。そのためダメージを与えないように、引っ張る際はゆっくりと丁寧に作業を進めてください。

    • 丁寧にプラスチックのケーブルガイドからケーブルを外します。

  9. スパッジャーの平面側先端を使って、I/O ボードコネクターを基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。再組み立ての際は、このコネクターの先端を先に接続してください。 同じ方法で、I/OボードコネクタをI/Oボード上のソケットから接続を外します。 MacBook ProからI/Oボードケーブルを外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/O ボードコネクターを基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。再組み立ての際は、このコネクターの先端を先に接続してください。

    • 同じ方法で、I/OボードコネクタをI/Oボード上のソケットから接続を外します。

    • MacBook ProからI/Oボードケーブルを外します。

  10. 基板上のAirPortカードに固定された2.9 mm T5トルクスネジを1本外します。
    • 基板上のAirPortカードに固定された2.9 mm T5トルクスネジを1本外します。

  11. MacBook ProからAirPortカードを取り出して、AirPortの薄くなっている端を掴んで、基板と平行に引っ張ります。 MacBook ProからAirPortカードを取り出して、AirPortの薄くなっている端を掴んで、基板と平行に引っ張ります。
    • MacBook ProからAirPortカードを取り出して、AirPortの薄くなっている端を掴んで、基板と平行に引っ張ります。

  12. スパッジャーの先端を使って、右側ファンのリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げて裏返します。 固定フラップの蝶番部分をこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。
    • スパッジャーの先端を使って、右側ファンのリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げて裏返します。

    • 固定フラップの蝶番部分をこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • 右側ファンケーブルの下に差し込んだプラスチック製の開口ツールをケーブル上部からスライドして、基板から解放します。

    • ケーブルを外す際はご注意ください。基板に多量の接着剤で固定されています。

  13. 基板に右側ファンを固定している次のネジを外します。
    • 基板に右側ファンを固定している次のネジを外します。

      • 4.4 mm T5トルクスネジー1本

      • 3.9 mm T5トルクスネジー1本

      • 5.0 mm T5トルクスネジ(2 mmカラー)ー1本

  14. MacBook Proから右側ファンを持ち上げて取り出します。
    • MacBook Proから右側ファンを持ち上げて取り出します。

    • ファンを再装着する際は、3本のファン用ネジを装着した後にファンリボンケーブルを接続するよりも先にファンを固定してからケーブルを接続する方が簡単です。

  15. スパッジャーの平面側先端を使って、左側ファンからゴム製ヒートシンクのカバーを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、左側ファンからゴム製ヒートシンクのカバーを持ち上げます。

  16. 左側ファンを基板に固定している次のネジを外します。
    • 左側ファンを基板に固定している次のネジを外します。

      • 4.4 mm T5トルクスネジー1本

      • 5.0 mm T5トルクスネジー1本

      • 3.9 mm T5ワイドヘッドトルクスネジー1本

  17. スパッジャーの先端を使って、左側リボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 蝶番の固定フラップを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。 プラスチック製の開口ツールを差し込んだケーブルの上部から左側ファンケーブルの下までスライドして、基板から解放します。
    • スパッジャーの先端を使って、左側リボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • 蝶番の固定フラップを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • プラスチック製の開口ツールを差し込んだケーブルの上部から左側ファンケーブルの下までスライドして、基板から解放します。

      • ケーブルを外す際はご注意ください。ケーブルは頑丈な接着剤によって基板に固定されています。必要に応じてiOpenerやドライヤーを使ってケーブルに留められた接着剤を柔らかくするため、ケーブルを温めてください。取り外す作業がスムーズにいきます。

    • デバイスから左側ファンを持ち上げて取り出します。

    • ファンを再装着する際は、ファンのネジを3本取り付けた後に行うよりも、ファンを固定の場所に置いてファン用のリボンケーブルを接続する方法が簡単です。

  18. 基板にSSDを固定している3.1 mm T5トルクスネジを1本外します。
    • 基板にSSDを固定している3.1 mm T5トルクスネジを1本外します。

  19. Free shipping on all orders over $100.00 or containing a Pro Tech Toolkit!

    当社のショップを閲覧する

    Ever fixed something? That’s Genius.

    Share your repair story with #ImAGenius

    We Are All Geniuses

    Share your repair story with #ImAGenius

  20. ゆっくりと一番右側のSSDを持ち上げて、基板上のソケットから真っ直ぐスライドして外します。 ゆっくりと一番右側のSSDを持ち上げて、基板上のソケットから真っ直ぐスライドして外します。
    • ゆっくりと一番右側のSSDを持ち上げて、基板上のソケットから真っ直ぐスライドして外します。

  21. スパッジャーの先端を使ってI/Oボードのデータケーブルのロックを持ち上げて外し、バッテリー側に回します。 スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボードデータのケーブルをまっすぐ基板上のソケットからスライドして外します。
    • スパッジャーの先端を使ってI/Oボードのデータケーブルのロックを持ち上げて外し、バッテリー側に回します。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボードデータのケーブルをまっすぐ基板上のソケットからスライドして外します。

      • ソケットは大変デリケートのため、I/Oボードのデータケーブルを上向きに引っ張らないでください。基板に平行してケーブルを引っ張ります。

  22. 基板にI/Oボードを固定している3.1 mm T5トルクスネジを2本外します。 ゆっくりとI/Oボードを持ち上げて底ケースから取り出します。
    • 基板にI/Oボードを固定している3.1 mm T5トルクスネジを2本外します。

    • ゆっくりとI/Oボードを持ち上げて底ケースから取り出します。

  23. スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからヘッドホンジャックのコネクターを持ち上げて、接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからヘッドホンジャックのコネクターを持ち上げて、接続を外します。

  24. スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーのコネクターを基板上のソケットから持ち上げて接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクタを基板上のソケットから持ち上げて接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーのコネクターを基板上のソケットから持ち上げて接続を外します。

    • スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクタを基板上のソケットから持ち上げて接続を外します。

    • ケーブルヘッドを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。ソケットを持ち上げてしまうと、基板から外れてしまう恐れがあります。

  25. スパッジャーの平面側先端を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 蝶番の固定フラップのみこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • 蝶番の固定フラップのみこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからキーボードのロボンケーブルを引き上げて外します。

  26. スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからトラックパッドのリボンケーブルのコネクターを引き上げて外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからトラックパッドのリボンケーブルのコネクターを引き上げて外します。

  27. 基板上のソケットからキーボードのバックライトコネクターを持ち上げて接続を外します。
    • 基板上のソケットからキーボードのバックライトコネクターを持ち上げて接続を外します。

  28. スパッジャーの先端や指の爪を使ってマイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを引き上げて、接続を外します。
    • スパッジャーの先端や指の爪を使ってマイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを引き上げて、接続を外します。

    • 蝶番の固定フラップを引き上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • マイクリボンケーブルをソケットから外します。

  29. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータケーブルのロックを引き上げて、デバイスのDC-In側に向けて回します。 ディスプレイのデーターケーブルを基板上のソケットからまっすぐ引き上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータケーブルのロックを引き上げて、デバイスのDC-In側に向けて回します。

    • ディスプレイのデーターケーブルを基板上のソケットからまっすぐ引き上げます。

    • ソケットはとても壊れやすい為、ディスプレイデーターケーブルを引き上げないでください。ケーブルを基板と平行に引っ張ります。

  30. スパッジャーの平面側先端を使って、MagSafe 2コネクタ付近の盛り上がったネジ頭上のゴム製のネジキャップを丁寧に外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、MagSafe 2コネクタ付近の盛り上がったネジ頭上のゴム製のネジキャップを丁寧に外します。

  31. 上部ケースに基板を固定している次の6本のネジを外します。
    • 上部ケースに基板を固定している次の6本のネジを外します。

      • 2.6 mm T5トルクスネジー1本

      • 5.8 mm T5トルクスネジー2本

      • 3.8 mm T5トルクスネジー1本

      • 5.2 mmナベ頭組込T5トルクスネジー1本

      • 3.5 mm シルバーT5トルクスネジー1本

  32. バッテリーに一番近い側から本体デバイスの上部に向けて基板を持ち上げます。 スパッジャーの平面側先端を使って、MagSafe 2コネクタを基板下側上のソケットからゆっくりと押して外します。 基板を再装着する際は、赤の印でマークされたケーブルの位置を確認してください。基板ときちんと接続されているか確認します。
    • バッテリーに一番近い側から本体デバイスの上部に向けて基板を持ち上げます。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、MagSafe 2コネクタを基板下側上のソケットからゆっくりと押して外します。

    • 基板を再装着する際は、赤の印でマークされたケーブルの位置を確認してください。基板ときちんと接続されているか確認します。

      • 上から時計回りに:キーボード、トラックパッド、右側スピーカー、キーボードバックライト、ディスプレイ、マイク、ヘッドフォンジャック、左側スピーカー

  33. MacBook Proから基板アセンブリを取り出します。
    • MacBook Proから基板アセンブリを取り出します。

  34. 上部ケースと左側スピーカーを固定している次の3本のネジを外します。 5.6 mm T5 トルクスネジー1本
    • 上部ケースと左側スピーカーを固定している次の3本のネジを外します。

      • 5.6 mm T5 トルクスネジー1本

      • 6.9 mm T5トルクスネジー1本

      • 2.6 mm T5トルクスネジー1本

    • 上部ケースから左側スピーカーを持ち上げて、側に寄せておきます。

  35. 上部ケースと右側スピーカーを固定している次の3本のネジを外します。 5.6 mm T5 トルクスネジー1本
    • 上部ケースと右側スピーカーを固定している次の3本のネジを外します。

      • 5.6 mm T5 トルクスネジー1本

      • 6.9 mm T5トルクスネジー1本

      • 2.6 mm T5トルクスネジー1本

    • MacBook Proから右側スピーカーを取り出します。

  36. バッテリーボードに固定された2本の3.9 mm T5トルクスネジを外します。
    • バッテリーボードに固定された2本の3.9 mm T5トルクスネジを外します。

  37. キットに含まれている液体状の接着剤リムーバーはMacBook Proディスプレイの反射防止用コートに影響を与えることがあります。
    • キットに含まれている液体状の接着剤リムーバーはMacBook Proディスプレイの反射防止用コートに影響を与えることがあります。

    • ディスプレイを保護するために、ディスプレイとキーボードの間にアルミホイルシートを付けてください。作業中被せたままにします。

  38. MacBook Proの正面を自分に向け、安定したフォーム製ブロックや本を衝立に使って、デバイス右側を持ち上げて下に置きます。 次の手順では、バッテリーの右端(外側)に液体の接着剤リムーバーを塗布します。MacBook Proの右側を持ち上げて固定すれば、接着リムーバーはバッテリー底に流れ込みます。
    • MacBook Proの正面を自分に向け、安定したフォーム製ブロックや本を衝立に使って、デバイス右側を持ち上げて下に置きます。

      • 次の手順では、バッテリーの右端(外側)に液体の接着剤リムーバーを塗布します。MacBook Proの右側を持ち上げて固定すれば、接着リムーバーはバッテリー底に流れ込みます。

  39. ここまで来たらあなたのMacBook Proは準備万端です、次はあなたの番です。 iFixit接着剤リムーバーにはアセトンが含まれており、マイルドスキンや目には刺激的です。
    • ここまで来たらあなたのMacBook Proは準備万端です、次はあなたの番です。

    • iFixit接着剤リムーバーにはアセトンが含まれており、マイルドスキンや目には刺激的です。

      • 接着剤リムーバーを手にして塗る時にはゴーグルを装着してください。(ゴーグルはキットに含まれています。)

      • ゴーグルなしでコンタクトレンズの着用はやめてください。

      • 保護グローブもキットの中に含まれています。皮膚の荒れを気にするなら、今すぐグロープを装着してください。

  40. 接着剤リムーバーの容器を開けます。 キットの中にあるシリンダーに少量(約1−2ミリリットル)の接着剤リムーバーを充填してください。
    • 接着剤リムーバーの容器を開けます。

    • キットの中にあるシリンダーに少量(約1−2ミリリットル)の接着剤リムーバーを充填してください。

      • 一度に充填するリムーバーの量は1-2ミリリットルを上回らないでください。塗り過ぎを避けるためです。

      • この残りの手順では、必要に応じてシリンダーに再充填してください。

  41. 高く持ち上げられた右側のバッテリー外側縁に沿って、少量の接着剤リムーバー(約1ml)を均等に塗布します。 次の段階に進む前に、液体の接着剤リムーバーがバッテリーの下に浸透するまで、2-3分待ちます。
    • 高く持ち上げられた右側のバッテリー外側縁に沿って、少量の接着剤リムーバー(約1ml)を均等に塗布します。

    • 次の段階に進む前に、液体の接着剤リムーバーがバッテリーの下に浸透するまで、2-3分待ちます。

  42. 一枚のプラスチックカードの一角を外側のバッテリーの下から差し込み、スライドしてください。 ゆっくりとカードを捻りながらスライドすると、バッテリーとMacBook Proのケースの間に隙間を作りやすくなります。 カードをさらに奥までバッテリー下にスライドして、バッテリーをMacBook Proの上部ケースに固定している接着剤から解放します。
    • 一枚のプラスチックカードの一角を外側のバッテリーの下から差し込み、スライドしてください。

      • ゆっくりとカードを捻りながらスライドすると、バッテリーとMacBook Proのケースの間に隙間を作りやすくなります。

    • カードをさらに奥までバッテリー下にスライドして、バッテリーをMacBook Proの上部ケースに固定している接着剤から解放します。

  43. バッテリーを持ち上げて、MacBook Proの上部ケースから解放しますが、まだ完全に取り出さないでください。 次の作業でバッテリーがケースに再装着しないよう、プラスチックカードをそのままバッテリーの下に置いてください。
    • バッテリーを持ち上げて、MacBook Proの上部ケースから解放しますが、まだ完全に取り出さないでください。

    • 次の作業でバッテリーがケースに再装着しないよう、プラスチックカードをそのままバッテリーの下に置いてください。

  44. 少しの接着剤リムーバー(約1ml)を次の右端を上げたバッテリーの縁に沿って均等に塗布します。 次の段階に進む前に、液体の接着剤リムーバーがバッテリー下に浸透するまで、2-3分待ってください。 次の段階に進む前に、液体の接着剤リムーバーがバッテリー下に浸透するまで、2-3分待ってください。
    • 少しの接着剤リムーバー(約1ml)を次の右端を上げたバッテリーの縁に沿って均等に塗布します。

    • 次の段階に進む前に、液体の接着剤リムーバーがバッテリー下に浸透するまで、2-3分待ってください。

  45. 2番目のバッテリー下にプラスチックカードの一角を差し込みます。 カードを2番目のバッテリー下に差し込み、端から端までスライドして、底の接着剤を分離させます。 次の手順に進む間に、溶解した接着剤に再装着するのを防ぐため、プラスチックカードを2つのバッテリーの下に差し込んだままにします。
    • 2番目のバッテリー下にプラスチックカードの一角を差し込みます。

    • カードを2番目のバッテリー下に差し込み、端から端までスライドして、底の接着剤を分離させます。

    • 次の手順に進む間に、溶解した接着剤に再装着するのを防ぐため、プラスチックカードを2つのバッテリーの下に差し込んだままにします。

  46. 高く持ち上げる位置をスイッチします。本やフォーム製ブロックなどをMacBook Pro左側先端の下に置いてください。 前の手順を繰り返して、持ち上げた左側の二つのバッテリーも分離させます。 外側のバッテリー左側の端に接着剤リムーバーを塗って、浸透するまで2-3分待ちます。
    • 高く持ち上げる位置をスイッチします。本やフォーム製ブロックなどをMacBook Pro左側先端の下に置いてください。

    • 前の手順を繰り返して、持ち上げた左側の二つのバッテリーも分離させます。

      • 外側のバッテリー左側の端に接着剤リムーバーを塗って、浸透するまで2-3分待ちます。

      • バッテリーの下にプラスチックカード1枚を差し込んで、端から端までカードをスライドして、バッテリーを分離してください。

      • 右隣のバッテリーにも同じ作業を繰り返します。

      • 次の作業中、バッテリーが再装着するのを防ぐため、プラスチックカードをそのまま置くか、バッテリーを裏返してください。

  47. 本やフォーム製ブロックを取り外します。それからディスプレイの蝶番付近下に据えてください。 本やフォーム製ブロックを取り外します。それからディスプレイの蝶番付近下に据えてください。
    • 本やフォーム製ブロックを取り外します。それからディスプレイの蝶番付近下に据えてください。

  48. バッテリーコネクターかプラスチック製バッテリーフレームを掴んで、わずかに持ち上げます。そして、中央2つのバッテリーせるの上部先端を露出させます。 バッテリーコネクターかプラスチック製バッテリーフレームを掴んで、わずかに持ち上げます。そして、中央2つのバッテリーせるの上部先端を露出させます。
    • バッテリーコネクターかプラスチック製バッテリーフレームを掴んで、わずかに持ち上げます。そして、中央2つのバッテリーせるの上部先端を露出させます。

  49. プラスチックバッテリーのフレームを作業の邪魔にならない位置に持ち上げたまま、2つの中央のバッテリーセル上部の下に少量(約1−2ml)の接着剤リムーバーを注入します。 接着剤リムーバーが浸透するまで2-3分待ちます。 接着剤リムーバーが浸透するまで2-3分待ちます。
    • プラスチックバッテリーのフレームを作業の邪魔にならない位置に持ち上げたまま、2つの中央のバッテリーセル上部の下に少量(約1−2ml)の接着剤リムーバーを注入します。

    • 接着剤リムーバーが浸透するまで2-3分待ちます。

  50. プラスチックフレームを作業の邪魔にならない位置に固定したまま、プラスチックカードの一角を中央バッテリーセルの外側端の下に差し込みます。 バッテリーコントローラーに一番近い縁を沿ってカードをスライドしないでください。キーボードリボン ケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。 カードをバッテリーせるの下側に向けてスライドします。剥がした接着剤が再装着するのを防ぐためそのまま放置します。
    • プラスチックフレームを作業の邪魔にならない位置に固定したまま、プラスチックカードの一角を中央バッテリーセルの外側端の下に差し込みます。

    • バッテリーコントローラーに一番近い縁を沿ってカードをスライドしないでください。キーボードリボン ケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。

    • カードをバッテリーせるの下側に向けてスライドします。剥がした接着剤が再装着するのを防ぐためそのまま放置します。

  51. MacBook Proの上部ケースから残りのバッテリーセルを剥がすため、同じ手順を繰り返します。 MacBook Proの上部ケースから残りのバッテリーセルを剥がすため、同じ手順を繰り返します。 MacBook Proの上部ケースから残りのバッテリーセルを剥がすため、同じ手順を繰り返します。
    • MacBook Proの上部ケースから残りのバッテリーセルを剥がすため、同じ手順を繰り返します。

  52. プラスチックのフレーム付きバッテリーを持ち上げ、デバイス本体の蝶番側にスライドします。上部ケースに止められたネジポストが出てくるまで持ち上げてください。 プラスチックのフレーム付きバッテリーを持ち上げ、デバイス本体の蝶番側にスライドします。上部ケースに止められたネジポストが出てくるまで持ち上げてください。
    • プラスチックのフレーム付きバッテリーを持ち上げ、デバイス本体の蝶番側にスライドします。上部ケースに止められたネジポストが出てくるまで持ち上げてください。

  53. バッテリーを持ち上げて取り出します。 新しいバッテリーをインストールする前に、MacBook Proのケースから残りの接着剤を除去してください。
    • バッテリーを持ち上げて取り出します。

    • 新しいバッテリーをインストールする前に、MacBook Proのケースから残りの接着剤を除去してください。

      • 上手くいけば、素手でも接着剤を剥がせます。

      • そうでない場合、残りの接着剤に接着剤剤リムーバーを塗布して2-3分待ってから、プラスチックのツールで擦り落としてください。これは時間を要する作業なので、ゆっくりと作業を続けましょう。

      • 残りの接着剤リムーバーを拭きとり、MacBook Proが完全にドライになるまでまで数分間待ちます。

    • iFixitキットに入っている交換用バッテリー接着ストリップが貼られています。接着ストリップのシールを剥がす前に、バッテリーの装着位置をきちんと確認してください。それから、各バッテリーをそれぞれ正しい箇所に押し込んで装着します。もしオリジナルのバッテリーには付けられていなかった追加のフィルムやライナーが交換用バッテリーに付いている場合は、ここで除去してください。

    • 使用する前にバッテリー残量を調整します:一度完全に放電してから、100%まで一気に充電し、その後MacBook Proのバッテリー残量がなくなり自動シャットダウンするまで放電します。再び充電すれば普通に使用できます。

    • もし新しいバッテリーをインストール後、何らかの異常な作動や問題があれば、MacBook ProのSMCをリセットする必要があるかもしれません。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

185 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

82%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

207,088 ポイント

177のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

109 メンバー

7,761のガイドは作成済み

finally something more complicated than replacing the fan in a ps4. Great guide but I'm not going to attempt this even with lots of experience taking MacBook pro's apart to replace the disc drives with second hard drives.

nicholaskessler - 返信

I went ahead and did changed the battery to only find out the battery I bought was defected : (

Edward - 返信

Hi there, Edward. Sorry to hear about the battery trouble. I've reached out to you via email to see how I can help!

Kadan Sharpe -

Thanks for the guide! I used a light duty heat gun to soften the battery adhesive. Use great caution if you try this method, you can easily damage anything plastic so I used the MBP bottom to shield the keyboard bits. I heated one cell at a time until it was slightly uncomfortable to the touch, then waited a few moments until the heat softened the adhesive underneath, then carefully use a plastic card to slide under and pry free. It took about an hour to remove the battery and all remaining adhesive. For the remaining adhesive I used "GooGone", being very careful.

Brian - 返信

You can also set your battery on fire, which can have pretty catastrophic consequences. I'm glad it worked out for you, but I would urge everyone to avoid using a heat gun on or near any lithium-ion battery.

Jeff Suovanen -

統計データを表示:

過去 24時間: 129

過去 7 日: 824

過去 30 日: 4,124

今までの合計 72,908