メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

開口方法

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1 — ディスプレイを開口します。

      修理を始める前に、デバイスをチャージャーから外して、電源を切ります。

      手順2 — 安全要件

      スクリーンとWatch本体の間の隙間は非常に狭いため、鋭利なブレードを使ってこの二つを乖離させなければなりません。作業を始める前に、次の注意書きをよく読んでください。

      手順3

      iOpenerを準備して(もしくはヘアドライヤーやヒートガン)Watchのディスプレイに留められた接着剤を柔らかくするため、ディスプレイ表面にのせて温めます。

      手順4

      ディスプレイと外ケースの間の薄い隙間にカーブしたブレードの先端を載せます。 デジタルクラウンに最も近いディスプレイの短辺側から始めます。

      手順5

      カーブしたブレードで小さな隙間が開いたら、ブレードを取り外して開口ツールの先端を隙間に差し込みます。

      手順6

      Force Touchタッチセンサーは、Watch本体ではなく、ディスプレイフレームに装着しているものがあります。 この場合、ディスプレイの下に開口ピックを挿入し、Force Touchガスケットをディスプレイから慎重に離してください。

      手順7

      ディスプレイケーブルを引っ張らないようにするには、ディスプレイを完全に開かないことです。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります