メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 6を翻訳中

手順6
On the way to freeing up the logic board, we're encountering a veritable plethora of standoff screws. We're used to one or two per iPhone, not X ten. Luckily, we're armed and ready. What's this? A modular SIM card reader! That's an iPhone first.
  • On the way to freeing up the logic board, we're encountering a veritable plethora of standoff screws. We're used to one or two per iPhone, not X ten.

  • Luckily, we're armed and ready.

  • What's this? A modular SIM card reader! That's an iPhone first.

  • Not only does this mean quick swaps of a dead SIM reader, it also reduces the cost of replacing your logic board! Win-win!

  • This is likely a concession to the Chinese market, where eSIM is not supported—so in order to enable dual-sim functionality on Chinese models, Apple installs a dual Nano-SIM reader. The modular approach makes this much easier than it would be if the reader were soldered to the main board, as in past models.

  • The svelt, non-elbowed, single-decker logic board is now free to escape!

ロジックボードを固定するために、多量のスタンドオフネジが付けられています。iPhone1台に1本や2本のスタンドオフネジが付いているのは慣れていますが、X10本もあればびっくりします。

ラッキーなことに、私たちは装備しているので準備万端です。

これは何でしょうか?モジュラーのSIMカードリーダーです! iPhone史上初です。

モジュラーということは、壊れたSIMカードリーダーを簡単に交換できるだけでなく、ロジックボード交換のコストが軽減できるのです!まさにWin-winです!

これはeSIMがサポートされていない中国市場に合わせたようです。中国で発売されるモデルにデュアルSIM機能を加えるためには、AppleはデュアルNano-SIMリーダーを搭載しなければなりません。過去のモデルのようにリーダーがメインボードに半田付けされているよりも、モジュールデザインを採用した方が利便性が高いのです。

このスレンダーで非L字型、シングルデッカー(積層でない)のロジックボードを取り出します!

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります