はじめに

このガイドを使って、Samsung Galaxy S9のひび割れたり壊れたディスプレイを交換します。

デバイスを解体する前に、バッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリー は引火の原因となったり、アクシデントで穴を開けてしまうと爆発の恐れがあります。

ご注意:このガイドではオリジナルフレーム、マザーボード、バッテリーを搭載したままディスプレイのみを交換します。しかしながら、このデバイス用の交換用スクリーンよっては、新しいフレーム(別名、カシス/筐体)の中にこれらのパーツがプレインストールされたものも販売されています。この場合、デバイスの内部を移して、新しいバッテリーをインストールするための別の修理ガイドが必要です。このガイドを利用する前に、正しいパーツを揃えているか確認してください。

このガイドでは、リアガラスカバーを取り外します。バックカバーをデバイス本体に再装着するには、交換用の接着剤が必要です。交換用ディスプレイに接着剤が梱包されていない場合は、固定用にTesa 61395のような強力な両面テープ が必要です。

Samsung Galaxy S9を開口すると、デバイスの防水防塵用シールにダメージを与えてしまいます。接着シールを交換しない場合、デバイスは通常通り機能しますが、防水機能を失っていますのでご注意ください。

フレームにダメージがある場合もしくは曲がっている場合交換する必要があります。交換しない場合は、新しいスクリーンが正しく装着できません。不均等なプレッシャーがかかってしまうことでダメージに繋がります。

ディスプレイをフレームから外すと、ディスプレイを破壊してしまいます。そのため、ディスプレイを交換しない場合は、このガイドを使用しないでください。

  1. デバイスの電源を切ります。
    • デバイスの電源を切ります。

    • 温めたiOpenerをリアガラスの下に載せて、留められた接着剤を緩めます。温めたiOpenerを約2分間載せます。バックカバーを外すには、数回この手順を繰り返す必要があるかもしれません。

    • 接着剤を十分に温めてカットするにはiOpenerを複数回に渡って温めなければなりません。オーバーヒートしないように、上記のiOpener使用方法を参照してください。

    • Samsung Galaxy S9の接着剤はとても頑丈です。 iOpenerでデバイスが開かない場合は、ヘアドライヤー、ヒートガンやホットプレートを使ってください。デバイスを温めすぎないようにご注意ください。AMOLEDディスプレイと内部に搭載されたバッテリーは熱によるダメージに弱いからです。

  2. 次の手順では、バックカバーに固定されている接着剤を切り込みます。
    • 次の手順では、バックカバーに固定されている接着剤を切り込みます。

    • バックカバー内側に付けられた接着剤は画像のようにレイアウトされています。

    • 画像で示されたエリアの接着剤をスライスしてください。

    • 多量の接着剤が使用されています

    • 少量の接着剤が使用されています

    • このセリアの接着剤はスライスしたり、こじ開けないでください。指紋認証センサのフレックスケーブルが搭載されています。

  3. デバイスのリアガラスがひび割れの状態であれば、吸盤カップがうまく装着できません。強力なガムテープを使うか、吸盤カップに強力ボンドを付けて作業を進めてください。 バックカバー上に吸盤カップを押し込んで取り付けます。 バックカバーの下側端を吸盤カップで持ち上げて、バックカバーとフレームの間にわずかな隙間を作ります。
    • デバイスのリアガラスがひび割れの状態であれば、吸盤カップがうまく装着できません。強力なガムテープを使うか、吸盤カップに強力ボンドを付けて作業を進めてください。

    • バックカバー上に吸盤カップを押し込んで取り付けます。

    • バックカバーの下側端を吸盤カップで持ち上げて、バックカバーとフレームの間にわずかな隙間を作ります。

    • この作業にはかなりの力を要します。しかし、吸盤カップを差し込むためのわずかな隙間を作るだけで十分です。もし上手く行かない場合は、さらに温めて接着剤を柔らかくしてから再度作業を進めてください。接着剤はすぐに冷却してしまいます。そのため、何度も温めなければなりません。

    • 開口ピックを隙間に差し込み、下部の右側コーナーまでスライドします。

    • 2枚目の開口ピックを差し込み下側左のコーナーにスライドします。

    • 3枚目の開口ピックをデバイス本体下側の先端に差し込みます。この開口ピックはリアガラスの取り外し作業中、再装着するのを防ぐため、差し込んだ状態のままにします。

  4. 開口ピックの先端のみを差し込みながら、下部左側のコーナーからデバイス上部に向けてスライドします。 開口ピックを上部コーナー周辺までスライドしながら、接着剤が再装着するのを防ぐため、その位置に差し込んだままにします。
    • 開口ピックの先端のみを差し込みながら、下部左側のコーナーからデバイス上部に向けてスライドします。

    • 開口ピックを上部コーナー周辺までスライドしながら、接着剤が再装着するのを防ぐため、その位置に差し込んだままにします。

  5. 下部右側コーナーから開口ピックをデバイス上部に向けてスライドします。 接着剤が硬くなってカットできない場合は、さらに接着剤を温めて柔らかくします。この作業では、常にバックカバーにストレスが加えられており、接着剤が十分に柔らかくなっていなければ、バックカバーにダメージを与えてしまいます。 開口ピックをコーナー周辺でスライドし、デバイス上部に残っている接着剤をカットしてください。
    • 下部右側コーナーから開口ピックをデバイス上部に向けてスライドします。

    • 接着剤が硬くなってカットできない場合は、さらに接着剤を温めて柔らかくします。この作業では、常にバックカバーにストレスが加えられており、接着剤が十分に柔らかくなっていなければ、バックカバーにダメージを与えてしまいます。

    • 開口ピックをコーナー周辺でスライドし、デバイス上部に残っている接着剤をカットしてください。

    • まだデバイスを完全に開かないでください。壊れやすい指紋認証センサのケーブルがマザーボードとバックカバーを繋いでいます。

  6. ボリュームボタンが搭載されている側のリアガラスから慎重に持ち上げます。 スパッジャーの先端を使って、指紋認証センサのフレックスケーブルの接続を外します。
    • ボリュームボタンが搭載されている側のリアガラスから慎重に持ち上げます。

    • スパッジャーの先端を使って、指紋認証センサのフレックスケーブルの接続を外します。

  7. リアガラスを取り出します。
    • リアガラスを取り出します。

    • 再組み立ての前に、デバイスに残留している接着剤を除去してください。交換用の接着剤を塗布する前に、接着剤が付いていたエリアをイソプロピルアルコールとメガネ拭きのようなリントフリーの布を使って綺麗に拭き取ってください。

  8. Pro Tech ツールキットを含むご注文、もしくは総額 $100ドル以上のご注文については送料無料です。

    当社のショップを閲覧する
  9. 4mm#00プラスネジを8本外します。
    • 4mm#00プラスネジを8本外します。

  10. NFCアンテナと充電コイルを含むプラスチックカバーの右側の下に開口ピックを差し込みます。 カバーを固定しているプラスチッククリップをひねりながら外します。
    • NFCアンテナと充電コイルを含むプラスチックカバーの右側の下に開口ピックを差し込みます。

    • カバーを固定しているプラスチッククリップをひねりながら外します。

  11. プラスチックカバーの左側の下に開口ピックを差し込みます。 カバーを固定しているプラスチッククリップを、ピックをひねりながら解放します。
    • プラスチックカバーの左側の下に開口ピックを差し込みます。

    • カバーを固定しているプラスチッククリップを、ピックをひねりながら解放します。

  12. NFCアンテナと充電コイルを含むプラスチックカバーを取り出します。
    • NFCアンテナと充電コイルを含むプラスチックカバーを取り出します。

  13. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリー用フレックスケーブルを引き抜いて接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリー用フレックスケーブルを引き抜いて接続を外します。

  14. プラスチックカバーを固定している4mm #00プラスネジを2本外します。
    • プラスチックカバーを固定している4mm #00プラスネジを2本外します。

  15. マザーボードからプラスチックカバーを取り出します。
    • マザーボードからプラスチックカバーを取り出します。

  16. スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイフレックスケーブルの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイフレックスケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイフレックスケーブルの接続を外します。

  17. iOpenerを準備して、ディスプレイに留められた接着剤を緩めます。温めたiOpenerを約2分間載せます。
    • iOpenerを準備して、ディスプレイに留められた接着剤を緩めます。温めたiOpenerを約2分間載せます。

    • デバイス本体を温めるには、数回この手順を繰り返す必要があるかもしれません。iOpener のインストラクションに従って、オーバーヒートしないようご注意ください。

    • ディスプレイガラスがひび割れている場合は、ガラスの上にクリアテープを貼って全体を固定し、修理の際にガラスが飛び散って怪我をしないようにしてください。

    • ディスプレイ全体がカバーされるように、何重にもクリアテープを貼ってください。

    • こうすることで、ガラスを引き上げた時に全体構造を保つことができます。

    • 修理作業中、ガラスを外す作業から目を保護するため、保護メガネを装着してください。

  18. スクリーンが触って温まっていれば、吸盤カップをデバイスの上部端に装着します。 デバイスのスクリーンがひび割れている場合は、吸盤カップが上手く装着できません。強力なガムテープを使うか、吸盤カップに強力ボンドをつけてスクリーンに固定してください。
    • スクリーンが触って温まっていれば、吸盤カップをデバイスの上部端に装着します。

    • デバイスのスクリーンがひび割れている場合は、吸盤カップが上手く装着できません。強力なガムテープを使うか、吸盤カップに強力ボンドをつけてスクリーンに固定してください。

    • 開口ピックを出来た隙間に差し込み、デバイス上部左側コーナーに向けてスライドしながら接着剤を切り込みます。

  19. 2枚目の開口ピックを差し込み、デバイス上部の右側コーナーに向けてスライドします。 ディスプレイを取り外すまで、接着剤が再装着しないように3枚目の開口ピックを差し込みます。
    • 2枚目の開口ピックを差し込み、デバイス上部の右側コーナーに向けてスライドします。

    • ディスプレイを取り外すまで、接着剤が再装着しないように3枚目の開口ピックを差し込みます。

  20. 右側コーナーの開口ピックをデバイス下側に向けてスライドしながら接着剤を切り込み、真ん中で作業を止めます。 接着剤の切り込みが困難になってきたら、iOpenerを使って再度接着剤を温めてください。
    • 右側コーナーの開口ピックをデバイス下側に向けてスライドしながら接着剤を切り込み、真ん中で作業を止めます。

    • 接着剤の切り込みが困難になってきたら、iOpenerを使って再度接着剤を温めてください。

    • 左側コーナーの開口ピックをデバイス下側に向けてスライドしながら、サイド中央で作業を止めて、残しておきます。

  21. 4枚目の開口ピックをフレームの左側中央に差し込み、接着剤を切り込みながら、デバイス下部の左側コーナーまでスライドします。 スクリーンのフレックスケーブルが電源ボタン付近の中間点下に搭載されています。ピックをスライドする際に、このケーブルが干渉するかもしれません。 5枚目の開口ピックを右側中央に差し込み、下部に向けてスライドします。
    • 4枚目の開口ピックをフレームの左側中央に差し込み、接着剤を切り込みながら、デバイス下部の左側コーナーまでスライドします。

    • スクリーンのフレックスケーブルが電源ボタン付近の中間点下に搭載されています。ピックをスライドする際に、このケーブルが干渉するかもしれません。

    • 5枚目の開口ピックを右側中央に差し込み、下部に向けてスライドします。

  22. デバイスのすべての側面の接着剤を切り込めたら、ゆっくりとディスプレイを持ち上げて、外すことができます。 ディスプレイケーブルはミッドフレームの穴を通って装着されてます。 ディスプレイを外すには、慎重にケーブルを穴に通って巻き戻してください。
    • デバイスのすべての側面の接着剤を切り込めたら、ゆっくりとディスプレイを持ち上げて、外すことができます。

    • ディスプレイケーブルはミッドフレームの穴を通って装着されてます。 ディスプレイを外すには、慎重にケーブルを穴に通って巻き戻してください。

    • 新しい交換用ディスプレイを取り付ける前に、フレームから古い接着剤の残留を取り除き、イソプロピルアルコール(90%以上)とメガネ拭きなどリントフリーの布で綺麗に拭き取ります。

    • フレームが曲がっていたり、接着剤やガラスの残りが残っていると、新しいディスプレイが正しく取り付けられず、損傷する可能性があります。 必要に応じて、フレームを交換してください。

まとめ

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

新しいスクリーンを固定する一番良い方法はカスタムカットした両面テープです。テープをスクリーン裏側に貼り、フレームにディスプレイケーブルを慎重に取り付けます。スクリーンの位置を揃えて、押さえながら固定します。

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

可能であれば、新しい接着剤を装着してデバイスを密封する前に、デバイスの電源を入れて修理が上手くいったか確認してください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、アンサーコミュニティ を参照してください。

2 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Dominik Schnabelrauch

メンバー登録日: 2016年11月23日

29,616 ポイント

148のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

108 メンバー

8,327のガイドは作成済み

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 64

過去 7 日: 412

過去 30 日: 1,511

今までの合計 4,026