メインコンテンツにスキップ

必要なもの

  1. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換, Apple Watchの電源を切る: 手順 1、 2の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換, Apple Watchの電源を切る: 手順 1、 2の画像 2
    • 作業の前にApple Watchの電源を切り、充電器から取り外してください。

    • タッチスクリーンが破損し、電源を切れない場合は、ここに示されている方法で電源を切ってください。

  2. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換, 熱を当てます: 手順 2、 1の画像 1
    • iOpenerを使って、(もしくはヘアドライヤーかヒートガン)ディスプレイを温めます。触ると熱い程度まで温めてください。

    • iOpenerを少なくとも1分は載せて、スクリーンを十分に温めて、ケースに沿って留められた接着剤を柔らかくします。

    • iOpenerを再度温めるか、接着剤が冷却されないように、スクリーン周辺に動かしながら温め続けてください。

    • スクリーンとWatch本体の間の隙間は非常に狭いため、鋭利なブレードを使ってこの二つを乖離させなければなりません。作業を始める前に、次の注意書きをよく読んでください。

    • 作業中、ナイフから完全に指を離して指先を保護してください。不安な方は、ナイフを持っていない側の手をレザーグローブやガーデニング用グローブを着用してください。

    • 強いプレッシャーを本体に与えないようにご注意ください。ナイフがスリップしてしまい、怪我をしたりWatchにダメージを与えてしまうことになります。

    • 保護メガネを着用してください。ナイフもしくはガラスが割れてしまうと、破片が飛び散ることがあります。

    • Watch用ハンドの有無によってコントロール加減が変わる場合は、作業がやりやすい様に着用する、もしくは外してください。

  3. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換, スクリーンをこじ開けます: 手順 4、 3の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換, スクリーンをこじ開けます: 手順 4、 3の画像 2 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換, スクリーンをこじ開けます: 手順 4、 3の画像 3
    • カーブしたブレードをディスプレイとアウターケースの間の隙間の中に当てます。デジタルクラウンに一番近いディスプレイの短いサイドから初めます。

    • 隙間に向けてまっすぐ、しっかりと押し込みます。

    • 差し込んだら、ブレードの角度を傾けてディスプレイをわずかに開く様にこじ開けます。

    • ナイフ先端を2 mm以上、挿入しないでください。

  4. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 5、 2の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 5、 2の画像 2
    • カーブした刃によって、小さな隙間ができたら、ナイフから開口ツールに持ち替えて、細い先端を隙間に挿入します。

    • 親指をコテにして、ディスプレイを少し持ち上げて開き、隙間に開口ツールを押し込みます。

    • ディスプレイを完全に開いたり、外したりしないでください。

  5. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 6、 3の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 6、 3の画像 2 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 6、 3の画像 3
    • 開口ピックをディスプレイの下に挿入し、Force Touchガスケットをディスプレイから慎重に取り外します。

    • 交換用Force Touchガスケットを含む、iFixitスクリーンとバッテリー用修理キットを販売しています。あなたのWatchに修理が必要でも大丈夫です。

    • もしくは、Force Touchガスケットを保存して再利用する場合は、ディスプレイ端の下を慎重にこじ開けてください。ディスプレイを持ち上げた際に、Force Touchガスケットが切断したり、ガスケットのレイヤーから外れてしまった時は、Force Touchガスケット自体も交換しなければなりません。

    • 開口ピックをディスプレイ周辺にスライドして、Force Touchガスケットとディスプレイ間に付けられた接着剤をはがします。

    • 開口ピックを2 mm以上、差し込まないでください。

  6. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 7、 3の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 7、 3の画像 2 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 7、 3の画像 3
    • ディスプレイケーブルを引っ張らないようにするには、ディスプレイを完全に開かないことです。

    • ディスプレイを約45度の角度で開き、ピンセットを使ってディスプレイとForce Touchガスケットの間の接着剤を慎重に剥がします。

    • ディスプレイケーブル周辺と裏に貼られた接着剤を綺麗に剥がします。

  7. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換, バッテリー接続の外し方: 手順 8、 3の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換, バッテリー接続の外し方: 手順 8、 3の画像 2 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換, バッテリー接続の外し方: 手順 8、 3の画像 3
    • Y000ドライバーを使用して、メタルカバープレートを固定しているトライポイントネジを外します。

    • ピンセットを使って、カバープレートを取り出します。

    • まず、2つのフラップの蝶番を外すために、プレートを完全に開けます。

    • プレートを持ち上げて取り出せるには、半分に閉じます。

  8. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 9、 3の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 9、 3の画像 2 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 9、 3の画像 3
    • GPSのみのバージョンでは、バッテリーの接続をすぐに取り外せます。セルラー/ LTEバージョンの場合は、バッテリーを取り外すためには、まず先に、Force Touchガスケットを外して、作業の邪魔にならないように折りたたんだ後に、バッテリーの接続を外せます。

    • スパッジャーの鋭利な先端を使って、コネクタをまっすぐ持ち上げて、バッテリーを取り外します。

    • コネクタをわずかに曲げて、アクシデントで接触しないよう注意してください。

  9. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換, Force Touchガスケット: 手順 10、 2の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換, Force Touchガスケット: 手順 10、 2の画像 2
    • プライツールの先端を使って、Force Touchガスケットをコネクタからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

  10. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 11、 1の画像 1
    • iOpenerの使用方法をさらに30秒間加熱し、Force Touchガスケットの上に置いて、下の接着剤を柔らかくします。(またはヘアードライヤーやヒートガンを使って熱を加えます。)

    • ディスプレイケーブルを切断したり、伸ばしたりしないようにご注意ください。

  11. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 12、 2の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 12、 2の画像 2
    • ピンセットを使って、Force Touchガスケットを剥がします。

    • わずかにディスプレイを前方側に傾けて、Force Touchガスケットを垂直に固定しながら、ディスプレイ上を通しながら剥がします。

    • 接着剤の残りや飛散したガラスを完全に除去してから、Watchを再密封してください。

    • クリーニングパッドでケースを磨くか、糸くずの出ない布やコーヒーフィルターに包んだ開口ツールやスパッジャーの先端にイソプロピルアルコール(90%以上の濃度)を少量付けてケースを拭き取ります。また綿棒を使用することもできます。

    • ディスプレイのケーブル付近の接着剤を取り除くには、ディスプレイをWatch上に折り返し、作業スペースを確保するため、慎重にフレームから離してください。

    • この手順では作業を急がないでください。少量の残留物でも、ディスプレイとケースの接着を妨げ、時間の経過とともにディスプレイが外れてしまう可能性があります。

  12. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 14、 2の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 14、 2の画像 2
    • 既存のディスプレイを再利用する場合は、背面に付着した接着剤を丁寧に除去してください。

    • ディスプレイが水平になるように、時計を上下逆さにすると便利です。また、ケーブルに負担がかからないよう、他の部分を支えてください。

  13. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 15、 2の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 15、 2の画像 2
    • ピンセットを使って、交換用Force Touchガスケットの底から青い保護ライナーを慎重に取り除き、下の粘着面を露出させます。

    • コネクタのピンを手前に配置してください。ライナーを間違った側から取り外してしまいます。

  14. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 16、 3の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 16、 3の画像 2 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 16、 3の画像 3
    • 剥き出しの接着面を下側に向けて、Force Touchガスケットをディスプレイ(接続されている場合)に通し、ケース内の所定の位置に合わせます。

    • ディスプレイを少し前方に傾けて、Force Touchのガスケットをフレーム内に位置合わせをします。

    • コネクタがソケットと一列に並んでいるか確認します。

    • 開口ツールの先端を使って、新しいForce TouchガスケットをWatchの外周全体に押し込みます。

  15. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 17、 2の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 17、 2の画像 2
    • バッテリーを再接続する前に、ディスプレイが接続されていることを確認してください。

    • Force Touchガスケットとバッテリーフレックスケーブルを、カチッと音がするまでコネクタをまっすぐ下に押して、再接続します。

  16. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 18、 2の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 18、 2の画像 2
    • ピンセットを使って、オリジナルの位置にバッテリ^コネクタを覆うメタルプレートを戻します。

    • Y000トライポイントネジをインストールします。

    • この時点で、ディスプレイを密封する前に全ての機能が正常に動くか点検をすることをお勧めします。

  17. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 19、 3の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 19、 3の画像 2 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 19、 3の画像 3
    • ピンセットを使って、Force Touchガスケットの上にある青い保護ライナーを慎重に取り除き、最後の接着面を露出させます。

  18. Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 20、 3の画像 1 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 20、 3の画像 2 Apple Watch Series 3 Force Touch ガスケットの交換: 手順 20、 3の画像 3
    • スクリーンの位置を合わせて、接着剤にしっかりと押し付けます。

    • iOpener、ヒートガン、ドライヤーなどで熱を加えて接着剤を定着させると、より効果的です。

    • その後、輪ゴムで数回巻いたり、重い本などの下に置いたりして、数時間圧力をかけてください。

    • 最後の点検として、Watchの電源を入れて、Force Touchが正しく動いているか確認してください。スクリーンを強く押すと時計が振動し、押したことがディスプレイに表示されるはずです。

終わりに

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理がうまくいきませんか?ベーシックなトラブルシューティングを試して見るか、このモデルのアンサーフォーラムを参照してください。

56 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Dominik Schnabelrauch

メンバー登録日: 2016年11月23日

159,218 ポイント

649のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

141 メンバー

15,848のガイドは作成済み

14 件のコメント

very detailed teardown. however seems like the force touch sensor is a bit different on the LTE version.

The LTE parts actually looks similar to the Series 2 ones. Does anyone know if S2 and S3 force touch sensor is compatible to each other?

George - 返信

After replacing the screen and the force touch sensor everything except the force touch works.

I have tested 4 force touch sensor flex…what can it be?

chrkraemer - 返信

Hello I’ve got the same problem. Have you resolved it ?

Perhaps it’s necessary to reinstall watchOS ?

In my case applewatch is locked, to many error code access. And I don’t have iphone brother with me….so I can’t reset applewatch.

Frederic Berger - 返信

Reinstalling watchOS is impossible. Only Apple can do it…

my only problem is still the non-working force touch.

chrkraemer -

Same problem, replaced battery while broke the force touch gasket. After replaced a new gasket, the force touch still not working.

Patrick -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 19

過去 7 日: 146

過去 30 日: 859

今までの合計 38,381