メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

注意:あなたはさきほど閲覧しているガイドの前提となるページを編集しています。あなたが行った変更は、この手順を含むガイド全体に影響を与えます。

英語
日本語

手順 28を翻訳中

手順28
Once all of the adhesive has been separated, open the front glass like a page in a book and rest it on your workspace. During reassembly, clean the remains of the adhesive from the case (and the front glass if you are re-using it) with isopropyl alcohol, and replace the adhesive using our display adhesive application guide and pre-cut adhesive strips.
  • Once all of the adhesive has been separated, open the front glass like a page in a book and rest it on your workspace.

  • During reassembly, clean the remains of the adhesive from the case (and the front glass if you are re-using it) with isopropyl alcohol, and replace the adhesive using our display adhesive application guide and pre-cut adhesive strips.

  • It's easy to pinch a flex cable between the front glass and the iPad's frame during reassembly. Be mindful of the flex cables and make sure they gently fold and tuck under the frame. If the folds in a flex cable are pressed completely flat, it may be damaged beyond repair.

全ての接着剤が外れたら、本を開く状態のようにフロントガラスを開いて作業台上で休めましょう。

再装着の間は、ケースに残っている接着剤の残りをガラスクリーナなどイソプロピルアルコールで綺麗に拭き取ってください。(そしてフロントガラスを再利用する際はこれも綺麗に拭き取ります)プレカットされた接着ストリップディスプレイ用接着剤の装着方法を参照して、接着剤を交換します。

再組み立て時に、フロントガラスとiPadのフレームの間にフレックスケーブルを挟み込むのは簡単です。 フレックスケーブルに注意し、ゆっくりと折りたたんでフレームの下に押し込みます。 フレックスケーブルの折り目が平らになる程度に押さえ込まれると、修理が不可能になる程度、損傷してしまう可能性があります。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります