メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使って、Nexus 6Pスマートフォンのバッテリーを交換しましょう。スマートフォンを再度組み立てるときは、必要なところに新しい接着剤を塗布してください。

バッテリーが膨張している場合、予防処置をとってください

  1. この手順にあるように、iOpenerを使ってリアカバーを取り外すことは可能ですが、それは時間がかかり、難易度の高い作業です。 ヒートガンなどをお勧めします。 Nexus 6Pの接着剤は非常に粘着性があります。特に裏面ガラスとプラスチックのカバーは、ほとんどの場合この修理中に破損または曲がります。 SIMカード取り出し用ツールを使って、SIMカードトレイを取り出します。 iOpenerを使用して、デバイス下部に付けられた小さなプラスチック製カバー下に留められた接着剤を温めます。
    • この手順にあるように、iOpenerを使ってリアカバーを取り外すことは可能ですが、それは時間がかかり、難易度の高い作業です。 ヒートガンなどをお勧めします。 Nexus 6Pの接着剤は非常に粘着性があります。特に裏面ガラスとプラスチックのカバーは、ほとんどの場合この修理中に破損または曲がります。

    • SIMカード取り出し用ツールを使って、SIMカードトレイを取り出します。

    • iOpenerを使用して、デバイス下部に付けられた小さなプラスチック製カバー下に留められた接着剤を温めます。

  2. ナイフはとてもシャープです。デバイス本体やご自身をカットしないようご注意ください。 デバイスとプラスチックカバーの間にナイフを差し込みます。開口ピックを差し込める程度までプラスチックカバーを持ち上げます。 開口ピックをプラスチックカバーの下にスライドして差し込み、接着剤を切開します。
    • ナイフはとてもシャープです。デバイス本体やご自身をカットしないようご注意ください。

    • デバイスとプラスチックカバーの間にナイフを差し込みます。開口ピックを差し込める程度までプラスチックカバーを持ち上げます。

    • 開口ピックをプラスチックカバーの下にスライドして差し込み、接着剤を切開します。

  3. iOpenerを使って、デバイス上部のガラスカバーの下の接着剤を温めます。 デバイス本体とガラスカバーの間にナイフを差し込みます。開口ピックが差し込める程度までガラスカバーを持ち上げます。
    • iOpenerを使って、デバイス上部のガラスカバーの下の接着剤を温めます。

    • デバイス本体とガラスカバーの間にナイフを差し込みます。開口ピックが差し込める程度までガラスカバーを持ち上げます。

  4. ガラスは割れる可能性があるので、保護メガネと保護グローブを着用してください。 ガラスカバーの下に開口ピックをスライドさせ、下の接着剤を切断します。 ガラスカバーをこじ開けます。
    • ガラスは割れる可能性があるので、保護メガネと保護グローブを着用してください。

    • ガラスカバーの下に開口ピックをスライドさせ、下の接着剤を切断します。

    • ガラスカバーをこじ開けます。

  5. ピンセットを使って、液体インディケーターのステッカーを剥がします。 #000 プラスネジを6本外します。 #000 プラスネジを6本外します。
    • ピンセットを使って、液体インディケーターのステッカーを剥がします。

    • #000 プラスネジを6本外します。

  6. メタル製バックカバーとフロントガラスの間にレーザーナイフを差し込み、隙間を作ります。そ開口ピックを隙間に差し込み、上部右側コーナーまでスライドします。 ナイフはとてもシャープです。作業中、デバイスもしくはご自身をカットしないようにご注意ください。 2番目のプラスチックピックを差し込み、上部左側コーナーまでスライドします。
    • メタル製バックカバーとフロントガラスの間にレーザーナイフを差し込み、隙間を作ります。そ開口ピックを隙間に差し込み、上部右側コーナーまでスライドします。

    • ナイフはとてもシャープです。作業中、デバイスもしくはご自身をカットしないようにご注意ください。

    • 2番目のプラスチックピックを差し込み、上部左側コーナーまでスライドします。

    • 開口ピックをエッジに沿ってスライドし、バックカバーとミッドフレーム両方を固定しているプラスチッククリップを外します。

    • リアカバーを取り出します。

  7. #000プラスネジを外します。 ピンセットを使い、金属板を外します。
    • #000プラスネジを外します。

    • ピンセットを使い、金属板を外します。

  8. スパッジャーの平面側の先端を使い、フレックスケーブルを3本外します。 スパッジャーの平面側の先端を使い、フレックスケーブルを3本外します。 スパッジャーの平面側の先端を使い、フレックスケーブルを3本外します。
    • スパッジャーの平面側の先端を使い、フレックスケーブルを3本外します。

  9. スパッジャーの平面側の先端を使い、ドーターボードのインターコネクトケーブルを外します。 iOpenerを使い、バッテリーの下の接着剤をほぐします。
    • スパッジャーの平面側の先端を使い、ドーターボードのインターコネクトケーブルを外します。

    • iOpenerを使い、バッテリーの下の接着剤をほぐします。

  10. 警告:スパッジャーやプラスチックカードをバッテリー下から深くまで差し込みすぎないでください。ディスプレイケーブルは、バッテリーの下を通っています。 ケーブルの位置を確認したい場合、次の手順にスクロールしてください。 スパッジャーの平面側先端を 切り欠きと同じくらい深く差し込み、 端に沿ってスライドさせて接着剤を切断します…
    • 警告:スパッジャーやプラスチックカードをバッテリー下から深くまで差し込みすぎないでください。ディスプレイケーブルは、バッテリーの下を通っています。

    • ケーブルの位置を確認したい場合、次の手順にスクロールしてください。

    • スパッジャーの平面側先端を 切り欠きと同じくらい深く差し込み、 端に沿ってスライドさせて接着剤を切断します…

    • プラスチックカードを使って、バッテリー下部左側に残った接着剤を切断します。

  11. バッテリーを取り外します。
    • バッテリーを取り外します。

終わりに

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。スマートフォンを再度組み立てるときは、必要なところに新しい接着剤を塗布してください。

111 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

80%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Dominik Schnabelrauch

メンバー登録日: 2016年11月23日

47,524 ポイント

233のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

9,563のガイドは作成済み

31 件のコメント

In case anyone is wondering, I was able to get the two small back covers to reassemble without using new adhesive. I didn’t have any on hand so I just used a heat gun to warm the adhesive that was left over and firmly held them in place. So far it seems to be holding well.

Vince Cipriani - 返信

Adhesive? I’m wondering what kind of adhesive to use for reassembly?

antoine courtemanche - 返信

Didn’t need any additional adhesive and the iopener worked fine for both loosening adhesive for disassembly and getting it sticky again for reassembly.. Managed not to break the glass camera cover!

antoine courtemanche -

any tips on using the iOpener for the top glass? It dosen’t seem to be helping me at all. :(

Ellison Gregg - 返信

These were great instructions, but have to admit this was quite a hair-raising process because of the amount of heat that was required to soften the adhesive and the amount of force needed to pry things apart. Luckily, I have a digital hot air source (Sparkfun 303D) used for surface mount electronics. The safe temperature ended up being about 200 F. If I did it again would be much easier because I know the glass piece at the top is not as fragile as I thought. So, heat gun, definitely. iOpener would be next to useless, especially to loosen under battery. But be careful not to concentrate the heat and melt plastic or make glass crack. Adhesive under battery definitely reusable, easy to peel off old battery. Go slow with the whole process and it will be successful!

Andris Vizulis - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 53

過去 7 日: 339

過去 30 日: 1,461

今までの合計 54,735