メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

このガイドでは、Microsoft Surface Pro(2017)とも呼ばれるMicrosoft Surface Pro 5の適切なスピーカーを取り外す方法について説明します。 このガイドではiOpenerを使用していますが、ヘアドライヤーやヒートガンを使用することもできます。iOpenerの使用方法についてはこちらをご覧ください。

  1. 作業を始める前にSurface Proのバッテリーを25%未満に放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、修理中不意に衝撃を受けると燃えたり、爆発したりする可能性があります。
    • 作業を始める前にSurface Proのバッテリーを25%未満に放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、修理中不意に衝撃を受けると燃えたり、爆発したりする可能性があります。

    • ディスプレイはデバイスのフレームに接着剤で頑丈に固定されています。

    • ディスプレイを外すには、熱で温めて接着剤を柔らかくします。ヒートパッド、ヒートガン、 iOpenerを使用することもできます。急を要する時は、ヘアドライヤーでも対応できます。

    • ヒートガンを使用する際は、オーバーヒートしないようにご注意ください。バッテリーやディスプレイに永続的なダメージを与えてしまうことがあります。

    • ディスプレイの周辺が、熱くなって触れない程度まで温まるように、均等に少しずつ熱を加えます。数分間、同じ温度を保てるようにしてください。

  2. 吸盤またはiSclackをガラスに吸着させ、ガラスと金属フレームとの間にわずかな隙間を作ります。 ディスプレイの亀裂がひどいと、吸盤が吸着しないことがあります。あらかじめディスプレイに梱包用テープを貼り付けておくと上手く行きやすいようです。または、吸盤をディスプレイに固く接着することも可能です。
    • 吸盤またはiSclackをガラスに吸着させ、ガラスと金属フレームとの間にわずかな隙間を作ります。

    • ディスプレイの亀裂がひどいと、吸盤が吸着しないことがあります。あらかじめディスプレイに梱包用テープを貼り付けておくと上手く行きやすいようです。または、吸盤をディスプレイに固く接着することも可能です。

    • 開口ピックを隙間に差し込みます。

    • 開口ピックをディスプレイの端と底部に沿ってスライドさせて、接着剤を剥がします。必要に応じてさらに加熱します。

    • ガラスは薄く、無理に力をかけると簡単に亀裂が入ってしまうため、慎重に作業を行ってください。

    • 上端は最後に分離します。両側にアンテナがあるため、これらを損傷しないように注意してください。必要な場合は、無水エタノールを少量使用して、接着剤をほぐすことも可能です。

  3. プラスチックの開口ツールを使って、小さなリボンケーブルポートを覆っているメタルシールドをこじ開けます。 小さなリボンケーブルをナイロン製スパッジャーでこじ開けて、接続を外します。
    • プラスチックの開口ツールを使って、小さなリボンケーブルポートを覆っているメタルシールドをこじ開けます。

    • 小さなリボンケーブルをナイロン製スパッジャーでこじ開けて、接続を外します。

  4. プラスチック開口ツールを使って、大型のリボンケーブルポートを覆っているメタルシールドをこじ開けて、取り出します。 大型のリボンケーブルをナイロン製スパッジャーでこじ開けて、接続を外します。
    • プラスチック開口ツールを使って、大型のリボンケーブルポートを覆っているメタルシールドをこじ開けて、取り出します。

    • 大型のリボンケーブルをナイロン製スパッジャーでこじ開けて、接続を外します。

    • デバイスの残りからスクリーンを取り出します。

    • スクリーンを固定している接着剤を交換するには、デバイスとディスプレイの背面の両方から古い接着剤を慎重に取り除きます。 イソプロピルアルコールと糸くずの出ない布で表面を清掃して準備し、一方向に(前後ではなく)拭きます。 2 mm Tesa 61395などの強力な両面テープを貼ります。

  5. プラスチック開口ツールもしくはナイロン製スパッジャーを使って、メインプロセッサを覆っている保護用メタルシールドをこじ開けます。
    • プラスチック開口ツールもしくはナイロン製スパッジャーを使って、メインプロセッサを覆っている保護用メタルシールドをこじ開けます。

  6. メインプロセッサ上にヒートシンクを固定しているシルバーのトルクスT5 x 3mmネジを4本外します。
    • メインプロセッサ上にヒートシンクを固定しているシルバーのトルクスT5 x 3mmネジを4本外します。

  7. ヒートシンクアセンブリを固定している、黒のT4x3mm ネジを5本外します。 ヒートシンクアセンブリを固定している、黒のT4x3mm ネジを5本外します。
    • ヒートシンクアセンブリを固定している、黒のT4x3mm ネジを5本外します。

  8. 指でコッパーバーの一つを手で持ち、まっすぐ持ち上げて、デバイスからヒートシンクを取り出します。
    • 指でコッパーバーの一つを手で持ち、まっすぐ持ち上げて、デバイスからヒートシンクを取り出します。

    • CPU正面側のヒートシンク裏側にある放熱グリスに接触しないようにご注意ください。手で放熱グリスを触ってしまったら、中性ソープで洗い流してください。

  9. 電源ボタン/音量コントロール/スピーカーアセンブリを黒いタイバーに接続しているトルクスT5 x 6mmネジを外します。
    • 電源ボタン/音量コントロール/スピーカーアセンブリを黒いタイバーに接続しているトルクスT5 x 6mmネジを外します。

  10. カメラタイバーを固定している、トルクスT5 x4.5mmネジを外します。
    • カメラタイバーを固定している、トルクスT5 x4.5mmネジを外します。

  11. ピンセットでマザーボードにカメラのタイバーを繋げている小さなリボンケーブルの接続を外します。
    • ピンセットでマザーボードにカメラのタイバーを繋げている小さなリボンケーブルの接続を外します。

  12. デバイスからカメラのタイバーを持ち上げます。
    • デバイスからカメラのタイバーを持ち上げます。

  13. ナイロン製スパッジャーを使って右側スピーカーの隣にある大型のメタルカバーをこじ開けます。 ナイロン製スパッジャーを使って右側スピーカーの隣にある大型のメタルカバーをこじ開けます。
    • ナイロン製スパッジャーを使って右側スピーカーの隣にある大型のメタルカバーをこじ開けます。

  14. トルクスT4 3mmネジを外します。
    • トルクスT4 3mmネジを外します。

    • トルクスT5 6mmネジを外します。

  15. 右側スピーカーを持ち上げる作業中、繋がった状態のケーブルを引っ張らないようにご注意ください。
    • 右側スピーカーを持ち上げる作業中、繋がった状態のケーブルを引っ張らないようにご注意ください。

  16. ピンセットで下側の黒と赤のケーブルを摘みます。
    • ピンセットで下側の黒と赤のケーブルを摘みます。

    • ポートから黒と赤のケーブルを持ち上げます。

  17. デバイスから右側スピーカーを取り出します。
    • デバイスから右側スピーカーを取り出します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Caleb Granch

メンバー登録日: 2017年10月02日

488 ポイント

2のガイドは作成済み

チーム

Cal Poly, Team S15-G3, Livingston Fall 2017 Cal Poly, Team S15-G3, Livingston Fall 2017人のメンバー

CPSU-LIVINGSTON-F17S15G3

3 メンバー

22のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 1

過去 30 日: 12

今までの合計 324