メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

ロジックボードを交換するには、このガイドを参照してください。

  1. 底ケースを固定している以下の10本のネジを外します。
    • 底ケースを固定している以下の10本のネジを外します。

    • 13.5(14.1)mm プラスネジー3本

    • 3 mm プラスネジー7本

  2. 両手を使用して排気口の近くから底ケースを持ち上げて、上部ケースに固定している2本のクリップを外します。
    • 両手を使用して排気口の近くから底ケースを持ち上げて、上部ケースに固定している2本のクリップを外します。

    • 底ケースを取り外して脇に置きます。

  3. ※特定の修理(ハードディスクドライブなど)の場合はバッテリーを取り外す必要はありませんが、マザーボード上で誤ってショートさせてしまうのを防ぐ事が出来ます。バッテリーを外さない場合は、マザーボード上の部品が帯電している可能性があるので注意してください。 ナイロンスパッジャーの端を使って、バッテリーコネクターをメイン基板上のソケットから持ち上げてください。
    • ※特定の修理(ハードディスクドライブなど)の場合はバッテリーを取り外す必要はありませんが、マザーボード上で誤ってショートさせてしまうのを防ぐ事が出来ます。バッテリーを外さない場合は、マザーボード上の部品が帯電している可能性があるので注意してください。

    • ナイロンスパッジャーの端を使って、バッテリーコネクターをメイン基板上のソケットから持ち上げてください。

    • ソケットから接続を外す際、コネクターの縦側の両サイドを上向きに持ち上げると簡単です。

  4. バッテリケーブルをソケットから離すように少し曲げておき、作業中に誤ってメイン基板に接触しないようにします。
    • バッテリケーブルをソケットから離すように少し曲げておき、作業中に誤ってメイン基板に接触しないようにします。

  5. バッテリ上端の、2本のY1 トライウィングネジを外します。
    • バッテリ上端の、2本のY1 トライウィングネジを外します。

  6. 電池の警告ラベルを慎重に剥がし、バッテリーと光学ドライブの間に隠れている最後のトライウィングネジが見えるようにします。
    • 電池の警告ラベルを慎重に剥がし、バッテリーと光学ドライブの間に隠れている最後のトライウィングネジが見えるようにします。

    • バッテリ上端の、7.4 mm Y1 トライウィングネジを外します。

    • バッテリーからラベルを剥がさないようにして下さい。

  7. プラスチックのプルタブを使って、上部ケースからバッテリーを上へスライドさせてずらします。
    • プラスチックのプルタブを使って、上部ケースからバッテリーを上へスライドさせてずらします。

    • この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのカリブレーションを行なってください。

    • 100%になるまで充電します。充電後も最低2時間はプラグを繋げたままにします。それからプラグを外して、通常通り使用しながら、自然に放電させます。バッテリー残量小のサインが表示されたら、これまでの作業を保存して、スリープ状態になるまで放置してください。スリープ状態に入ったら、少なくとも5時間置きます。それから一気に100%まで充電します。

    • 新しいバッテリーを装着後、通常通り作動しない場合は、MacBook ProのSMCをリセットしなければならない可能性があります。

  8. 基板に左側ファンを固定している次の3本のネジを外します。
    • 基板に左側ファンを固定している次の3本のネジを外します。

    • 3.5 mm T6トルクスネジー2本

    • 4.2 mm T6トルクスネジー1本

  9. スパッジャーの平面側先端を使って、基板から左側ファンのコネクタの接続を外します。 コネクタの接続を外すには、ファンケーブルのワイヤの下からスパッジャーを捻りながら引き上げると上手くいきます。 ファンのソケットとファンのコネクタは2番目と3番目の画像で確認できます。スパッジャーを使ってソケットからまっすぐファンコネクタを持ち上げる際に、プラスチックのファンソケットを壊さないようにご注意ください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板から左側ファンのコネクタの接続を外します。

    • コネクタの接続を外すには、ファンケーブルのワイヤの下からスパッジャーを捻りながら引き上げると上手くいきます。

    • ファンのソケットとファンのコネクタは2番目と3番目の画像で確認できます。スパッジャーを使ってソケットからまっすぐファンコネクタを持ち上げる際に、プラスチックのファンソケットを壊さないようにご注意ください。

    • 2番目の画像中に確認できる基板のデザインのレイアウトはお持ちのデバイスと若干異なるかもしれませんが、ファンのソケットは同じです。

  10. 上部ケースから左側ファンを持ち上げて取り出します。
    • 上部ケースから左側ファンを持ち上げて取り出します。

  11. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから右側のファンコネクターを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから右側のファンコネクターを持ち上げます。

    • コネクタを外すには、ファンケーブルのワイヤの下からスパッジャーをひねりながら引き上げると上手くいきます。

  12. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  13. ロジックボードに右側ファンを固定している3.4 mm (3.1 mm) T6トルクスネジを3本外します。 ロジックボード上の外れた部分から右側ファンを持ち上げます。
    • ロジックボードに右側ファンを固定している3.4 mm (3.1 mm) T6トルクスネジを3本外します。

    • ロジックボード上の外れた部分から右側ファンを持ち上げます。

  14. ロジックボード上のソケットからカメラケーブルを引き離します。
    • ロジックボード上のソケットからカメラケーブルを引き離します。

    • カメラケーブルの接続を外す際は、上に向かって引き抜かないでください。ケーブルを上向きに引くとケーブルとロジックボード両方にダメージを与えてしまうことがあります。ロジックボードの表面に対して平行にケーブルを引いてください。

  15. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからAirPort/Bluetoothコネクタを引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからAirPort/Bluetoothコネクタを引き上げます。

  16. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから光学ドライブコネクタを引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから光学ドライブコネクタを引き上げます。

  17. コネクタの下から接続を引き上げて、ハードドライブ/赤外線センサケーブルの接続をロジックボード上のソケットから外します。
    • コネクタの下から接続を引き上げて、ハードドライブ/赤外線センサケーブルの接続をロジックボード上のソケットから外します。

  18. スパッジャーの平面側先端を使って、サブウーハー/右側スピーカーのコネクタをロジックボード上のソケットから引き上げて、接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、サブウーハー/右側スピーカーのコネクタをロジックボード上のソケットから引き上げて、接続を外します。

    • ワイヤの下から持ち上げてください。

  19. ロジックボードにキーボード/トラックパッドケーブルのカバーを固定している1.5 mm ( 1.2 mm )プラスネジを2本外します。 ロジックボードからカバーを取り出します。
    • ロジックボードにキーボード/トラックパッドケーブルのカバーを固定している1.5 mm ( 1.2 mm )プラスネジを2本外します。

    • ロジックボードからカバーを取り出します。

  20. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからトラックパッドのコネクタを引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからトラックパッドのコネクタを引き上げます。

  21. 指の先でキーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返します。 蝶番の固定フラップのみ裏返してください。ソケット自体には接触しないでください。
    • 指の先でキーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返します。

    • 蝶番の固定フラップのみ裏返してください。ソケット自体には接触しないでください。

    • スパッジャーの先端を使って、キーボードリボンケーブルをソケットから引き抜きます。

  22. スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからバッテリーインディケーターのコネクタを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからバッテリーインディケーターのコネクタを持ち上げます。

  23. ディスプレイデータケーブルに固定されたプラスチックのプルタブを掴み、デバイスのDC-In側に向けて回します。 ディスプレイデータケーブルをロジックボード上のソケットから引き抜きます。
    • ディスプレイデータケーブルに固定されたプラスチックのプルタブを掴み、デバイスのDC-In側に向けて回します。

    • ディスプレイデータケーブルをロジックボード上のソケットから引き抜きます。

    • ディスプレイデータケーブルを上に引き上げないでください。ケーブルをロジックボードの表面に対して水平に引っ張ります。

  24. スパッジャーのの先端を使って、キーボードバックライトのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを引き抜きます。 蝶番の固定フラップを引き抜いているか確認してください。ソケットには触れないでください。
    • スパッジャーのの先端を使って、キーボードバックライトのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを引き抜きます。

    • 蝶番の固定フラップを引き抜いているか確認してください。ソケットには触れないでください。

    • キーボードのバックライトリボンケーブルをソケットから引き抜きます。

  25. 次の9本のネジを外します。
    • 次の9本のネジを外します。

    • ロジックボード上の3.4 mm ( 3.1 mm) T6トルクスネジー7本

    • DC-In ボード上の8 mm T6トルクスネジー2本

  26. 作業中光学ドライブケーブルとI/O端子に掛からないよう注意しながら、上部ケースからロジックボードアセンブリを左側からゆっくりと取り出します。 必要に応じて、スパッジャーの平面側先端を使って上部ケースからマイクを取り出します。 上部ケースの横からロジックボードのI/O端子側を引き抜き、ロジックボードアセンブリを取り出します。
    • 作業中光学ドライブケーブルとI/O端子に掛からないよう注意しながら、上部ケースからロジックボードアセンブリを左側からゆっくりと取り出します。

