メインコンテンツにスキップ

Fix Your Stuff

Right to Repair

Parts & Tools

はじめに

このガイドを使って振動モーターとマイクロフォン、ラウドスピーカー、充電ポートを含むサイドボタンのフレックスケーブルを搭載したメインのフレックスケーブルアセンブリを取り外します。

Sony Xperia Z4を開口すると、デバイスに付けられた 耐水機能用シールにダメージを与えてしまいます。接着シールを交換しない場合、あなたのデバイスは通常通り機能しますが、耐水機能を失います

デバイスのデザインを配慮して、フレックスケーブルアセンブリにアクセスしやすくするには、リチウムイオンバッテリー を取り出すことをお勧めします。 変形したりダメージの入ったバッテリーを再利用しないでください。潜在的な危険性が潜んでいます

デバイスを再組み立てする前に、バッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリー は引火の原因となったり、アクシデントで穴を開けてしまうと爆発の恐れがあります。

デバイスを再組み立てする際は、交換用の接着剤を使って、コンポーネントを再装着してください。

  1. 作業を始める前に、デバイスの電源を切ります。
    • 作業を始める前に、デバイスの電源を切ります。

    • 温めたiOpenerを、バックカバーの下に留められた接着剤を柔らかくするために、デバイスの裏側に少なくとも2分間載せます。

  2. バックカバーの底部周辺に吸盤カップを固定します。端にできるだけ近い位置に装着します。 吸盤ハンドルでバックカバーを持ち上げて、カバーとフレームの間に小さな隙間を作ります。 開口ピックを隙間に差し込みます。
    • バックカバーの底部周辺に吸盤カップを固定します。端にできるだけ近い位置に装着します。

    • 吸盤ハンドルでバックカバーを持ち上げて、カバーとフレームの間に小さな隙間を作ります。

    • 開口ピックを隙間に差し込みます。

    • 作業がうまく進まない場合は、接着剤を柔らかくするために、再度iOpenerで温めてください。

    • 開口ピックを左下の角に向けてスライドします。

  3. 2枚目の開口ピックを差し込んで、右下の角に向けて接着剤を切開しながらスライドします。 接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックをその場所に残します。
    • 2枚目の開口ピックを差し込んで、右下の角に向けて接着剤を切開しながらスライドします。

    • 接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックをその場所に残します。

  4. 3枚目の開口ピックを左下の角に差し込みます。 次の幾つかの手順では、リアカメラ周辺の接着剤を切開します。開口ピックの先端だけを使ってください。レンズに傷を付けたり、カメラにダメージを与えないようご注意ください。 開口ピックの先端を左下の角からデバイスサイドに沿ってスライドし、接着剤を切開します。
    • 3枚目の開口ピックを左下の角に差し込みます。

    • 次の幾つかの手順では、リアカメラ周辺の接着剤を切開します。開口ピックの先端だけを使ってください。レンズに傷を付けたり、カメラにダメージを与えないようご注意ください。

    • 開口ピックの先端を左下の角からデバイスサイドに沿ってスライドし、接着剤を切開します。

    • 接着剤の再装着を防ぐため、開口ピックを左上の角に残します。

  5. 温めて柔らかくなった接着剤が冷却してくると、硬くなり切開作業が困難になります。iOpenerを使って、接着剤を再度温めてください。 4枚目の開口ピックを、バックカバーの左上の角に差し込みます。
    • 温めて柔らかくなった接着剤が冷却してくると、硬くなり切開作業が困難になります。iOpenerを使って、接着剤を再度温めてください。

    • 4枚目の開口ピックを、バックカバーの左上の角に差し込みます。

    • 開口ピックをデバイスの上部端に沿ってスライドし、接着剤を切開します。

    • 開口ピックを右上の角に残して、接着剤の再装着を防ぎます。

  6. 5枚目の開口ピックを右上の角に差し込みます。 開口ピックをデバイス右側に沿ってスライドし、接着剤を切開します。
    • 5枚目の開口ピックを右上の角に差し込みます。

    • 開口ピックをデバイス右側に沿ってスライドし、接着剤を切開します。

  7. バックカバーを持ち上げて、取り出します。 バックカバーをインストールした後、接着剤がしっかりと固定するように、数分間、一定の強い圧力を与えます。重厚な本を上に載せることもできます。
    • バックカバーを持ち上げて、取り出します。

    • バックカバーをインストールした後、接着剤がしっかりと固定するように、数分間、一定の強い圧力を与えます。重厚な本を上に載せることもできます。

  8. ピンセットを使って、マザーボードとバッテリーから接着ストリップを慎重に剥がして、これを取り出します。 ピンセットを使って、マザーボードとバッテリーから接着ストリップを慎重に剥がして、これを取り出します。 ピンセットを使って、マザーボードとバッテリーから接着ストリップを慎重に剥がして、これを取り出します。
    • ピンセットを使って、マザーボードとバッテリーから接着ストリップを慎重に剥がして、これを取り出します。

  9. ピンセットを使って、黒い接着ストリップをバッテリーコネクタから剥がして、作業の邪魔にならない位置に折りたたみます。 ピンセットを使って、黒い接着ストリップをバッテリーコネクタから剥がして、作業の邪魔にならない位置に折りたたみます。
    • ピンセットを使って、黒い接着ストリップをバッテリーコネクタから剥がして、作業の邪魔にならない位置に折りたたみます。

  10. スパッジャーを使って、バッテリーコネクタの接続を外します。 スパッジャーを使って、バッテリーコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーを使って、バッテリーコネクタの接続を外します。

  11. ピンセットを使って、バッテリーの上部右側の角からプルタブを取り出します。 接着ストリップをピンセットで摘んで先端を取り出します。 慎重かつ安定した動きで浅い角度でストリップを引っ張ります。接着ストリップが切断するのを防ぐ方法は、ピンセットの周辺にストリップを巻きつけます。
    • ピンセットを使って、バッテリーの上部右側の角からプルタブを取り出します。

    • 接着ストリップをピンセットで摘んで先端を取り出します。

    • 慎重かつ安定した動きで浅い角度でストリップを引っ張ります。接着ストリップが切断するのを防ぐ方法は、ピンセットの周辺にストリップを巻きつけます。

    • 接着ストリップのうち1本が裂けてしまった場合、バッテリーを完全に取り出すことができません。90%以上の高濃度イソプロピルアルコールと/もしくは、温めたiOpenerを使って接着剤を柔らかくします。接着剤が十分に柔らかくなったら、開口ピックやカードなどの様な、プラスチックのプライングツールを使って、慎重にバッテリーをこじ開けます。

  12. 前の手順を繰り返して、バッテリーのフレックスケーブルの隣にある接着ストリップを取り出します。 前の手順を繰り返して、バッテリーのフレックスケーブルの隣にある接着ストリップを取り出します。 前の手順を繰り返して、バッテリーのフレックスケーブルの隣にある接着ストリップを取り出します。
    • 前の手順を繰り返して、バッテリーのフレックスケーブルの隣にある接着ストリップを取り出します。

  13. 開口ピックを使って、奥からバッテリーをこじ開け、バッテリーがしっかりと掴めるまで作業を続けます。 開口ピックを使って、奥からバッテリーをこじ開け、バッテリーがしっかりと掴めるまで作業を続けます。
    • 開口ピックを使って、奥からバッテリーをこじ開け、バッテリーがしっかりと掴めるまで作業を続けます。

  14. バッテリーを取り出します。 ダメージが入ったり、変形したバッテリーを再使用しないでください。潜在的な危険性があります。
    • バッテリーを取り出します。

    • ダメージが入ったり、変形したバッテリーを再使用しないでください。潜在的な危険性があります。

    • ミッドフレームに残っている接着剤を綺麗に取り除きます。イソプロピルアルコールと糸くずのでないリントフリーのワイプで拭き取ってから、新しい接着剤を塗布します。

  15. #00 プラスネジ(長さ3 mm)を外します。
    • #00 プラスネジ(長さ3 mm)を外します。

  16. ピンセットを使って、ドーターボードの上部にあるフォームパッドを剥がします。 ピンセットを使って、ドーターボードの上部にあるフォームパッドを剥がします。
    • ピンセットを使って、ドーターボードの上部にあるフォームパッドを剥がします。

  17. ピンセットを使って、アンテナケーブルの接続をこじ開けて外します。 ピンセットを使って、アンテナケーブルの接続をこじ開けて外します。
    • ピンセットを使って、アンテナケーブルの接続をこじ開けて外します。

  18. ピンセットを使って、振動モーターのコネクタをこじ開けて外します。 ピンセットを使って、振動モーターのコネクタをこじ開けて外します。
    • ピンセットを使って、振動モーターのコネクタをこじ開けて外します。

  19. スパッジャーの平面側先端を使って、振動モーターコネクタの隣にある小さなメインフレックスコネクタの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、振動モーターコネクタの隣にある小さなメインフレックスコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、振動モーターコネクタの隣にある小さなメインフレックスコネクタの接続を外します。

  20. ピンセットを使って、ドーターボードのカバーを持ち上げて、左側からこじ開けます。 ドーターボードが装着しているドーターボードのカバーを取り出します。 ドーターボードのみを交換したい場合は、開口ピックもしくは、ピンセットを使えばプラスチックカバーから外すことができます。
    • ピンセットを使って、ドーターボードのカバーを持ち上げて、左側からこじ開けます。

    • ドーターボードが装着しているドーターボードのカバーを取り出します。

    • ドーターボードのみを交換したい場合は、開口ピックもしくは、ピンセットを使えばプラスチックカバーから外すことができます。

  21. ラウドスピーカーと/もしくは、充電ポートとラウドスピーカーカバーを含む左側ボタンのフレックスケーブルを取り外したい場合、こちらの手順にジャンプしてください。 スパッジャーの平面側先端を使って、メインフレックスケーブルコネクタの接続をこじ開けて外します。
    • ラウドスピーカーと/もしくは、充電ポートとラウドスピーカーカバーを含む左側ボタンのフレックスケーブルを取り外したい場合、こちらの手順にジャンプしてください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、メインフレックスケーブルコネクタの接続をこじ開けて外します。

  22. スパッジャーの鋭利な先端を使って、マイクロフォンを奥からテコで持ち上げます。 スパッジャーの鋭利な先端を使って、マイクロフォンを奥からテコで持ち上げます。
    • スパッジャーの鋭利な先端を使って、マイクロフォンを奥からテコで持ち上げます。

  23. ピンセットを使って、アンテナケーブルの上部コネクタを持ち上げて、接続を外します。 ピンセットを使って、アンテナケーブルの上部コネクタを持ち上げて、接続を外します。
    • ピンセットを使って、アンテナケーブルの上部コネクタを持ち上げて、接続を外します。

  24. スパッジャーを使って、マザーボードからメインフレックスケーブルをこじ開けて接続を外します。 スパッジャーを使って、マザーボードからメインフレックスケーブルをこじ開けて接続を外します。
    • スパッジャーを使って、マザーボードからメインフレックスケーブルをこじ開けて接続を外します。

  25. ピンセットの片側をアンテナケーブルの配線とミッドフレームの間の隙間に差し込みます。 ケーブルの配線がクリップから外れるまで、ピンセットをゆっくりと横に捻り、ミッドフレーム右側のアンテナケーブルに沿って、クリップを緩めます。 ケーブルの配線がクリップから外れるまで、ピンセットをゆっくりと横に捻り、ミッドフレーム右側のアンテナケーブルに沿って、クリップを緩めます。
    • ピンセットの片側をアンテナケーブルの配線とミッドフレームの間の隙間に差し込みます。

    • ケーブルの配線がクリップから外れるまで、ピンセットをゆっくりと横に捻り、ミッドフレーム右側のアンテナケーブルに沿って、クリップを緩めます。

  26. ピンセットを使って、ミッドフレームからメインフレックスケーブルを剥がして取り出します。 このメインフレックスケーブルが、ミッドフレームから剥がせない場合は、フレックスケーブルの下に留められた接着剤を柔らかくするため、ディスプレイ上にiOpenerを載せてください。
    • ピンセットを使って、ミッドフレームからメインフレックスケーブルを剥がして取り出します。

    • このメインフレックスケーブルが、ミッドフレームから剥がせない場合は、フレックスケーブルの下に留められた接着剤を柔らかくするため、ディスプレイ上にiOpenerを載せてください

  27. ピンセットを使って、振動モーターとマイクロフォンを含むメインフレックスケーブルアセンブリを取り出します。 ピンセットを使って、振動モーターとマイクロフォンを含むメインフレックスケーブルアセンブリを取り出します。
    • ピンセットを使って、振動モーターとマイクロフォンを含むメインフレックスケーブルアセンブリを取り出します。

  28. デバイス下側左側にあるラウドスピーカーの上に被さっているメタル製シールドを外します。 デバイス下側左側にあるラウドスピーカーの上に被さっているメタル製シールドを外します。
    • デバイス下側左側にあるラウドスピーカーの上に被さっているメタル製シールドを外します。

  29. ラウドスピーカーカバーの隣に付けられたフォームパッドを剥がして、取り出します。 ラウドスピーカーカバーの隣に付けられたフォームパッドを剥がして、取り出します。
    • ラウドスピーカーカバーの隣に付けられたフォームパッドを剥がして、取り出します。

  30. ミッドフレームとラウドスピーカーカバーの間にあるプラスチック製セーフガードも外します。 ミッドフレームとラウドスピーカーカバーの間にあるプラスチック製セーフガードも外します。
    • ミッドフレームとラウドスピーカーカバーの間にあるプラスチック製セーフガードも外します。

  31. ピンセットを使って、ラウドスピーカーカバーをこじ開けます。 ラウドスピーカーを次の手順で取り出すための十分なスペースを作れるまで、このカバーを上向きに折り曲げます。
    • ピンセットを使って、ラウドスピーカーカバーをこじ開けます。

    • ラウドスピーカーを次の手順で取り出すための十分なスペースを作れるまで、このカバーを上向きに折り曲げます。

  32. ピンセットを使って、ラウドスピーカーを奥から取り出します。 ピンセットを使って、ラウドスピーカーを奥から取り出します。
    • ピンセットを使って、ラウドスピーカーを奥から取り出します。

  33. 先の鋭利でないピンセットを使って、充電ポートとラウドスピーカーカバーの間のフレックスケーブルを掴みます。 慎重に、筐体から充電ポートを引き抜きます。
    • 先の鋭利でないピンセットを使って、充電ポートとラウドスピーカーカバーの間のフレックスケーブルを掴みます。

    • 慎重に、筐体から充電ポートを引き抜きます。

  34. スパッジャーを使って、マザーボード左側にあるサイドボタンフレックスケーブルの接続をこじ開けて外します。 スパッジャーを使って、マザーボード左側にあるサイドボタンフレックスケーブルの接続をこじ開けて外します。
    • スパッジャーを使って、マザーボード左側にあるサイドボタンフレックスケーブルの接続をこじ開けて外します。

  35. ピンセットを使って、ミッドフレーム左側にあるサイドボタンフレックスケーブルに沿って留められたプラスチック製クリップを外します。 ピンセットを使って、ミッドフレーム左側にあるサイドボタンフレックスケーブルに沿って留められたプラスチック製クリップを外します。 ピンセットを使って、ミッドフレーム左側にあるサイドボタンフレックスケーブルに沿って留められたプラスチック製クリップを外します。
    • ピンセットを使って、ミッドフレーム左側にあるサイドボタンフレックスケーブルに沿って留められたプラスチック製クリップを外します。

  36. ミッドフレームからサイドボタンフレックスケーブルを剥がして、取り出します。 ミッドフレームからサイドボタンフレックスケーブルが上手く剥がせない場合は、フレックスケーブルの下に留められた接着剤を緩めるために、ディスプレイ上に温めた iOpenerを載せてください。 ラウドスピーカーと充電ポートを含むサイドボタンフレックスケーブルを取り出します。
    • ミッドフレームからサイドボタンフレックスケーブルを剥がして、取り出します。

    • ミッドフレームからサイドボタンフレックスケーブルが上手く剥がせない場合は、フレックスケーブルの下に留められた接着剤を緩めるために、ディスプレイ上に温めた iOpenerを載せてください

    • ラウドスピーカーと充電ポートを含むサイドボタンフレックスケーブルを取り出します。

終わりに

新しい接着剤をつけてデバイスを密封する前に、デバイスの電源を入れて修理作業がうまくいったか確認してください。

プレカットされた接着剤、もしくは両面テープで交換後のバッテリー を固定します。正しい位置に装着するには、デバイスのバッテリーが搭載されていた場所に接着剤を装着してください。バッテリー自体に接着剤を付けないでください。新しいバッテリーをしっかりと押さえて、固定します。

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理がうまく進みませんか?アンサーコミュニティより、トラブルシュートのヘルプを探してください。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Dominik Schnabelrauch

メンバー登録日: 2016年11月23日

49,670 ポイント

240のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

108 メンバー

9,883のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 1

過去 7 日: 6

過去 30 日: 15

今までの合計 51