Skip to main content

ビデオの概要

  1. 解体作業を始める前にiPhone6のバッテリー残量を25%以下まで消費してください。アクシデントで充電されたリチウムイオンバッテリーにで穴を開けてしまうと、引火や爆発を起こすことがあります。
    • 解体作業を始める前にiPhone6のバッテリー残量を25%以下まで消費してください。アクシデントで充電されたリチウムイオンバッテリーにで穴を開けてしまうと、引火や爆発を起こすことがあります。

    • 解体作業を始める前にiPhoneの電源を切ります。

    • Lightningコネクターの両脇に付けられた2本の3.6mmのペンタローブネジを取り外します。

  2. 次の3つの手順はiSlackのデモンストレーションです。iPhone6を安全に開口するために便利なツールです。複数のデバイスを修理する方にはお勧めです。iSlackをご利用にならない場合は下の3つの手順をスキップしてください。
    • 次の3つの手順はiSlackのデモンストレーションです。iPhone6を安全に開口するために便利なツールです。複数のデバイスを修理する方にはお勧めです。iSlackをご利用にならない場合は下の3つの手順をスキップしてください。

    • ご使用前に、iSclackの中央にプラスチック製のデプスケージが付いている場合は取り出してください。 iPhone 6のような大型のデバイスには必要ありません。

    • iSlackの持ち手を閉じて吸盤カップを開きます。

  3. iPhoneの下側に吸盤カップを挟みます。 iSclackの上側の吸盤カップがホームボタンの少し上に位置するように装着します。(ボタン上に重ねないでください)
    • iPhoneの下側に吸盤カップを挟みます。

    • iSclackの上側の吸盤カップがホームボタンの少し上に位置するように装着します。(ボタン上に重ねないでください)

    • ハンドルを開いてiSclackの吸盤カップを閉めます。吸盤カップを取り付けて、しっかりと本体の両側に押し当てます。

  4. iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackの吸盤カップを両側に開くため、ハンドルを閉めてフロントパネルを背面ケースから引き離します。 iSclack は安全にiPhoneを開口するためにデザインされています。パーツの取り外しには最適なツールですが、本体ケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。
    • iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackの吸盤カップを両側に開くため、ハンドルを閉めてフロントパネルを背面ケースから引き離します。

    • iSclack は安全にiPhoneを開口するためにデザインされています。パーツの取り外しには最適なツールですが、本体ケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。

    • 2つの吸盤カップをiPhoneから取り外します。

    • 次の3つの手順をスキップして手順8へお進みください。

  5. iSclackをお持ちでない場合は、シングルタイプの吸盤カップを利用してフロントパネルを持ち上げます。
    • iSclackをお持ちでない場合は、シングルタイプの吸盤カップを利用してフロントパネルを持ち上げます。

    • ホームボタンの真上のスクリーン上に吸盤カップを押し当てます。

    • 吸盤カップがスクリーンに固定するように、しっかりと装着します。

  6. 片手で iPhoneを押さえながら、吸盤カップを持ち上げて、背面ケースからフロントパネルを離します。
    • 片手で iPhoneを押さえながら、吸盤カップを持ち上げて、背面ケースからフロントパネルを離します。

    • 時間をかけてゆっくりと、同じ強さ加減で作業を進めます。ディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べてより強固に接着されています。

    • プラスチック製開口ツールを使って差し込み、リアケースからアセンブリを丁寧にこじ開けます。同時に吸盤カップで引き上げます。

    • フロントパネルアセンブリとリアケースを固定しているクリップが幾つかあります。吸盤カップとプラスチック製開口ツールを同時に使いながら、フロントパネルアセンブリを開けていきます。

  7. 吸盤カップの持ち手(ノブ)を引っ張り、吸引力を緩めます。 吸盤カップを本体から取り外します。
    • 吸盤カップの持ち手(ノブ)を引っ張り、吸引力を緩めます。

    • 吸盤カップを本体から取り外します。

  8. 本体上部先端を蝶番にして、リアケースからフロントパネルアセンブリのホームボタンの先端を持ち上げて、iPhoneを開口します。 フロントパネルの上部端に沿って留められた幾つかのクリップは蝶番の留め金になっています。 再組み立ての際は、クリップをリアケース上部端の真下に並べます。フロントパネルとリアケースの上部先端が重なるようにスライドします。
    • 本体上部先端を蝶番にして、リアケースからフロントパネルアセンブリのホームボタンの先端を持ち上げて、iPhoneを開口します。

    • フロントパネルの上部端に沿って留められた幾つかのクリップは蝶番の留め金になっています。

    • 再組み立ての際は、クリップをリアケース上部端の真下に並べます。フロントパネルとリアケースの上部先端が重なるようにスライドします。

  9. 作業をスムーズに進めるため、ディスプレイを約90度まで開いて衝立などを使用して固定します。 緊急の場合は、未開封の飲料水缶を利用できます。 衝立にディスプレイを固定する際は、輪ゴムを使用して留めてください。ディスプレイケーブルに不要な圧力がかかるのを防いでくれます。
    • 作業をスムーズに進めるため、ディスプレイを約90度まで開いて衝立などを使用して固定します。

    • 緊急の場合は、未開封の飲料水缶を利用できます。

    • 衝立にディスプレイを固定する際は、輪ゴムを使用して留めてください。ディスプレイケーブルに不要な圧力がかかるのを防いでくれます。

  10. Android 修理キット

    交換用スクリーンやバッテリーの修理キット

    ショップを見る

    Android 修理キット

    交換用スクリーンやバッテリーの修理キット

    ショップを見る
  11. 次のプラスネジをバッテリーコネクターブラケットから取り外します。
    • 次のプラスネジをバッテリーコネクターブラケットから取り外します。

    • 2.2 mm ネジー1本

    • 3.2 mmネジー1本

  12. iPhoneからメタル製のバッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • iPhoneからメタル製のバッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  13. プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。

    • 基板のソケットには接触せず、バッテリーコネクターのみに差し込んで押し上げます。ててください。基板上のソケットに触ると、コネクター全体を損傷することがあります。

  14. フロントパネルアセンブリーのケーブルブラケットから次のプラスネジを5本取り外します。
    • フロントパネルアセンブリーのケーブルブラケットから次のプラスネジを5本取り外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 1.7 mmネジー1本

    • 3.1 mm ネジー1本

    • 再組み立ての際、これらのネジを違う箇所に取付けてしまうと、基板に永続的なダメージを与えてしまいます。

  15. 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り出します。
    • 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り出します。

  16. 次の4つの手順ではケーブルコネクターのみに差し込んで持ち上げ、基板上のソケットには接触しないでください。 スパッジャーの平面側先端を使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。
    • 次の4つの手順ではケーブルコネクターのみに差し込んで持ち上げ、基板上のソケットには接触しないでください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。

  17. スパッジャーの平面側先端を使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。

  18. スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイデータのケーブルコネクターの接続を外します。 デバイスの再組み立ての際には、ディスプレイデータケーブルがコネクターから飛び出してしまうことがあります。これは電源を入れた時に白黒画面となる原因となります。この状態の場合、単純にケーブルを一旦外して電源を切り、再起動してください。ベストな再起動方法は、バッテリーコネクターを一度外してから再装着して電源を入れることです。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイデータのケーブルコネクターの接続を外します。

    • デバイスの再組み立ての際には、ディスプレイデータケーブルがコネクターから飛び出してしまうことがあります。これは電源を入れた時に白黒画面となる原因となります。この状態の場合、単純にケーブルを一旦外して電源を切り、再起動してください。ベストな再起動方法は、バッテリーコネクターを一度外してから再装着して電源を入れることです。

  19. スパッジャーの平面側先端を使って、デジタイザーケーブルのコネクターの接続を外します。 デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの一方端を押さえてから、反対側を押さえます。コネクター中央を押してしまうと、コンポーネントを曲げてしまい、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、デジタイザーケーブルのコネクターの接続を外します。

    • デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの一方端を押さえてから、反対側を押さえます。コネクター中央を押してしまうと、コンポーネントを曲げてしまい、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。

  20. リアケースからフロントパネルアセンブリを取り外します。
    • リアケースからフロントパネルアセンブリを取り外します。

  21. 上部左端にあるリアカメラのネジを覆っているテープを取り外します。 上部左端にあるリアカメラのネジを覆っているテープを取り外します。
    • 上部左端にあるリアカメラのネジを覆っているテープを取り外します。

  22. スパッジャーの平面側先端を使ってロジックボードに付けられたソケットからリアカメラのコネクターを引き上げて外します。 コネクターのみを引き上げ、ソケット自体には触らないようにしましょう。ロジックボードにダメージを与えてしまうことがあります。
    • スパッジャーの平面側先端を使ってロジックボードに付けられたソケットからリアカメラのコネクターを引き上げて外します。

    • コネクターのみを引き上げ、ソケット自体には触らないようにしましょう。ロジックボードにダメージを与えてしまうことがあります。

  23. リアカメラのブラケットから、次のプラス#00ネジを外します。
    • リアカメラのブラケットから、次のプラス#00ネジを外します。

    • 1.5 mmネジー1本

    • 2.1 mmネジー1本

  24. リアカメラのブラケットを取り外します。 リアカメラのブラケットを取り外します。
    • リアカメラのブラケットを取り外します。

  25. iPhone本体からリアカメラを取り外します。 iPhone本体からリアカメラを取り外します。
    • iPhone本体からリアカメラを取り外します。

  26. この下のブラケットを外すのは難しい作業です。このブラケットの内部にある円状のエッジはカメラのレンズリングに半田付けされているように見えます。取り外しにはかなりのエネルギーが必要です。もしブラケットを壊してしまってもおかしくはありません。 この下のブラケットを外すのは難しい作業です。このブラケットの内部にある円状のエッジはカメラのレンズリングに半田付けされているように見えます。取り外しにはかなりのエネルギーが必要です。もしブラケットを壊してしまってもおかしくはありません。
    • この下のブラケットを外すのは難しい作業です。このブラケットの内部にある円状のエッジはカメラのレンズリングに半田付けされているように見えます。取り外しにはかなりのエネルギーが必要です。もしブラケットを壊してしまってもおかしくはありません。

  27. 最後は、内側からひびの入ったカメラレンズを押し出します。 まず、使いやすくお気に入りの工具を手にとりましょう。それから力を加えて曲げても背面ケースを守れる位置に手を置きます。次に力を振り絞ってカメラレンズを押し出します。デバイス本体とご自身の手を傷めないように気をつけましょう。 新しいカメラレンズを挿入する際はカメラレンズと新しい下敷きのブラケットを固める接着剤が必要です。
    • 最後は、内側からひびの入ったカメラレンズを押し出します。

    • まず、使いやすくお気に入りの工具を手にとりましょう。それから力を加えて曲げても背面ケースを守れる位置に手を置きます。次に力を振り絞ってカメラレンズを押し出します。デバイス本体とご自身の手を傷めないように気をつけましょう。

    • 新しいカメラレンズを挿入する際はカメラレンズと新しい下敷きのブラケットを固める接着剤が必要です。

    • iPhone 6にダメージが入ってしまうことを心配されているなら、Appleセンターに修理の依頼をしてみましょう。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

96 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sophia

メンバー登録日: 2014年03月25日

42,216 Reputation

62のガイドは作成済み

39 Comments

Thank you Sophia, very good guide. I just wanted to add more information to Step 5, 6, 7, and 8.

Step 5 - Disconnect the rear camera from motherboard, gently lift ribbon towards the top. This will help release the thin black tape covering the top left screw holding the bracket. I peel it back just enough to access the screw.

Step 6 - Gently lift the rear camera from the frame avoid touching the camera lens.

I reversed parts of Step 7 and 8.

Step 7 - You will destroy the bracket. The bracket and lens are crimped or pressed together somehow, as stated in the guide. The next step I modified; press out the rest of the broken glass in the lens. Then as in step 8 press the lens from the inside, outward to break the crimp.

Step 8 - Lift out the bracket, it may still be attached.Use heated air to remove the black foam square from the old bracket and reuse for the new bracket.

To repair, I'm still looking for the best way. I carefully used super glue to place the lens and bracket in place.

MaxM Tech - 返信

Does anyone know if the iPhone 6 plus Lens replacement is about the same?

Caroline Haney - 返信

Anyone knows where can I purchase the camera bracket? I don't seem to find it.

Thank you

Abdullah Mohammad - 返信

Hi u can buy it here at the top of the guide :-) under relevant parts.

billyroypage -

I'm with u Greg , I tried the hard way it's like pulling a good tooth ! Something gonna break and possible bend . Great video though exposing the hidden screw.

billyroypage -

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 86

Past 7 Days: 447

Past 30 Days: 1,989

All Time: 247,192