メインコンテンツにスキップ

はじめに

米中間で巻き起こっている貿易摩擦の最中、私たちはHuaweiの将来について案じていますが、Huaweiは、新Mate 20 X 5Gという主力スマートフォンで5Gというアリーナに参入しました。今日の分解で、このプラスサイズのファブレットは何を内部に隠しているのか明らかにしたいと思います。そして、Huaweiは米国内企業とのビジネス取引が禁止される可能性がある中、ハードウェアはどれぐらい独立しているのか興味深いところです。

最新ニュースを入手するには、

FacebookInstagramTwitterTwitter日本語版をフォローしてください。メール配信(英語)は、ニュースレターを購読してください。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのHuawei Mate 20 X 5Gを修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. Mate 20 X 5Gのスペック情報です。 7.2" OLED マルチタッチディスプレイ、解像度1080 × 2244ピクセル オクタコアHuawei Kirin980チップセット、8GB RAMとペア
    • Mate 20 X 5Gのスペック情報です。

    • 7.2" OLED マルチタッチディスプレイ、解像度1080 × 2244ピクセル

    • オクタコアHuawei Kirin980チップセット、8GB RAMとペア

    • 256GBオンボードストーレッジ

    • Balong 5000マルチモード 5Gモデム

    • 4,200 mAhバッテリー、40 W SuperCharge 2.0サポート付き

    • 3つのリアカメラ: 40 MP ƒ/1.8、20 MP ƒ/2.2、8 MP ƒ/2.4 レンズ、5倍の光学ズーム

    • フロントカメラは、”ウォータードロップ”の隙間に搭載されています。背面のプロテクトカバーには、私たちが絶対に無視してしまう(デバイスを開口しないようという)注意書きが付けられています。

  2. 思った通り、デバイス底にはUBC-Cポート、2つのマイクホールとスピーカーグリルが付いています。 上部端に沿って、もう一つのマイクホール、赤外線ブラスター、イヤホンスピーカー用グリルが搭載された非常に細い隙間を見つけました。 大型のMate 20 Proと比較すると、X 5Gは巨大と言えます。裏側には、5Gのブランドマークに加え、カメラアレイの下に指紋センサが搭載されています。
    • 思った通り、デバイス底にはUBC-Cポート、2つのマイクホールとスピーカーグリルが付いています。

    • 上部端に沿って、もう一つのマイクホール、赤外線ブラスター、イヤホンスピーカー用グリルが搭載された非常に細い隙間を見つけました。

    • 大型のMate 20 Proと比較すると、X 5Gは巨大と言えます。裏側には、5Gのブランドマークに加え、カメラアレイの下に指紋センサが搭載されています。

    • このMateモデルの防水防塵はIP53性能しかありませんが、SIMカードトレイにゴム製のガスケットが装着されています。これは、スマホ時代で”ウォータープルーフ”と言われるものに通常、付けられているものです。

    • このSIMトレイのスロット1は5Gカード用で、スロット2は4Gカードのみに対応します。

    • 驚くことに、バックカバーに留められた接着剤はあっという間に剥がれましたー接着剤を温める必要がないのです!吸盤付きハンドルとハルバードスパッジャーを使えば、綺麗に乖離できます。

    • 接着剤は年月を経ると、より強固になります。おそらく次回、このモデルを開口する時は、これほど簡単には進まないでしょう。この新モデルが製造工場から新鮮な状態で届けられた恩恵です。

    • とても長い形状の指紋フレックスケーブルはバックカバーに繋がっています。これほど長さがあれば、気にする必要はありません。繋げたままで作業を進めます。

  3. 数本のネジが、NFCコイル、アンテナ、グラファイト熱伝導体パッドを固定しています。その1つは、開封禁止(ボイド)ステッカーの後ろに隠れており、もう1つはカメラのフラッシュモジュールの下に潜んでいます。ネジを留めるには奇妙な場所と言えます。 これらのビットを外すと、指紋センサの接続を外せます。これでようやく、デバイス内部を詳細に見ることができます。 これらのビットを外すと、指紋センサの接続を外せます。これでようやく、デバイス内部を詳細に見ることができます。
    • 数本のネジが、NFCコイル、アンテナ、グラファイト熱伝導体パッドを固定しています。その1つは、開封禁止(ボイド)ステッカーの後ろに隠れており、もう1つはカメラのフラッシュモジュールの下に潜んでいます。ネジを留めるには奇妙な場所と言えます。

    • これらのビットを外すと、指紋センサの接続を外せます。これでようやく、デバイス内部を詳細に見ることができます。

  4. 24 MP、ƒ/2.0フロントカメラは、簡単にこじ開けて取り出せます。この修理しやすいプレスフィットタイプのコネクタにうんざりすることはありません。 マザーボードも簡単に取り外せます。そして、裏側より3つ目リアカメラの接続も外せます。 この3つ目の怪物は2018年10月に発売されたMate 20 Proと同じテクノロジーが搭載されています。つまり、 40 MP ƒ/1.8広角レンズ、20 MP ƒ/2.2 超広角レンズ、そして8 MP ƒ/2.4 望遠レンズです。
    • 24 MP、ƒ/2.0フロントカメラは、簡単にこじ開けて取り出せます。この修理しやすいプレスフィットタイプのコネクタにうんざりすることはありません。

    • マザーボードも簡単に取り外せます。そして、裏側より3つ目リアカメラの接続も外せます。

    • この3つ目の怪物は2018年10月に発売されたMate 20 Proと同じテクノロジーが搭載されています。つまり、 40 MP ƒ/1.8広角レンズ、20 MP ƒ/2.2 超広角レンズ、そして8 MP ƒ/2.4 望遠レンズです。

  5. PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る
  6. ついに、このMateシリーズのブレインを詳細に見る時間がきました。つまり、マザーボードのチェックです。 Micron D9WGR (MT53D1G64D8NZ-046 WT:E) 8 GB LPDDR4、Kirin 980 SoCが下に積層 東芝THGAF8T1T83BAIR 256 GB NAND flash
    • ついに、このMateシリーズのブレインを詳細に見る時間がきました。つまり、マザーボードのチェックです。

    • Micron D9WGR (MT53D1G64D8NZ-046 WT:E) 8 GB LPDDR4、Kirin 980 SoCが下に積層

    • 東芝THGAF8T1T83BAIR 256 GB NAND flash

    • Samsung K4UHE3D4AA-CGCJ 3 GB LPDDR4X—詳細は後ほど

    • WCDMA/LTE用 Skyworks 78191-11ローバンドフロントエンドモジュール

    • HiSilicon Hi6526 PMU

    • NXP 80T37 (NFCコントローラのよう)

    • 比較用に、左側下側の小さなボードはMate 20 Proに搭載されていたものです。

  7. 反対側にもさらにチップがあります… Qorvo 77031 4T8R 中/高帯域モジュール HiSilicon Hi63650
    • 反対側にもさらにチップがあります…

    • Qorvo 77031 4T8R 中/高帯域モジュール

    • HiSilicon Hi63650

    • HiSilicon Hi6421パワーマネージメント IC

    • HiSilicon Hi1103 Wi-Fiモジュール

    • HiSilicon Hi6D03

    • ここでもまた、比較用にMate 20 Proのマザーボードを配置しました。

    • 私たちのチップ探しで見つかっていないものはBalong 5000、HiSiliconのマルチモードネットワーキングチップセットです。これは5Gセルを動かすパワーハウスのはずです。

    • 推測の結果、Samsung LPDDR4Xチップを剥がして取り出すと、その下に潜んでいるものは…

    • なんとHiSilicon Hi9500 GFCV101です!これは、私たちが探しているBalong 5000でしょう。

    • 一応念のため、Macronメモリーチップもこじ開けてみます。間違いなく、この下に搭載されているのはHiSilicon Hi3680 GFCV150 (別称Kirin 980)です。

    • この分解では、結局、私たちが取り扱っているホットエアーステーションを使いませんでした。

    • 5Gモデムには、専用のLPDDR4Xメモリの専用ブロックが付属しています。私たちが、Samsungのパッケージに表示されたマークを正しく解読できているとすれば、巨大な3GBメモリになります。 それは巨大なデータバッファですよね? 私たちが実際に見た最初の5Gモデムです。みなさんが、他にも何かご存知でしたら、コメントを残してください。

  8. バッテリーにアクセスするには、ボードの相互接続ケーブルを外さなければなりません。 同時に、接着剤で留められたラウドスピーカーも取り出します。 …そしてUSB-Cポートが半田付けされた小さなドーターボードも外せます。
    • バッテリーにアクセスするには、ボードの相互接続ケーブルを外さなければなりません。

    • 同時に、接着剤で留められたラウドスピーカーも取り出します。

    • …そしてUSB-Cポートが半田付けされた小さなドーターボードも外せます。

  9. 造り付けのバッテリー取り外し用インストラクションを見るのは、どんな時も嬉しいものです。そしてこの手順に従えば、とても簡単です! このデバイスは温めて取り出す必要はありませんでしたが、それでもバッテリーを綺麗に取り出せます。 これは、Mate 20 Proに搭載されていたバッテリーと同一のもので、容量は16.04 Wh (4,200 mAh @ 3.82 V)です。
    • 造り付けのバッテリー取り外し用インストラクションを見るのは、どんな時も嬉しいものです。そしてこの手順に従えば、とても簡単です!

    • このデバイスは温めて取り出す必要はありませんでしたが、それでもバッテリーを綺麗に取り出せます。

    • これは、Mate 20 Proに搭載されていたバッテリーと同一のもので、容量は16.04 Wh (4,200 mAh @ 3.82 V)です。

    • これはスタンダードなMate 20Xに搭載されている強力な19.1 Wh(5,000 mAh)バッテリーに比べると若干小さいのですが、それでもiPhone XS Maxのデュアルセルの容量12.08 Wh (3,179 mAh) と比べると、かなり大きいです。

    • バックカバーに留められたディスプレイ用の接着剤は若干強力ですが、熱を当てて、性能の高いハルバードスパッジャーで切開すると開きます。

    • このMateにはファンシーなディスプレイ下に搭載された指紋センサは付いていません。空のOLEDスクリーンとアルミ製フレームのみです。

    • この7.2インチOLEDパネルはSamsung製です。

    • スタンダード版Mate 20Xのように、グラファイトフォイル裏のアルミ製フレーム上に隠れた大きなベイパーチャンバーがあります。(画像)

  10. スムーズな作業で、全てのパーツを取り出すことができました。この分解で、Huaweiの次世代モバイル通信規格5G分野への進出の全容が見えました。
    • スムーズな作業で、全てのパーツを取り出すことができました。この分解で、Huaweiの次世代モバイル通信規格5G分野への進出の全容が見えました。

    • Micron、SkyworksとQorvoという”アメリカ”3企業とオランダのNXPモジュールを除いて、マザーボードの主要なソケットはHuaweiのブランドHiSiliconとアジア諸国の主要なメーカー(東芝、Samsung)が占めることになります。

    • Huaweiから未来のスマートフォン魂を見届けたいですか?ニュースレターを購読して、最新ニュースと繋がってください。

  11. 最終案
    • 多くのコンポーネントがモジュールで、個別で交換が可能です。
    • バッテリーは、リアカバーとミッドフレームを取り出すとアクセスできます。バッテリーにはプルタブが付いています。
    • 標準型プラスネジが使用されており、使用された接着量も平均的です。
    • ミッドフレームがバッテリーと指紋センサを覆っており、その上にカメラセンサとフラッシュで覆われています。
    • 接着剤で固定されたフロントと背面がガラス製の構造は、ひび割れの可能性が高くなります。そして修理始めに取りかかる作業が、複雑になります。
    • スクリーンを交換するには、デバイス全体を解体に近い状態にしなければなりません。
    修理難易度スコア
    4
    10点満点中4点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

OOO first comment! By the way, Are Mate 20 X and Mate 20 X 5G screens cross compatible? They both have the same dimensions so I am intrested

Dinan Blueje - 返信

By the looks and the make of both phones the displays should be compatible. We haven’t checked yet since we don’t have a Mate 20 X at hand. Check a users teardown of the Mate 20 X here.

Tobias Isakeit -

What are the 5G rf chain components?

nevod_m - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 257

過去 7 日: 1,490

過去 30 日: 17,010

今までの合計 17,103