メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

このガイドを使って、Google Pixel 3 XLのフラッシュディフューザーを取り外して交換します。

  1. iOpenerを温めて、バックパネルの右端に約1分間載せます。 ヘアドライヤー、ヒートガンやホットプレートでも対応できますが、デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。内蔵バッテリーは熱によるダメージを受けやすいです。 待機中、バックパネルの注意すべきエリアを確認してください。
    • iOpenerを温めて、バックパネルの右端に約1分間載せます。

    • ヘアドライヤー、ヒートガンやホットプレートでも対応できますが、デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。内蔵バッテリーは熱によるダメージを受けやすいです。

    • 待機中、バックパネルの注意すべきエリアを確認してください。

    • 強力な接着力エリアーデバイス底付近の接着剤には、大型パッチが使用されています。

    • 指紋センサーケーブルーケーブルの下の接着剤をスライスして切開する際に、切断しないようにご注意ください。

  2. 吸盤カップをバックパネルの熱した端付近に取り付けます。 吸盤カップを強く一定の力で引き上げて、隙間を作ります。 デバイスの使用期間にもよりますが、この作業は難しいでしょう。作業が上手く進まない場合は、端を再度温めてから再試行してください。
    • 吸盤カップをバックパネルの熱した端付近に取り付けます。

    • 吸盤カップを強く一定の力で引き上げて、隙間を作ります。

    • デバイスの使用期間にもよりますが、この作業は難しいでしょう。作業が上手く進まない場合は、端を再度温めてから再試行してください。

    • 開口ピックの先端を隙間に差し込みます。

  3. 開口ピックを右端に沿ってスライドして、接着剤をスライスしながら切開します。 接着剤は固まり、冷却されるとスライスが難しくなります。この場合、再度端を温めてスライスしやすくします。 端全体をスライスしたら、接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックを隙間に残しておきます。
    • 開口ピックを右端に沿ってスライドして、接着剤をスライスしながら切開します。

    • 接着剤は固まり、冷却されるとスライスが難しくなります。この場合、再度端を温めてスライスしやすくします。

    • 端全体をスライスしたら、接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックを隙間に残しておきます。

  4. 温めたiOpenerをバックパネルの下側に沿って、約1分間載せます。
    • 温めたiOpenerをバックパネルの下側に沿って、約1分間載せます。

  5. 開口ピックを使って、下側右端コーナー周辺の接着剤を切開し、続けてデバイスの下側端全体に沿ってスライドします。 コーナーをスライスする際は、パネルを割らないよう慎重にゆっくり進めてください。スライド作業が難しくなった場合は、熱を再度当ててください。 ピックを下側端に残して、接着剤の再装着を防ぎます。
    • 開口ピックを使って、下側右端コーナー周辺の接着剤を切開し、続けてデバイスの下側端全体に沿ってスライドします。

    • コーナーをスライスする際は、パネルを割らないよう慎重にゆっくり進めてください。スライド作業が難しくなった場合は、熱を再度当ててください。

    • ピックを下側端に残して、接着剤の再装着を防ぎます。

  6. 続けて、デバイス残りの端を温めて、スライドして接着剤を切開します デバイス左側端に沿ってスライドする際はご注意ください。開口ピックが詰まっている感じがしたら、指紋センサーに絡まっている可能性があります。ピックを隙間からゆっくりと取り出して、再試行してください。 デバイスの右側端と下側端付近で、接着剤が厚い部分についてもしっかりと切開してください。
    • 続けて、デバイス残りの端を温めて、スライドして接着剤を切開します

    • デバイス左側端に沿ってスライドする際はご注意ください。開口ピックが詰まっている感じがしたら、指紋センサーに絡まっている可能性があります。ピックを隙間からゆっくりと取り出して、再試行してください。

    • デバイスの右側端と下側端付近で、接着剤が厚い部分についてもしっかりと切開してください。

  7. バックパネルの右側端を慎重にこじ開けます。
    • バックパネルの右側端を慎重にこじ開けます。

    • 開口ピックを使って、端に沿って残っている接着剤を全て切開してください。

  8. 本をめくるように、バックパネルの右端を、左側に沿ってめくります。 指紋センサーケーブルを挟まないように気をつけてください。 再組立ての際は、デバイスの電源を入れて、機能が回復しているか確認してから閉じて密封してください。作業を再開する前に、必ず電源を完全に切ってください。
    • 本をめくるように、バックパネルの右端を、左側に沿ってめくります。

    • 指紋センサーケーブルを挟まないように気をつけてください。

    • 再組立ての際は、デバイスの電源を入れて、機能が回復しているか確認してから閉じて密封してください。作業を再開する前に、必ず電源を完全に切ってください。

    • 再組立ての際は、このガイドに従って、カスタムカットされた接着剤をバックパネルにインストールしてください。

  9. ピンセットを使って、指紋センサー用コネクタ上に貼られた黄色のテープを慎重に剥がします。
    • ピンセットを使って、指紋センサー用コネクタ上に貼られた黄色のテープを慎重に剥がします。

  10. スパッジャーの先端を使って、指紋センサーのZIPソケット上の黒いロックバーを持ち上げます。 ケーブルのタブを、指先もしくはピンセットでつまんで、ゆっくりとフレックスケーブルをソケットからずらしながら外します。 ショートを防ぐため、ピンセットでフレックスケーブル上のメタル製コンタクトに触れないようご注意ください。
    • スパッジャーの先端を使って、指紋センサーのZIPソケット上の黒いロックバーを持ち上げます。

    • ケーブルのタブを、指先もしくはピンセットでつまんで、ゆっくりとフレックスケーブルをソケットからずらしながら外します。

    • ショートを防ぐため、ピンセットでフレックスケーブル上のメタル製コンタクトに触れないようご注意ください。

  11. バックパネルを外します。
    • バックパネルを外します。

  12. 開口ピックの先端を使って、プラスチックのフラッシュディフューザーの下に差し込み、ゆっくりとディフューザーをこじ開けます。
    • 開口ピックの先端を使って、プラスチックのフラッシュディフューザーの下に差し込み、ゆっくりとディフューザーをこじ開けます。

    • ディフューザーを取り出します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、アンサーコミュニティを参照してください。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

152,540 ポイント

401のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

135 メンバー

15,007のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 0

過去 30 日: 13

今までの合計 375