メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

Microsoft Surface Goの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    いつものように、分解は簡単なスペックの調査から始まります。

    手順2

    Proと比べると、Goはスムースな曲線で角もより丸くなっていて、iPadっぽい見た目になっています。

    手順3

    分解の方法は一つではありません。我々のやり方は時間がかかるので、Creative Electronの友人がX線の分解図をくれました。

    手順4

    Surfaceの開口作業を5年もやっていれば、もう手順は分かっています。

    手順5

    ディスプレイを取り出す最後の砦はーディスプレイのZIFコネクタを保護するEMIシールドです。

    手順6

    びっくり仰天することは、Surface Goのバッテリーのコネクタがすぐに外せることです!マザーボードを完全に取り出す必要もなく外せるので、修理難易度は大きな期待が持てます。

    手順7

    次にWi-Fiアンテナに注目してみましょう。ディスプレイを手当たり次第分離させて取り出した後ではWi-Fiアンテナは破壊されているはずです。

    手順8

    分解の手をマザーボードに移した時点で、Surfaceの水面下での作業は困難を極めるものでした。

    手順9

    ついに、チップの宝箱を手に入れました。

    手順10

    フロント側にはまだチップが残っています。

    手順11

    こんなに沢山のシリコンが並べられているにも関わらず、Goにはファンやヒートパイプが搭載されていません。薄いコッパーシルドと幾つか付けられたサーマルペーストが、このPCのようなものに備えられたヒートシンクの役割を担っています。(そしてこれも冷凍庫の中で使用ができるようです)

    手順12

    Surfaceの水面下に隠れていたパーツ一覧です。この分解にお付き合いいただき、ありがとうございます!

    手順13 — 分解を終えて

    Microsoft Surface Goのリペアビリティは10点満点中1点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります