メインコンテンツにスキップ

はじめに

'''これは古いバージョンのiPhone4ディスプレイアセンブリの交換手順です。ここをクリックして 最新のバージョンをご覧ください。

ビデオの概要

  1. 作業を始める前に、iPhoneバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはもしアクシデントで穴が開いてしまった場合、出火の原因となったり爆発する恐れがあります。 解体を始める前にiPhoneの電源を切ってください。
    • 作業を始める前に、iPhoneバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはもしアクシデントで穴が開いてしまった場合、出火の原因となったり爆発する恐れがあります。

    • 解体を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • お持ちの iPhone 4のリアカバーは#000プラスネジ2本かAppleの星形ペンタローブネジ(2番目の画像)いずれかにより留められています。どちらのネジが使用されているか確認し、ネジを外すために必要なスクリュードライバーを準備してください。

    • ドックコネクター両側の3.6 mmのペンタローブか#000プラスネジを外します。

    • ペンタローブネジを取り出す際は、ドライバーがネジ頭にしっかりと固定されているか確認してください。大変滑りやすいためです。

  2. iPhoneの先端に向かって背面パネルを押し上げます。 パネルが約2㎜動きます。
    • iPhoneの先端に向かって背面パネルを押し上げます。

    • パネルが約2㎜動きます。

  3. 指で背面パネルを掴み、iPhoneから取り外します。同時に小サイズの吸盤カップをご使用ください。
    • 指で背面パネルを掴み、iPhoneから取り外します。同時に小サイズの吸盤カップをご使用ください。

    • 背面パネルに留められているプラスチック製クリップにダメージを与えないようご注意ください。

    • 新しい背面パネルを再装着する際は、カメラレンズの内部からプラスチックの保護ステッカーを、レンズ付近の大きなブラックエリアからステッカーを外すのを忘れないでください。

  4. ロジックボードに留められたバッテリーコネクターから2.5 mmプラスネジを1本外します。
    • ロジックボードに留められたバッテリーコネクターから2.5 mmプラスネジを1本外します。

    • あるデバイスによっては、このプラスネジが2本ある場合があります。1本は画像で赤色にマークされたネジのちょうど上にあるコンタクトパッドに留められています。

  5. プラスチック製の開口ツールを使って、丁寧にバッテリーコネクターをロジックボードのソケットから接続を外します。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、丁寧にバッテリーコネクターをロジックボードのソケットから接続を外します。

    • コネクターブラケットの上部と下から押し上げます。このコネクターには突き出た部分があまりないため、ダメージを与えてしまうことがあります。

    • バッテリーコネクターを持ち上げる際はロジックボードのソケットに接触しないように丁寧に作業を進めてください。もしロジックボード上のソケットに当たってしまうと、デバイス全体にダメージが入ることがあります。

    • アンテナコネクターをカバーしているメタルクリップを取り出します。

  6. 透明のプラスチック製プルタブを使って丁寧にiPhoneからバッテリーを引っ張ります。 バッテリーを取り出す前にプルタブが裂けてしまった場合は、丁寧にスパッジャーをバッテリータブの下に差し込んで接着剤を剥がしてください。他の場所から差し込むとダメージを与えてしまいます。 交換するバッテリーがプラスチック製スリーブに入っている場合、取り付ける前にリボンケーブルから引き抜いて外します。
    • 透明のプラスチック製プルタブを使って丁寧にiPhoneからバッテリーを引っ張ります。

    • バッテリーを取り出す前にプルタブが裂けてしまった場合は、丁寧にスパッジャーをバッテリータブの下に差し込んで接着剤を剥がしてください。他の場所から差し込むとダメージを与えてしまいます。

    • 交換するバッテリーがプラスチック製スリーブに入っている場合、取り付ける前にリボンケーブルから引き抜いて外します。

    • バッテリーコネクターを再接続する前に、コンタクトクリップ(赤でマークされています)がバッテリーコネクターの隣の正しい位置に装着されているか確認してください。

    • 再組み立ての前に、メタル接合ポイントをwindex(窓拭き用クリーナー)などで綺麗に拭き取ってください。油脂がワイヤレス通信の妨害となることがあります。

    • 再組み立ての後はハードリセットを行ってください。これはトラブルシューティングを簡単にして、幾つかの問題を防いでくれます。

  7. SIMカードの取り出しツールか紙クリップを使って、SIMカードとそのホルダーを押し出します。 この作業にはかなりの力が必要になります。
    • SIMカードの取り出しツールか紙クリップを使って、SIMカードとそのホルダーを押し出します。

    • この作業にはかなりの力が必要になります。

    • SIMカードとホルダーを取り出します。

  8. 次のネジを2本外します。 1.2 mmプラスネジー1本
    • 次のネジを2本外します。

    • 1.2 mmプラスネジー1本

    • 1.6 mm プラスネジー1本

    • 薄いスティール製のドックコネクターケーブルカバーをiPhoneから外します。

    • 再組み立ての前に、ドックコネクターケーブルカバー上のすべてのメタルの接合部分をガラス用クリーナーで拭き取ってください。油脂が通信障害の原因となることがあります。

  9. iPadの開口ツールを使って短い方のドックケーブルコネクターの両側から、ドックケーブルコネクターをロジックボードより持ち上げます。 iPadの開口ツールを使って短い方のドックケーブルコネクターの両側から、ドックケーブルコネクターをロジックボードより持ち上げます。
    • iPadの開口ツールを使って短い方のドックケーブルコネクターの両側から、ドックケーブルコネクターをロジックボードより持ち上げます。

  10. 丁寧にロジックボードと下側の内蔵スピーカーよりドックリボンケーブルを剥がします。 ドックリボンケーブルをロジックボードより剥がす際は、力を入れ過ぎないようにご注意ください。
    • 丁寧にロジックボードと下側の内蔵スピーカーよりドックリボンケーブルを剥がします。

    • ドックリボンケーブルをロジックボードより剥がす際は、力を入れ過ぎないようにご注意ください。

  11. プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボード上のソケットからアンテナコネクター下側を引き上げます。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボード上のソケットからアンテナコネクター下側を引き上げます。

  12. 内側ケースに留められたロジックボードの下部から1.9 mmプラスネジを1本外します。
    • 内側ケースに留められたロジックボードの下部から1.9 mmプラスネジを1本外します。

  13. ロジックボードに留められたWi-Fi アンテナから次の5本のネジを外します。
    • ロジックボードに留められたWi-Fi アンテナから次の5本のネジを外します。

    • 2.3 mmプラスネジー1本

    • 1.6 mmプラスネジー2本

    • 1.4 mmプラスネジー1本

    • 4.8 mmプラスネジー1本

    • 再組み立てを始める際は、まず初めに4.8 mmのプラスネジから留めていき、次に2.3 mmのネジを止めます。これはネジの取付けの間違いを防ぎ、LCDとデジタイザーにダメージを与えないようにするためです。

    • 再組み立ての際は、4.8 mm プラスネジを正しく取付けたか確認してください。これはWi-Fiアンテナの基礎となるネジで、再組み立ての後、Wi-Fi接続が弱くなる場合の原因となることが多いです。

  14. iPodの開口ツールをロジックボードからWi-Fiアンテナの上部端を持ち上げ、少しだけ上に離します。 スパッジャーの先端を使って、Wi-Fi固定プリップを内部フレームから持ち上げます。 Wi-FiアンテナをiPhoneから取り出します。4.8mmネジが留められたカバー上部にあるメタルクリップか4.8mmネジを紛失しないようご注意ください。再組み立ての後、Wi-Fi機能に障害が発生する最大の要因です。
    • iPodの開口ツールをロジックボードからWi-Fiアンテナの上部端を持ち上げ、少しだけ上に離します。

    • スパッジャーの先端を使って、Wi-Fi固定プリップを内部フレームから持ち上げます。

    • Wi-FiアンテナをiPhoneから取り出します。4.8mmネジが留められたカバー上部にあるメタルクリップか4.8mmネジを紛失しないようご注意ください。再組み立ての後、Wi-Fi機能に障害が発生する最大の要因です。

    • 再組み立ての前に、コネクターカバー上のすべてのメタル接合ポイントをガラス用クリーナーなどを使って綺麗に拭いてください。油脂はワイヤレス障害の原因となることがあります。コネクター自体をクリーナーで拭かないでください

  15. iPod用開口ツールを使って、丁寧に背面カメラコネクターをロジックボード上のソケットから持ち上げます。 背面カメラを取り出します。
    • iPod用開口ツールを使って、丁寧に背面カメラコネクターをロジックボード上のソケットから持ち上げます。

    • 背面カメラを取り出します。

  16. バッテリーのプルタブ付近のネジをカバーしている小サイズの丸い白色ステッカーを剥がします。(これは保証対象ステッカーかつ液体インジケーターです) このステッカーの下に隠れていた2.4 mmプラスネジを外します。
    • バッテリーのプルタブ付近のネジをカバーしている小サイズの丸い白色ステッカーを剥がします。(これは保証対象ステッカーかつ液体インジケーターです)

    • このステッカーの下に隠れていた2.4 mmプラスネジを外します。

  17. プラスチック製開口ツールの先端を使って、ロジックボード上のソケットから次のコネクターの接続を丁寧に外します。
    • プラスチック製開口ツールの先端を使って、ロジックボード上のソケットから次のコネクターの接続を丁寧に外します。

    • デジタイザーケーブル(底から引き上げます)

    • LCDケーブル(底から引き上げます)

    • ヘッドホンジャック/音量ボタンケーブル(上からこじ開けます)

    • マイク上部/スリープボタンケーブル(上からこじ開けます)

    • 正面カメラケーブル(上部からこじ開けます)

  18. 小サイズのマイナスドライバーを使ってヘッドフォーンジャック付近の4.8 mmスタンドオフネジを外します。
    • 小サイズのマイナスドライバーを使ってヘッドフォーンジャック付近の4.8 mmスタンドオフネジを外します。

    • デバイスを再組み立てする際は、このスタンドオフネジは手順13で外したWiFiシールドと同じ高さに取り付けます。

    • マザーボードを再組み立てする際は、丸い形のスタンドオフネジの下にこの端が装着されているか確認してください。そうでない場合は、ネジが合致しません。

    • 再組み立ての際は、マザーボードの上部に付けられた小さいゴム製のスペーサーがきちんと装着されているか確認してください。

    • このパーツがなければ、マザーボードが周辺のリボンケーブルにダメージを与えてしまいます。

  19. ケーブルが絡まないように気をつけながら本体から丁寧にロジックボードを取り出します。
    • ケーブルが絡まないように気をつけながら本体から丁寧にロジックボードを取り出します。

    • 小さなゴールドの先端(赤色のマーク、本体上部付近)にダメージを与えないようご注意ください。とても壊れやすいです。

    • 再組み立ての際は、ロジックボードの底にアンテナケーブルを絡めないようご注意ください。

  20. 内部フレームの内側に留められたスピーカーエンクロージャーから2.4 mmのプラスネジを1本、外します。
    • 内部フレームの内側に留められたスピーカーエンクロージャーから2.4 mmのプラスネジを1本、外します。

  21. iPhoneからスピーカーエンクロージャーを取り出します。 スピーカーエンクロージャーを内部フレームに再装着する前に、LCDフレーム縁の下にある4つの小サイズのEMIフィンガーレストを確認してください。
    • iPhoneからスピーカーエンクロージャーを取り出します。

    • スピーカーエンクロージャーを内部フレームに再装着する前に、LCDフレーム縁の下にある4つの小サイズのEMIフィンガーレストを確認してください。

    • 再組み立ての前に、EMIフィンガーや内部フレームの間、真鍮ネジの締め具位置などメタルパーツの接合ポイントをガラスクリーナーのような脱脂剤で拭き取ってください。油脂は電波障害の問題を起こす潜在的な原因となります。

  22. 内部フレームに留められたバイブレーターから次のネジを2本外します。 6 mmプラスネジー1本
    • 内部フレームに留められたバイブレーターから次のネジを2本外します。

    • 6 mmプラスネジー1本

    • 1.4 mmプラスネジー1本

    • iPhoneからバイブレーターを取り出します。

  23. ヘッドホンジャッック付近のフロントパネルに留められた1.5 mmのプラスネジを外します。
    • ヘッドホンジャッック付近のフロントパネルに留められた1.5 mmのプラスネジを外します。

  24. iPhoneの音量ボタン側に留められた1.5 mm プラスネジを3本外します。
    • iPhoneの音量ボタン側に留められた1.5 mm プラスネジを3本外します。

    • すべてのネジの下に付けられている座金を紛失しないようにしましょう。

    • アドバイス:少し巧妙な方法ですが、この1.5 mm プラスネジと座金を完全に外さなくても、わずかにネジを緩めるだけでも構いません。

  25. マイク下部付近にある1.5 mm プラスネジを外します。
    • マイク下部付近にある1.5 mm プラスネジを外します。

  26. ドックコネクターのリボンケーブル付近にある1.5 mmプラスネジを外します。
    • ドックコネクターのリボンケーブル付近にある1.5 mmプラスネジを外します。

  27. iPhoneのSIMカード側に留められた1.5 mm のプラスネジを3本外します。
    • iPhoneのSIMカード側に留められた1.5 mm のプラスネジを3本外します。

    • それぞれのネジに付けられている座金を保管してください。

    • アドバイス:少し巧妙な方法ですが、この1.5 mm プラスネジと座金を完全に外さなくても、わずかにネジを緩めるだけでも構いません。

    • (前に取り出した)背面カメラ付近にある小頭の1.5 mmプラスネジを1本外します。

  28. 開口ツールをフロントガラスパネル周辺のゴム製ベゼルとスチール製の内部フレームとの間に丁寧に差し込みます。 ツールをガラスとゴム製のベゼルの間に差し込まないでください。
    • 開口ツールをフロントガラスパネル周辺のゴム製ベゼルとスチール製の内部フレームとの間に丁寧に差し込みます。

    • ツールをガラスとゴム製のベゼルの間に差し込まないでください。

    • フロントガラスのアセンブリの上部端をスチール製の内部フレームからゆっくりと持ち上げます。

  29. ゆっくりと丁寧にスチール製内側フレームからフロントパネルアセンブリの上部端を離しながら持ち上げます。 続けて、フロントパネルアセンブリをスチール製内側フレームより下部の方に力を移動して開いていきます。ホームボタン付近の底に付けられた接着剤が剥がれてくるまで開いてください。
    • ゆっくりと丁寧にスチール製内側フレームからフロントパネルアセンブリの上部端を離しながら持ち上げます。

    • 続けて、フロントパネルアセンブリをスチール製内側フレームより下部の方に力を移動して開いていきます。ホームボタン付近の底に付けられた接着剤が剥がれてくるまで開いてください。

    • 上部にスパッジャーを挿入して周辺をスライドさせながら開いていく方法が最も簡単かもしれません。

    • 丁寧にフロントパネルアセンブリの下部端をスチール製の内側フレームから引き離します。

    • ホームボタンがフロントパネルに付着している場合、ホームボタンケーブルを裂いてしまうことがありますのでご注意ください。

    • フロントガラスを完全にフレームから返さないでください。デジタイザーケーブルを破損してしまうことがあります。

    • ここに翻訳を挿入する

  30. デジタイザーとLCDケーブルをスチール製の内部フレームから巻き戻して、iPhoneからディスプレイを外します。 ディスプレイを再装着する際は、デジタイザーとLCDデータケーブルを丁寧にまっすぐ伸ばします。これらをスチールフレームのスロットカットに通していきます。この画像は、デジタイザーケーブルが折られた状態で装着されているためディスプレイアセンブリが正しく取り付けられていないサンプルです。 フロントパネルが正しく装着できたら、LCDとデジタイザーケーブルが並んで装着されています。2番目の画像にあるように2つのパーツは同じ長さです。
    • デジタイザーとLCDケーブルをスチール製の内部フレームから巻き戻して、iPhoneからディスプレイを外します。

    • ディスプレイを再装着する際は、デジタイザーとLCDデータケーブルを丁寧にまっすぐ伸ばします。これらをスチールフレームのスロットカットに通していきます。この画像は、デジタイザーケーブルが折られた状態で装着されているためディスプレイアセンブリが正しく取り付けられていないサンプルです。

    • フロントパネルが正しく装着できたら、LCDとデジタイザーケーブルが並んで装着されています。2番目の画像にあるように2つのパーツは同じ長さです。

    • デジタイザーケーブルが正しく装着されていない場合は、ロジックボード上のソケットに届きません。裂けてしまう恐れがあるため、ケーブルを引っ張らないでください。ディスプレイアセンブリを取り出してケーブルをまっすぐ伸ばし、それから画像にあるようにケーブル全体を取り付けていきます。

    • 再組み立ての際は、LCDデータケーブルの底にあるメタル部分を触らないようにご注意ください。LCDの問題の原因となります。アクシデントで触ってしまった場合は、作業を続ける前に、アルコールが付いたワイプで丁寧に拭き取ってください。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

951 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

92%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

606,350 ポイント

1,203のガイドは作成済み

To replace broken glass you must purchase the glass/digitizer/lCD/frame together because the glass is sealed to the LCD. Do not fall for the cheap glass and digitizer replacements with no LCD.

Brad Taylor - 返信

how do i get the frame to stick to the digitiser., should i use crazy glue or what type of adjesive

Adrian - 返信

You do not need an adhesive. The combination of the existing adhesive (double sided 3M tape), and the screws that lock it in place are more than enough.

gemcosta -

Just wanted to say thanks! Took me 3 hours but instructions were flawless I now have a white iPhone 4 and could not have done it without your help.

Dave - 返信

I was able to replace the LCD panel and digitizer as separate units, but they were separate to start with. That being said, it's definitely more challenging. it's pretty easy to get the two attached to each other, just takes 2 drops (1/10th of one ml) of clear oil. i used a 1/2cc syringe to spread a thin line down the center. came out absolutely perfect. without the oil it's horrible. No contrast and just moiré galore.

The added difficulty comes from getting the two parts to behave while assembling, since they aren't glued, they slip and slide around, and air can get in on the edges and no more dark black.

i tried first with water; terrible results, it interfered with the capacitive touch; ouch. So, i got some practice today re-assembling the phone. the guide was priceless—this is one of the most complex teardowns of ever. i used 12 compartments of an 18-comartment bin.

awr - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 6

過去 30 日: 54

今までの合計 2,147,552