メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

私たちは所有する全てのモノを修理する権利を持っています。

所有する全てのモノの内部を開いて、触り、修理できる権利を要求する時がきました。

私たちには次の権利があります。

自分で修理するか、修理サービスに依頼する。

メーカーが使用するマニュアルと診断ツールへのアクセス。

ソフトウェアのロックを解除してジェイルブレークする。

タイヤ交換が違法だとしたら、それでも車を買いますか?


チェーンの修理ができないのに、自転車を購入しますか?

closed-sign

製造メーカーは個人修理ショップを潰そうとしています。

彼らはサービスマニュアルを公開していません。ただし、全てのメーカーがそうであるとは限りません。例えばDellやPatagoniaといった修理に優しい企業をサポートしましょう。そしてマニュアルを公開していないメーカーの製品を対象にした修理マニュアルの作成を手伝ってください。

car

86%の支持者

を擁したマサチューセッツ州では、2012年11月に自動車メーカーを追求して、自動車オーナーに対する修理する権利法案が通過しました。

locked phone

114,322人のアメリカ人

が、スマートフォンのロック解除を合法とするための署名をしました。そして2018年10月、米国著作権局は3年間のロック解除を許可するに至りました。

manuals in hand

300万人の人々

がiFixitに参加して、自分たちのモノを修理する方法を共有しあっています。そして、毎日何千という人々がiFixitウェブサイトを利用しています。

You bought it. You own it.

買うということは、所有することです。

製品を購入した後、製造メーカーはあなたがどう使用するのかコントールすることはできません。あなたのものだからです。所有権とは、デバイスの内側を開いたり、改造や修理、アップグレードが好きなようにできることです。

消費者や修理店にパーツやツール、修理情報を提供しないのが一般的になっています。AppleはiPhoneから修理の手を遠ざけるため、特殊ネジを作りました。

カスタムウッド製のiPodを作りたいのなら、やってみましょう!

製造メーカーが修理を独占しています。


例えば修理店が1つしかなければ、価格は上がり、クオリティは低下します。企業は全てのインセンティブを課して、修理価格を吊り上げ、市場競争が妨げられます。これを許すことはできません。


修理技術者たちがこのギャップを埋めるべく立ち上がり始めました。

製造メーカーは、ユーザー自身で壊れた製品を修理してほしくありません。

Appleにバッテリー交換プログラムを強制提供するために訴訟が起きました。Appleを含めた多くのメーカーが、個人修理店に対して交換用パーツの提供を拒んでいます。これは公平ではありません。

manufacturers keep repair codes secret

製造メーカーは修理コードを社内に留めています。

独立した修理技術者たちにも製造メーカーの擁する修理店と同じ修理情報が必要です。Fordのディーラーたちは、街の整備士が必要とする診断コードにアクセスできます。

多くの場合、これらのコードは占有情報のため、製造メーカーはコード解読用のツールへのアクセスを制限しています。そのため、2012年にマサチューセッツ州では自動車所有者の修理する権利が法案通過しました。そのため、AAAやAutozoneやValvolineといったメーカーは同様の法案制定を目指しています。

消費者の権利の章典

消費者の手に修理する権利を与えるには、私たちは真の改革が必要です。消費者の権利章典を確立する時がきました。

権利があります

あらゆる所有物の内部を開ける

所有物を改造したり修理する

電子機器のソフトウェアのロック解除とジェイルブレーク

次のアクセスが必要です。

修理情報

修理できる製品

リーズナブルな価格を提供できるリペアショップ

iFixitとつながる

Repair.org は地元のリペアショップを保護するために取り組んでいます。

2018年、デジタルミレニアム著作権法における主要な修理免除を獲得しました。

2019年、全米20州で修理する権利法案が提出されましたが、どの州も法案通過していません。

アクション

修理に優しい製造メーカーを支持して、相反するメーカーに背を向けましょう。

あなたの声を届けましょう。議員に意見を届けて、ハードウェア修理を合法化しましょう。

iFixitニュースレターを購読して、リペアムーブメントの動きを掴みましょう。