メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

注意:あなたは必要条件ガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含む全ての8個のガイドに反映されます。

英語
日本語

手順 4を翻訳中

手順4
Remove the front panel assembly. If the home button ribbon cable sticks to the iPad's rear case, don't try to force it. Gently peel it off the case using a pair of tweezers, and then you can fully remove the front panel assembly.
  • Remove the front panel assembly.

  • If the home button ribbon cable sticks to the iPad's rear case, don't try to force it. Gently peel it off the case using a pair of tweezers, and then you can fully remove the front panel assembly.

  • If you experience "ghost" or "phantom" touch input issues with your new display, this can be resolved by adding a layer of very thin insulating tape, such as Kapton (polyimide) tape, to the highlighted areas on the back of the panel. iFixit panels come with the proper insulation, and should not require the addition of any tape.

  • Without the proper insulation, these areas of the digitizer can ground out against other components, causing touch input malfunction.

  • The insulation is not visible to the naked eye, and is different from the foam dust barrier strips found on many iPads.

フロントパネルアセンブリを取り外します。

ホームボタンのリボンケーブルがiPadの背面ケースにまだ付いている場合は、力づくて外さないでください。ピンセットを使って、ケースから丁寧にケーブルを剥がしていきます。それからフロントパネルアセンブリを完全に取り出します。

新しいディスプレイで”ゴースト”または”ファントム”のタッチ入力の問題が発生した場合、Kapton(ポリイミド)テープなどの非常に薄い絶縁テープの層をパネル背面のハイライトされたエリア(画像2参照)に装着してください。 iFixitで取り扱っているパネルには適切な断熱材が使用されているため、テープを追加する必要はありません。

適切な絶縁を付けないと、デジタイザのこれらのエリアが他のコンポーネントに対して接地してしまい、タッチ入力の誤動作を引き起こす可能性があります。

断熱材は肉眼では見えませんが、多くのiPadに見られるフォーム製防塵ストリップとは異なります。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります