メインコンテンツにスキップ

はじめに

Googleは未来型ロボットアシスタント機能を世の中にもたらす方法を模索しています。Google Assistantを装備したGoogle Homeは、Googleのサービスをサポートし、日常の様々な疑問に答えてくれるスマートホームデバイスです。 このGoogle Homeはスマートホームの夢と未来的ファンタジーを叶えてくれるのでしょうか?さあ、分解の時がやってきました!

私たちは、皆さんが未来が現在になるものを見逃して欲しくありません。

Instagram, FacebookTwitterTwitter日本語版で最新情報をフォローしてください。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのGoogle Homeを修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. Ok, Google‼︎あなたのお家(Home)の仕様を見てみましょう。 2インチドライバー+デュアル2インチパッシブラジエータ 広域マイク
    • Ok, Google‼︎あなたのお家(Home)の仕様を見てみましょう。

    • 2インチドライバー+デュアル2インチパッシブラジエータ

    • 広域マイク

    • カスタマイズ可能なベース

    • 802.11ac (2.4GHz/5GHz) Wi-Fi

    • "Touch surface" コントロール

    • Creative Electron社によるレントゲン偵察隊で装備している私たちは、このHome ー家屋へ侵入する準備が出来ています。

  2. この芳香剤のようなデバイスからいい匂いはしませんが、LED付きのHomeマイク専用「スタンドバイ」ボタンが確認できます。 このスタンドバイボタンはGoogle のオーバーマインドからプライバシーが欲しい時に役立ちます。。。 フット部分はA/C 電源ポート、モデル番号と様々な証明書が付いています。
    • この芳香剤のようなデバイスからいい匂いはしませんが、LED付きのHomeマイク専用「スタンドバイ」ボタンが確認できます。

    • このスタンドバイボタンはGoogle のオーバーマインドからプライバシーが欲しい時に役立ちます。。。

    • フット部分はA/C 電源ポート、モデル番号と様々な証明書が付いています。

    • この直径3.79インチ(約9.6センチ)、高さは5.62 インチ(約14センチ)で、このより円形で、より親しみやすいスピーカーはAmazon Echoの高さの約半分ほどです。

  3. Amazonの Echoは限定色のオプション(2色のみ)に対して、Google Homeはベースとマグネットで装着されており、簡単に新しい色に交換できます。 ベースを取り出すと、広域型スピーカーとマイクロUSBデバッグ/プログラム用ポートが現れます。 スピーカーの奥深くに隠されているトルクスネジを4本取り外すのに、とりわけ狭い場所での作業を助けてくれるPro Tech Screwdriver Setを準備します。
    • Amazonの Echoは限定色のオプション(2色のみ)に対して、Google Homeはベースとマグネットで装着されており、簡単に新しい色に交換できます。

    • ベースを取り出すと、広域型スピーカーとマイクロUSBデバッグ/プログラム用ポートが現れます。

    • スピーカーの奥深くに隠されているトルクスネジを4本取り外すのに、とりわけ狭い場所での作業を助けてくれるPro Tech Screwdriver Setを準備します。

    • ネジが取れると上部カバーが簡単に外れます。ついにカプセルを開ける時がきました。

  4. ここにHomeの極小サイズの無線通信機があります。というのは冗談で、ミュートボタンとボード上のスイッチの間に伸びるアームがあります。このアームには弾力性が若干つけられています。 数回テストシグナルを送信した後、連系ケーブルの接続を外します。
    • ここにHomeの極小サイズの無線通信機があります。というのは冗談で、ミュートボタンとボード上のスイッチの間に伸びるアームがあります。このアームには弾力性が若干つけられています。

    • 数回テストシグナルを送信した後、連系ケーブルの接続を外します。

    • このケーブルはマザーボードからカバーの上部に包まれたボードまで繋がってします。LED アレイと特製マイクのホームだと思われます。

  5. Apple Watch キット

    スクリーンとバッテリー の修理が簡単にできます。

    ショップを見る

    Apple Watch キット

    スクリーンとバッテリー の修理が簡単にできます。

    ショップを見る
    • この分解でも、熱を当てて温め、高度な検査ツールを使って破壊していきますー厳密に言うとiOpenerと歯医者で使われるピックです。

    • 上部ケースに留められているこのボードには、かなり強度な接着剤が付けられています。

    • 最後に強く引っ張り(それとかなりの量の接着剤を溶かすため、体に優しいイソプロピルアルコールを使いましょう)、LEDボードを取り出すと、これまでの苦労のもとが確認できます。大量の接着剤テープです。

  6. さて、これが私たちが行ったボード取り外し作業の様子です。1枚の強力な接着剤シートがプラスチック製の上側ケースと容量ボードを留めています。 この丸くて緑色のグリッド上にキャパシタの配列の半分が装着されています。残りの半分はプリント基板レイヤーの奥深くに埋められています。各配列と縦列の静電容量を測ってみると、コントローラーが時間と正確な場所を探知することができるのです。言い換えると、自分の指が容量結合を通してグリッドの容量を変えているのです。サイエンスです! 基板のこちら側には12個のステータスLEDも配置されています。
    • さて、これが私たちが行ったボード取り外し作業の様子です。1枚の強力な接着剤シートがプラスチック製の上側ケースと容量ボードを留めています。

    • この丸くて緑色のグリッド上にキャパシタの配列の半分が装着されています。残りの半分はプリント基板レイヤーの奥深くに埋められています。各配列と縦列の静電容量を測ってみると、コントローラーが時間と正確な場所を探知することができるのです。言い換えると、自分の指が容量結合を通してグリッドの容量を変えているのです。サイエンスです!

    • 基板のこちら側には12個のステータスLEDも配置されています。

    • 裏側にはチップが埋め込まれています。

    • Atmel ATSAMD21 32-bit ARM Cortex-M0+ マイクロコントローラ

    • Two NXP PCA9956BTW LED ドライバー

    • 2つのInvenSense INMP621 MEMS マイク—Echoは7つのマイクが付けられているのに対して、2つのマイクとは十分なのでしょうか?

  7. 伸縮性のあるOリングはこのスマートスピーカーの内部まで探索するための重要な鍵を果たしているようです。 門番としての役割に加えて、このOリングはおそらく振動を抑える機能も備えているようです。 これは前回、私たちがEchoに装着されていたファブリックを削りながら剥がした作業に比べると修理はしやすいように見えます。
    • 伸縮性のあるOリングはこのスマートスピーカーの内部まで探索するための重要な鍵を果たしているようです。

    • 門番としての役割に加えて、このOリングはおそらく振動を抑える機能も備えているようです。

    • これは前回、私たちがEchoに装着されていたファブリックを削りながら剥がした作業に比べると修理はしやすいように見えます。

    • 外側ケースを取り出して、マジックとミステリーに満ちたグリーンの芝生を取り出します。

    • マザーボードです!

  8. これらのチップはデジャブなのでしょうか。下にある多くのチップ(CPU, フラッシュとRAM) が昨年のChromecastで見られたものと類似しています。 Marvell 88DE3006Armada 1500 Mini Plus dual-core ARM Cortex-A7 media processor
    • これらのチップはデジャブなのでしょうか。下にある多くのチップ(CPU, フラッシュとRAM) が昨年のChromecastで見られたものと類似しています。

    • Marvell 88DE3006Armada 1500 Mini Plus dual-core ARM Cortex-A7 media processor

    • Toshiba TC58NVG1S3HBA16256 MB NAND flash

    • Marvell Avastar 88W8887 WLAN/BT/NFC SoC

    • Texas Instruments TAS5720 audio amplifier

    • Samsung K4B4G16 512 MB B-Die DDR3 SDRAM

  9. ボトムケースのためのマグネットが付いている部品には内部がロックされたミステリーなケーブルがあります。 より詳細に内部を見ていきましょう。さらにミステリーがあるようです!ケーブルは4つの接続ポイントに枝分かれしています。これはなんでしょうか?試験ポイントを増やしたのでしょうか? (全く仮定の)異説:
    • ボトムケースのためのマグネットが付いている部品には内部がロックされたミステリーなケーブルがあります。

    • より詳細に内部を見ていきましょう。さらにミステリーがあるようです!ケーブルは4つの接続ポイントに枝分かれしています。これはなんでしょうか?試験ポイントを増やしたのでしょうか?

    • (全く仮定の)異説:

    • ベースの色を認識することができる。するとHome本体は外側のケースとより良くカラーコーディネートができる。

    • 充電機構の名残(Homeの設計者はポータブルデバイスを目指していたのかもしれない?)

    • 分解エンジニアにとっては見捨てられたイースターエッグを探すレベルほどの困難さです。

  10. スピーカーケースを半分に離すため、両側を引っ張ります。 …ドライバーを取り出して… 二つに離れました!
    • スピーカーケースを半分に離すため、両側を引っ張ります。

    • …ドライバーを取り出して…

    • 二つに離れました!

    • Homeは新登場の PLS-50N25AL07-04によって動いているようで、 PLS-50N25AL01-08ととても類似しています。

    • 私たちのマルチメーターと最後の機番"-04"から読み解くと、4オームではないかと考えられます。

  11. ガジェットが好きなあなたのために、Google Homeは根性と栄光が全て詰められています。 レントゲン画像を通して解明の手助けをしてくれたCreative Electronに再度お礼を伝えたいと思います! レントゲン画像を通して解明の手助けをしてくれたCreative Electronに再度お礼を伝えたいと思います!
    • ガジェットが好きなあなたのために、Google Homeは根性と栄光が全て詰められています。

    • レントゲン画像を通して解明の手助けをしてくれたCreative Electronに再度お礼を伝えたいと思います!

  12. 最終案
    • 可動パーツが少ないということは、壊れるパーツが少ないということです。
    • デバイス全体には標準型のネジとコネクターのみが使われています。
    • 多くのコンポーネントがモジュラーで、個別に交換できます。
    • DC入力端子はマザーボードに半田付けされていますが、デバイスが電源につないだままにされることを考えると、すり減ってしまう可能性はあまりないでしょう。
    • タッチボードは上部ケースに大量の接着剤を使用して留められています。
    修理難易度スコア
    8
    10点満点中8点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Scott Havard

メンバー登録日: 2016年06月27日

33,898 ポイント

33のガイドは作成済み

Does it have GPS?

Dave Sullivan - 返信

No, that's why it asks you to input your address during the setup process.

izzy -

Why would a stationary, internet-connected device have a GPS receiver?!

Rodney McKay -

Amazon advertises that in the Echo, the mute button uses analog electronics to disconnect the microphone so that it's impossible for a software hack to ignore the mute button. Can you tell if this is the case with Google Home?

Scott Miller - 返信

Great question! I'd also be interested to know this.

Carl Dean -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 45

過去 7 日: 291

過去 30 日: 1,123

今までの合計 141,277