メインコンテンツにスキップ

はじめに

Moto Cの飛散したスクリーンを交換するための修理ガイドです。

再組み立ての際には、コンポーネントを装着するための交換用接着剤が必要です。

  1. 解体作業を始める前に、デバイスの電源を切ってください。 スパッジャーをデバイス右下コーナーの凹みに差し込み、バックカバーからデバイス内部を乖離します。 左下にスパッジャーを移動させて、バックカバーが外れて、手で摘めるまでこじ開けます。
    • 解体作業を始める前に、デバイスの電源を切ってください。

    • スパッジャーをデバイス右下コーナーの凹みに差し込み、バックカバーからデバイス内部を乖離します。

    • 左下にスパッジャーを移動させて、バックカバーが外れて、手で摘めるまでこじ開けます。

  2. バックカバーからデバイス内部を持ち上げます。 バックカバーからデバイス内部を持ち上げます。
    • バックカバーからデバイス内部を持ち上げます。

  3. スパッジャーもしくは指先で、バッテリーをテコのようにして持ち上げて、取り出します。 スパッジャーもしくは指先で、バッテリーをテコのようにして持ち上げて、取り出します。 スパッジャーもしくは指先で、バッテリーをテコのようにして持ち上げて、取り出します。
    • スパッジャーもしくは指先で、バッテリーをテコのようにして持ち上げて、取り出します。

  4. 3.5mm T5トルクスネジを6本外します。
    • 3.5mm T5トルクスネジを6本外します。

  5. 開口ツールを電源ボタンがある、SIM 2スロット付近のマザーボードとカバーの間に差し込んでください。 開口ピックをスライドしながら、カバーを固定しているプラスチッククリップをこじ開けて外します。
    • 開口ツールを電源ボタンがある、SIM 2スロット付近のマザーボードとカバーの間に差し込んでください。

    • 開口ピックをスライドしながら、カバーを固定しているプラスチッククリップをこじ開けて外します。

  6. 開口ピックを、SDカードスロットの反対側にマザーボードとカバーの間にスライドします。 開口ピックを捻りながら、カバーを固定しているプラスチックのクリップを外します。
    • 開口ピックを、SDカードスロットの反対側にマザーボードとカバーの間にスライドします。

    • 開口ピックを捻りながら、カバーを固定しているプラスチックのクリップを外します。

  7. マザーボードカバーを取り出します。 マザーボードカバーを取り出します。
    • マザーボードカバーを取り出します。

  8. 3.5 mm T5トルクスネジを4本外します。
    • 3.5 mm T5トルクスネジを4本外します。

    • ステッカーでカバーされているネジがあります。

  9. 開口ツールの先端をドーターボードの下の右下に差し込みます。 開口ピックを捻って、ドーターカバーのプラスチックの留め金を外します。 開口ピックを左側にスライドして、上向きにこじ開けて、ドーターカバーを摘みます。
    • 開口ツールの先端をドーターボードの下の右下に差し込みます。

    • 開口ピックを捻って、ドーターカバーのプラスチックの留め金を外します。

    • 開口ピックを左側にスライドして、上向きにこじ開けて、ドーターカバーを摘みます。

  10. ドーターボードカバーを取り出します。
    • ドーターボードカバーを取り出します。

  11. 2.5mm T5トルクスネジを外します。
    • 2.5mm T5トルクスネジを外します。

  12. 開口ピックの先端を、マザーボードの左下にあるZIFコネクタ黒いレバーをこじ開けます。 開口ピックの先端を、マザーボードの左下にあるZIFコネクタ黒いレバーをこじ開けます。
    • 開口ピックの先端を、マザーボードの左下にあるZIFコネクタ黒いレバーをこじ開けます。

  13. ピンセットを使って、電源と音量ボタンのフレックスケーブルをZIFコネクタから引き抜きます。 電源と音量ボタンのフレックスケーブルを作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。
    • ピンセットを使って、電源と音量ボタンのフレックスケーブルをZIFコネクタから引き抜きます。

    • 電源と音量ボタンのフレックスケーブルを作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。

  14. スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードの下側にあるディスプレイフレックスケーブルの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードの下側にあるディスプレイフレックスケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードの下側にあるディスプレイフレックスケーブルの接続を外します。

  15. 開口ピックの先端を使って、リアカメラの隣にあるマザーボードの先端のZIFコネクタの黒いレバーを開きます。 開口ピックの先端を使って、リアカメラの隣にあるマザーボードの先端のZIFコネクタの黒いレバーを開きます。
    • 開口ピックの先端を使って、リアカメラの隣にあるマザーボードの先端のZIFコネクタの黒いレバーを開きます。

  16. ピンセットを使って、ZIFコネクタからデジタイザのフレックスケーブルを引き抜きます。 ピンセットを使って、ZIFコネクタからデジタイザのフレックスケーブルを引き抜きます。
    • ピンセットを使って、ZIFコネクタからデジタイザのフレックスケーブルを引き抜きます。

  17. iOpenerを温めて、ディスプレイの上部半分を少なくとも2分間当てて、振動モーターとリアカメラの下に留められた接着剤を緩めます。
    • iOpenerを温めて、ディスプレイの上部半分を少なくとも2分間当てて、振動モーターとリアカメラの下に留められた接着剤を緩めます。

  18. マザーボードを取り出さないでください。アンテナケーブルが背面側に繋がった状態です。 スパッジャーを使って、マザーボードをしっかりと掴める高さまで慎重に持ち上げます。マザーボード横のケーブルを破損しないでください。
    • マザーボードを取り出さないでください。アンテナケーブルが背面側に繋がった状態です。

    • スパッジャーを使って、マザーボードをしっかりと掴める高さまで慎重に持ち上げます。マザーボード横のケーブルを破損しないでください。

  19. 同軸ケーブルコネクタにアクセスするために、バッテリーキャビティ側に向けてマザーボードを折り曲げます。 同軸ケーブルコネクタにアクセスするために、バッテリーキャビティ側に向けてマザーボードを折り曲げます。 同軸ケーブルコネクタにアクセスするために、バッテリーキャビティ側に向けてマザーボードを折り曲げます。
    • 同軸ケーブルコネクタにアクセスするために、バッテリーキャビティ側に向けてマザーボードを折り曲げます。

  20. ピンセットを使って、マザーボードの裏側からアンテナケーブルの接続を外します。 ピンセットを使って、マザーボードの裏側からアンテナケーブルの接続を外します。
    • ピンセットを使って、マザーボードの裏側からアンテナケーブルの接続を外します。

  21. マザーボードを取り出します。
    • マザーボードを取り出します。

  22. ピンセットを使って、ドーターボードの左側のアンテナケーブルの接続を外します。 ピンセットを使って、ドーターボードの左側のアンテナケーブルの接続を外します。
    • ピンセットを使って、ドーターボードの左側のアンテナケーブルの接続を外します。

  23. スパッジャーを使って、ドーターボードの左上のデジタイザフレックスケーブルの接続を外します。 スパッジャーを使って、ドーターボードの左上のデジタイザフレックスケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーを使って、ドーターボードの左上のデジタイザフレックスケーブルの接続を外します。

  24. ピンセットを使って、ドーターボードの右下のマイクを覆っているラバーガスケットを取り出します。 ピンセットを使って、ドーターボードの右下のマイクを覆っているラバーガスケットを取り出します。
    • ピンセットを使って、ドーターボードの右下のマイクを覆っているラバーガスケットを取り出します。

  25. iOpenerを準備して、ディスプレイの下側に少なくとも2分間当てます。ドーターボードの下に留められた接着剤を柔らかくします。
    • iOpenerを準備して、ディスプレイの下側に少なくとも2分間当てます。ドーターボードの下に留められた接着剤を柔らかくします。

  26. 開口ピックをドーターボードの右下底に差し込みます。 開口ピックをドーターボードの下にゆっくりと差し込み、下の接着剤を切開するためスライドします。 開口ピックを右側から左側に向けてスライドします。
    • 開口ピックをドーターボードの右下底に差し込みます。

    • 開口ピックをドーターボードの下にゆっくりと差し込み、下の接着剤を切開するためスライドします。

    • 開口ピックを右側から左側に向けてスライドします。

  27. 開口ピックを捻って、ドーターボードをしっかりと掴める高さまで持ち上げます。 ドーターボードを取り出します。
    • 開口ピックを捻って、ドーターボードをしっかりと掴める高さまで持ち上げます。

    • ドーターボードを取り出します。

  28. イヤピーススピーカーを取り出します。 再組み立ての際は、イヤピーススピーカーの装着方向が正しいか確認してください。例えばゴールドのコンタクトは上部端と反対の方向にあります。
    • イヤピーススピーカーを取り出します。

    • 再組み立ての際は、イヤピーススピーカーの装着方向が正しいか確認してください。例えばゴールドのコンタクトは上部端と反対の方向にあります。

  29. ピンセットを使って、充電ポートのラバーガスケットを摘んで取り出します。 ピンセットを使って、充電ポートのラバーガスケットを摘んで取り出します。
    • ピンセットを使って、充電ポートのラバーガスケットを摘んで取り出します。

  30. ピンセットを使って、電源と音量ボタンを剥がして取り出します。 ピンセットを使って、電源と音量ボタンを剥がして取り出します。 ピンセットを使って、電源と音量ボタンを剥がして取り出します。
    • ピンセットを使って、電源と音量ボタンを剥がして取り出します。

  31. 温めたiOpenerを準備して、デバイス裏面に少なくとも2分間当てます。ディスプレイケーブル上部に付いている接着テープを緩めます。
    • 温めたiOpenerを準備して、デバイス裏面に少なくとも2分間当てます。ディスプレイケーブル上部に付いている接着テープを緩めます。

  32. ピンセットを使って、アンテナケーブルが繋がっている左側の接着テープを剥がして、左側全体が剥がれたら折り曲げます。 ピンセットを使って、アンテナケーブルが繋がっている左側の接着テープを剥がして、左側全体が剥がれたら折り曲げます。 ピンセットを使って、アンテナケーブルが繋がっている左側の接着テープを剥がして、左側全体が剥がれたら折り曲げます。
    • ピンセットを使って、アンテナケーブルが繋がっている左側の接着テープを剥がして、左側全体が剥がれたら折り曲げます。

  33. ピンセットを使って、アンテナケーブルを巻き戻して取り出します。 ピンセットを使って、アンテナケーブルを巻き戻して取り出します。 ピンセットを使って、アンテナケーブルを巻き戻して取り出します。
    • ピンセットを使って、アンテナケーブルを巻き戻して取り出します。

  34. 交換用パーツを点検して、再組み立ての前に足りないパーツを移植してください。
    • 交換用パーツを点検して、再組み立ての前に足りないパーツを移植してください。

    • シリアル番号とIMEI番号が記載された白いラベルも移した方が良いでしょう。

終わりに

このデバイスを再組み立てするには、インストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理がうまく進みませんか?トラブルシューティングのヘルプは、このモデルのアンサーコミュニティを参照してください。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Dominik Schnabelrauch

メンバー登録日: 2016年11月23日

94,378 ポイント

387のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

137 メンバー

16,426のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 4

過去 30 日: 30

今までの合計 1,140