メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

注意:あなたは必要条件ガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含む全ての4個のガイドに反映されます。

英語
日本語

手順 2を翻訳中

手順2
Slide the opening pick along the edge of the battery to loosen the adhesive. The adhesive which holds the battery in place is soft. However, if you're struggling to pry out the battery you can place a heated iOpener on the rear side of the watch to loosen the adhesive.  Apply the iOpener for at least two minutes. Use constant, steady pressure to slowly pry the battery up, separating it from the adhesive securing it to the system board.
  • Slide the opening pick along the edge of the battery to loosen the adhesive.

  • The adhesive which holds the battery in place is soft. However, if you're struggling to pry out the battery you can place a heated iOpener on the rear side of the watch to loosen the adhesive. Apply the iOpener for at least two minutes.

  • Use constant, steady pressure to slowly pry the battery up, separating it from the adhesive securing it to the system board.

  • Mind the display cables and especially the Force Touch cable which covers the battery in one corner so you don't damage them when levering the battery out.

  • Make sure you don't puncture or deform the battery, as it can catch fire and/or explode if damaged.

  • Don't try to remove the battery all the way yet. It is still connected to the watch assembly.

バッテリーの端に沿って開口ピックをスライドして、接着剤を緩めます。

バッテリーに使用されているのは柔らかい接着剤です。 ただし、バッテリーをこじ開けにくい場合、温めたiOpenerをWatchの背面に置いて、接着剤を柔らかくします。 iOpenerは、少なくとも2分間のせてください。

一定の安定した力で、バッテリーをゆっくりと持ち上げ、システムボードに固定している接着剤から離します。

ディスプレイケーブル、特にバッテリーの一角を覆っているForce Touchケーブルに注意してください。

バッテリーを損傷した場合、発火する危険性があるため、バッテリーに穴を開けたり変形させないでください。

まだバッテリーを外さないでください。 Watchのアセンブリに繋がったままです。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります