メインコンテンツにスキップ

はじめに

必須条件のみ。このガイドは、iPad Mini 2 LTEとiPad Mini 3 LTEの消耗したアンテナケーブル用修理ガイドです。

  1. ディスプレイガラスに亀裂が入っている場合、それ以上程度が拡大しないようにガラスの表面をテーピングして、人体への危害を防ぎます。 表面全体が覆われるまで、iPadのディスプレイの上に透明なパッキングテープで装着します。 この作業により、ガラスの破片が封じ込められ、ディスプレイをこじ開けたり持ち上げたりするときに構造を保つことができます。
    • ディスプレイガラスに亀裂が入っている場合、それ以上程度が拡大しないようにガラスの表面をテーピングして、人体への危害を防ぎます。

    • 表面全体が覆われるまで、iPadのディスプレイの上に透明なパッキングテープで装着します。

    • この作業により、ガラスの破片が封じ込められ、ディスプレイをこじ開けたり持ち上げたりするときに構造を保つことができます。

    • 修理ガイドのインストラクションに可能な限り従ってください。 ただし、ガラスが割れている状態であれば、作業中に亀裂のエリカが拡大し続ける可能性があります。この場合、メタル製ツールを使用してガラス全体を除去する必要があります。

    • 目を保護するために安全メガネを着用し、LCDによるダメージに注意してください。

  2. 加熱したiOpenerの両側タブを持ち、ホームボタンアセンブリの左側に置きます。
    • 加熱したiOpenerの両側タブを持ち、ホームボタンアセンブリの左側に置きます。

    • iOpenerを約5分間置いて、ガラスの下の接着剤を柔らかくします。

  3. 温めた側の中央部分付近に、吸盤カップを装着します。 カップが、スクリーン上で水平にしっかりと取り付けてあるか確認してください。 iPadを片手で抑えながら、吸盤カップを引き上げて、リアケースからフロントパネルのガラスをわずかに乖離させます。
    • 温めた側の中央部分付近に、吸盤カップを装着します。

    • カップが、スクリーン上で水平にしっかりと取り付けてあるか確認してください。

    • iPadを片手で抑えながら、吸盤カップを引き上げて、リアケースからフロントパネルのガラスをわずかに乖離させます。

    • 開口ピックが挿入できるだけのスペースを作るだけで十分です。それ以上外してしまうと、ガラスが割れてしまうことがあります。

  4. 吸盤カップでガラスを持ち上げながら、開口ピックの先端をガラスとiPadの本体の間の隙間にスライドして差し込みます。 ディスプレイ側面にある黒いベゼル以上深く、開口ピックを挿入しないでください。 ピックを挿入しすぎるとLCDが損傷する可能性があります。 吸盤に付いているプラスチックの突起を引いて、真空シールを外し、ディスプレイアセンブリから吸盤を取り外します。
    • 吸盤カップでガラスを持ち上げながら、開口ピックの先端をガラスとiPadの本体の間の隙間にスライドして差し込みます。

    • ディスプレイ側面にある黒いベゼル以上深く、開口ピックを挿入しないでください。 ピックを挿入しすぎるとLCDが損傷する可能性があります。

    • 吸盤に付いているプラスチックの突起を引いて、真空シールを外し、ディスプレイアセンブリから吸盤を取り外します。

  5. iOpenerを再度温めて、デバイス上に置きます。
    • iOpenerを再度温めて、デバイス上に置きます。

    • 修理作業中、iOpenerを温める際は、オーバーヒートにご注意ください。常に、前回 iOpenerを温めてから少なくとも10分間はあけてください。

    • iPadの左端を再度温めます。

  6. 2番目の開口ピックを、最初のピックの横に差し込み、ピックをiPadの端に沿って下にスライドさせて接着剤を剥がします。 ガラス下で、上手くピックがスライドしない場合は、作業を停止して再加熱します。 ピックを強制してスライドすると、ガラスが割れる危険があります。 ガラス下で、上手くピックがスライドしない場合は、作業を停止して再加熱します。 ピックを強制してスライドすると、ガラスが割れる危険があります。
    • 2番目の開口ピックを、最初のピックの横に差し込み、ピックをiPadの端に沿って下にスライドさせて接着剤を剥がします。

    • ガラス下で、上手くピックがスライドしない場合は、作業を停止して再加熱します。 ピックを強制してスライドすると、ガラスが割れる危険があります。

  7. 続けて開口ピックをディスプレイのサイドにスライドして、接着剤を切開します。 開口ピックが接着剤で動かない場合、iPadのサイドに沿ってピックを少しずつ動かしながら、接着剤を剥がします。 開口ピックが接着剤で動かない場合、iPadのサイドに沿ってピックを少しずつ動かしながら、接着剤を剥がします。
    • 続けて開口ピックをディスプレイのサイドにスライドして、接着剤を切開します。

    • 開口ピックが接着剤で動かない場合、iPadのサイドに沿ってピックを少しずつ動かしながら、接着剤を剥がします。

  8. 挿入した最初のピックを取り、iPad上部コーナーに向けてスライドさせます。 フロントガラス越しに開口部のピックの先端が見える場合は、慌てる必要はありませんが、開口ピックを少し外側へ引き出してください。 ほとんどの場合、問題はありませんが、LCD前面に接着剤が付着してクリーニングが困難になる可能性があるため、ご注意ください。 フロントガラス越しに開口部のピックの先端が見える場合は、慌てる必要はありませんが、開口ピックを少し外側へ引き出してください。 ほとんどの場合、問題はありませんが、LCD前面に接着剤が付着してクリーニングが困難になる可能性があるため、ご注意ください。
    • 挿入した最初のピックを取り、iPad上部コーナーに向けてスライドさせます。

    • フロントガラス越しに開口部のピックの先端が見える場合は、慌てる必要はありませんが、開口ピックを少し外側へ引き出してください。 ほとんどの場合、問題はありませんが、LCD前面に接着剤が付着してクリーニングが困難になる可能性があるため、ご注意ください。

  9. iPadの上部端、フロント向きカメラの上に、温めたiOpener を置きます。
    • iPadの上部端、フロント向きカメラの上に、温めたiOpener を置きます。

    • iOpenerをオーバーヒートしないようにご注意ください。前回iOpener を温めてから10分以上の間隔をあけてください。

    • フレキシブルなiOpenerをお持ちの場合は、左上コーナーと上部端を同時に温めます。

  10. 開口ピックをiPadの上部左角周辺にスライドして、接着剤を剥がします。 開口ピックをiPadの上部左角周辺にスライドして、接着剤を剥がします。 開口ピックをiPadの上部左角周辺にスライドして、接着剤を剥がします。
    • 開口ピックをiPadの上部左角周辺にスライドして、接着剤を剥がします。

  11. 開口ピックをiPadの上端に沿ってスライドさせ、カメラに到達する直前で止めます。 3枚目の画像は、iPadの前面カメラとハウジングの位置を示しています。 接着剤がレンズに付着したり、カメラが破損したりする恐れがあります。次の手順では、前面カメラの邪魔にならないようにするための最善の方法を説明します。
    • 開口ピックをiPadの上端に沿ってスライドさせ、カメラに到達する直前で止めます。

    • 3枚目の画像は、iPadの前面カメラとハウジングの位置を示しています。

    • 接着剤がレンズに付着したり、カメラが破損したりする恐れがあります。次の手順では、前面カメラの邪魔にならないようにするための最善の方法を説明します。

  12. ピックを少し引き出して、先端部分を上端の前面カメラ部分の上に沿ってゆっくりとスライドさせます。 ピックを少し引き出して、先端部分を上端の前面カメラ部分の上に沿ってゆっくりとスライドさせます。 ピックを少し引き出して、先端部分を上端の前面カメラ部分の上に沿ってゆっくりとスライドさせます。
    • ピックを少し引き出して、先端部分を上端の前面カメラ部分の上に沿ってゆっくりとスライドさせます。

  13. iPadに差し込んだ開口ピックは、前面カメラの少し先に差し込んだままにしておきます。 2本目のピックを取り、カメラの左側、1本目のピックがちょうどあった場所に挿入する。残っている接着剤を完全にカットするために、角までスライドさせます。 2本目のピックは、角の接着剤が冷却して再接着するのを防ぐため、その位置に残しておきます。
    • iPadに差し込んだ開口ピックは、前面カメラの少し先に差し込んだままにしておきます。

    • 2本目のピックを取り、カメラの左側、1本目のピックがちょうどあった場所に挿入する。残っている接着剤を完全にカットするために、角までスライドさせます。

    • 2本目のピックは、角の接着剤が冷却して再接着するのを防ぐため、その位置に残しておきます。

  14. 先に差し込んだままのピックをiPadに深く差し込み、カメラから角に向かってスライドさせます。 右上にある小さなアンテナケーブルに注意してください。ピックをカメラから遠ざけるだけでなく、逆方向にスライドさせると、アンテナケーブルが切れてしまうことがあります。 右上にある小さなアンテナケーブルに注意してください。ピックをカメラから遠ざけるだけでなく、逆方向にスライドさせると、アンテナケーブルが切れてしまうことがあります。
    • 先に差し込んだままのピックをiPadに深く差し込み、カメラから角に向かってスライドさせます。

    • 右上にある小さなアンテナケーブルに注意してください。ピックをカメラから遠ざけるだけでなく、逆方向にスライドさせると、アンテナケーブルが切れてしまうことがあります。

  15. フロントパネルの接着剤が再付着しないように、iPadの角に3つのピックを残しておきます。
    • フロントパネルの接着剤が再付着しないように、iPadの角に3つのピックを残しておきます。

    • iOpenerを温め直し、iPadの残りの長辺、つまり音量ボタンとロックボタンの間に置きます。

  16. 右上の開口ピックを角に沿ってスライドさせ、ガラスの上端を完全に乖離します。 このピックは、接着剤が再装着しないようにその位置に残しておき、次の手順では新しい開口ピックを使用します。
    • 右上の開口ピックを角に沿ってスライドさせ、ガラスの上端を完全に乖離します。

    • このピックは、接着剤が再装着しないようにその位置に残しておき、次の手順では新しい開口ピックを使用します。

  17. 新しい開口ピックを挿入し、iPad右端の中央までスライドさせて、接着剤から剥がします。 新しい開口ピックを挿入し、iPad右端の中央までスライドさせて、接着剤から剥がします。 新しい開口ピックを挿入し、iPad右端の中央までスライドさせて、接着剤から剥がします。
    • 新しい開口ピックを挿入し、iPad右端の中央までスライドさせて、接着剤から剥がします。

  18. そのまま開口ピックをiPadの右端全体を滑らせ、接着剤を剥がします。 そのまま開口ピックをiPadの右端全体を滑らせ、接着剤を剥がします。 そのまま開口ピックをiPadの右端全体を滑らせ、接着剤を剥がします。
    • そのまま開口ピックをiPadの右端全体を滑らせ、接着剤を剥がします。

  19. オープニングピックをそのままにして、iOpenerを再加熱する。
    • オープニングピックをそのままにして、iOpenerを再加熱する。

    • iOpenerを温めすぎないように、10分に1回を目安にしてください。

    • 温めたiOpenerをiPadのホームボタン側に数分間当てて、ガラスの下の接着剤を柔らかくします。

  20. 左下に残したピックを左下角までスライドして、接着剤を切開します。 角の部分にピックを置いておきます。それ以上はこじ開けず、ピックをiPadから外さないでください。 下部ベゼル下にはスライドを避けるべきパーツが多く搭載されています。3番目の画像をよく見てください。
    • 左下に残したピックを左下角までスライドして、接着剤を切開します。

    • 角の部分にピックを置いておきます。それ以上はこじ開けず、ピックをiPadから外さないでください。

    • 下部ベゼル下にはスライドを避けるべきパーツが多く搭載されています。3番目の画像をよく見てください。

    • アンテナ

    • ホームボタンの穴

    • デジタイザケーブル

    • 次の手順では、これらのパーツへの破損を避けるために、どこをこじ開けるか指示してあります。熱を加えたり、指示された場所をこじ開けたりしないでください。

  21. 接着剤の再接着を防ぐために、前に残した開口ピックはそのままの位置に残してしておきます。 新しい開口ピックを使って、左側のアンテナ上をゆっくりと切開し、ホームボタンの手前で止めます。 ピックは外周からiPadの中心に向かって滑らせてください。外周に向かってピックを戻すと、アンテナが破損する恐れがあります。
    • 接着剤の再接着を防ぐために、前に残した開口ピックはそのままの位置に残してしておきます。

    • 新しい開口ピックを使って、左側のアンテナ上をゆっくりと切開し、ホームボタンの手前で止めます。

    • ピックは外周からiPadの中心に向かって滑らせてください。外周に向かってピックを戻すと、アンテナが破損する恐れがあります。

    • もし、ピックを下の部分に何度もスライドさせる必要がある場合は、ピックを外して外周部に再度挿入し、内側にスライドさせてください。

    • ピックはそのままにして次に進みます。

  22. 最後に差し込んだ開口ピックの先端を、前の手順で残したピックの隣に挿入し、ホームボタンの下までスライドさせます。 デジタイザーケーブルを切断しないように、右側から約2cm手前で止めます。 ピックを少し深めに挿入し、ホームボタンに向かってスライドしていきます。
    • 最後に差し込んだ開口ピックの先端を、前の手順で残したピックの隣に挿入し、ホームボタンの下までスライドさせます。

    • デジタイザーケーブルを切断しないように、右側から約2cm手前で止めます。

    • ピックを少し深めに挿入し、ホームボタンに向かってスライドしていきます。

    • この場合も、ピックが完全に挿入された状態でiPad中央に向かってスライドしてください。ガラスの下にあるアンテナが破損する恐れがあるためです。

  23. iOpenerを再度温めて、iPadの上部ベゼルに置きます。
    • iOpenerを再度温めて、iPadの上部ベゼルに置きます。

  24. この手順は慎重に行ってください。ゆっくりと時間をかけて、開口ピックで接着剤が温まって柔らかいことを確認してください。固くなっている場合は、中断して再度温めてください。 iPad上部、ホームボタンの反対側に、それぞれの角にピックが刺さっているはずです。ピックをひねってガラスを少し持ち上げ、4つのエッジに沿って最後の接着剤を分離します。
    • この手順は慎重に行ってください。ゆっくりと時間をかけて、開口ピックで接着剤が温まって柔らかいことを確認してください。固くなっている場合は、中断して再度温めてください。

    • iPad上部、ホームボタンの反対側に、それぞれの角にピックが刺さっているはずです。ピックをひねってガラスを少し持ち上げ、4つのエッジに沿って最後の接着剤を分離します。

    • 接着剤にかなりの抵抗がある場合は、捻る作業を中断します。ピックはそのままにして、再加熱し、問題のある部分にiOpenerをもう一度当て、固着した部分にもう一度ピックを通します。

  25. ゆっくりとかつ慎重に持ち上げて、下端に沿って接着剤をさらに剥がします。 ゆっくりとかつ慎重に持ち上げて、下端に沿って接着剤をさらに剥がします。
    • ゆっくりとかつ慎重に持ち上げて、下端に沿って接着剤をさらに剥がします。

  26. 全ての接着剤を剥がしたら、本のページをめくるようにフロントガラスを開口し、ワークスペースに置きます。 フロントパネルアセンブリを再利用する場合は、ディスプレイ用接着剤を交換する必要があります。ディスプレイ用接着剤の塗布方法ガイドを参照して、ディスプレイ用接着剤を再塗布し、デバイスを再密封してください。
    • 全ての接着剤を剥がしたら、本のページをめくるようにフロントガラスを開口し、ワークスペースに置きます。

    • フロントパネルアセンブリを再利用する場合は、ディスプレイ用接着剤を交換する必要があります。ディスプレイ用接着剤の塗布方法ガイドを参照して、ディスプレイ用接着剤を再塗布し、デバイスを再密封してください。

  27. 前面カメラのハウジングがフロントパネルに装着することがありますが、ハウジングを剥がしてカメラ上に戻して保護してください。 カメラハウジングを片方の端に寄せて、接着剤から乖離して、フロントパネルから取り外します。 前面カメラのハウジングをリアケースの窪みに戻します。
    • 前面カメラのハウジングがフロントパネルに装着することがありますが、ハウジングを剥がしてカメラ上に戻して保護してください。

    • カメラハウジングを片方の端に寄せて、接着剤から乖離して、フロントパネルから取り外します。

    • 前面カメラのハウジングをリアケースの窪みに戻します。

  28. LCDに留められた次の#00プラスネジを外します。 3.3mmネジ 3本
    • LCDに留められた次の#00プラスネジを外します。

    • 3.3mmネジ 3本

    • 4.5mmネジ 1本

    • LCDネジを覆っているテープがあれば、ピンセットで剥がします。

  29. 液晶ディスプレイを完全に取り外さないでください。液晶ディスプレイは、ホームボタン側から数本のケーブルでiPadに接続されています。前面カメラ側の端からのみ持ち上げる。 LCDとLCDシールドプレートの間のLCDの下にスパッジャーの平面側を差し込み、ゆっくりと持ち上げます。
    • 液晶ディスプレイを完全に取り外さないでください。液晶ディスプレイは、ホームボタン側から数本のケーブルでiPadに接続されています。前面カメラ側の端からのみ持ち上げる。

    • LCDとLCDシールドプレートの間のLCDの下にスパッジャーの平面側を差し込み、ゆっくりと持ち上げます。

    • シールド板の下にスパッジャーを入れないよう十分注意してください。LCDとシールドの間に挟んでください。

    • 少し曲げるだけでもLCDに永久的なダメージを与えてしまうので、細心の注意を払って持ち上げてください。

  30. LCDは少量接着剤で固定されています。そのため、シールドプレートからLCDを引き上げる前に接着剤を緩めてください。 LCDとLCDシールドプレートの間にスパッジャーを挿入し、iPadの奥までスライドさせます。 LCDとLCDシールドプレートの間にスパッジャーを挿入し、iPadの奥までスライドさせます。
    • LCDは少量接着剤で固定されています。そのため、シールドプレートからLCDを引き上げる前に接着剤を緩めてください。

    • LCDとLCDシールドプレートの間にスパッジャーを挿入し、iPadの奥までスライドさせます。

  31. LCDとスピーカーの間には、2本の幅広のテープが張られています。 片手でLCDを持ち、もう片方の手でiPadの背面本体を持ちます。
    • LCDとスピーカーの間には、2本の幅広のテープが張られています。

    • 片手でLCDを持ち、もう片方の手でiPadの背面本体を持ちます。

    • iPadからLCDを完全に取り外さないでください。

    • デジタイザケーブルを引っ張らないように注意しながら、LCDをスピーカーからゆっくりと引き離し、テープを剥がします。

  32. LCDを完全に取り外さないでください。LCDは、ホームボタン側から数本のケーブルでiPadに接続されています。前面カメラ側の端からのみ持ち上げてください。 iPadのLCDを本のページをめくるようにして、カメラ付近を持ち上げ、背面ケースのホームボタン側に回します。
    • LCDを完全に取り外さないでください。LCDは、ホームボタン側から数本のケーブルでiPadに接続されています。前面カメラ側の端からのみ持ち上げてください。

    • iPadのLCDを本のページをめくるようにして、カメラ付近を持ち上げ、背面ケースのホームボタン側に回します。

    • 液晶ディスプレイを裏返す際には、液晶ケーブルに気をつけながら慎重に行ってください。

    • LCDをフロントパネルガラスの上に置き、これでディスプレイケーブルにアクセスできます。

  33. LCDと接着タブの間にスパッジャーの先端をスライドさせて差し込み、ディスプレイを解放します。 ケーブルを傷つけないように注意しながら、2つの接着タブの間を慎重に押してください。 ケーブルを傷つけないように注意しながら、2つの接着タブの間を慎重に押してください。
    • LCDと接着タブの間にスパッジャーの先端をスライドさせて差し込み、ディスプレイを解放します。

    • ケーブルを傷つけないように注意しながら、2つの接着タブの間を慎重に押してください。

  34. LCDシールドプレートから1.8mm #00プラスネジを7本外します。
    • LCDシールドプレートから1.8mm #00プラスネジを7本外します。

  35. スパッジャーの平面側先端を使って、iPadからLCDシールドプレートを持ち上げて外します。 LCDシールドプレートを取り外します。 LCDシールドプレートを取り外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、iPadからLCDシールドプレートを持ち上げて外します。

    • LCDシールドプレートを取り外します。

終わりに

このデバイスを再組み立てするには、インストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Goldheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

437,968 ポイント

547のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

137 メンバー

16,052のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 0

過去 30 日: 2

今までの合計 50