メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 12を翻訳中

手順12
Google Home Repairability Score: 8 out of 10 (10 is the easiest to repair)
Final Thoughts
  • Google Home Repairability Score: 8 out of 10 (10 is the easiest to repair)

  • Minimal moving parts means there are minimal points of failure.

  • Only standard screws and connectors are used throughout the device.

  • Many components are modular and can be replaced individually.

  • The DC-in port is soldered to the motherboard, but is unlikely to experience much wear, considering the device stays plugged in.

  • The touch board is strongly adhered to the upper case.

Google Homeのリペアビリティのスコアは10点中8点です。(10点が最も修理しやすい指標)

可動パーツが少ないということは、壊れるパーツが少ないということです。

デバイス全体には標準型のネジとコネクターのみが使われています。

多くのコンポーネントがモジュラーで、個別に交換できます。

DC入力端子はマザーボードに半田付けされていますが、デバイスが電源につないだままにされることを考えると、すり減ってしまう可能性はあまりないでしょう。

タッチボードは上部ケースに大量の接着剤を使用して留められています。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります