メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを参照して、着信があったときに振動で通知してくれる振動モーターを交換しましょう。

  1. 作業を始める前に、iPhoneバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはもしアクシデントで穴が開いてしまった場合、出火の原因となったり爆発する恐れがあります。 解体を始める前にiPhoneの電源を切ってください。
    • 作業を始める前に、iPhoneバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはもしアクシデントで穴が開いてしまった場合、出火の原因となったり爆発する恐れがあります。

    • 解体を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • お持ちの iPhone 4のリアカバーは#000プラスネジ2本かAppleの星形ペンタローブネジ(2番目の画像)いずれかにより留められています。どちらのネジが使用されているか確認し、ネジを外すために必要なスクリュードライバーを準備してください。

    • ドックコネクター両側の3.6 mmのペンタローブか#000プラスネジを外します。

    • ペンタローブネジを取り出す際は、ドライバーがネジ頭にしっかりと固定されているか確認してください。大変滑りやすいためです。

    • 再組み立ての際は、星型ペンタローブネジを同じサイズのプラスネジに交換することをお勧めします。iFixitオリジナルの解放キットはペンタローブをプラスネジに交換するために必要な工具とネジが含まれています。

  2. iPhoneの先端に向かって背面パネルを押し上げます。 パネルが約2㎜動きます。
    • iPhoneの先端に向かって背面パネルを押し上げます。

    • パネルが約2㎜動きます。

  3. 指で背面パネルを掴み、iPhoneから取り外します。同時に小サイズの吸盤カップをご使用ください。
    • 指で背面パネルを掴み、iPhoneから取り外します。同時に小サイズの吸盤カップをご使用ください。

    • 背面パネルに留められているプラスチック製クリップにダメージを与えないようご注意ください。

    • 新しい背面パネルを再装着する際は、カメラレンズの内部からプラスチックの保護ステッカーを、レンズ付近の大きなブラックエリアからステッカーを外すのを忘れないでください。

  4. MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now

    MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now
  5. ロジックボードに留められたバッテリーコネクターから2.5 mmプラスネジを1本外します。
    • ロジックボードに留められたバッテリーコネクターから2.5 mmプラスネジを1本外します。

    • あるデバイスによっては、このプラスネジが2本ある場合があります。1本は画像で赤色にマークされたネジのちょうど上にあるコンタクトパッドに留められています。

  6. プラスチック製の開口ツールを使って、丁寧にバッテリーコネクターをロジックボードのソケットから接続を外します。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、丁寧にバッテリーコネクターをロジックボードのソケットから接続を外します。

    • コネクターブラケットの上部と下から押し上げます。このコネクターには突き出た部分があまりないため、ダメージを与えてしまうことがあります。

    • バッテリーコネクターを持ち上げる際はロジックボードのソケットに接触しないように丁寧に作業を進めてください。もしロジックボード上のソケットに当たってしまうと、デバイス全体にダメージが入ることがあります。

    • アンテナコネクターをカバーしているメタルクリップを取り出します。

  7. 透明のプラスチック製プルタブを使って丁寧にiPhoneからバッテリーを引っ張ります。 バッテリーを取り出す前にプルタブが裂けてしまった場合は、丁寧にスパッジャーをバッテリータブの下に差し込んで接着剤を剥がしてください。他の場所から差し込むとダメージを与えてしまいます。 交換するバッテリーがプラスチック製スリーブに入っている場合、取り付ける前にリボンケーブルから引き抜いて外します。
    • 透明のプラスチック製プルタブを使って丁寧にiPhoneからバッテリーを引っ張ります。

    • バッテリーを取り出す前にプルタブが裂けてしまった場合は、丁寧にスパッジャーをバッテリータブの下に差し込んで接着剤を剥がしてください。他の場所から差し込むとダメージを与えてしまいます。

    • 交換するバッテリーがプラスチック製スリーブに入っている場合、取り付ける前にリボンケーブルから引き抜いて外します。

    • バッテリーコネクターを再接続する前に、コンタクトクリップ(赤でマークされています)がバッテリーコネクターの隣の正しい位置に装着されているか確認してください。

    • 再組み立ての前に、メタル接合ポイントをwindex(窓拭き用クリーナー)などで綺麗に拭き取ってください。油脂がワイヤレス通信の妨害となることがあります。

    • 再組み立ての後はハードリセットを行ってください。これはトラブルシューティングを簡単にして、幾つかの問題を防いでくれます。

  8. バイブレーターをインナーフレームに固定している次の2本のネジを外します。
    • バイブレーターをインナーフレームに固定している次の2本のネジを外します。

    • 6mmプラスネジ 1本

    • 1.4mmプラスネジ 1本

  9. インナーケースからバイブレーターを取り外します。
    • インナーケースからバイブレーターを取り外します。

まとめ

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

128 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

railgunさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

添付文書

Walter Galan

598,196 ポイント

1,203のガイドは作成済み

I did it without removing the battery. It was no problem at all, but it might help cause you don't the issue with the connector.

marclaudi - 返信

yep me too... removing the battery isnt nessecary.

thx for this helpfull guide!! was a peace of cake

Frank -

I agree with marclaudi. you can go from page 1 to page 3 since the battery can stay in the phone and still be able to remove the motor

Andreas Nicolaou - 返信

Easy breezy!! Don't need to remove battery! Just turn the phone off first. Took about 5 mins.

Jason White - 返信

Very helpful! Replaced mine in under 5 min without removing the battery. Thanks!

aka - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 1

過去 7 日: 3

過去 30 日: 26

今までの合計 154,408