メインコンテンツにスキップ

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのMacBook Pro 14" 2021を修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID, メインボード サイド1: 手順 1、 2の画像 1 MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID, メインボード サイド1: 手順 1、 2の画像 2
    • ICの識別, パート1:

    • Apple APL1103 M1 Pro system-on-a-chip (SoC)

    • Samsung K3LKYKY0EM-ZGCP 8 GB LPDDR5 SDRAMメモリ (合計16 GB)

    • Kioxia KICM225UZ0460 128 GB NAND フラッシュメモリ

    • Apple APL1098/343S00515パワーマネージメント

    • Apple 338S00600パワーマネージメント

    • Kinetic Technologies MCDP2920 DisplayPort-to-HDMIコンバータ

    • Genesys Logic GL9755A Card Reader Controller

  2. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID: 手順 2、 1の画像 1
    • IC識別、パート 2:

    • Intel JHL8040R Thunderbolt 4 Retimer

    • Macronix MX25U6472F 64 Mb Serial NOR Flash Memory

    • Winbond W25Q80DVUXIE 8 Mb Serial NOR Flash Memory

    • Renesas RAA225701C ? 同期式ステップダウンコンバータ

    • Analog Devices LT86422 同期式ステップダウンコンバータ

    • Texas Instruments TPS62130B ステップダウンコンバータ

    • Texas Instruments ELC180ブーストコンバーター (おそらく)

  3. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID: 手順 3、 1の画像 1
    • IC識別、パート 3:

    • Texas Instruments TVS2200 サージプロテクション

    • ON Semiconductor FPF2495CUCX ロードスイッチ

    • Texas Instrumentsロードスイッチ (おそらく)

    • ON Semiconductor NCV8160AMX500TBG 250 mA / 5.0 V LDO レギュレータ

    • Nexperia 74AVC2T45 デュアルビット電圧レベルトランスレータ/トランシーバ

    • Texas Instruments SN74AXC1T45 シングルビットバストランシーバ

    • Nexperia 74AUP1G07 シングルバッファ

  4. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID: 手順 4、 1の画像 1
    • IC識別、パート 4:

    • Texas Instruments LSF0102 2-Ch. 多電圧レベルトランスレーター

    • Nexperia LSF0101 1ビット多電源電圧レベル変換器

    • Texas Instruments SN74AUP2G07 デュアルバッファ

    • Texas Instruments SN74LVC1G07 シングルバッファ

    • Nexperia 74AUP1G17 シュミットトリガー

    • Nexperia 74AUP1G08 Single AND Gate

  5. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID, メインボード サイド2: 手順 5、 2の画像 1 MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID, メインボード サイド2: 手順 5、 2の画像 2
    • IC識別、パート 1:

    • Kioxia KICM225VF9081 128 GB NAND フラッシュメモリ

    • USI 339S00912 Bluetooth/WiFiモジュール

    • Secure Element搭載NXP Semiconductor SN210V NFCコントローラー

    • Texas Instruments CD3217B12 USB Type-C Port/Power Delivery Controller

    • Renesas ISL9240リチウムイオンバッテリーチャージャー

    • Winbond W25Q80EWUXIE 8 MbシリアルNORフラッシュメモリ

    • Winbond W25Q80DVUXIE 8 MbシリアルNORフラッシュメモリ

  6. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID: 手順 6、 1の画像 1
    • IC識別, パート 2:

    • Renesas Power Phase PWM コントローラー

    • Cirrus Logic CS42L84Aオーディオコディック

    • Texas Instruments SN012776B0オーディオアンプ

    • Texas Instruments TPS62130B ステップダウンコンバータ

    • Renesas RAA209100 ブーストレギュレーター (おそらく)

    • Texas Instruments LP4881 バックライトLEDドライバー

    • Texas Instruments TUSB2E22 USB 2.0デュアルリピーター (おそらく)

  7. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID: 手順 7、 1の画像 1
    • IC識別, パート 3:

    • Texas Instruments INA190A3 電流センスアンプ

    • Texas Instruments INA190A4 電流センスアンプ

    • Maxim Integrated MAX9620 1.5 MHz Rail-to-Rail 入力/出力オペアンプ

    • ON Semiconductor NCS333ASQ3T2G シングルオペアンプ

    • Dialog Semiconductorミックスドシグナルアレイ (おそらく)

    • NXP Semiconductor PCAL6416A 16ビットI/Oエクスパンダー

    • Analog Devices ADG1422BCPZ デュアルSPSTアナログスイッチ

  8. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID: 手順 8、 1の画像 1
    • IC 識別, パート 4:

    • Texas Instruments REF3325 2.5 V 電圧リファレンス

    • Texas Instruments TLV75801P 500 mA / Adj. LDO レギュレータ

    • Texas Instruments TLV75533P 500 mA / 3.3 V LDO レギュレータ

    • Texas Instruments LP5907SNX-3.0 250 mA / 3.0 V LDO レギュレータ

    • ON Semiconductor NCP163BMX180TBG 250 mA / 1.8 V LDOレギュレータ (おそらく)

    • Texas Instruments TLV70733P 200 mA / 3.3 V LDO レギュレータ

    • Texas Instruments TPS7A201825 200 mA / 1.825 V LDOレギュレータ

  9. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID: 手順 9、 1の画像 1
    • IC 識別, パート 5:

    • Nexperia 74AVC4T774 4ビットトランスレーティングトランシーバー

    • Nexperia 74AUP1T45 トランスレーティングトランシーバー

    • Texas Instruments LSF0102 2ch.多電圧レベルトランスレーター

    • Nexperia LSF0101 1ビット多電圧レベルトランスレーター

    • Nexperia 74AVC2T45 デュアルビット電圧レベルトランスレータ/トランシーバー

    • Texas Instruments SN74AUP1T34 1ビット電圧レベル変換器

    • Texas Instruments SN74AXC1T45 シングルビットバストランシーバー

  10. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID: 手順 10、 1の画像 1
    • IC 識別, パート 6:

    • Nexperia 74AXP1T34バッファ

    • Nexperia 74AUP2G07 デュアルバッファ

    • Texas Instruments SN74LVC1G07 シングルバッファ

    • Nexperia 74AUP1G17 シュミットトリガー

    • Nexperia 74LVC2G32 Dual OR Gate

    • Texas Instruments SN74AUP1G32 Single OR Gate

    • Texas Instruments TPD4S311A USB Type-Cポートプロテクター

  11. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID: 手順 11、 1の画像 1
    • IC識別, センサー:

    • Bosch Sensortec BMI282 6-Axis MEMS 加速度センサー/ジャイロスコープ

  12. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID, タッチパッド: 手順 12、 2の画像 1 MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID, タッチパッド: 手順 12、 2の画像 2
    • IC 識別:

    • STMicroelectronics STM32L4P5QG 32ビットARM Cortex-M4マイクロコントローラ(1MBフラッシュ搭載)

    • Broadcom BCM5976C1 タッチパッドコントローラー

    • Maxim Integrated MAX11390A A/Dコンバータ (おそらく)

    • Monolithic Power Systems MP6519 5A H-Bridge電流レギュレーター

    • Texas Instruments TPS3831G18 1.67V 電圧供給モニタ

    • Texas Instruments TPS22915 ロードスイッチ

  13. MacBook Pro 14インチ 2021モデルのチップID: 手順 13、 1の画像 1
    • IC識別, センサー:

    • Bosch Sensortec BMA282 3軸加速度センサー

    • Texas Instruments TMP461 温度センサー

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

88%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

10 件のコメント

Why so many LDO regulators? Aren't they very inefficient?

allanxp4 - 返信

In practise, the efficiency of an LDO regulator is dependent on how much voltage it is dropping. While operating, an LDO is effectively a resistor that varies in real-time to ensure its output voltage stays stable despite changes in load current.

Power = I (current) x V (voltage)

Since an LDO is a resistive element, yes, it burns off energy as heat in this process. So an LDO dropping 18V to 5V could be very inefficient, more so when driving a higher current load as shown by the formula above. However, if an LDO is used to generate a 3.3V rail from a 5V rail, it is dropping just 1.7V, resulting in less power dissipation for the same load current.

You’re right, using an LDO for a large voltage drop is not good electrical design. But LDOs have excellent noise rejection performance, meaning they can take a noisy rail from a switching buck/boost converter with lots of transient or high-draw components on it, and create a much cleaner rail for lower-current, more sensitive devices. This is what I expect Apple’s doing.

iEvan -

LDOs drop the difference in voltage as heat, yes - hence the voltage difference between input and output determines the efficiency (eg a 3.0v LDO fed by 6.0v is 50% efficient).

In many cases where LDOs are used in designs the amount of lost power is negligible as the current being drawn is so small - simply not worth using a switcher for that rail. Also, LDOs typically have cleaner output so often an LDO is used to isolate an analog subsystem from noise on the main (digital) system rails.

Hugo -

+ some designs will have both a switcher and an LDO for the same power rail and switch to the LDO when the current is very low. Switchers get inefficient at low currents, so having both can improve efficiency.

Dan K -

Will you have MacBook Pro 16" 2021(Apple M1 MAX inside) Chip ID?

JJ Wu - 返信

コメントを追加

統計データ:

過去 24時間: 22

過去 7 日: 146

過去 30 日: 528

今までの合計 42,891