危険
潜在的な危険
この手順に正しく従わない場合は損傷が生じる可能性があります。ご注意のうえ使用し、すべての警告に従ってください。
危険

はじめに

iMacディスクとしてSSDまたはフュージョンドライブで構成されているなら、ロジックボードの裏側にSSDが搭載されています。そのSSDにアクセスし、取り除くためにはこのガイドを使用してください。

作業する前には、まずは電源プラグを抜いてから、コンデンサーに残っている電気を放電するために、電源ボタンを10秒間押し続けます。

作業は非常に慎重に行なってください。

コンデンサーの配線に触らないでください。また、電源部裏で露出している半田付けのどこにも、触れないでください。基盤を持つときは縁だけにしてください。

  1. ディスプレイの左側、つまり電源ボタンに近い方から始めます。iMacオープニングツールをガラス面とケースの側面の間に差し込みます。 iMacオープニングツールのハブ(車輪の中心部)は、ホイールをあまりにも押しすぎないようにします。 別の工具を使用する場合は、ディスプレイに3/8インチ(9.5 mm)を超えて挿入しないでください。アンテナケーブルを切断して重大な損傷を引き起こす危険性があります。 iMacオープニングツールのハブ(車輪の中心部)は、ホイールをあまりにも押しすぎないようにします。 別の工具を使用する場合は、ディスプレイに3/8インチ(9.5 mm)を超えて挿入しないでください。アンテナケーブルを切断して重大な損傷を引き起こす危険性があります。
    • ディスプレイの左側、つまり電源ボタンに近い方から始めます。iMacオープニングツールをガラス面とケースの側面の間に差し込みます。

    • iMacオープニングツールのハブ(車輪の中心部)は、ホイールをあまりにも押しすぎないようにします。 別の工具を使用する場合は、ディスプレイに3/8インチ(9.5 mm)を超えて挿入しないでください。アンテナケーブルを切断して重大な損傷を引き起こす危険性があります。

  2. ツールをピザカッターを使うように隙間の上を滑らせます。この方法で真ん中に付けられた泡状の接着剤を切り込みます。 車輪部で接着剤を切り込む際は、必ずハンドルを押しながら作業を進めてください。もし引いた場合、車輪部とハンドルが外れる可能性があります。 左側全ての上にツールを滑らせます。
    • ツールをピザカッターを使うように隙間の上を滑らせます。この方法で真ん中に付けられた泡状の接着剤を切り込みます。

    • 車輪部で接着剤を切り込む際は、必ずハンドルを押しながら作業を進めてください。もし引いた場合、車輪部とハンドルが外れる可能性があります。

    • 左側全ての上にツールを滑らせます。

  3. 続けて左上部コーナーまでツールを転がします。 続けて左上部コーナーまでツールを転がします。 続けて左上部コーナーまでツールを転がします。
    • 続けて左上部コーナーまでツールを転がします。

  4. ディスプレイの左側上部を沿って接着剤を切り込みます。 ディスプレイの左側上部を沿って接着剤を切り込みます。
    • ディスプレイの左側上部を沿って接着剤を切り込みます。

  5. ディスプレイ上面も同様に続けます。 ツールで前後に動かしたり既に切った部分をもう一度切ることで接着剤の切開をより確実にすることができます。
    • ディスプレイ上面も同様に続けます。

    • ツールで前後に動かしたり既に切った部分をもう一度切ることで接着剤の切開をより確実にすることができます。

  6. ディスプレイの右上面周囲の角もツールで押して切開します。 ディスプレイの右上面周囲の角もツールで押して切開します。 ディスプレイの右上面周囲の角もツールで押して切開します。
    • ディスプレイの右上面周囲の角もツールで押して切開します。

  7. ディスプレイの右端にツールの車輪を押し下げます。 ディスプレイの右端にツールの車輪を押し下げます。
    • ディスプレイの右端にツールの車輪を押し下げます。

  8. ディスプレイの右下角までツールを押しながら切開して作業は終了します。 このとき、ディスプレイ全体にもう一度ツールを通して、接着剤が切断されているか確実に点検することもできます。
    • ディスプレイの右下角までツールを押しながら切開して作業は終了します。

    • このとき、ディスプレイ全体にもう一度ツールを通して、接着剤が切断されているか確実に点検することもできます。

  9. 開口ツールで作業の大部分は対応できますが、ディスプレイは(完全にはがれておらず)ケースに若干繋がっています。この残りの接着剤を剥がすにはプラスチックカードが必要です。 iMacの画面側を上に向けます。 iMacの右上隅から、ディスプレイとフレームの間にプラスチックカードを挿入します。
    • 開口ツールで作業の大部分は対応できますが、ディスプレイは(完全にはがれておらず)ケースに若干繋がっています。この残りの接着剤を剥がすにはプラスチックカードが必要です。

    • iMacの画面側を上に向けます。

    • iMacの右上隅から、ディスプレイとフレームの間にプラスチックカードを挿入します。

      • 3/8 インチ(9.5 mm)以上挿入しないでください。内部の部品が損傷する可能性があります。

  10. プラスチックカードをゆっくりとねじって、ディスプレイとフレームの間のスペースを開きます。 ゆっくりと移動し、ディスプレイガラスに過度のストレスがかからないように注意してください。約1/4インチ(6mm)の隙間を開けてください。
    • プラスチックカードをゆっくりとねじって、ディスプレイとフレームの間のスペースを開きます。

    • ゆっくりと移動し、ディスプレイガラスに過度のストレスがかからないように注意してください。約1/4インチ(6mm)の隙間を開けてください。

  11. この手順では、iSightカメラの前でスライドを止めてください。破損する恐れがあります。 カードをディスプレイの中央に向かってスライドさせ、残っている接着剤を切断します。 カードをディスプレイの中央に向かってスライドさせ、残っている接着剤を切断します。
    • この手順では、iSightカメラの前でスライドを止めてください。破損する恐れがあります。

    • カードをディスプレイの中央に向かってスライドさせ、残っている接着剤を切断します。

  12. カードをもう一度コーナーに戻して、接着剤が再付着するのを防ぐためにカードをそこに残しておきます。 カードをもう一度コーナーに戻して、接着剤が再付着するのを防ぐためにカードをそこに残しておきます。
    • カードをもう一度コーナーに戻して、接着剤が再付着するのを防ぐためにカードをそこに残しておきます。

  13. 左上隅のディスプレイとフレームの間に2枚目のカードを挿入します。 左上隅のディスプレイとフレームの間に2枚目のカードを挿入します。 左上隅のディスプレイとフレームの間に2枚目のカードを挿入します。
    • 左上隅のディスプレイとフレームの間に2枚目のカードを挿入します。

  14. 軽くカードをねじって、ディスプレイとフレームの間のスペースを少し広げます。 反対側と同様に、接着剤が剥がれるようにゆっくりと移動させ、ディスプレイガラスに過度の負担がかからないように注意してください。
    • 軽くカードをねじって、ディスプレイとフレームの間のスペースを少し広げます。

    • 反対側と同様に、接着剤が剥がれるようにゆっくりと移動させ、ディスプレイガラスに過度の負担がかからないように注意してください。

  15. プラスチックカードを中央に向かってスライドさせ、もう一度iSightカメラの直前で止めます。 プラスチックカードを中央に向かってスライドさせ、もう一度iSightカメラの直前で止めます。 プラスチックカードを中央に向かってスライドさせ、もう一度iSightカメラの直前で止めます。
    • プラスチックカードを中央に向かってスライドさせ、もう一度iSightカメラの直前で止めます。

  16. カードを左上隅の上部に差し込みます。 カードを左上隅の上部に差し込みます。
    • カードを左上隅の上部に差し込みます。

  17. ディスプレイを5cm程度持ち上げてください。ーまだデータケーブルと電源ケーブルがiMacに接続されたままの状態です。 カードがコーナー付近に挿入された状態で、カードをゆっくりとねじってディスプレイとケースの間の隙間を広げます。 固着されたまま剥がれない部分がある場合は、作業を中断してまだ付着している接着剤を切断するためにもう一枚カードを使用してください。
    • ディスプレイを5cm程度持ち上げてください。ーまだデータケーブルと電源ケーブルがiMacに接続されたままの状態です。

    • カードがコーナー付近に挿入された状態で、カードをゆっくりとねじってディスプレイとケースの間の隙間を広げます。

    • 固着されたまま剥がれない部分がある場合は、作業を中断してまだ付着している接着剤を切断するためにもう一枚カードを使用してください。

    • ディスプレイの上部をフレームから持ち上げます。

  18. ディスプレイを片方の手で持ちながら、もう片方でディスプレイの電源コードの接続を抜きます。 接続部に簡単にアクセスできるようにディスプレイを(少し)持ち上げてください。ただし、ケーブルを引っ張ったり、接続部を圧迫しないようご注意ください。(約20cm程度)
    • ディスプレイを片方の手で持ちながら、もう片方でディスプレイの電源コードの接続を抜きます。

      • 接続部に簡単にアクセスできるようにディスプレイを(少し)持ち上げてください。ただし、ケーブルを引っ張ったり、接続部を圧迫しないようご注意ください。(約20cm程度)

  19. ディスプレイのデータケーブル上の金属製の留め金具を取り出します。 ディスプレイデータケーブルを外します。 これは簡単に壊れる可能性のある繊細な接続です。 ディスプレイデータケーブルコネクタをソケットからiMacの上部に向けてまっすぐ引き出します。
    • ディスプレイのデータケーブル上の金属製の留め金具を取り出します。

    • ディスプレイデータケーブルを外します。

      • これは簡単に壊れる可能性のある繊細な接続です。 ディスプレイデータケーブルコネクタをソケットからiMacの上部に向けてまっすぐ引き出します。

  20. ディスプレイを垂直に近い位置まで持ち上げます。 この時点で、ディスプレイの底部に接着剤がまだ残っています(ディスプレイをフレームに固定するための蝶番のような細長い接着剤)。 ディスプレイを上下に数回動かすと、この接着剤を緩めることができます。
    • ディスプレイを垂直に近い位置まで持ち上げます。

    • この時点で、ディスプレイの底部に接着剤がまだ残っています(ディスプレイをフレームに固定するための蝶番のような細長い接着剤)。 ディスプレイを上下に数回動かすと、この接着剤を緩めることができます。

    • できるだけ多量の接着剤を外縁部から手で剥がしてください。それから接着剤を中央側に向かって引っ張ったり、揺らしてください。

  21. Free shipping on all orders over $100.00 or containing a Pro Tech Toolkit!

    当社のショップを閲覧する
  22. 必要であれば、プラスチックカードを使用して、底部に残っている細長い接着剤を切断することができます。 コンデンサのリード線または電源の背面の露出したはんだ接合部に触れないように十分注意してください(赤色の枠内)。 コンデンサのリード線または電源の背面の露出したはんだ接合部に触れないように十分注意してください(赤色の枠内)。
    • 必要であれば、プラスチックカードを使用して、底部に残っている細長い接着剤を切断することができます。

    • コンデンサのリード線または電源の背面の露出したはんだ接合部に触れないように十分注意してください(赤色の枠内)。

  23. ディスプレイの取り扱いには非常に注意してください。大きくて重いガラス製です。 ディスプレイには壊れやすいエッジがあります。 エッジでディスプレイを持ち上げないでください。 ディスプレイをフレームから持ち上げ、iMacから取り外します。 ディスプレイの表面を平らで柔らかい表面上に置きます。 あるいは片側ずつゆっくり持ち上げて、残りの接着剤を剥がさなければならない場合があります。
    • ディスプレイの取り扱いには非常に注意してください。大きくて重いガラス製です。 ディスプレイには壊れやすいエッジがあります。 エッジでディスプレイを持ち上げないでください。

    • ディスプレイをフレームから持ち上げ、iMacから取り外します。 ディスプレイの表面を平らで柔らかい表面上に置きます。

    • あるいは片側ずつゆっくり持ち上げて、残りの接着剤を剥がさなければならない場合があります。

  24. ディスプレイパネルを交換する場合は、古いパネルから新しいパネルに追加でコンポーネントを移す必要があります。 古いディスプレイと交換用ディスプレイの背面を見比べてください。 新しいディスプレイには搭載されていない全てのケーブル、センサーとケーブル、フォーム製緩衝材の有無に注意してください。
    • ディスプレイパネルを交換する場合は、古いパネルから新しいパネルに追加でコンポーネントを移す必要があります。 古いディスプレイと交換用ディスプレイの背面を見比べてください。 新しいディスプレイには搭載されていない全てのケーブル、センサーとケーブル、フォーム製緩衝材の有無に注意してください。

      • 接着テープの下にワイヤーやケーブルがある場合は、必ずテープを先に外します。

      • ケーブルがシャーシに接着されている場合は、加熱されたiOpenerまたはヘアドライヤーを使用して接着剤を最初に柔らかくします。 ケーブルの下にある開口ピックをスライドさせて緩めます。 繊細なコネクタを直接引っ張らないでください。

      • フォーム製クッションピースの下にある開口部のピックをスライドさせてディスプレイから分離し、ゆっくりと引き出します。 新しいディスプレイに再度取り付けるには、両面テープが必要な場合があります。

    • ヒンジを自由に動かすと、iMacはバランスを失い、作業が難しくなります。 修理はiMacを設置して完了することができますが、iMacサービスのウェッジを使用すれば、より迅速かつ簡単に修理できます。

  25. 10.0 mmのT10ネジを2本取り外します。
    • 10.0 mmのT10ネジを2本取り外します。

  26. ロジックボード上のソケットから左のスピーカーケーブルを抜きます。 ソケットからまっすぐ引き抜いてください。 ハードディスクドライブとロジックボード間の隙間からケーブルを外します。 ハードディスクドライブとロジックボードの間隔がスピーカーケーブルのために狭すぎる場合は、スピーカーケーブルを取り外して、ケーブルを所定の位置に置きます。
    • ロジックボード上のソケットから左のスピーカーケーブルを抜きます。 ソケットからまっすぐ引き抜いてください。

    • ハードディスクドライブとロジックボード間の隙間からケーブルを外します。

    • ハードディスクドライブとロジックボードの間隔がスピーカーケーブルのために狭すぎる場合は、スピーカーケーブルを取り外して、ケーブルを所定の位置に置きます。

  27. 電源装置の背面にあるはんだ接合部に触れないように注意してください。 コンデンサには、危険なショックを与えるほど十分に充電されている場合があります。 スパッジャーを使用して、ロジックボード上のソケットから電源ボタンコネクタを取り外します。 スパッジャーを使用して、ロジックボード上のソケットから電源ボタンコネクタを取り外します。
    • 電源装置の背面にあるはんだ接合部に触れないように注意してください。 コンデンサには、危険なショックを与えるほど十分に充電されている場合があります。

    • スパッジャーを使用して、ロジックボード上のソケットから電源ボタンコネクタを取り外します。

  28. 電源ボタンのケーブルが露出するまで(約0.5 インチ=1.27cm)、左のスピーカーをまっすぐ持ち上げます。 電源ボタンのケーブルが露出するまで(約0.5 インチ=1.27cm)、左のスピーカーをまっすぐ持ち上げます。
    • 電源ボタンのケーブルが露出するまで(約0.5 インチ=1.27cm)、左のスピーカーをまっすぐ持ち上げます。

  29. 電源ボタンケーブルを、左のスピーカーの溝からゆっくりと外します。 電源ボタンケーブルを、左のスピーカーの溝からゆっくりと外します。 電源ボタンケーブルを、左のスピーカーの溝からゆっくりと外します。
    • 電源ボタンケーブルを、左のスピーカーの溝からゆっくりと外します。

  30. 左のスピーカーをまっすぐ持ち上げ、iMacから取り外します。 ハードディスクドライブとロジックボードの間隔が狭すぎてスピーカーケーブルを先に取り外すことができない場合は、スピーカーを取り外すときにスピーカーケーブルを静かに引き抜きます。 スピーカーの端を引きながらコネクタの端を押し、ケーブルをハードディスクドライブの右のブラケットの下に通します。
    • 左のスピーカーをまっすぐ持ち上げ、iMacから取り外します。

    • ハードディスクドライブとロジックボードの間隔が狭すぎてスピーカーケーブルを先に取り外すことができない場合は、スピーカーを取り外すときにスピーカーケーブルを静かに引き抜きます。

      • スピーカーの端を引きながらコネクタの端を押し、ケーブルをハードディスクドライブの右のブラケットの下に通します。

  31. SATAデータ/電源ケーブルをまっすぐ上に引っ張り、ドライブから接続を外します。 SATAデータ/電源ケーブルをまっすぐ上に引っ張り、ドライブから接続を外します。
    • SATAデータ/電源ケーブルをまっすぐ上に引っ張り、ドライブから接続を外します。

  32. 左側ハードドライブブラケットをリアケースに固定している7.3 mm T10ネジを2本外します。
    • 左側ハードドライブブラケットをリアケースに固定している7.3 mm T10ネジを2本外します。

  33. ハードドライブと左側ハードドライブブラケットを一緒に持ちます。 リアケースから左側ケースを上に傾けて、アセンブリを左側にスライドさせます。 ハードドライブを取り外し、左側ハードドライブブラケットをiMacから取り外します。
    • ハードドライブと左側ハードドライブブラケットを一緒に持ちます。

    • リアケースから左側ケースを上に傾けて、アセンブリを左側にスライドさせます。

    • ハードドライブを取り外し、左側ハードドライブブラケットをiMacから取り外します。

  34. 左側のハードドライブブラケットを取り出します。 左側のハードドライブブラケットを取り出します。
    • 左側のハードドライブブラケットを取り出します。

  35. 電源で作業するときは、コンデンサのリードや電源の背面のはんだ接合部に触れないよう十分注意してください。 ボードの端だけを取り扱ってください。 電源の制御ケーブルを電源から切り離します。
    • 電源で作業するときは、コンデンサのリードや電源の背面のはんだ接合部に触れないよう十分注意してください。 ボードの端だけを取り扱ってください。

    • 電源の制御ケーブルを電源から切り離します。

  36. 背面ケースに電源を固定している以下の4本のねじを取り外します。
    • 背面ケースに電源を固定している以下の4本のねじを取り外します。

      • 23.7 mm T10トルクスネジー2本

      • 7.3 mm T10トルクスネジー2本

  37. 電源をケースから取り外さないでください。2本のケーブルでロジックボードに接続されています。 電源ボードをケースの左端に向かって動かし、ロジックボードのくぼみから離します 電源ボードをケースの左端に向かって動かし、ロジックボードのくぼみから離します
    • 電源をケースから取り外さないでください。2本のケーブルでロジックボードに接続されています。

    • 電源ボードをケースの左端に向かって動かし、ロジックボードのくぼみから離します

  38. DC電源ケーブルコネクタのタブを押し、ロジックボードの背面にあるソケットからまっすぐ引き出します。 DC電源ケーブルコネクタのタブを押し、ロジックボードの背面にあるソケットからまっすぐ引き出します。
    • DC電源ケーブルコネクタのタブを押し、ロジックボードの背面にあるソケットからまっすぐ引き出します。

  39. コンデンサのリード線や電源装置の背面の露出したはんだ接合部には触れないよう十分注意してください。 ボードの端だけを取り扱ってください。 メールボックスを開くのと同じように、電源装置の上部を手前にひっくり返して、ACインレットケーブルのコネクタを確認します。 ACインレットケーブルコネクタを外します。
    • コンデンサのリード線や電源装置の背面の露出したはんだ接合部には触れないよう十分注意してください。 ボードの端だけを取り扱ってください。

    • メールボックスを開くのと同じように、電源装置の上部を手前にひっくり返して、ACインレットケーブルのコネクタを確認します。

    • ACインレットケーブルコネクタを外します。

  40. 10.0 mmのT10ネジを2本取り外します。
    • 10.0 mmのT10ネジを2本取り外します。

  41. 右スピーカーを軽く右に軽く揺り動かし、ロジックボード上のケーブル接続にアクセスします。 右スピーカーを軽く右に軽く揺り動かし、ロジックボード上のケーブル接続にアクセスします。
    • 右スピーカーを軽く右に軽く揺り動かし、ロジックボード上のケーブル接続にアクセスします。

  42. スパッジャーを使用して、ロジックボード上のソケットから右のスピーカーケーブルのコネクタを緩めます。 コネクタを右に引っ張ってソケットから外します。 コネクタを右に引っ張ってソケットから外します。
    • スパッジャーを使用して、ロジックボード上のソケットから右のスピーカーケーブルのコネクタを緩めます。

    • コネクタを右に引っ張ってソケットから外します。

  43. スピーカーをまっすぐ持ち上げ、iMacから取り外します。 スピーカーをまっすぐ持ち上げ、iMacから取り外します。 スピーカーをまっすぐ持ち上げ、iMacから取り外します。
    • スピーカーをまっすぐ持ち上げ、iMacから取り外します。

  44. スパッジャーの先端を使用して、ファンケーブルのコネクターをロジックボード上のソケットから切り離します。 スパッジャーの先端を使用して、ファンケーブルのコネクターをロジックボード上のソケットから切り離します。 スパッジャーの先端を使用して、ファンケーブルのコネクターをロジックボード上のソケットから切り離します。
    • スパッジャーの先端を使用して、ファンケーブルのコネクターをロジックボード上のソケットから切り離します。

  45. ファンを排気ダクトに接続している黒いテープを剥がします。 テープを排気ダクトの所定の位置に残し、ファンを解放するためにジョイントを露出する必要があります。
    • ファンを排気ダクトに接続している黒いテープを剥がします。

    • テープを排気ダクトの所定の位置に残し、ファンを解放するためにジョイントを露出する必要があります。

  46. ファンをリアケースに固定している3本の12.4 mm T10ネジを外します。
    • ファンをリアケースに固定している3本の12.4 mm T10ネジを外します。

  47. iMacからファンを取り外します。 iMacからファンを取り外します。
    • iMacからファンを取り外します。

  48. スパッジャーのフラットエンドを使用して、4つのアンテナコネクタのそれぞれをAirMac / Bluetoothカードから切り離します。 ケーブルを再接続するときは、各コネクタの元の位置に注意してください。カードの左から右に向かって、アンテナは次の順序で接続されます。 一番左
    • スパッジャーのフラットエンドを使用して、4つのアンテナコネクタのそれぞれをAirMac / Bluetoothカードから切り離します。

    • ケーブルを再接続するときは、各コネクタの元の位置に注意してください。カードの左から右に向かって、アンテナは次の順序で接続されます。

      • 一番左

      • 右上

      • 右下

  49. これは簡単に壊れる可能性のある繊細な接続です。 iSightカメラケーブルの金属製保持ブラケットを持ち上げます。 カメラケーブルコネクタをソケットからiMacの上部にまっすぐ引きます。
    • これは簡単に壊れる可能性のある繊細な接続です。

    • iSightカメラケーブルの金属製保持ブラケットを持ち上げます。

    • カメラケーブルコネクタをソケットからiMacの上部にまっすぐ引きます。

  50. スパッジャーのフラットエンドを使用して、ヘッドフォンジャックケーブルコネクタをロジックボード上のソケットから外します。 ケーブルを静かに押し出します。 ケーブルを静かに押し出します。
    • スパッジャーのフラットエンドを使用して、ヘッドフォンジャックケーブルコネクタをロジックボード上のソケットから外します。

    • ケーブルを静かに押し出します。

  51. ロジックボードの前面から次のネジを外します。 23.7 mm T10ネジ 2本
    • ロジックボードの前面から次のネジを外します。

      • 23.7 mm T10ネジ 2本

      • 7.4 mmのT10ネジ 4本

      • 20.8 mm T25スペーサスねじ 1個

      • T10キャプティブスクリュー 1本

        • このネジはロジックボードの穴の下にあります。 固定ドライバまたはiFixitドライバキットから60 mmの延長が必要です。

  52. ハードディスクのSATAケーブルはまだ取り外せませんが、ロジックボードを取り外す際に邪魔になるでしょう。 右側のハードドライブブラケットからケーブルとコネクタを引っ張ります。ケーブルをデバイス本体の右側、排気ポートの邪魔にならない位置へ寄せます。 右側のハードドライブブラケットからケーブルとコネクタを引っ張ります。ケーブルをデバイス本体の右側、排気ポートの邪魔にならない位置へ寄せます。
    • ハードディスクのSATAケーブルはまだ取り外せませんが、ロジックボードを取り外す際に邪魔になるでしょう。

    • 右側のハードドライブブラケットからケーブルとコネクタを引っ張ります。ケーブルをデバイス本体の右側、排気ポートの邪魔にならない位置へ寄せます。

  53. ヒートシンク排気ダクトの上部から2本の5.7 mm T10ネジを取り外します。
    • ヒートシンク排気ダクトの上部から2本の5.7 mm T10ネジを取り外します。

  54. ロジックボードを少し傾けます。 ロジックボードをまっすぐ上に持ち上げ、iMacから取り出します。 リア・ケースの内側に取り付けられているネジの柱にひっかからないように注意してください。 ロジックボードをまっすぐ上に持ち上げ、iMacから取り出します。 リア・ケースの内側に取り付けられているネジの柱にひっかからないように注意してください。
    • ロジックボードを少し傾けます。

    • ロジックボードをまっすぐ上に持ち上げ、iMacから取り出します。 リア・ケースの内側に取り付けられているネジの柱にひっかからないように注意してください。

  55. iMacを組み立て直すときは、外部I/Oポートを正しく調整するように十分注意してください。 ロジックボードは、すべてのネジで固定しても曲がっていることがあります。 USBフラッシュドライブまたはイーサネットケーブルを使用して、ロジックボードがねじ込まれている間、ロジックボードが正しく装着されていることを確認できます。
    • iMacを組み立て直すときは、外部I/Oポートを正しく調整するように十分注意してください。 ロジックボードは、すべてのネジで固定しても曲がっていることがあります。

    • USBフラッシュドライブまたはイーサネットケーブルを使用して、ロジックボードがねじ込まれている間、ロジックボードが正しく装着されていることを確認できます。

  56. SATA電源ケーブルの端子を引き上げ取り外します。 SATAデータケーブルの端子を持ち上げ外します。 邪魔にならないようにまた傷つかないようにSATAケーブルをロジックボードから取り除きます。
    • SATA電源ケーブルの端子を引き上げ取り外します。

    • SATAデータケーブルの端子を持ち上げ外します。

    • 邪魔にならないようにまた傷つかないようにSATAケーブルをロジックボードから取り除きます。

  57. ロジックボードにSSDを固定している、一個の5.3mm T9ねじを外します。
    • ロジックボードにSSDを固定している、一個の5.3mm T9ねじを外します。

  58. ソケットを壊さないように、SSDを過度に持ち上げないでください。 ロジックボードのソケットに刺さっている、SSDの反対側を少しだけ持ち上げて、まっすぐに引き抜いてください。 SSDを再び搭載するときには、ネジの取り付け位置が適切にあっていることを確認してください。
    • ソケットを壊さないように、SSDを過度に持ち上げないでください。

    • ロジックボードのソケットに刺さっている、SSDの反対側を少しだけ持ち上げて、まっすぐに引き抜いてください。

    • SSDを再び搭載するときには、ネジの取り付け位置が適切にあっていることを確認してください。

まとめ

再び組み立てるためには、これらの手順の反対に行ってください。ディスプレイガラスを再び取り付けるには、Adhesive Strips Guide を使ってください。

55 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldberg

メンバー登録日: 2009年10月17日

402,760 ポイント

412のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

109 メンバー

7,724のガイドは作成済み

Hello, i have a 27" Imac late 2012, with a GeForce 675MX and the 3.2ghz i5 cpu.

My Imac was shipped with a 1tb HDD not the fusion-drive.

Is it possible to retrofit a SSD in this slot: http://d3nevzfk7ii3be.cloudfront.net/igi... (ofcourse it needs to be the orginal apple ssd, like in the macbook pro retina)

Thanks

-Mark

Mark Hummeluhr - 返信

So i got a Late 2012 2.9ghz Quad Core i5 with only the 1TB harddrive and not the fusion-drive. Does my iMac come with the blade ssd slot? I have a spare 128GB Samsung blade lying around which i removed from my broken macbook air. Would i be able to connect that SSD into the blade ssd slot?

Yarna Gerba - 返信

Hello, I used this tutorial to install a SATA SSD blade

http://www.microsatacables.com/sata-blad...

Everything is very fine, single screw SSD Apple was absent.

Restart no surprise the fan packs to bottom: I use this iMac for the free application "Macs Fan Control" which is apparently the only work properly with this model iMac.

http://www.crystalidea.com/macs-fan-cont...

Excuse me, this is a Google translation!

BULTEL - 返信

Added a blade SSD - found a blade on eBay that had been pulled from a Retina Macbook Pro. I used a little anti-static high temp tape as I did not have the screw for the blade. The Apple part number for the screws is 923-0328 - ebay has them available.

Reinstalled operating system, and was easily able to set up the system as a Fusion Drive by first using Disk Utility.

giff - 返信

Thanks for the part number - awesome!

James Walsh -

統計データを表示:

過去 24時間: 44

過去 7 日: 352

過去 30 日: 1,504

今までの合計 152,191