Skip to main content
英語
日本語

放熱グリスの塗布方法

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      放熱グリスはプロセッサーからヒートシンクへ熱を伝える役割をしています。放熱グリスを塗付しないでコンピューターを再組み立てすると、プロセッサーがオーバーヒートしてしまい、永久的なダメージにつながります。

      手順2

      スパッジャーの平面側先端を使って、ヒートシンクのカッパーコアから凝固した放熱グリスを出来るだけ取り除いてください。

      手順3

      凝固した放熱グリスを取り除いた後でも、コッパーコア上に残余が残っています。

      手順4

      コヒーフィルターかリントフリーの布に使って、ArctiCleanサーマル素材のリムーバーを一滴落として、ヒートシンク上のサーマルコンタクト表面に塗付してください。

      手順5

      プラスチック製スパッジャーの平面側先端を使って、プロセッサー表面の凝固した放熱グリスを完全に取り除きます。

      手順6

      再度、コーヒーフィルターやリントフリーの布を使って、ArctiCleanサーマル素材リムーバーを1滴垂らして、プロセッサー表面上の放熱グリスを完全に取り除きます。

      手順7

      新しく放熱グリスを塗布するには、特定のプロセッサータイプ別に推奨される塗布方法に従ってくださいー垂直方向か、水平方向に塗布か、中央に点を描くように塗るのか、表面に塗るのかという違いです。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります