メインコンテンツにスキップ

はじめに

バッテリーは6つの個別セルで作られており、上部ケースに固定されています。キットにある接着剤リムーバーにより、バッテリーに付けられた接着剤を溶解し、簡単に取り出すことが可能となります。バッテリーは6つのセルからできており、そのうち4つのバッテリーは上部ケースに接着されています。

iFixitの接着剤リムーバーは可燃性が高いです。このリムーバーを使って作業をする際は、通気性のよい場所で行ってください。作業中、付近で喫煙したり、火器のある場所で行わないでください。

ダメージのリスクを軽減するため、この作業を始めるにバッテリーを完全に放電してください。充電したリチウムポリマーバッテリーに穴を開けてしまうと、危険かつ手に負えない火事を引き起こしかねます。バッテリーが膨張している場合は、特に注意を払って適切な方法で処理してください

ご注意: リムーバーはMacBook Proのプラスチック製スピーカー用筐体などのような、プラスチックのある箇所にダメージを与えてしまうことがあります。リムーバーを塗布する際は、慎重に作業を行ってください。

ボトルとスポイトが付いている旧タイプのiFixit接着剤リムーバーを使用する場合は(販売終了)、こちらの修正版ガイドを参照してください。

  1. 底ケースと上部ケースを留めている次のネジを10本外します。
    • 底ケースと上部ケースを留めている次のネジを10本外します。

    • 2.3 mm P5ペンタロープネジー2本

    • 3.0 mm P5 ペンタロープネジー8本

  2. 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。
    • 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。

    • 丁寧に底ケースを上部ケースから外していきます。

    • 完全に底ケースを取り出します。

  3. 底ケースは上部ケースに中央部分にある2本のプラスチッククリップで繋がっています。 再組み立ての際は丁寧に2本のプラスチッククリップが再装着するように底ケースの中央に押し込みます。 再組み立ての際は丁寧に2本のプラスチッククリップが再装着するように底ケースの中央に押し込みます。
    • 底ケースは上部ケースに中央部分にある2本のプラスチッククリップで繋がっています。

    • 再組み立ての際は丁寧に2本のプラスチッククリップが再装着するように底ケースの中央に押し込みます。

  4. バッテリーボードに装着されているプラスチックカバーを外します。
    • バッテリーボードに装着されているプラスチックカバーを外します。

  5. ロジックボードにバッテリーボードを取り付けている次のネジを外します。
    • ロジックボードにバッテリーボードを取り付けている次のネジを外します。

    • 2.8 mm T6トルクスネジー2本

    • 7.0 mm T6トルクス肩付きネジー1本

  6. ピンセットを使って、バッテリーコネクターボードの右側底付近にある小さいプラスチックカバーを取り出します。 ピンセットを使って、バッテリーコネクターボードの右側底付近にある小さいプラスチックカバーを取り出します。
    • ピンセットを使って、バッテリーコネクターボードの右側底付近にある小さいプラスチックカバーを取り出します。

  7. バッテリーコネクターをロジックボードアセンブリに留めている広幅の6.4 mm T6トルクスネジを外します。
    • バッテリーコネクターをロジックボードアセンブリに留めている広幅の6.4 mm T6トルクスネジを外します。

  8. 丁寧にロジックボードからバッテリーコネクターボードを引き上げます。 若干バッテリーケーブルを曲げてください。ボードがロジックボード上で引き上げられた状態にして、作業の邪魔にならないようにします。
    • 丁寧にロジックボードからバッテリーコネクターボードを引き上げます。

    • 若干バッテリーケーブルを曲げてください。ボードがロジックボード上で引き上げられた状態にして、作業の邪魔にならないようにします。

    • ボードを完全に折り曲げたり、ケーブルにしわを入れないでください。バッテリーにダメージを与えてしまいます。

  9. ピンセットでインターポーザーを掴みます。 インターポーザーとはLSI間の接続を担う役割を持つインターフェイスの名称です。この修理ではバッテリーとロジックボードを接続しているボードを対象とします。
    • ピンセットでインターポーザーを掴みます。

    • インターポーザーとはLSI間の接続を担う役割を持つインターフェイスの名称です。この修理ではバッテリーとロジックボードを接続しているボードを対象とします。

    • インターポーザーをロジックボードから引き上げて外します。

    • このボードを取り外す際は修理作業中、バッテリーが完全に外されているか確認してください。コンピューターがアクシデントにより再起動しないようにご注意ください。バッテリーを取り出しておく事もおすすめです。

  10. スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードデータケーブルコネクターの右側を出入力ボード上のソケットから引き上げます。 出入力ボードデータケーブルコネクターをソケットから引き上げる際は、コネクターのみに接触し、ソケットには触らないようにご注意ください。ソケットをこじ開けてしまうと出入力ボードに決定的なダメージを与えてしまいます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードデータケーブルコネクターの右側を出入力ボード上のソケットから引き上げます。

    • 出入力ボードデータケーブルコネクターをソケットから引き上げる際は、コネクターのみに接触し、ソケットには触らないようにご注意ください。ソケットをこじ開けてしまうと出入力ボードに決定的なダメージを与えてしまいます。

  11. スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードデータケーブルコネクターの左側底に差し込みます。 丁寧にスパッジャーを曲げて、ロジックボード上のソケットから出入力ボードケーブルコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードデータケーブルコネクターの左側底に差し込みます。

    • 丁寧にスパッジャーを曲げて、ロジックボード上のソケットから出入力ボードケーブルコネクターの接続を外します。

  12. MacBook Proから出入力ボードデータケーブルを引き上げて外します。
    • MacBook Proから出入力ボードデータケーブルを引き上げて外します。

  13. iPhoneのバッテリーキット

    Only $29.99

    Buy Now

    iPhoneのバッテリーキット

    Only $29.99

    Buy Now
  14. スパッジャーの平面側先端を使って、SSDケーブルコネクターをロジックボードのソケットから引き上げます。 SSDケーブルコネクターを作業の邪魔にならない位置に動かします。 SSDケーブルコネクターを作業の邪魔にならない位置に動かします。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、SSDケーブルコネクターをロジックボードのソケットから引き上げます。

    • SSDケーブルコネクターを作業の邪魔にならない位置に動かします。

  15. スパッジャーの平面側先端をスピーカーケーブルコネクターの右側下に差し込みます。 右側スピーカーケーブルのコネクターをロジックボードのソケットから丁寧に引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端をスピーカーケーブルコネクターの右側下に差し込みます。

    • 右側スピーカーケーブルのコネクターをロジックボードのソケットから丁寧に引き上げます。

    • コネクターのみを引き上げるように注意してください。ソケット自体には接触しないでください。

  16. 上部ケースに留められた右側のスピーカーより次のネジを外します。
    • 上部ケースに留められた右側のスピーカーより次のネジを外します。

    • 6.8 mm T5 トルクスネジー1本

    • 6.3 mm T5 トルクスネジー2本

    • 端に留められたネジにはフォーム製パッドで覆われている場合があります。その場合は、ピンセットを使ってパッドを取り除いてください。

  17. 上部ケースから右側のスピーカーを引き上げて取り出します。 必要に応じて、上部ケース回路から右側のスピーカーケーブルを外します。
    • 上部ケースから右側のスピーカーを引き上げて取り出します。

    • 必要に応じて、上部ケース回路から右側のスピーカーケーブルを外します。

  18. スパッジャーの平面側先端を使って、ヘッドフォンジャックケーブルコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。 丁寧にヘッドフォンジャックケーブルをロジックボードに対して直角に曲げます。 ヘッドフォンジャックケーブルを直角に曲げる事で、ヘッドフォンジャックケーブルが邪魔にならずに左側のスピーカーケーブルコネクターの接続を外すことができます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ヘッドフォンジャックケーブルコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。

    • 丁寧にヘッドフォンジャックケーブルをロジックボードに対して直角に曲げます。

    • ヘッドフォンジャックケーブルを直角に曲げる事で、ヘッドフォンジャックケーブルが邪魔にならずに左側のスピーカーケーブルコネクターの接続を外すことができます。

  19. スパッジャーの先端を左側スピーカーケーブルコネクターに差し込みます。 左側のスピーカーケーブルコネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。
    • スパッジャーの先端を左側スピーカーケーブルコネクターに差し込みます。

    • 左側のスピーカーケーブルコネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。

    • コネクターのみ引き上げるようにご注意ください。ソケット自体には接触しないでください。

  20. 上部ケースに左側スピーカーを留めている次のネジを外します。
    • 上部ケースに左側スピーカーを留めている次のネジを外します。

    • 6.8 mm T5トルクスネジ(右側上)ー1本

    • 6.3 mm T5トルクスネジー2本

    • コーナーのネジはフォーム製パッドでカバーされている場合があります。その場合はピンセットで取り外してください。

  21. 上部ケースから左側スピーカーを持ち上げて取り出します。 上部ケースから左側スピーカーを持ち上げて取り出します。
    • 上部ケースから左側スピーカーを持ち上げて取り出します。

  22. 親指を使ってSSDトレイ上のプラスチック製バネ付きバーを曲げ、デバイスの正面側にある2つのクリップを外します。 バネ付きバーを押さえながら、SSDアセンブリをスペースから外すように前向き押し上げます。 バネ付きバーを押さえながら、SSDアセンブリをスペースから外すように前向き押し上げます。
    • 親指を使ってSSDトレイ上のプラスチック製バネ付きバーを曲げ、デバイスの正面側にある2つのクリップを外します。

    • バネ付きバーを押さえながら、SSDアセンブリをスペースから外すように前向き押し上げます。

  23. 上部ケースからSSD アセンブリを取り出します。
    • 上部ケースからSSD アセンブリを取り出します。

  24. バッテリーの両側から2.2 mmの T5トルクスネジを3本外します。(合計6本) バッテリーの両側から2.2 mmの T5トルクスネジを3本外します。(合計6本)
    • バッテリーの両側から2.2 mmの T5トルクスネジを3本外します。(合計6本)

  25. キットに付いてくる接着剤リムーバーはMacBook Proディスプレイの反射防止コートに影響することがあります。
    • キットに付いてくる接着剤リムーバーはMacBook Proディスプレイの反射防止コートに影響することがあります。

    • ディスプレイを保護するために、作業中はディスプレイとキーボードの間にアルミホイルシートを差し込んでください。

  26. MacBook Proの準備はできました。次に作業をするご自身の準備をしましょう。 iFixitの接着剤リムーバーは皮膚へのダメージが少なく、目への刺激も低いアセトンを含んでいます。
    • MacBook Proの準備はできました。次に作業をするご自身の準備をしましょう。

    • iFixitの接着剤リムーバーは皮膚へのダメージが少なく、目への刺激も低いアセトンを含んでいます。

    • 接着剤リムーバーを使用する際は、必ず保護メガネを着用してください。(保護メガネはキットに同封されています)

    • 保護メガネの着用無しで、コンタクトレンズを装着しないでください。

    • 保護グローブもキットに同封されています。皮膚への刺激を心配される方は、グローブも着用してください。

  27. 接着剤リムーバーの容器から、黒いゴム製のキャップを引き抜きます。 先端をカットする前に、ボトルキャップをひねって外すか、緩めてください。 これによりボトルが開封され、アプリケーター先端をカットする前に、内部の圧力が均等になります。この手順を省略すると、先端をカットした時に、接着剤リムーバーが当然飛び出す可能性がありますのでご注意ください。
    • 接着剤リムーバーの容器から、黒いゴム製のキャップを引き抜きます。

    • 先端をカットする前に、ボトルキャップをひねって外すか、緩めてください。

    • これによりボトルが開封され、アプリケーター先端をカットする前に、内部の圧力が均等になります。この手順を省略すると、先端をカットした時に、接着剤リムーバーが当然飛び出す可能性がありますのでご注意ください。

    • ハサミを使ってアプリケーターの先端をカットします。

    • できるだけ先端近くをカットしてください。接着剤リムーバーを注入する際に、少量でコントロールしやすくなります。

    • 次の手順に移る前に必ず、キャップをしっかりと装着してください。

  28. バッテリーセル左端の下に、接着剤リムーバーを数滴、均等に注入します。
    • バッテリーセル左端の下に、接着剤リムーバーを数滴、均等に注入します。

    • わずかな量で十分です。この小さなボトルには搭載された全バッテリーセルを外すのに必要な量の倍が入っています。

    • 液体状の接着リムーバーがバッテリーセルの下に浸透するまで、約2–3分間待機してください。それから次の手順に移ります。

  29. スパッジャーの平面側先端をバッテリーセルの一番左側の底に差し込みます。 バッテリー周囲の下に沿ってスパッジャーをスライドさせながら、接着剤を剥がします。 バッテリー周囲の下に沿ってスパッジャーをスライドさせながら、接着剤を剥がします。
    • スパッジャーの平面側先端をバッテリーセルの一番左側の底に差し込みます。

    • バッテリー周囲の下に沿ってスパッジャーをスライドさせながら、接着剤を剥がします。

  30. 一番左側のバッテリーセルの左側下からスパッジャーを差し込みます。 スパッジャーを一番左側のバッテリーセルの左側に沿って動かします。 一番左側のバッテリーセルの接着剤を剥がすため、わずか上方に押し上げます。
    • 一番左側のバッテリーセルの左側下からスパッジャーを差し込みます。

    • スパッジャーを一番左側のバッテリーセルの左側に沿って動かします。

    • 一番左側のバッテリーセルの接着剤を剥がすため、わずか上方に押し上げます。

  31. 一番左側のバッテリーセルの上部部分を外すため、スパッジャの平面側先端を持ち上げます。 数滴の接着剤リムーバーをバッテリーセルの下に注入します。 接着剤リムーバーが浸透するまで2−3分間待機して、接着剤を柔らかくします。
    • 一番左側のバッテリーセルの上部部分を外すため、スパッジャの平面側先端を持ち上げます。

    • 数滴の接着剤リムーバーをバッテリーセルの下に注入します。

    • 接着剤リムーバーが浸透するまで2−3分間待機して、接着剤を柔らかくします。

    • バッテリーにダメージを与えないように注意しながら、丁寧にスパッジャーやプラスチックカードを内部に押し込みます。MacBook Proに留められた接着剤を剥がしてバッテリーセルを取り出します。

  32. 一番左側のバッテリーセルの下にスパッジャー平面側先端を奥まで差し込みます。 スパッジャーを内部奥まで差し込む際はバッテリーセルにダメージを与えないように丁寧に作業を行ってください。 バッテリーセルを上部ケースから押し上げます。
    • 一番左側のバッテリーセルの下にスパッジャー平面側先端を奥まで差し込みます。

    • スパッジャーを内部奥まで差し込む際はバッテリーセルにダメージを与えないように丁寧に作業を行ってください。

    • バッテリーセルを上部ケースから押し上げます。

  33. バッテリーセルを掴んで、上部ケースの角から丁寧に動かしますが、完全に外さないでください。 3番目の画像中にあるように、上部ケースの上に取り出した二つのバッテリーセルを置きます。 3番目の画像中にあるように、上部ケースの上に取り出した二つのバッテリーセルを置きます。
    • バッテリーセルを掴んで、上部ケースの角から丁寧に動かしますが、完全に外さないでください。

    • 3番目の画像中にあるように、上部ケースの上に取り出した二つのバッテリーセルを置きます。

  34. 反対側のバッテリーセルに作業を移します。MacBook Pro右側2つのバッテリーセルについても同じ作業を繰り返します。 数滴の液体接着剤リムーバーをバッテリーセルの下に注入してください。それからセルをこじ開ける前に、液体が浸透するまで約2−3分間待ちます。 バッテリーセルに穴を開けたり、ダメージを与えないようにご注意ください。
    • 反対側のバッテリーセルに作業を移します。MacBook Pro右側2つのバッテリーセルについても同じ作業を繰り返します。

    • 数滴の液体接着剤リムーバーをバッテリーセルの下に注入してください。それからセルをこじ開ける前に、液体が浸透するまで約2−3分間待ちます。

    • バッテリーセルに穴を開けたり、ダメージを与えないようにご注意ください。

  35. バッテリーを上部ケースから完全に取り出します。 新しいバッテリーを装着する前に、MacBook Proのケースから残った接着剤を綺麗に取り出します。 運が良ければ、ゆっくりと指で各接着ストリップを剥がせます。
    • バッテリーを上部ケースから完全に取り出します。

    • 新しいバッテリーを装着する前に、MacBook Proのケースから残った接着剤を綺麗に取り出します。

    • 運が良ければ、ゆっくりと指で各接着ストリップを剥がせます。

    • そうでない場合は、各バッテリーセルの下に接着剤リムーバーを少量ずつ付けます。2−3分間待った後、開口ピックやお持ちのツールで接着剤をこすり落とします。この作業には少し忍耐が必要です。

    • 残りのバッテリーセルについても接着剤リムーバーを付けて同じ作業を繰り返します。それからMacBook Proを数分間、空気乾燥させます。

    • 交換用バッテリーはiFixitキットに接着剤と一緒に同封されています。接着剤のフォルムを剥がす前に、バッテリーの配置やフィット感を確認してください。もし余分なフォルムやライナーがある場合は、この交換用バッテリーキットはお持ちのバッテリーと合致しませんので取り出してください。

    • この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのカリブレーションを行なってください。100%になるまで充電します。充電後も最低2時間はプラグを繋げたままにします。それからプラグを外して、通常通り使用しながら、自然に放電させます。バッテリー残量小のサインが表示されたら、これまでの作業を保存して、スリープ状態になるまで放置してください。スリープ状態に入ったら、少なくとも5時間置きます。それから一気に100%まで充電します。

    • 新しいバッテリーの装着後、何か様子が通常と異なる場合はMacBook ProのSMCをリセットする必要があります。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

156 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

595,261 ポイント

1,203のガイドは作成済み

Hi where can u buy the battery for these

Kevin Higgins - 返信

Did you find out where to buy?

Uli -

There is a much easier way to get the batteries out. If you look at the 2 cells on either side (left and right), you will notice that they put them in an area that is slightly lowered. This is by design. To remove the batteries, pour a small amount of 90% isopropyl alcohol on both sides and let it sit for about 30 to 45 mins. It will dissolve the glue and you can gently then lift out the batteries without any prying. After you remove the batteries, simply wipe up any remaining alcohol, let it dry, buff it clean, and insert the new battery. Considerably easier and safer than potentially damaging the battery packs. If you are putting the same battery pack back, just use double sided tape. IMPORTANT NOTE: ALWAYS BE SAFE USING ISOPROPYL ALCOHOL AROUND FLAMES OR ANYTHING THAT MIGHT MAKE IT BURN. ALSO, NEVER ATTEMPT TO PRY THE BATTERIES IN ANY WAY IF ANY ALCOHOL IS STILL POTENTIALLY PRESENT!! WAIT UNTIL IT IS EVAPORATED!!

jimhoffa69 - 返信

Thank You for the hint with the alcohol, but where can I buy a spare battery?

Uli -

I poured isopropanol into those lowered areas but unfortunately it soaked up along the battery leads and got all the way under the keyboard and elsewhere where it shouldn’t. It made some other plastic parts of the computer swell which isn’t good so I would not recommend pouring any solvent in there. Add a very small amount of solvent (0.25 ml) just enough to soften the adhesive, and let it sit for about 30 min and then pry carefully and add a little more, making sure it doesn’t get soaked up by the battery leads.

Another important thing: when you buy a battery, make sure it’s new, up to 1 year from date of manufacture because they have a limited shelf life and get permanently damaged when sitting uncharged.

Imre Treufeld -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 52

過去 7 日: 296

過去 30 日: 1,323

今までの合計 101,768