メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

MacBook Proはディスクを読み込みませんか?このガイドを参照して、壊れた光学ドライブを交換しましょう。

  1. 底ケースを固定している以下の10本のネジを外します。
    • 底ケースを固定している以下の10本のネジを外します。

    • 3 mm プラスネジー7本

    • 13.5 mm プラスネジー3本

  2. 両手を使用して排気口の近くから底ケースを持ち上げて、上部ケースに固定している2本のクリップを外します。 底ケースを取り外して脇に置きます。
    • 両手を使用して排気口の近くから底ケースを持ち上げて、上部ケースに固定している2本のクリップを外します。

    • 底ケースを取り外して脇に置きます。

  3. バッテリ上端の、2本のペンタローブネジを外します。
    • バッテリ上端の、2本のペンタローブネジを外します。

    • ハードディスクドライブを交換する場合は、手順3〜6をスキップしてください。しかし、作業する前にすべての電源を取り外しておくことをお勧めします。

  4. ナイロンスパッジャーの先端を使って、「警告:バッテリーを取り外さないでください」と記載のあるステッカーの先端を折曲げ、下に隠れている3本目のペンタローブネジを外して下さい。
    • ナイロンスパッジャーの先端を使って、「警告:バッテリーを取り外さないでください」と記載のあるステッカーの先端を折曲げ、下に隠れている3本目のペンタローブネジを外して下さい。

  5. バッテリー上部についているプラスチックのプルタブを使って、上部ケースからバッテリーを上へスライドさせてずらします。 まだバッテリーを完全に取り外そうとしないでください。 この時点ではまだメイン基板に接続されたままです。
    • バッテリー上部についているプラスチックのプルタブを使って、上部ケースからバッテリーを上へスライドさせてずらします。

    • まだバッテリーを完全に取り外そうとしないでください。 この時点ではまだメイン基板に接続されたままです。

  6. バッテリーケーブルコネクターの接続を切る際には、バッテリーを十分に傾けて下に隙間を作ってください。
    • バッテリーケーブルコネクターの接続を切る際には、バッテリーを十分に傾けて下に隙間を作ってください。

    • バッテリーケーブルのコネクターをメイン基板のソケットから手前に引いて接続を切り、バッテリーを上部ケースから取り外します。

    • この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのカリブレーションを行なってください。

  7. Nintendo Switch Kits

    A quick fix to get back in the game

    Shop Switch Kits

    Nintendo Switch Kits

    A quick fix to get back in the game

    Shop Switch Kits
  8. Appleは、片側に接着剤を塗布した透明なプラスチックの小さなストリップを、カメラケーブルコネクタの後ろのロジックボードのソケットに保持するために、ロジックボードに貼り付けます。 邪魔にならない場所に移動するときは、ロジックボードから表面実装コンポーネントを破損しないようにしてください。
    • Appleは、片側に接着剤を塗布した透明なプラスチックの小さなストリップを、カメラケーブルコネクタの後ろのロジックボードのソケットに保持するために、ロジックボードに貼り付けます。 邪魔にならない場所に移動するときは、ロジックボードから表面実装コンポーネントを破損しないようにしてください。

    • スパッジャーの先端を使用してもう一方の端をわずかに持ち上げ、カメラケーブルコネクタから離れるように回転させながら、1本の指でケーブル保持具の端を押し下げます。

  9. カメラケーブルのコネクタのオスを、ソケットから引き抜いて、接続を外します。 コネクタを引っ張る際は、基板の平面と平行に引っ張ります。引き上げないでください。
    • カメラケーブルのコネクタのオスを、ソケットから引き抜いて、接続を外します。

    • コネクタを引っ張る際は、基板の平面と平行に引っ張ります。引き上げないでください。

  10. 光学ドライブに固定されたカメラケーブルの接着剤を剥がします。
    • 光学ドライブに固定されたカメラケーブルの接着剤を剥がします。

  11. この手順では、防眩ディスプレイ搭載モデルにのみ必要です。 ノングレアディスプレイの場合は、この手順をスキップしてください。 Bluetoothケーブルのオス先端をソケットからまっすぐ引き抜いて、接続を外します。
    • この手順では、防眩ディスプレイ搭載モデルにのみ必要です。 ノングレアディスプレイの場合は、この手順をスキップしてください。

    • Bluetoothケーブルのオス先端をソケットからまっすぐ引き抜いて、接続を外します。

    • コネクタを、ロジックボード表面と並行に引き抜きます。引き上げないでください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ボード上のソケットからBluetoothアンテナケーブルをこじ開けます。

  12. この手順は、防眩ディスプレイ搭載モデルにのみ必要です。 Bluetooth /カメラケーブルリテイナーを上部ケースに固定している、8 mmプラスネジを2本外します。
    • この手順は、防眩ディスプレイ搭載モデルにのみ必要です。

    • Bluetooth /カメラケーブルリテイナーを上部ケースに固定している、8 mmプラスネジを2本外します。

    • ネジの一つはBluetooth /カメラケーブルのアースループ内に固定されています。ディスプレイを交換する場合は、このネジを新しいユニットに移植してください。

    • Bluetoothボード/ケーブルリテイナーアセンブリを上部ケースから持ち上げて、取り出します。

  13. スパッジャーを使って、ロジックボードから光学ドライブコネクタをまっすぐ持ち上げます。
    • スパッジャーを使って、ロジックボードから光学ドライブコネクタをまっすぐ持ち上げます。

  14. 光学ドライブの内側端と上部ケースを固定している3.5 mmプラスネジを1本外します。
    • 光学ドライブの内側端と上部ケースを固定している3.5 mmプラスネジを1本外します。

  15. 光学ドライブの外側と上部ケースを固定している、3.5 mmプラスネジを2本外します。
    • 光学ドライブの外側と上部ケースを固定している、3.5 mmプラスネジを2本外します。

  16. 光学ドライブを左側端から持ち上げて、上部ケースより引き抜きます。
    • 光学ドライブを左側端から持ち上げて、上部ケースより引き抜きます。

  17. 光学ドライブから、光学ドライブケーブルをまっすぐ引き抜いて、取り出します。
    • 光学ドライブから、光学ドライブケーブルをまっすぐ引き抜いて、取り出します。

    • 光学ドライブ内側にCDや何かが詰まっている場合は、こちらの光学ドライブ修理ガイドを参照してください。

  18. 小さなメタルマウントブラケットを固定している2つの黒い#0プラスネジを外します。このブラケットを新しい交換用の光学ドライバーもしくはハードドライブ用筐体に移植してください。
    • 小さなメタルマウントブラケットを固定している2つの黒い#0プラスネジを外します。このブラケットを新しい交換用の光学ドライバーもしくはハードドライブ用筐体に移植してください。

終わりに

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

45 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Bookholt

530,708 ポイント

618のガイドは作成済み

2 件のコメント

My replacement drive had screwholes in slightly different places and a different connector ribbon, but I was able to successfully swap the drive top plate, inner side screw bracket and connector ribbon with the ones from the existing drive.

Steve Seear - 返信

Replaced the drive. DVD inserts. Drive works. But the DVD won't eject. Seems like the slot in the case and the drive don't align. Any Ideas?

Gabriel Lieb - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 4

過去 7 日: 45

過去 30 日: 157

今までの合計 75,541