メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを参照して、Samsung Galaxy S10+ の内部パーツにアクセスしてパーツの交換をするためのバックカバーを外しましょう。この修理ガイドは標準のガラス製もしくはセラミック製の背面に適用できます。

  1. 作業を始める前にデバイスの電源を切ります。 iOpenerを温めて、バックカバーの右側端に約2分間当てます。 ヘアドライヤー、ヒートガンもしくはホットプレートでも対応できますが、デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。ディスプレイとバッテリーは、熱によるダメージに弱い性質があります。
    • 作業を始める前にデバイスの電源を切ります。

    • iOpenerを温めてバックカバーの右側端に約2分間当てます。

    • ヘアドライヤー、ヒートガンもしくはホットプレートでも対応できますが、デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。ディスプレイとバッテリーは、熱によるダメージに弱い性質があります。

    • 待機中、バックカバーを外したイメージをご覧になって、接着剤が付けられている位置を確認してください。

  2. 吸盤カップをデバイスの裏側、右側端中央部分にできるだけ近い位置(接着剤の幅が最も狭い場所)に装着します。 吸盤カップを一定の強い力で引き上げて、バックカバーとフレームの間に隙間を作ります。 開口ピックの先端を隙間に差し込みます。
    • 吸盤カップをデバイスの裏側、右側端中央部分にできるだけ近い位置(接着剤の幅が最も狭い場所)に装着します。

    • 吸盤カップを一定の強い力で引き上げて、バックカバーとフレームの間に隙間を作ります。

    • 開口ピックの先端を隙間に差し込みます。

    • 強い抵抗感があるため、この作業は複数回にわたって行う必要があります。

    • 隙間ができない場合は、さらにiOpenerを温めてさらに同じ部分に当ててください。

    • もしくは、高濃度(90%以上)イソプロピルアルコールの数滴を隙間に注入し、接着剤を緩めることもできます。

    • 開口ピックで過剰な力を加えないでください。バックカバーのガラスがひび割れてしまうリスクがあります。

  3. デバイスの加熱された右端の下に約10-15mm程度の厚さのものを置きます。これでデバイス端に角度が入るため、開口ツールが使いやすくなります。 指でデバイス左端をつまんで、滑り落ちないようにします。吸盤カップをしっかりと引き上げます。 開口ツールの端をバックカバーとフレームの間の継ぎ目に押し込みます。
    • デバイスの加熱された右端の下に約10-15mm程度の厚さのものを置きます。これでデバイス端に角度が入るため、開口ツールが使いやすくなります。

    • 指でデバイス左端をつまんで、滑り落ちないようにします。吸盤カップをしっかりと引き上げます。

    • 開口ツールの端をバックカバーとフレームの間の継ぎ目に押し込みます。

    • 開口ツールを継ぎ目に沿って、数回前後にスライドします。

  4. 開口ピックをデバイスの端に沿ってスライドして、接着剤を切開します。 再度熱を当てる前に、コーナーを固定している接着剤を切開しないでください。バックカバーがひび割れしてしまうことがあります。 接着剤の再装着を防ぐため、隙間に開口ピックを差し込んだままにしておきます。
    • 開口ピックをデバイスの端に沿ってスライドして、接着剤を切開します。

    • 再度熱を当てる前に、コーナーを固定している接着剤を切開しないでください。バックカバーがひび割れしてしまうことがあります。

    • 接着剤の再装着を防ぐため、隙間に開口ピックを差し込んだままにしておきます。

  5. 温めたiOpenerをデバイス下側の端に約2分間当てます。 開口ピックを右下側端コーナーに差し込みます。 開口ピックをコーナー周辺を慎重にスライドします。続けて下側端や左下コーナーに沿って接着剤を切開します。
    • 温めたiOpenerをデバイス下側の端に約2分間当てます。

    • 開口ピックを右下側端コーナーに差し込みます。

    • 開口ピックをコーナー周辺を慎重にスライドします。続けて下側端や左下コーナーに沿って接着剤を切開します。

    • 切開作業が困難な場合は、作業を続ける前に、デバイス下側端を再度温めてください。

    • 接着剤が再装着しないよう、隙間に開口ピックを残したままにします。

  6. デバイス残りの端を温めて、開口ピックで切開します。 コーナー周辺を切開する際は、コーナ全体が完全に温まっているか確認してください。 コーナー周辺を切開する際は、コーナ全体が完全に温まっているか確認してください。
    • デバイス残りの端を温めて、開口ピックで切開します。

    • コーナー周辺を切開する際は、コーナ全体が完全に温まっているか確認してください。

  7. デバイス周辺を切開したら、開口ピックを捻ると、フレームからバックカバーが外れやすくなります。 バックカバーをゆっくりと持ち上げます。開口ピックを使って、残りの接着剤を切開します。 バックカバーを取り出します。
    • デバイス周辺を切開したら、開口ピックを捻ると、フレームからバックカバーが外れやすくなります。

    • バックカバーをゆっくりと持ち上げます。開口ピックを使って、残りの接着剤を切開します。

    • バックカバーを取り出します。

    • 再組み立ての際は、バックカバーを密封する前に、デバイスの電源を入れて、全ての機能が動くかテストをすることをお勧めします。再組み立て作業に戻る前に、デバイスの電源を必ず切ってください。

    • このガイドを参照してバックカバーを再装着してから、接着剤を含むカメラベゼルを移植、インストールをしてください。

終わりに

デバイスを再組立する際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

18 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

173,091 ポイント

428のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

138 メンバー

17,006のガイドは作成済み

5 件のコメント

Good guide, pretty easy to follow along

Virginia Borrelli - 返信

si le cambio la tapa trasera a mi s10 plus deja de funcionar bajo el agua?

basilio.paredes2020 - 返信

That’s correct. The phone will not be water resistant.

Eso es correcto. El teléfono no será resistente al agua.

Arthur Shi -

Easy to follow guide. The iOpener worked better than a hair dryer for even heat, but it took more than I thought it would to get the back cover off.

Michael - 返信

i used a sock filled with rice in microwave for 4 mins and set it on the cell with a piece of clear plastic for 5 mins, back was off with 1 pick in 30 seconds

Kenneth PECK - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 16

過去 7 日: 112

過去 30 日: 534

今までの合計 34,996