メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

注意:あなたは必要条件ガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含む全ての2個のガイドに反映されます。

英語
日本語

手順 7を翻訳中

手順7
Insert the tip of a spudger underneath the connector end of the microphone ribbon cable and slide it toward the screw post to free that half from the upper case. If the microphone is very resistant to prying, try heating it with an iOpener. Heating it will soften the adhesive and minimize the risk of tearing the cable. If the microphone is very resistant to prying, try heating it with an iOpener. Heating it will soften the adhesive and minimize the risk of tearing the cable.
  • Insert the tip of a spudger underneath the connector end of the microphone ribbon cable and slide it toward the screw post to free that half from the upper case.

  • If the microphone is very resistant to prying, try heating it with an iOpener. Heating it will soften the adhesive and minimize the risk of tearing the cable.

スパッジャーの先端をマイクロフォンリボンケーブルのコネクタエンドの下に差し込み、ネジポスト側に向けてスライドします。それから上部ケースからケーブルの半分を解放します。

マイクロフォンの接着剤がとても頑丈でこじ開けにくい場合、iOpenerを使って接着剤を温めてください。接着剤が温まると、柔らかくなり、ケーブルを切断するリスクを軽減できます。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります