メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

リペアジョブ改革の時がきました。

修理を促進すれば、私たちはより安価な製品を購入することができ、e-waste問題を大幅に解決できます。そして雇用を生みだします。

Local jobs

地元に根ざした修理店

修理の仕事はアウトソーシングできません。壊れた洗濯機をわざわざシカゴから上海に配送して修理する人はいるでしょうか?

Digital bridges

デジタル情報の共有

使われなくなった電子製品を修理することで、雇用が生じて、デジタル格差が解消できます。

60 seamstresses

60人の裁縫職人

もう始動しています。Patagoniaでは、衣類やギアの修繕を専門とする裁縫職人を雇用しています。(米国内)

非雇用は優秀な労働者たちを無駄にします。

“大量失業は恥ずべき人材の無駄遣いです。そして長期的失業に伴いスキルが衰退している下層階級を生み出す恐れがあります。”

—経済学者 Alan Blinder

1000トンの電子製品が廃棄されると…

Landfilling creates > 1 job

埋め立て

雇用創出 < 1人

Recycling creates 15 jobs

リサイクル

15人の雇用創出

修理マニュアルは必要不可欠です。

Products are designed in the US and Europe.

製品は米国とヨーロッパでデザインされています。

They’re manufactured by legions of workers in Asia.

アジア諸国で大量の労働者たちが製造しています。

Repair shops in Asia thrive on the information shared by those manufacturers.

アジアの修理ビジネスは、製造メーカーから共有される修理情報により成功しています。

Repair workers are struggling because they don’t have the information they need.

修理ショップは、必要な修理情報が得られないため、ビジネスが行き詰まっています。

Repair jobs are local jobs.

修理ビジネスは地元に根付くものです。

先進国は、高度技術の仕事が労働規制が緩く、安価な雇用賃金の海外に移動するのを懸念しています。

しかしながら、このような仕事が海外に移ったとしても、修理ビジネスは存在します。このビジネスは技術が必要とされ、給与が確保でき、常に需要のあるものです。iFixitのビジネスもここに当てはまります!私たちに必要なものは、修理できる人々です。

修理で救えるものがあります。

6.9 million tons of e-waste

690万トン

もの e-wasteが、2016年アメリカ国内で破棄 されました。

23%

23%

細断された電化製品のうち、簡単に修理ができたり整備済み製品として再販できたものがあります。

345,000 jobs

345,000のジョブ

を創出することができてました。 (壊れた23%の電化製品を修理できていたら) 

25% of jobs at risk

25%の職業が危機です

エコノミストのAlan BlinderとAlan Kreugerは、アメリカ国内の職業のうち25%が”海外流出の危機にある”と述べています。ーしかし修理ビジネスは、これに該当しません。

Respect the trades

取引を尊重

マニュアルの仕事は、未来の経済にとって重要です。ーこれらの仕事は技術を要し、安定して、需要があるからです。

Stop recycling

62倍以上の安定

インストール作業やメインテナンス、修理の仕事に比べて、製造業の仕事は62倍以上、海外へ流用する可能性があります。

Repair jobs are growing.

修理ビジネスは成長しています。

過去数年間で、何千という地元に根ざしたスマートフォンの修理店が現れました。

アメリカ国内の電子機器やコンピューターの修理産業は、56,625のスモールビジネスで展開されており、143,637人の雇用につながっています。年間の総売上高は190億ドルです。

これはとてつもない数字です。これら全ての修理ビジネスが一つになれば、AMD、MSIとEAを合わせたものより巨大なものになります。

取引を復活させましょう。

“We are lending money we don’t have to kids who can’t pay it back to train them for jobs that no longer exist. That’s nuts.”

Mike Rowe

iFixit のオープンソースの修理マニュアルによって、地域の修理店の復活が巻き起こっています。

Out-of-use electronics could help bridge the digital divide.

使われなくなった電子機器がデジタルデバイドの改善に貢献しています。

新しい修理技術者を訓練することは、雇用促進だけに終わりません。ー高価な技術が必要とする人々の手に渡ることができます。アメリカ国内だけで、リサイクル業者に渡されなかったおよそ500万トンにも登る使用不可の電子機器が存在します。

一方で、デジタルデバイドは、予想した速さで改善されていません。つまり、 23%の一般世帯にインターネット回線がありません。

毎日、iFixitでは修理ビジネスを成功している人たちから知らせが届きます。

Owen Cunneely 氏は、ちょうど10代の時にiPhoneやラップトップの修理ビジネスを始めました。Robert Litt 氏は、必要不可欠の安い電子機器を教室に持ち込んで、学生たちに電子機器の修理を教えています。

”廃棄されたコンピューターは、アメリカで最も使い物にならない教材です。”
—Robert Litt

私たちの経済を修復する時です。

技術者やメカニックたちのスキルをより高めて、修理ビジネスを地元経済の起爆剤にしましょう。

iFixitとつながる

アメリカ国内の電子機器の修理ビジネスに関する市場リサーチレポート

情報格差は家庭から始まります。

インスピレーションを受けるサクセスストーリー

アクション

自分で修理ビジネスを始める!

友達と一緒に何かを分解してみましょう。壊れたものは修理できることを教えましょう。

地域の修理店をサポートしましょう。