メインコンテンツにスキップ
  1. デバイスの電源を切ります。
    • デバイスの電源を切ります。

    • iOpenerを使ってディスプレイの端に載せて温めます。ディスプレイ下の接着剤が柔らかくなります。もしくは、ヒートガンやドライヤーを代用することができます。

    • スピーカーとマイク付近の表面(デバイスの上下にあります)には大型の接着剤が付けられています。そのため若干長く、熱に当てなければなりません。熱くて触れられない程度ならば、ディスプレイは十分に温まっています。時間にすると約2分程度です。

  2. 次の手順では、ディスプレイをPixelの筐体に固定している接着剤を切り込みます。 参考のために、ディスプレイパネル裏側の様子が左側の画像で確認できます。ディスプレイユニット端とOLEDパネルの間の狭い隙間にご注意ください。 デバイスの側面に1.5mm以上、もしくはデバイス上下に9 mm以上深く開口ツールを差し込んでしまうと、ディスプレイに永久的なダメージを与えてしまいます。
    • 次の手順では、ディスプレイをPixelの筐体に固定している接着剤を切り込みます。

    • 参考のために、ディスプレイパネル裏側の様子が左側の画像で確認できます。ディスプレイユニット端とOLEDパネルの間の狭い隙間にご注意ください。

    • デバイスの側面に1.5mm以上、もしくはデバイス上下に9 mm以上深く開口ツールを差し込んでしまうと、ディスプレイに永久的なダメージを与えてしまいます。

    • 吸盤カップを使って、ディスプレイを上に引き上げ、ディスプレイと筐体の間にわずかな隙間を作ります。

    • ディスプレイがひび割れている場合は、透明の補強テープを全体に貼り、吸盤カップが固定され、割れたガラスが飛び散らないようにしてください。

  3. 開口ピックもしくはプラスチックカードをカシスとディスプレイアセンブリの間の隙間に差し込みます。 開口ピックをディスプレイ端周辺にスライドして、留められた接着剤を切り込んでいきます。 ディスプレイパネルは脆いです。ディスプレイを再利用する場合は、ツールは必要以上に奥まで差し込まないようご注意ください。ツールを深く差し込むと、ガラス下のOLEDパネルにダメージを与えてしまいます。
    • 開口ピックもしくはプラスチックカードをカシスとディスプレイアセンブリの間の隙間に差し込みます。

    • 開口ピックをディスプレイ端周辺にスライドして、留められた接着剤を切り込んでいきます。

    • ディスプレイパネルは脆いです。ディスプレイを再利用する場合は、ツールは必要以上に奥まで差し込まないようご注意ください。ツールを深く差し込むと、ガラス下のOLEDパネルにダメージを与えてしまいます。

  4. 引き続き、デバイス周辺の残りに付けられた接着剤も丁寧に切り込みます。 横側のベゼルをスライドする際は、わずか1.5 mmの奥行しかないため、特にご注意ください。 横側のベゼルをスライドする際は、わずか1.5 mmの奥行しかないため、特にご注意ください。
    • 引き続き、デバイス周辺の残りに付けられた接着剤も丁寧に切り込みます。

    • 横側のベゼルをスライドする際は、わずか1.5 mmの奥行しかないため、特にご注意ください。

  5. 接着剤を切断できたら、ゆっくりとディスプレイ上部(スピーカーグリルの切り欠きがある側)から持ち上げます。ゆっくりとデバイスの下側に向けて垂直に持ち上げて裏返します。画像のように配置してください。 ディスプレイを完全に取り外さないでください。まだダメージが入りやすいリボンケーブルで接続されたままです。ディスプレイを開く際は、ケーブルに過度な圧力がかからないようご注意ください。 ディスプレイを完全に取り外さないでください。まだダメージが入りやすいリボンケーブルで接続されたままです。ディスプレイを開く際は、ケーブルに過度な圧力がかからないようご注意ください。
    • 接着剤を切断できたら、ゆっくりとディスプレイ上部(スピーカーグリルの切り欠きがある側)から持ち上げます。ゆっくりとデバイスの下側に向けて垂直に持ち上げて裏返します。画像のように配置してください。

    • ディスプレイを完全に取り外さないでください。まだダメージが入りやすいリボンケーブルで接続されたままです。ディスプレイを開く際は、ケーブルに過度な圧力がかからないようご注意ください。

  6. T5トルクスドライバーを使って、ディスプレイケーブルコネクタブラケットを固定している黒の3.5mm T5ネジを2本外します。
    • T5トルクスドライバーを使って、ディスプレイケーブルコネクタブラケットを固定している黒の3.5mm T5ネジを2本外します。

  7. ピンセットを使って、ディスプレイコネクタを固定しているブラケットを取り外します。
    • ピンセットを使って、ディスプレイコネクタを固定しているブラケットを取り外します。

  8. スパッジャーを使って、ディスプレイケーブルコネクタを持ち上げ、ディスプレイを解放します。
  9. ディスプレイを取り出します。
    • ディスプレイを取り出します。

    • ある交換用のディスプレイには、イヤホンスピーカーグリルが付いていないものがあります。お手元のパーツにスピーカーグリルがついていない場合は、古いディスプレイから新しいパーツにグリルを移植してください。

    • 再組み立ての際は、ここで一旦作業を止めて、ディスプレイ用接着剤を交換してください。

  10. T5トルクス用ドライバーを使って、ミッドフレームに留められた3.5mmネジを9本外します。
    • T5トルクス用ドライバーを使って、ミッドフレームに留められた3.5mmネジを9本外します。

  11. ミッドフレームは5つのクリップでしっかりと固定されています。下の手順に示したように開口ツールを使って、内側に力を入れてこのクリップを外してください。
    • ミッドフレームは5つのクリップでしっかりと固定されています。下の手順に示したように開口ツールを使って、内側に力を入れてこのクリップを外してください。

  12. デバイス本体右下のコーナーにある切り欠きに開口ピックの先端を差し込みます。
    • デバイス本体右下のコーナーにある切り欠きに開口ピックの先端を差し込みます。

  13. 固定しているクリップを外すため、リアケースとミッドフレームの間の小さな隙間に、開口ピックを差し込み、デバイスの両側をスライドします。 この作業のスライドすることでクリップを外すことはできませんが、開口ピックが与える内向きのプレッシャーによって、スライドによる隙間が生じてきます。 クリップが外れない場合は、作業をしているエッジを手や、スパッジャーのようなツールで内側に押してみてください。
    • 固定しているクリップを外すため、リアケースとミッドフレームの間の小さな隙間に、開口ピックを差し込み、デバイスの両側をスライドします。

    • この作業のスライドすることでクリップを外すことはできませんが、開口ピックが与える内向きのプレッシャーによって、スライドによる隙間が生じてきます。

    • クリップが外れない場合は、作業をしているエッジを手や、スパッジャーのようなツールで内側に押してみてください。

    • まだミッドフレームを外さないでください。この下に、ダメージが入りやすいリボンケーブルが付いており、マザーボードとイヤホンスピーカーを繋いでいます。

  14. スパッジャーを使って、イヤホンスピーカーケーブルのコネクタをまっすぐ上に引き上げ、マザーボードから接続を外します。 デバイスからミッドフレームを取り出します。
    • スパッジャーを使って、イヤホンスピーカーケーブルのコネクタをまっすぐ上に引き上げ、マザーボードから接続を外します。

    • デバイスからミッドフレームを取り出します。

    • 再組み立ての際には、イヤホンスピーカーケーブルを取り付けて、ミッドフレーム上部を先に挿入します。それからクリップを元の位置に取り付けてください。

  15. SIMイジェクションツールを使って、デバイス左側の上にあるSIMカードトレイを取り出します。 SIMイジェクションツールを使って、デバイス左側の上にあるSIMカードトレイを取り出します。
    • SIMイジェクションツールを使って、デバイス左側の上にあるSIMカードトレイを取り出します。

  16. スパッジャーを使って、マザーボードからバッテリーリボンケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーを使って、マザーボードからバッテリーリボンケーブルの接続を外します。

  17. この手順は未翻訳です。 翻訳を手伝う。

    Use tweezers to lift up the adhesive strip at the top of the battery, and peel it back to expose the connector underneath.
    • Use tweezers to lift up the adhesive strip at the top of the battery, and peel it back to expose the connector underneath.

  18. スパッジャーを使って、マザーボードから充電ポートリボンケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーを使って、マザーボードから充電ポートリボンケーブルの接続を外します。

  19. スパッジャーを使って、電源と音量ボタンをマザーボードに接続している薄い黒のリボンケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーを使って、電源と音量ボタンをマザーボードに接続している薄い黒のリボンケーブルの接続を外します。

  20. この手順は未翻訳です。 翻訳を手伝う。

    Use a spudger to pry up the black and white coaxial cables attached to the upper right and left-hand sides of the motherboard. Coaxial cable connectors and sockets are fragile. To avoid damaging the connectors, be sure to gently pry them straight up with your spudger.
    • Use a spudger to pry up the black and white coaxial cables attached to the upper right and left-hand sides of the motherboard.

    • Coaxial cable connectors and sockets are fragile. To avoid damaging the connectors, be sure to gently pry them straight up with your spudger.

    • To reconnect these cables, use tweezers to position each one carefully over its socket on the board, and then press it straight down until it snaps into place.

  21. マザーボードを固定しているシルバーの2.5mm T5ネジを2本外します。 マザーボードを固定しているシルバーの2.5mm T5ネジを2本外します。
    • マザーボードを固定しているシルバーの2.5mm T5ネジを2本外します。

  22. この手順は未翻訳です。 翻訳を手伝う。

    Use tweezers to carefully lift the top (the camera side) of the motherboard out of the device.
    • Use tweezers to carefully lift the top (the camera side) of the motherboard out of the device.

    • Don't try to fully remove the motherboard yet—there is a fragile cable on the backside that is still connected to the fingerprint sensor.

  23. ピンセットでマザーボードを支えながら、スパッジャーを使って、マザーボードから指紋センサーケーブルの接続を外します。
    • ピンセットでマザーボードを支えながら、スパッジャーを使って、マザーボードから指紋センサーケーブルの接続を外します。

    • デバイスからマザーボードを完全に取り外します。

ゴール

11 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

42%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Camaryn Chambers

メンバー登録日: 2017年04月26日

445 ポイント

3のガイドは作成済み

チーム

Cal Poly, Team S23-G1, Livingston Spring 2017 Cal Poly, Team S23-G1, Livingston Spring 2017人のメンバー

CPSU-LIVINGSTON-S17S23G1

4 メンバー

13のガイドは作成済み

コメント1件

Where do you buy a new motherboard?

Travis Smith - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 4

過去 7 日: 43

過去 30 日: 171

今までの合計 28,115