ビデオの概要

はじめに

Samsungは予定通り、Note9を登場させました。辛辣な反Appleの広告キャンペーンを流す一方で、新しくなったS PenでAppleの勢力を抑えたいと願っています。ここには私たちが待ち望んできたものがあるのでしょうか?それを見つけるために分解があるのです。早速、始めましょう!

分解ホットラインに繋がるには

FacebookInstagramTwitter 、さらにTwitter日本語版 をフォローしてください。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのSamsung Galaxy Note9を修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. まずこここで幾つかの9に関するNote(メモ)を見てみましょう。
    • まずこここで幾つかの9に関するNote(メモ)を見てみましょう。

      • ノッチレス6.4インチ Super AMOLEDディスプレイ、2960 × 1440解像度 (516 ppi)

      • オクタコアQualcomm Snapdragon 845プロセッサ、6 GB RAM (オプションで8 GB)

      • バッテリー容量 4,000 mAh

      • 12 MP OIS デュアルリアカメラシステム、デュアルアパチャーF値1.5モード-F値2.4モード、ワイドアングルƒ/2.4 望遠レンズ、8 MPセルフィーカメラ付き

      • 容量128 GB (オプションで512GB) (microSDカードを使えば最大容量512 GBが追加可能)

      • スタイラス”Sペン”、 Bluetooth サポート付き

      • IP68 防水防塵性能

  2. Note9はNote8にとてもよく似ていますー少なくとも、それで良いのですが。なぜならば最近のスマートフォンの進化スピードは減速しています。そして壊れていないなら、修理する必要はないと考えています。
    • Note9はNote8にとてもよく似ていますー少なくとも、それで良いのですが。なぜならば最近のスマートフォンの進化スピードは減速しています。そして壊れていないなら、修理する必要はないと考えています。

      • というのも、Noteシリーズの低い修理難易度スコアこそ修理したいものです。

    • さて何が新しくなったのでしょうか?Note8のディスプレイに比べて、わずか0.25cmほど横幅が広がり、そして高さが若干低くなりました。8.8 mmと8.6 mmという紙一重の差です。

    • 最近では珍しくなった(そして喜ばしい)動きとして、Samsungはアナログ式ヘッドホンジャックを搭載し続けています。

    • 他の小さな(それでも、良い)変更点は指紋認証センサの位置が再考されて、リアカメラの南側という嬉しい場所にお引越しをしました。

      • 結果:指紋の汚れがついたカメラレンズを拭き取る手間が省けます。

    • ネタバレ: Creative Electronのウォールハック技術によって分解前のNote9内部を垣間見ることができます。

    • さてこれで全体図を手に入れました。ここから戦いに挑んでいきましょう。

    • すぐに分解作業に取り掛かりたいのですが、このバックパネルの接着剤はまたもや大量で強力です。 少し勘弁してもらえませんかね、Samsungさん?

    • おなじみのヒートに吸盤と、細かいスライス作業を進めれば、最後には上手くいきます。

    • 指紋認証センサが新しい位置に移されたのは喜ばしいことです。そしてフレックスケーブルの位置も、誤ってスライスしたり刻むというリスクを軽減することができます

    • それでもまだ短すぎます。 私たちがSurface Goで見つけたように余裕をもたせて折り曲げられていれば、再組み立ても簡単に済ませることができます。

    • バッテリーは粘着力たっぷりの溝の中にしっかりと固定されています。しかし前モデルNote8のバッテリーは爆発しませんでした。Samsungはこのデザインは正しかったと証明しているのでしょうか?

    • Note9のバッテリーは驚異的な容量15.4 Whです。一方でNote8のバッテリーは12.71 Whの容量で、あの悪名高いNote7(13.48 Wh) とiPhone X(”たったの”10.35 Wh)の間を取って容量には慎重な姿勢でした。

    • サイズは87.7 mm x 41.5 mm x 6 mm、重量は54.7 gです。さあこれで、エネルギーの密度を計算しましょう!

    • さてこれが頭脳をつかさどるチップです。

      • Samsung K3UH6H60AM-AGCJ 6 GB LPDDR4X SDRAM, with Qualcomm Snapdragon 845 layered underneath

      • Samsung KLUDG4U1EA-B0C1 128 GB eUFSストレージ

      • NXP 80T17 NFCコントローラー

      • Skyworks SKY78160-51Front-End Module WLAN

      • Avago/Broadcom AFEM-9096 Front-End Module LTE

      • Qualcomm WCD9341 オーディオコディック

      • Maxim MAX77705 PMIC

    • 裏側にもチップが搭載されています。

      • Wacom W9018 digitizer controller with S Pen capability

      • Murata KM8423057 Wi-Fi/Bluetooth モジュール

      • Qualcomm SDR845 RFトランシーバー

      • Qualcomm PM845 PMIC

      • IDT P9320Sワイヤレス充電レシーバー

      • Samsung S2D0505 ディスプレイPMIC

      • Qualcomm PM8005 PMIC

    • マザーボードにはすぐに取り出せるモジュラー式USB-Cポート(ハンガーにぶら下がったマイク)付きの旧型と同じドーターボードが搭載されています。

    • Samsungは現在、絶滅の危機にあるヘッドホンジャックを保護し続けています。一方で、このヘッドホンジャックは非常に薄いバネコンタクトで接続されたケーブルで覆われています。

    • ヒートパイプは前のモデルに比べると表面積が格段に広くなりました。おそらく、より頑丈にしなければならないことを証明しています (これも”フォートナイト”のゲームが熱を放出することからくるでしょう)。

    • さて、S Penを取り出す時間がやってきました。このS Penを分解するには破壊的行為しかないようです。そこで重装備ツールに差し替えますー超音波小型カッターの登場です!

    • さてフォートナイトのゲームをするので、トマトのアップデートの準備をしていましたが、S Penはトマトではなくバナナのように外側が剥けます。

    • この宝箱の中身は何でしょうか?DA14580Dialog Semiconductor Bluetooth Smart SoCと…

    • K8373 Seiko Instruments スーパーキャパシタです。

      • スーパーキャパシタはBluetoothラジオに対応していると考えますが、これはシングルボタンだけの為に機能しています。他のスタイラス機能は内蔵電源なしで操作できます。

    • 先端付近のセンシングコイルを介してS Penに充電されると想定しています。スタイラスペンが収納された状態で、コイルが搭載されている付近にグレーのパッドを発見しました。おそらくこれは伝導充電パットだと思われます。

    • 以上が私たちがノートに書き取った分解レポートです!

    • Galaxy Note9は大幅に再考されたデザインではありませんが、iFixitの分解エンジニアが楽しむには十分の新しい進化がありました。Noteモデルは、より大きくなったマザーボードや新タイプのSペンを含め、急激ではなくゆっくりと新しいテクノロジーが加えられています。ですがサイズだけで見ると爆発しているバッテリーは例外です。

      • 時々、この分解には描いた絵の具が乾くのを眺めるような退屈な作業もありますが、この小さなペンを分解するという楽しみもあります!(実にApple Pencil以来の分解でした。)

  3. 最終案
    • USB-Cハードウェアやヘッドホンジャック、S Penドックのフレックスケーブルに見られる僅かな修正のお陰で、このNoteのコンポーネントはこれまで以上にモジュール式が採用されています。
    • 使用されているネジは標準型のプラスネジです。
    • やる気になればバッテリーの交換は可能ですー2つの超強力な接着剤で固定されたバッテリーが作業を不必要に難しくしていますが。
    • コンポーネントにアクセスするには、まず苦労しながらリアパネルのガラスに付けられた接着剤を外さなければ(そして後で再装着も)なりません。
    • 通常のディスプレイ修理作業は、筐体全体を交換するか、もしくは接着剤で固定されたひび割れガラスを時間をかけながら分離する方法です。
    修理難易度スコア
    4
    10点満点中4点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Pretty usual for Samsung. Just do NOT break the screen or you will cry at the replacement cost.

sam caspian - 返信

FYI, easiest way to remove the batteries in the S8- and S9-era Samsung phones is light heat on the display side, a syringe application of alcohol right down near the battery adhesive, and a suction cup to pull it up. Comes out like butter.

davisj3608 - 返信

Someone at Samsung has a sense of humor. “KLUDG4U” as a part number?

JOATMON - 返信

Does anybody know the white pad inside the S Pen slot is for?  Before insert the S Pen there is the White pad inside the hole (inside, but close to outside)..  What is that for??  Water detection??

Please reply..

Thank You!

Time Line - 返信

I believe it is a water seal and a tip protector.

William -

統計データを表示:

過去 24時間: 135

過去 7 日: 853

過去 30 日: 4,002

今までの合計 60,832