メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドを使って、マイクロフォンケーブルを交換します。

このガイドを使って、ロジックボードとヒートシンクを取り出します。ヒートシンクを再装着する前に、必ず 放熱グリスの塗布ガイドを参照して作業を行ってください。

    • 上部ケースと底ケースを留めている次の10本のネジを外します。

    • 2.3 mmペンタローブネジ−2本

    • 3.0 mmペンタローブネジー8本

    • この修理では、各ネジの装着位置をメモ書きして管理してください。再組み立ての際は、デバイスにダメージを与えないよう、正しい場所に装着してください。

  1. 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。
    • 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。

    • ゆっくりと底ケースを上部ケースから離していきます。

  2. 底ケースは上部ケースと2つのプラスチック製クリップで中央付近に接続されています。 再組み立ての際は、丁寧に底ケースの中央を2つのプラスチック製クリップに接続するように押し込んでください。
    • 底ケースは上部ケースと2つのプラスチック製クリップで中央付近に接続されています。

    • 再組み立ての際は、丁寧に底ケースの中央を2つのプラスチック製クリップに接続するように押し込んでください。

  3. 必要に応じてバッテリーの接続ボードに留められているプラスチック製カバーを外してください。
    • 必要に応じてバッテリーの接続ボードに留められているプラスチック製カバーを外してください。

  4. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。 コネクターのみ持ち上げるよう確認しながら作業を進めてください。ソケットには接触しないでください。ロジックボードに永久的なダメージを与えてしまうことがあります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

    • コネクターのみ持ち上げるよう確認しながら作業を進めてください。ソケットには接触しないでください。ロジックボードに永久的なダメージを与えてしまうことがあります。

  5. 修理作業中、アクシデントによりソケットがバッテリーコネクターに接続しないよう、折り曲げて邪魔にならない位置に移動させてください。
    • 修理作業中、アクシデントによりソケットがバッテリーコネクターに接続しないよう、折り曲げて邪魔にならない位置に移動させてください。

  6. ヒートシンクの端からゴム製のファン用バンパーを丁寧に取り出します。 ファン用バンパーはヒートシンクの周りに巻かれており、ファンダクトの溝に装着されています。再組み立ての際は、ファンダクトの切り込みにタブが正確に装着されているか確認してください。 ファン用バンパーはヒートシンクの周りに巻かれており、ファンダクトの溝に装着されています。再組み立ての際は、ファンダクトの切り込みにタブが正確に装着されているか確認してください。
    • ヒートシンクの端からゴム製のファン用バンパーを丁寧に取り出します。

    • ファン用バンパーはヒートシンクの周りに巻かれており、ファンダクトの溝に装着されています。再組み立ての際は、ファンダクトの切り込みにタブが正確に装着されているか確認してください。

  7. スパッジャーの平面側先端を使って、ヒートシンクネジから4つのフォーム製のステッカーを剥がします。 スパッジャーの平面側先端を使って、ヒートシンクネジから4つのフォーム製のステッカーを剥がします。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ヒートシンクネジから4つのフォーム製のステッカーを剥がします。

  8. ロジックボードに留められたヒートシンクから次の4つのネジを取り出します。
    • ロジックボードに留められたヒートシンクから次の4つのネジを取り出します。

    • 2.6 mm T5トルクスネジー4本

    • 2.4 mm #000 プラスネジー1本

  9. ラップトップからヒートシンクを取り出します。 コンピューターを再組み立てする際は、放熱グリスの装着手順に従って、放熱グリスを付けてください。
    • ラップトップからヒートシンクを取り出します。

    • コンピューターを再組み立てする際は、放熱グリスの装着手順に従って、放熱グリスを付けてください。

  10. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、iSightカメラケーブルコネクターを外側へ押し出します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、iSightカメラケーブルコネクターを外側へ押し出します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、iSightカメラケーブルコネクターを外側へ押し出します。

  11. iSightカメラのケーブルを内蔵ファンから取り出して、作業の邪魔にならないように折り曲げます。 iSightカメラのケーブルを内蔵ファンから取り出して、作業の邪魔にならないように折り曲げます。
    • iSightカメラのケーブルを内蔵ファンから取り出して、作業の邪魔にならないように折り曲げます。

  12. スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上のタブを上向きに折り曲げます。 ファンケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて外します。 ファンケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上のタブを上向きに折り曲げます。

    • ファンケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて外します。

  13. 上部ケースに留められたファンから次のネジを外します。
    • 上部ケースに留められたファンから次のネジを外します。

    • 5.0 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.6 mm T5トルクスネジー2本

  14. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  15. ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。 ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。 ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。
    • ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。

  16. ロジックボードに留められた出入力ボードから2.1 mm T5トルクスネジを2本外します。 出入力ボードのケーブルブラケットを取り出します。
    • ロジックボードに留められた出入力ボードから2.1 mm T5トルクスネジを2本外します。

    • 出入力ボードのケーブルブラケットを取り出します。

  17. スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。 出入力ボードケーブルのみをこじ開けるようにご注意ください。ソケット自体には接触しないでください。ロジックボードにダメージを与えてしまう可能性があります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。

    • 出入力ボードケーブルのみをこじ開けるようにご注意ください。ソケット自体には接触しないでください。ロジックボードにダメージを与えてしまう可能性があります。

  18. 出入力ボードケーブルのロジックボード先端を持ち上げて、作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。 ケーブルにダメージが入らないように、ケーブルの出入力ボード先端のベンドのみ折り曲げてください。
    • 出入力ボードケーブルのロジックボード先端を持ち上げて、作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。

    • ケーブルにダメージが入らないように、ケーブルの出入力ボード先端のベンドのみ折り曲げてください。

  19. スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。 スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。

  20. スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターの一方を押し出し、ロジックボードのソケットから接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターの一方を押し出し、ロジックボードのソケットから接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターの一方を押し出し、ロジックボードのソケットから接続を外します。

  21. スパッジャーの平面側の先端を使って、キーボードのバックライトケーブルの接続を外し、ロジックボードの邪魔にならない位置に折り曲げます。 スパッジャーの平面側の先端を使って、キーボードのバックライトケーブルの接続を外し、ロジックボードの邪魔にならない位置に折り曲げます。 スパッジャーの平面側の先端を使って、キーボードのバックライトケーブルの接続を外し、ロジックボードの邪魔にならない位置に折り曲げます。
    • スパッジャーの平面側の先端を使って、キーボードのバックライトケーブルの接続を外し、ロジックボードの邪魔にならない位置に折り曲げます。

  22. 黒色のプラスチック製タブをつかんで、ディスプレイケーブルコネクターをひっくり返して開き、ロジックボード上のソケットをまっすぐ引き離します。 黒色のプラスチック製タブをつかんで、ディスプレイケーブルコネクターをひっくり返して開き、ロジックボード上のソケットをまっすぐ引き離します。 黒色のプラスチック製タブをつかんで、ディスプレイケーブルコネクターをひっくり返して開き、ロジックボード上のソケットをまっすぐ引き離します。
    • 黒色のプラスチック製タブをつかんで、ディスプレイケーブルコネクターをひっくり返して開き、ロジックボード上のソケットをまっすぐ引き離します。

  23. ロジックボード上のソケットからDC INボードコネクターを引っ張って外します。 ロジックボード上のソケットからDC INボードコネクターを引っ張って外します。
    • ロジックボード上のソケットからDC INボードコネクターを引っ張って外します。

  24. スパッジャーの平面側先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて作業の邪魔にならないように折り曲げます。 スパッジャーの平面側先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて作業の邪魔にならないように折り曲げます。 スパッジャーの平面側先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて作業の邪魔にならないように折り曲げます。
    • スパッジャーの平面側先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて作業の邪魔にならないように折り曲げます。

  25. 必要に応じて、マイクケーブルのZIF コネクターを覆っているテープを全て剥がします。 必要に応じて、マイクケーブルのZIF コネクターを覆っているテープを全て剥がします。
    • 必要に応じて、マイクケーブルのZIF コネクターを覆っているテープを全て剥がします。

  26. スパッジャーの先端を使って、マイクケーブルのZIF コネクター上の固定タブをひっくり返します。 マイクケーブルをロジックボード上のソケットから引っ張り取り出します。 マイクケーブルをロジックボード上のソケットから引っ張り取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、マイクケーブルのZIF コネクター上の固定タブをひっくり返します。

    • マイクケーブルをロジックボード上のソケットから引っ張り取り出します。

  27. 必要に応じて、キーボードケーブルコネクターを覆っているテープを全て剥いでください。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返してください。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返してください。
    • 必要に応じて、キーボードケーブルコネクターを覆っているテープを全て剥いでください。

    • スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返してください。

  28. キーボードケーブルをロジックボード上のZIFソケットからまっすぐ引き上げます。 キーボードケーブルをロジックボード上のZIFソケットからまっすぐ引き上げます。
    • キーボードケーブルをロジックボード上のZIFソケットからまっすぐ引き上げます。

  29. 必要に応じて、トラックパッドケーブルコネクターを覆っているテープを全て剥いでください。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返ます。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返ます。
    • 必要に応じて、トラックパッドケーブルコネクターを覆っているテープを全て剥いでください。

    • スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返ます。

  30. ロジックボード上のソケットから、トラックパッドリボンケーブルをまっすぐ引き上げます。 ロジックボード上のソケットから、トラックパッドリボンケーブルをまっすぐ引き上げます。
    • ロジックボード上のソケットから、トラックパッドリボンケーブルをまっすぐ引き上げます。

  31. 上部ケースに留められたロジックボードから3.5 mm T5トルクスネジを5本外します。
    • 上部ケースに留められたロジックボードから3.5 mm T5トルクスネジを5本外します。

    • 再組み立てする際は、ロジックボード上に5本のネジを全て軽く装着してから、均等にネジを締めます。

  32. ロジックボード上のプロセッサーの端をわずかに持ち上げて、上部ケースの端からポートを取り出すためにファンの方向に向けて引っ張ります。 ロジックボードを取り出します。 再組み立ての際はキーボード、キーボードのバックライト、MagSafeとマイクケーブルがロジックボードの下で絡まないようにご注意ください。
    • ロジックボード上のプロセッサーの端をわずかに持ち上げて、上部ケースの端からポートを取り出すためにファンの方向に向けて引っ張ります。

    • ロジックボードを取り出します。

    • 再組み立ての際はキーボード、キーボードのバックライト、MagSafeとマイクケーブルがロジックボードの下で絡まないようにご注意ください。

    • また、ポートのメタル製EMIフィンガーをケースの側面に向かってスライドさせるのを忘れないでください。上に被せないでください。

  33. 左側スピーカーを上部ケースに固定している次のネジを外します。
    • 左側スピーカーを上部ケースに固定している次のネジを外します。

    • 5.7mm T5トルクスネジ 1本

    • 6.5mm T5トルクスネジ 1本

    • 3.8mm T5トルクスネジ 1本

  34. 左側スピーカーのコーナーを持ち上げて、バッテリー側にスライドして、上部ケースから取り出します。 スピーカーケーブルをケースのサイドにあるネジ穴ポストに引っかけないようにご注意ください。 スピーカーケーブルをケースのサイドにあるネジ穴ポストに引っかけないようにご注意ください。
    • 左側スピーカーのコーナーを持ち上げて、バッテリー側にスライドして、上部ケースから取り出します。

    • スピーカーケーブルをケースのサイドにあるネジ穴ポストに引っかけないようにご注意ください。

  35. バッテリー接続ボードのケース端に留められた3.7mm T5トルクスネジを1本外します。
    • バッテリー接続ボードのケース端に留められた3.7mm T5トルクスネジを1本外します。

  36. スパッジャーの先端を、ゴム製マイクロフォンケーブルのバッテリー側部分の下に差し込んで、その下に留められた接着剤を剥がします。 スパッジャーの先端を、ゴム製マイクロフォンケーブルのバッテリー側部分の下に差し込んで、その下に留められた接着剤を剥がします。
    • スパッジャーの先端を、ゴム製マイクロフォンケーブルのバッテリー側部分の下に差し込んで、その下に留められた接着剤を剥がします。

  37. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタのボードをわずかに持ち上げて、デュアルマイクロフォンアセンブリを取り出せるだけのスペースを作ります。 スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタのボードをわずかに持ち上げて、デュアルマイクロフォンアセンブリを取り出せるだけのスペースを作ります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタのボードをわずかに持ち上げて、デュアルマイクロフォンアセンブリを取り出せるだけのスペースを作ります。

  38. ピンセットを使って、ゴム製マイクロフォンカバーを取り出します。 ケースやバッテリーコンタクトボード上のネジポスト上のカバーを引っかけないようにご注意ください。 ケースやバッテリーコンタクトボード上のネジポスト上のカバーを引っかけないようにご注意ください。
    • ピンセットを使って、ゴム製マイクロフォンカバーを取り出します。

    • ケースやバッテリーコンタクトボード上のネジポスト上のカバーを引っかけないようにご注意ください

  39. スパッジャーの先端をマイクロフォンリボンケーブルのコネクタエンドの下に差し込み、ネジポスト側に向けてスライドします。それから上部ケースからケーブルの半分を解放します。 マイクロフォンの接着剤がとても頑丈でこじ開けにくい場合、iOpenerを使って接着剤を温めてください。接着剤が温まると、柔らかくなり、ケーブルを切断するリスクを軽減できます。 マイクロフォンの接着剤がとても頑丈でこじ開けにくい場合、iOpenerを使って接着剤を温めてください。接着剤が温まると、柔らかくなり、ケーブルを切断するリスクを軽減できます。
    • スパッジャーの先端をマイクロフォンリボンケーブルのコネクタエンドの下に差し込み、ネジポスト側に向けてスライドします。それから上部ケースからケーブルの半分を解放します。

    • マイクロフォンの接着剤がとても頑丈でこじ開けにくい場合、iOpenerを使って接着剤を温めてください。接着剤が温まると、柔らかくなり、ケーブルを切断するリスクを軽減できます。

  40. スパッジャーの先端をマイクロフォンのリボンケーブルのバッテリー側下に差し込んで、ネジポスト側に向けてスライドし、上部ケースから解放します。 スパッジャーの先端をマイクロフォンのリボンケーブルのバッテリー側下に差し込んで、ネジポスト側に向けてスライドし、上部ケースから解放します。 スパッジャーの先端をマイクロフォンのリボンケーブルのバッテリー側下に差し込んで、ネジポスト側に向けてスライドし、上部ケースから解放します。
    • スパッジャーの先端をマイクロフォンのリボンケーブルのバッテリー側下に差し込んで、ネジポスト側に向けてスライドし、上部ケースから解放します。

  41. デュアルマイクロフォンケーブルアセンブリをロジックボードの凹み側に引き上げて、上部ケースから取り出します。 ケースやバッテリーコンタクトボードにあるネジポスト上のケーブルを引っかけないようにご注意ください。
    • デュアルマイクロフォンケーブルアセンブリをロジックボードの凹み側に引き上げて、上部ケースから取り出します。

    • ケースやバッテリーコンタクトボードにあるネジポスト上のケーブルを引っかけないようにご注意ください

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

2 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Goldheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

414,117 ポイント

547のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

125 メンバー

11,824のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 3

過去 7 日: 9

過去 30 日: 67

今までの合計 6,534