メインコンテンツにスキップ

注意:あなたは必要条件ガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含む全ての5個のガイドに反映されます。

英語
日本語

手順 6を翻訳中

手順6
It's likely that the Force Touch sensor will stick to the display frame instead to the watch's body. In this case, insert an opening pick under the display and carefully separate the Force Touch gasket from the display. To preserve the Force Touch gasket, pry carefully under the edge of the display. If the Force Touch gasket splits when lifting the display, or if you separate the gasket layers, you'll also need to replace the Force Touch gasket itself. Slide the pick around the display to separate the adhesive between the Force Touch gasket and the display.
  • It's likely that the Force Touch sensor will stick to the display frame instead to the watch's body. In this case, insert an opening pick under the display and carefully separate the Force Touch gasket from the display.

  • To preserve the Force Touch gasket, pry carefully under the edge of the display. If the Force Touch gasket splits when lifting the display, or if you separate the gasket layers, you'll also need to replace the Force Touch gasket itself.

  • Slide the pick around the display to separate the adhesive between the Force Touch gasket and the display.

  • Don't insert the opening pick deeper than 1/16th of an inch (~2 mm) to avoid damaging other components.

Force Touchタッチセンサーは、Watch本体ではなく、ディスプレイフレームに装着しているものがあります。 この場合、ディスプレイの下に開口ピックを挿入し、Force Touchガスケットをディスプレイから慎重に離してください。

Force Touchガスケットを再利用するには、ディスプレイ端の下を慎重にこじ開けます。 ディスプレイを持ち上げた際に、Force Touchガスケットが剥がれてしまう場合や、ガスケットのレイヤーが外れる場合は、Force Touchガスケット自体を交換しなければなりません。

Force Touchガスケットとディスプレイ間の接着剤を剥がすため、ディスプレイ周辺に開口ピックをスライドします。

コンポーネントにダメージを与えないように、開口ピックを2 mm以上差し込まないでください。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります