メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

Apple Watchのバッテリーの交換

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1 — Apple Watchの電源を切る

      作業の前にApple Watchの電源を切り、充電器から取り外してください。

      手順2 — 加熱する

      iOpenerを準備(またはヘアドライヤーかヒートガン)し、触れなくなるくらいの温度まで加熱します。

      手順3 — 作業前の注意点

      スクリーンとデバイス本体の間の隙間はとても薄いため、これらを乖離させるためには先端がシャープな刃が必要です。次の注意点をよく読んでから作業に移ってください。

      手順4 — スクリーンのこじ開け

      先がカーブしている刃を使うとケースに傷がつきにくく、ガラスにひびが入ってしまうリスクを軽減できます。刃のカーブしている部分のみを使ってこじ開けます。刃の先端や平らな面は使わないでください。

      手順5

      隙間が十分に開いたら、ガラスの下に開封ピックの先端を滑り込ませます。

      手順6

      開封ピックを動かしながら、デバイス横のボタン側までスライドしていきます。移動しながら、隙間を広げて、接着剤を剥がすように丁寧に押し込みながら作業を進めてください。

      手順7

      開封ピックを右側端上部まで動かしたら、次はスクリーンの上部端に移ります。

      手順8

      スクリーン上部の左側まで開封ピックを動かしていき、次は残りの接着剤を剥がすため左側まで回していきます。

      手順9

      最初に使用した開封ピックをデバイスの左側に残したまま、次の開封ピックを使って、もう一度スクリーン全体の接着剤が完全に剥がれているか確認します。

      手順10

      スクリーン上部端の左側付近に、スクリーンとウォッチ内部に接続している2本のケーブルがあります。こじ開けていく際にはこのケーブルにダメージを与えないようにご注意ください。

      手順11

      ディスプレイ接着剤の間にForce Touch センサーの表面が確認できたら、それはセンサーが2つに分離してしまったことを意味しています。交換するための修理が必要です。

      手順12

      スクリーンを押し上げて、ディスプレイデーターとデジタイザーケーブルに気をつけながら、左側に移します。

      手順13

      ウォッチを少なくとも1㎝の高さの上に置いて下さいー小さな箱や本の端を利用すると便利です。これは、スクリーンを垂直に固定して、バッテリーにアクセスしやすくするためです。

      手順14

      ハサミを使って、バッテリーの幅に合うように開口ピックを切ってください。鋭利な角を残さないように丸みを持たせてください。

      手順15

      バッテリーを逆時計回りで回転させると、コネクターが確認できます。

      手順16

      バッテリーを作業の邪魔にならない位置で掴み固定して、バッテリーケーブルコネクターを確認します。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります