メインコンテンツにスキップ

はじめに

MacBook Air 13インチEarly 2020のロジックボードを交換するためのガイドです。

Touch IDセンサーを交換後、Touch IDは機能しなくなります。ご注意ください。 MacBookのオリジナルTouch IDセンサーは工場生産時にロジックボードのT2チップとペアで製造されています。Appleの独占キャリブレーション手続きを経なければ回復できません。他モデルのMacBook Airから取り出した正規品Touch IDを移植しても同様です。

Touch IDセンサーを交換するには、Touch ID機能を保持するために、ペアで製造されたロジックボードをインストールする必要があります。

    • この手順を始める前に、Macのオートブート機能を解除する必要があります。 自動起動中、蓋を開けるとMacの電源をオンにし、分解中に誤ってトリガーされる可能性があります。 こちらのガイドを参照して自動起動を無効にします。

    • MacBookにBig Sur v11.1以降がインストールされている場合、自動起動を無効にするとうまくいかないことがあります。通常通りに作業を進めることができますが、開口できたらすぐにバッテリーを外してください。

    • 作業を始める前に、MacBook Airの電源を切り、プラグから外します。ディスプレイを閉じて、ラップトップ全体を裏返します。

    • P5ドライバーを使って、次のネジを外します。

    • 7.9mmネジー2本

    • 7.1mmネジー2本

    • 2.6mmネジー6本

    • この作業では、各ネジの装着位置をメモ書きしてください。再組み立ての際は、正しい位置に取り付けてください。装着位置を間違ってしまうと、MacBookを破損することがあります。

  1. 指先をディスプレイと下部ケースの間に挟んで、Airから下部ケースを上向きに引き上げます。 下部ケースを取り出します。 下部ケースを再インストールする際は
    • 指先をディスプレイと下部ケースの間に挟んで、Airから下部ケースを上向きに引き上げます。

    • 下部ケースを取り出します。

    • 下部ケースを再インストールする際は

    • 本体を正しい位置に揃えてしっかりと押し込み、下にある2つの隠しクリップをはめ込みます。カチッと装着音がして固定されます。

  2. バッテリーコネクタを覆っているテープを剥がして、下のコネクタを露出させます。
    • バッテリーコネクタを覆っているテープを剥がして、下のコネクタを露出させます。

  3. スパッジャーを使って、バッテリーコネクタの下に差し込み、ロジックボードと並行にスライドして、ロジックボード上のソケットからコネクタを外します。 スパッジャーを使って、バッテリーコネクタの下に差し込み、ロジックボードと並行にスライドして、ロジックボード上のソケットからコネクタを外します。
    • スパッジャーを使って、バッテリーコネクタの下に差し込み、ロジックボードと並行にスライドして、ロジックボード上のソケットからコネクタを外します。

  4. T4トルクスドライバーを使って、トラックパッドケーブルのカバーを固定している1.4 mmネジを2本外します。 トラックパッドケーブルのカバーを外します。
    • T4トルクスドライバーを使って、トラックパッドケーブルのカバーを固定している1.4 mmネジを2本外します。

    • トラックパッドケーブルのカバーを外します。

  5. スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからトラックパッドケーブルのコネクタをこじ開けて外します。 このようなプレスコネクタを再装着するには、慎重に位置を合わせて、カチッと装着音がするまで片側を押し下げてから、反対側も同様に押し込みます。真ん中は押さないでください。コネクタの位置がずれると、ピンが曲がってしまい、永久的な損傷の原因になります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからトラックパッドケーブルのコネクタをこじ開けて外します。

    • このようなプレスコネクタを再装着するには、慎重に位置を合わせて、カチッと装着音がするまで片側を押し下げてから、反対側も同様に押し込みます。真ん中は押さないでください。コネクタの位置がずれると、ピンが曲がってしまい、永久的な損傷の原因になります。

  6. MacBookを裏返して、左側のスピーカーを右側に配置します。 左側のスピーカーケーブルの下にスパッジャーの先端をスライドしながら、まっすぐ上にこじ上げて、ロジックボードからケーブルを外します。 コネクタを外した状態で、スパッジャーの平らな部分をケーブルの下に滑らせて、ロジックボードに固定している接着剤からケーブルを剥がします。
    • MacBookを裏返して、左側のスピーカー右側に配置します。

    • 左側のスピーカーケーブルの下にスパッジャーの先端をスライドしながら、まっすぐ上にこじ上げて、ロジックボードからケーブルを外します。

    • コネクタを外した状態で、スパッジャーの平らな部分をケーブルの下に滑らせて、ロジックボードに固定している接着剤からケーブルを剥がします。

  7. ピンセットを使って、マイクロフォンのケーブルコネクタを覆っているテープを剥がします。 スパッジャーの先端を使って、マイクロフォンケーブルのZIFコネクタ上にある小さなロッキングフラップを跳ね上げます。 マイクロフォンケーブルをコネクタからスライドして外します。
    • ピンセットを使って、マイクロフォンのケーブルコネクタを覆っているテープを剥がします。

    • スパッジャーの先端を使って、マイクロフォンケーブルのZIFコネクタ上にある小さなロッキングフラップを跳ね上げます。

    • マイクロフォンケーブルをコネクタからスライドして外します。

    • 可能であれば、ケーブル自体ではなく、ケーブルに付いているテープを摘んでください。

  8. T4トルクスドライバーを使って、USB-Cコネクタのカバーを覆っている1.4 mmネジを2本外します。 USB-Cコネクタのカバーを外します。
    • T4トルクスドライバーを使って、USB-Cコネクタのカバーを覆っている1.4 mmネジを2本外します。

    • USB-Cコネクタのカバーを外します。

  9. スパッジャーの平面側先端を使って、USBーCケーブルのコネクタをこじ開けて、ロジックボードのソケットから外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、USBーCケーブルのコネクタをこじ開けて、ロジックボードのソケットから外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、USBーCケーブルのコネクタをこじ開けて、ロジックボードのソケットから外します。

  10. スパッジャーを使って、サウンドボードケーブルのZIFコネクタ上ににある小さなロッキングフラップを跳ね上げます。 ZIFコネクタからサウンドボードのケーブルをスライドして外します。 ZIFコネクタからサウンドボードのケーブルをスライドして外します。
    • スパッジャーを使って、サウンドボードケーブルのZIFコネクタ上ににある小さなロッキングフラップを跳ね上げます。

    • ZIFコネクタからサウンドボードのケーブルをスライドして外します。

  11. ファンのケーブルコネクタを覆っている黒いテープを剥がします。
    • ファンのケーブルコネクタを覆っている黒いテープを剥がします。

  12. スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFコネクタ上のロッキングフラップを跳ね上げます。 ZIFコネクタからファンケーブルをスライドして外します。 ZIFコネクタからファンケーブルをスライドして外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFコネクタ上のロッキングフラップを跳ね上げます。

    • ZIFコネクタからファンケーブルをスライドして外します。

  13. T4トルクスドライバーを使って、アンテナケーブルカバーを固定している1.4 mmネジを外します。 アンテナケーブルカバーを外します。
    • T4トルクスドライバーを使って、アンテナケーブルカバーを固定している1.4 mmネジを外します。

    • アンテナケーブルカバーを外します。

  14. ピンセットを使って、アンテナコネクタのベース部分を摘みます。 ケーブルをまっすぐ引き上げて、接続を外します。 2つ目のアンテナケーブルにも同じ作業を行います。
    • ピンセットを使って、アンテナコネクタのベース部分を摘みます。

    • ケーブルをまっすぐ引き上げて、接続を外します。

    • 2つ目のアンテナケーブルにも同じ作業を行います。

  15. T3トルクスドライバーを使って、ディスプレイケーブルコネクタを覆っている 1.5 mmネジを2本外します。 ディスプレイケーブルコネクタカバーを外します。
    • T3トルクスドライバーを使って、ディスプレイケーブルコネクタを覆っている 1.5 mmネジを2本外します。

    • ディスプレイケーブルコネクタカバーを外します。

  16. スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイケーブルコネクタをアンテナボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイケーブルコネクタをアンテナボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイケーブルコネクタをアンテナボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

  17. T5トルクスドライバーを使って、ロジックボードを上部ケースに固定しているネジを6本外します。
    • T5トルクスドライバーを使って、ロジックボードを上部ケースに固定しているネジを6本外します。

    • 3.5 mmネジー3本

    • 5.8 mm クッション付きネジー1本

    • 2.0 mmネジー2本

  18. ロジックボードを外します。
    • ロジックボードを外します。

  19. ロジックボードアセンブリを再装着する際には、ボードを降ろす際にケーブルがボードの下に入り込んでいないか確認してください。7つの場所をそれぞれ確認してください。
    • ロジックボードアセンブリを再装着する際には、ボードを降ろす際にケーブルがボードの下に入り込んでいないか確認してください。7つの場所をそれぞれ確認してください。

    • バッテリーケーブル

    • ファンケーブル

    • オーディオボードケーブル

    • USB-Cボードケーブル

    • アンテナバーケーブル

    • トラックパッドケーブル

    • 左側スピーカーとマイクロフォンケーブル

終わりに

オリジナルのパーツと交換用パーツをよく見比べてください。交換用パーツに付いていない残りのコンポーネントや接着シールなどは、インストールする前に新パーツに移植する必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?このモデルのトラブルシューティングは、アンサーコミュニティを参照してください。

5 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

96%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Carsten Frauenheim

メンバー登録日: 2020年03月10日

69,049 ポイント

330のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

143 メンバー

16,765のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 28

過去 7 日: 136

過去 30 日: 611

今までの合計 6,085