メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドを使って破損したり、欠陥のあるApple Watch Series 2のディスプレイを交換しましょう。

お持ちのApple WatchがwatchOS 5かそれ以降のバージョンになっているかご確認ください (ペアになるiPhoneはiOS 12かそれ以降)。これはディスプレイの交換後、ペアリングの問題を回避するためです。

ディスプレイを交換することによってApple Payの問題を引き起こす可能性があります。可能ならば、問題が起こる可能性を軽減するために、ディスプレイの交換前に、すべてのApplePayアカウントを消去してください。新しいディスプレイに交換したら、再度アカウントを作成してください。

  1. 作業の前にApple Watchの電源を切り、充電器から取り外してください。 タッチスクリーンが破損し、電源を切れない場合は、ここに示されている方法で電源を切ってください。
    • 作業の前にApple Watchの電源を切り、充電器から取り外してください。

    • タッチスクリーンが破損し、電源を切れない場合は、ここに示されている方法で電源を切ってください。

  2. iOpenerを使って、(もしくはヘアドライヤーかヒートガン)ディスプレイを温めます。触ると熱い程度まで温めてください。
    • iOpenerを使って、(もしくはヘアドライヤーかヒートガン)ディスプレイを温めます。触ると熱い程度まで温めてください。

    • iOpenerを少なくとも1分は載せて、スクリーンを十分に温めて、ケースに沿って留められた接着剤を柔らかくします。

    • iOpenerを再度温めるか、接着剤が冷却されないように、スクリーン周辺に動かしながら温め続けてください。

    • スクリーンとWatch本体の間の隙間は非常に狭いため、鋭利なブレードを使ってこの二つを乖離させなければなりません。作業を始める前に、次の注意書きをよく読んでください。

    • 作業中、ナイフから完全に指を離して指先を保護してください。不安な方は、ナイフを持っていない側の手をレザーグローブやガーデニング用グローブを着用してください。

    • 強いプレッシャーを本体に与えないようにご注意ください。ナイフがスリップしてしまい、怪我をしたりWatchにダメージを与えてしまうことになります。

    • 保護メガネを着用してください。ナイフもしくはガラスが割れてしまうと、破片が飛び散ることがあります。

    • Watch用ハンドの有無によってコントロール加減が変わる場合は、作業がやりやすい様に着用する、もしくは外してください。

  3. カーブしたブレードをディスプレイとアウターケースの間の隙間の中に当てます。デジタルクラウンに一番近いディスプレイの短いサイドから初めます。 隙間に向けてまっすぐ、しっかりと押し込みます。 差し込んだら、ブレードの角度を傾けてディスプレイをわずかに開く様にこじ開けます。
    • カーブしたブレードをディスプレイとアウターケースの間の隙間の中に当てます。デジタルクラウンに一番近いディスプレイの短いサイドから初めます。

    • 隙間に向けてまっすぐ、しっかりと押し込みます。

    • 差し込んだら、ブレードの角度を傾けてディスプレイをわずかに開く様にこじ開けます。

    • ナイフ先端を2 mm以上、挿入しないでください。

  4. カーブした刃によって、小さな隙間ができたら、ナイフから開口ツールに持ち替えて、細い先端を隙間に挿入します。 親指をコテにして、ディスプレイを少し持ち上げて開き、隙間に開口ツールを押し込みます。
    • カーブした刃によって、小さな隙間ができたら、ナイフから開口ツールに持ち替えて、細い先端を隙間に挿入します。

    • 親指をコテにして、ディスプレイを少し持ち上げて開き、隙間に開口ツールを押し込みます。

    • ディスプレイを完全に開いたり、外したりしないでください。

  5. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  6. 開口ピックをディスプレイの下に挿入し、Force Touchガスケットをディスプレイから慎重に取り外します。 交換用Force Touchガスケットを含む、iFixitスクリーンとバッテリー用修理キットを販売しています。あなたのWatchに修理が必要でも大丈夫です。 もしくは、Force Touchガスケットを保存して再利用する場合は、ディスプレイ端の下を慎重にこじ開けてください。ディスプレイを持ち上げた際に、Force Touchガスケットが切断したり、ガスケットのレイヤーから外れてしまった時は、Force Touchガスケット自体も交換しなければなりません。
    • 開口ピックをディスプレイの下に挿入し、Force Touchガスケットをディスプレイから慎重に取り外します。

    • 交換用Force Touchガスケットを含む、iFixitスクリーンとバッテリー用修理キットを販売しています。あなたのWatchに修理が必要でも大丈夫です。

    • もしくは、Force Touchガスケットを保存して再利用する場合は、ディスプレイ端の下を慎重にこじ開けてください。ディスプレイを持ち上げた際に、Force Touchガスケットが切断したり、ガスケットのレイヤーから外れてしまった時は、Force Touchガスケット自体も交換しなければなりません。

    • 開口ピックをディスプレイ周辺にスライドして、Force Touchガスケットとディスプレイ間に付けられた接着剤をはがします。

    • 開口ピックを2 mm以上、差し込まないでください。

  7. ディスプレイケーブルを引っ張らないようにするには、ディスプレイを完全に開かないことです。 ディスプレイを約45度の角度で開き、ピンセットを使ってディスプレイとForce Touchガスケットの間の接着剤を慎重に剥がします。 ディスプレイケーブル周辺と裏に貼られた接着剤を綺麗に剥がします。
    • ディスプレイケーブルを引っ張らないようにするには、ディスプレイを完全に開かないことです。

    • ディスプレイを約45度の角度で開き、ピンセットを使ってディスプレイとForce Touchガスケットの間の接着剤を慎重に剥がします。

    • ディスプレイケーブル周辺と裏に貼られた接着剤を綺麗に剥がします。

  8. Y000ドライバーを使って、メタル製バッテリーコネクタのカバーを固定している、トライポイントネジを外します。 カバーを取り出します。
    • Y000ドライバーを使って、メタル製バッテリーコネクタのカバーを固定している、トライポイントネジを外します。

    • カバーを取り出します。

  9. 開口ツールの先端を使って、バッテリーのコネクタをまっすぐ持ち上げて、接続を外します。 アクシンデントでコネクタが接触しないように、コネクタを反対側に若干、折り曲げます。
    • 開口ツールの先端を使って、バッテリーのコネクタをまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

    • アクシンデントでコネクタが接触しないように、コネクタを反対側に若干、折り曲げます。

  10. ピンセットを使って、ディスプレイケーブルコネクタを覆っているテープを剥がします。 テープ下側の右から作業を始め、ゆっくりに中央のコネクタ側に向けて、慎重に作業を進めてください。
    • ピンセットを使って、ディスプレイケーブルコネクタを覆っているテープを剥がします。

    • テープ下側の右から作業を始め、ゆっくりに中央のコネクタ側に向けて、慎重に作業を進めてください。

    • テープの接着力が強力なことがあります。テープを強く引っ張ったり、ケーブルを破損させないように注意してください。必要に応じて、テープを温めたり、イソプロピルアルコールを使って接着剤を溶かしてください。

  11. 一番左のコネクタには導電性ホイルが付いています。このホイルはテープを剥がす際に破れてしまうことがあります。 もしホイルが破けてしまった場合は、左下から摘んで、完全に取り除いてください。 この作業をすることで、ディスプレイ上の別のホイルにダメージを与えずにすみます。 もしホイルが破けてしまった場合は、左下から摘んで、完全に取り除いてください。 この作業をすることで、ディスプレイ上の別のホイルにダメージを与えずにすみます。
    • 一番左のコネクタには導電性ホイルが付いています。このホイルはテープを剥がす際に破れてしまうことがあります。

    • もしホイルが破けてしまった場合は、左下から摘んで、完全に取り除いてください。 この作業をすることで、ディスプレイ上の別のホイルにダメージを与えずにすみます。

  12. スパッジャー、もしくは整った爪を注意深く使い、ケーブルの反対にある小さなロッキングフラップをこじ開け、3本ある最初のZIFコネククターを解除します。 スパッジャー、もしくは整った爪を注意深く使い、ケーブルの反対にある小さなロッキングフラップをこじ開け、3本ある最初のZIFコネククターを解除します。 スパッジャー、もしくは整った爪を注意深く使い、ケーブルの反対にある小さなロッキングフラップをこじ開け、3本ある最初のZIFコネククターを解除します。
    • スパッジャー、もしくは整った爪を注意深く使い、ケーブルの反対にある小さなロッキングフラップをこじ開け、3本ある最初のZIFコネククターを解除します。

  13. 残り2つのZIFコネクタ上の固定フラップを持ち上げます。 交換用のスクリーンには、通常、固定フラップが閉じた状態で付いています。再組み立ての際、ケーブルを挿入する前にこのフラップを開いてください。閉じた状態では、Watchにダメージを与えてしまいます。 交換用のスクリーンには、通常、固定フラップが閉じた状態で付いています。再組み立ての際、ケーブルを挿入する前にこのフラップを開いてください。閉じた状態では、Watchにダメージを与えてしまいます。
    • 残り2つのZIFコネクタ上の固定フラップを持ち上げます。

    • 交換用のスクリーンには、通常、固定フラップが閉じた状態で付いています。再組み立ての際、ケーブルを挿入する前にこのフラップを開いてください。閉じた状態では、Watchにダメージを与えてしまいます。

  14. ピンセットを使って、慎重にディスプレイ用フレックスケーブルを引き抜いて、接続を外します。 コネクタが外れない場合は、ゆっくりと引っ張りながら左から右へ揺らしてください。 コネクタが外れない場合は、ゆっくりと引っ張りながら左から右へ揺らしてください。
    • ピンセットを使って、慎重にディスプレイ用フレックスケーブルを引き抜いて、接続を外します。

    • コネクタが外れない場合は、ゆっくりと引っ張りながら左から右へ揺らしてください。

  15. ディスプレイを取り出します。
    • ディスプレイを取り出します。

    • Force Touchガスケットとその周辺に付ける接着剤を交換するための詳細な再組み立てのインストラクションは、ガイド終わりのリンク先ガイドを参照してください。

終わりに

Force Touchセンサーの交換ガイドの手順10から続けて再接着し、修理を完了します。最良の結果を出すには、手順17が終わるまで新しいディスプレイを接続しないでください。

48 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Tobias Isakeit

メンバー登録日: 2014年03月31日

68,213 ポイント

134のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

124 メンバー

11,578のガイドは作成済み

14 件のコメント

Job done….With a smashed screen remember to apply clear scotch tape to hold the screen together. Continue to heat the remaining stuck shards when the main bulk of the glass comes out. Pick them out carefully, and not to raise the gasket. Use a strong magnifying glass. the ifixit heat gel pack and tweezers helped me. Ensure that all tiny bits of glass have been removed form the body. Just turn it upside down, give a couple of gentle taps with something plastic. Pick out if necessary, taking care around the components. For a smashed screen, needs a good hour or more.

pep073 - 返信

Congratulations on the successful repair. And thanks for your comment and additional hints.

Tobias Isakeit -

This one was tough…and I’ve been doing various repair for years. Thank you iFixIt for top notch tutorials and instructions (and the progressive photos). I had a broken display and an iCloud locked watch for parts. Getting the display off the broken iWatch was easy…getting the replacement/good display off the other iWatch was very difficult. I keep at it and eventually it released, but I think I chipped the display edges slightly. If I have to do this one again, I may think twice. I’d say use plenty of heat. I used the iRemover, which helped a lot, it gets plenty hot and holds the heat for job. Once you’re inside, you’ll need that every so special 000 tri-lobe bit for the battery (for this I bought the iFixIt Pro toolkit…worth it to have a solidly made set of disassembly tools). I don’t think it’s worth breaking down the iWatch for repairs much further than the display or battery. The water resistant seal is compromised enough as it is with the display removal.

Erica Rogers - 返信

Just wondering are the ion x glass and sapphire crystal screens interchangeable because I have a broken series 2 aluminum case and it comes with the ion x glass but I want to get the sapphire crystal glass instead to make it stronger

Jacob Gerhart - 返信

Displays of the same Series, model and size should be compatible.

Tobias Isakeit -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 97

過去 7 日: 667

過去 30 日: 2,774

今までの合計 47,582