はじめに

Microsoftはまた今年もラップトップ タブレット Surfaceに新たな番号を付け加えました。今年のSurface Pro 6のカラーバリエーションに新しくブラックが追加され、Surfaceでは初のクアッドコアプロセッサを搭載しています!その他に何が内側に潜んでいるでしょうか?見つけるにはたった一つの方法しかありませんー分解を始めましょう!

iFixitのFacebookInstagramTwitterTwitter日本語版をフォローしてください。またあなたのメール受信箱に直接ニュースを届けて欲しい方はニュースレターを購読してください。(英語での発信)

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのMicrosoft Surface Pro 6を修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. 新Surfaceには新スペックです(大して違いはありませんが)。 2736 × 1824解像度(267 ppi)の12.3インチPixelSense ディスプレイ
    • 新Surfaceには新スペックです(大して違いはありませんが)。

    • 2736 × 1824解像度(267 ppi)の12.3インチPixelSense ディスプレイ

    • 第8世代 (Kaby Lake R)クアッドコア インテルCore i5プロセッサ、Intel UHD Graphics 620

    • 8 GB RAM (オプションで16 GB)

    • 128 GB ソリッドステートの容量 (256 GB, 512 GBまたは1 TB)

    • 8 MPリアカメラ(1080p Full HD ビデオ対応) そして5 MP /1080p フロントカメラ、Windows Hello 顔認証サインイン用カメラ (前面)

    • USB 3.0, microSDXC, Mini DisplayPort, SurfaceConnectそして3.5 mm ヘッドセット ジャック

    • 802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi, Bluetooth 4.1

  2. 2つの同じSurface Pro 6が重ねられているように見えますが、えっと、ちょと待ってください。どちらか1つは去年モデルのSurface Proです。 外観は昨年モデルと大きな変化はありません。同じケースに、同じヒンジ、そして沢山付けられたポートも一緒です。 それでも2018年モデルで取り去られたものは、あの人気だったUSB-Cポートです。このポートはSurface Goには搭載されていました。
    • 2つの同じSurface Pro 6が重ねられているように見えますが、えっと、ちょと待ってください。どちらか1つは去年モデルのSurface Proです。

    • 外観は昨年モデルと大きな変化はありません。同じケースに、同じヒンジ、そして沢山付けられたポートも一緒です。

    • それでも2018年モデルで取り去られたものは、あの人気だったUSB-Cポートです。このポートはSurface Goには搭載されていました。

    • 昨年モデルと新Surfaceの違いを認識するには、より詳細に見比べなければなりません。キックスタンド下に隠れていたのは新しいモデル番号で1796です。

    • Surface Proシリーズには幾つかデザインがあります。全てのデザインには、アップグレードされた接着剤が一緒についてきます。

    • 幸いなことに、私たちには Surfaceスクリーンを上手く分離できる黄金レシピがあるのです。

    • 手順1: iOpenerを均等に載せる。

    • 手順2: 開口ピックハンドル付き吸盤カップを手に取り、Microsoftの接着剤に決死の覚悟で挑む。

    • 手順3(こちらはオプション): 辛抱する、スクリーンを破壊する。笑。

    • ラッキーなことに、ディスプレイの取り外しはこれまで通りに進みますー手順はほとんど以前の流れと同じですSurface Goの分解と比べると、ディスプレイケーブルを1本、切断せずに済みました。

  3. ディスプレイ用チップの情報をお届けするために、分解の手を一旦止めましょう。 Microsoft X904169 06 CL1706、おそらくN-TrigのSurface Pen コントローラー
    • ディスプレイ用チップの情報をお届けするために、分解の手を一旦止めましょう。

    • Microsoft X904169 06 CL1706、おそらくN-TrigのSurface Pen コントローラー

    • Microsoft X904163 01 CL1708

    • Analogix ANX2604、おそらく DisplayPortコンバータ

    • LGがこのディスプレイを製造していますが、Surface Pro 5で搭載されていたものと非常に似ているようです。

    • ディスプレイは互換性があるのでしょうか?確かにそうですー去年のモデルのディスプレイをSurface Pro 6に交換してみると、まるでこれが計画されていたかのように、問題なく稼働します。

  4. Free shipping on all orders over $100 or containing a Pro Tech Toolkit!

    当社のショップを閲覧する
  5. ディスプレイを取り出すと、なかなか面白いものが見つかります。 Microsoftはパッシブ冷却のデザインを若干変更したように見えますー去年モデルの構造とよく似ていますが、左側の下側コーナーまで小さなパイプが行き届き、面白い形のヒート拡散パッドも付いています。
    • ディスプレイを取り出すと、なかなか面白いものが見つかります。

    • Microsoftはパッシブ冷却のデザインを若干変更したように見えますー去年モデルの構造とよく似ていますが、左側の下側コーナーまで小さなパイプが行き届き、面白い形のヒート拡散パッドも付いています。

    • Microsoftが追加のヒートマネージメントなしで、熱処理能力を補強し続けているのはすごいことです。この新しいデザインで、どのようにうまく熱処理をしているのか興味深い点です。

    • さて下側に移ります。 クワッドセルバッテリーはケースの大部分を占めています。このデザインも前モデルと似ています。

    • 評価する点としては、これまで使用されているネジが全て標準型トルクスネジということです。このネジを旋回させて外していきましょう!

  6. ヒートシンクの下に隠された宝探しです。何箇所か剥がしてみますが…見つかったものは?Surface Pro 4では銅のヒートスプレッダーが使用されていましたが、このモデルではグラファイトのようです。 ヒートスプレッダーの下にお宝探しのゴールドが使われることはありませんが、これでヒートシンクが外せるようになります。 ヒートシンクが外れると、ヒートジェネレーターにアクセスできますーここはチップの山です!
    • ヒートシンクの下に隠された宝探しです。何箇所か剥がしてみますが…見つかったものは?Surface Pro 4では銅のヒートスプレッダーが使用されていましたが、このモデルではグラファイトのようです。

    • ヒートスプレッダーの下にお宝探しのゴールドが使われることはありませんが、これでヒートシンクが外せるようになります。

    • ヒートシンクが外れると、ヒートジェネレーターにアクセスできますーここはチップの山です!

  7. 新しく登場したチップと古いチップです。(ですが、古いチップがほとんどです) Intel Corei5-8250Uプロセッサ
    • 新しく登場したチップと古いチップです。(ですが、古いチップがほとんどです)

    • Intel Corei5-8250Uプロセッサ

    • Samsung K4E6E304EB-EGCF 2GB LPDDR3 DRAM (4チップあるため合計8 GB)

    • SKhynix HFB1M8M0331A (BC501) 128 GB NVMe SSD

    • Winbond 25Q128JVPQ 128Mbシリアルフラッシュメモリー

    • Marvell W8897 802.11ac, NFCとBluetooth SoC

    • Nuvoton NPCT650SBCWXTrusted Platform Module

    • RTS5343 microSDカードリーダーコントローラ

  8. 裏側にもチップがあります。 Freescale/NXPM22J9VDC Kinetis K22F 512KB 120 MHz ARM Cortex-M4 based MCU
    • 裏側にもチップがあります。

    • Freescale/NXPM22J9VDC Kinetis K22F 512KB 120 MHz ARM Cortex-M4 based MCU

    • Texas Instruments BQ25700A バッテリーダックブースト充電コントローラー

    • Realtek ALC3269オーディオコディック

  9. さて、Surface分解のなかで避けることとのできない交差点に差し掛かりました。この接着剤で固められたバッテリーを取り出すか、はたまたそのままにするか? ストレッチタイプのリリース用バッテリータブも付いていません。考えぬいて、この野獣をしばらく眠りにつかせることにしました。(バッテリーをそのままにすることにしました)
    • さて、Surface分解のなかで避けることとのできない交差点に差し掛かりました。この接着剤で固められたバッテリーを取り出すか、はたまたそのままにするか?

    • ストレッチタイプのリリース用バッテリータブも付いていません。考えぬいて、この野獣をしばらく眠りにつかせることにしました。(バッテリーをそのままにすることにしました)

    • このバッテリー容量は45Wh (7.57 V x 5940 mAh)で、昨年のバッテリー容量と同じです。

    • 予想通り、他のモバイル型ラップトップより大きいサイズです。そして最新モデルのiPadよりも若干大きいサイズです。

  10. 何か新しいものが見つかると期待しながら、ケース底を綺麗に剥ぎ取り、スピーカーとカメラを取り出します。 今回も、カメラはアンテナを覆っているブラケットの下に隠されています。(そしてこのデザインは開口作業中、いとも簡単に絡まってしまうため、ダメージの可能性が非常に高いです。) 今回も、スピーカーは、サラウンドサウンドを感知するためにコーナーに取り付けられた三角形のブラケット上にマウントされています。
    • 何か新しいものが見つかると期待しながら、ケース底を綺麗に剥ぎ取り、スピーカーとカメラを取り出します。

    • 今回も、カメラはアンテナを覆っているブラケットの下に隠されています。(そしてこのデザインは開口作業中、いとも簡単に絡まってしまうため、ダメージの可能性が非常に高いです。)

    • 今回も、スピーカーは、サラウンドサウンドを感知するためにコーナーに取り付けられた三角形のブラケット上にマウントされています。

    • すでにこの時点でこのタブレットの修理難易度を改善できる余地がないようです。でも修理人たちは希望を失いません…

  11. 眺めるお楽しみのために、殻から外れたSurfaceを並べてみました! 理論上は簡単に分解できるはずのタブレットですが、現実には痛恨の極みでした!
    • 眺めるお楽しみのために、殻から外れたSurfaceを並べてみました! 理論上は簡単に分解できるはずのタブレットですが、現実には痛恨の極みでした!

    • 前モデルの冷却システムを変更せずとも、Surface Pro 6はより強力な処理能力パワー(と熱)を引き起こします。このモデルのヒートシンクに搭載された新サーマルスプレッダーだけで対応できるだけのパワーブーストとなるのでしょうか?時間が経過してみなければ、答えは判りません。

    • ”Modular Studio”の噂から、Surface Proのこのジェネレーションはこれまでの方向を変えて、モジュラー式デザインが多く採用されているのかと期待していました。ところが実際は、アップグレードもできなければ、修理もこれまで通り難しく、USB-Cポートさえ付けられていないのです。

  12. 最終案
    • 広範囲で標準型トルクスファスナーネジが使用されています。
    • このタブレットにはモジュラー式ヘッドホンジャックがついています。対応パーツを入手できるのなら交換が可能です。
    • 全ての修理を始めるにはディスプレイアセンブリを取り出さなければなりません。このディスプレイは強固な接着剤で固定されており、ひび割れの確率が高くなります。
    • バッテリーも強固な接着剤で固定されています。バッテリーのコネクタは基盤の下に留められているため、交換作業はほぼ全てのパーツを取り出さなければなりません。
    • 昔むかし、Surface Proのストーレッジは取り外しが可能でしたーが、残念なことに、このバージョンは不可能です。
    • 他のタブレットに比べて、複雑な内部構造が解体と再組み立てを困難にします。
    修理難易度スコア
    1
    10点満点中1点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

87%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Is it better a SKhynix HFB1M8M0331A (BC501) 128 GB NVMe SSD instead of a a SSD m.2 slot like in the surface 4? now there is no way we can change the ssd :/

Gabriel BEck - 返信

Its to save space I guess. Whats strange is my surface pro 6 is the same config i5 128 and it has samsung SSD. They must have switched vendors.

Ash -

Excellent tutorial, the director of IFIX I suggest on the page add a translator of languages ​​in Spanish as well as activate the multilanguage translation of the videos of YOUTUBE so you will socialize the knowledge of your pipelines in all languages! Not the whole planet speaks or reads in English!

johan fernandez - 返信

Hi Johan! This teardown has been translated into SIX non-English languages, including Spanish! Hope this helps!

Sam Lionheart -

What kind of a world do we live in where an iPad gets a higher repairability score than a Windows tablet?

Rocky Carr - 返信

統計データを表示:

過去 24時間: 189

過去 7 日: 1,435

過去 30 日: 6,220

今までの合計 47,257