    • 必要に応じて、スパッジャーの平面側先端を使って上部ケースからマイクを取り出します。

    • 上部ケースの横からロジックボードのI/O端子側を引き抜き、ロジックボードアセンブリを取り出します。

  27. ヒートシンクを上に置いて、柔らかい平らな表面上に基板を載せます。
    • ヒートシンクを上に置いて、柔らかい平らな表面上に基板を載せます。

    • 基板にヒートシンクを固定している#1のプラスネジを6本外します。

    • 各ネジの下に付けられた小さなバネをきちんと保管してください。

  28. 基板からヒートシンクを取り出します。
    • 基板からヒートシンクを取り出します。

    • 6本のネジを取り出した後、基板にヒートシンクが付いたままの状態であれば、スパッジャーを使って両コンポーネントを引き離してください。

    • ヒートシンクを再び基板に取り付ける場合は、放熱グリスの塗布方法を参照してください。

  29. 必要に応じて、左側スピーカーハウジングの角からマイクを持ち上げます。
    • 必要に応じて、左側スピーカーハウジングの角からマイクを持ち上げます。

  30. ロジックボードに左側スピーカーを固定している5 mmプラスネジを2本外します。
    • ロジックボードに左側スピーカーを固定している5 mmプラスネジを2本外します。

  31. 該当する場合は、左側スピーカーのコネクタを覆っている黒色テープの小さなストリップを外します。
    • 該当する場合は、左側スピーカーのコネクタを覆っている黒色テープの小さなストリップを外します。

    • ロジックボード上のソケットから左側スピーカーのコネクタを持ち上げるため、丁寧に左側スピーカーのワイヤを上向きに引っ張ります。

  32. ロジックボード上のソケットからマイクのコネクタを持ち上げるため、丁寧にマイクケーブルを上向きに引っ張ります。
    • ロジックボード上のソケットからマイクのコネクタを持ち上げるため、丁寧にマイクケーブルを上向きに引っ張ります。

  33. ロジックボード上のソケットから DC-Inボードの接続を外すため、ヒートシンク側に向けて DC-Inボードケーブルを引っ張ります。
    • ロジックボード上のソケットから DC-Inボードの接続を外すため、ヒートシンク側に向けて DC-Inボードケーブルを引っ張ります。

    • ロジックボードの表面と並行にケーブルを引っ張ります。

  34. RAMから両側のタブを同時に引き離して、RAMチップの両側のタブを緩めます。 これらのタブはチップを固定しています。チップを外すと”飛び出す”ように出てきます。
    • RAMから両側のタブを同時に引き離して、RAMチップの両側のタブを緩めます。

    • これらのタブはチップを固定しています。チップを外すと”飛び出す”ように出てきます。

    • RAMのチップが外れたら、ソケットから引き抜きます。

    • RAMチップが他にも搭載されている場合はこの手順を繰り返します。

    • ロジックボードが残ります。

    • ヒートシンクをロジックボードに再び取り付ける場合は、作業をより簡単にするため、放熱グリスの塗布方法を参照してください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

48 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

451,401 ポイント

411のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

125 メンバー

11,822のガイドは作成済み

7 件のコメント

For step 5 and 6, maybe a reference could be added to a screwdriver for the Tri-wing screws - this seems quite difficult to find (and in the right size...).

Else I agree to what was said before - an excellent guide!

Jan Hedlund - 返信

ifixit does it again. Thanks so much for making this resource available. Macbooks are so expensive and its great to be able to fix them and keep em going.

lkaneshiro - 返信

where's a good place to find decent condition logic boards My son was in Afghanistan and there for a long fricking time. While he was gone I had gotten him a MACBOOK Pro 15 loaded anyway It was made in mid-2012 He didn''t even get to use until he was home in 2015 and I hadn't used it. after a couple months he got the froze gray screen with apple logo. Called apple did every single thing possible. Finally they said bring into service center. I did they said would have to go in for repair and wasn't a retina display so I would have to pay . They couldn't tell me exact cost but esitmated at oveer $500.So I googled and I guess it's the graphics which you'd need to replace LB what do you think? Is there another fix? I can do work on windows stuff all the time just never Mac this will be my first. So need good sources if you can help I'd appreciate it. Russ

Russ Eastburn (ESP1000) - 返信

I have what appears to be a slightly different mainboard from all 15” unibody models. Could anybody help me identify my mainboard and maybe point me to the fuse for the LCD display back light ?

https://pasteboard.co/I729rA5.jpg

https://pasteboard.co/I72a2Zz.jpg

axion - 返信

holy moly!!!!! i did it!!!! thank you TEAM iFIXIT!!!!! my mbp15 uni mid-2012 is once again a laptop, once again a computer, once again a tool for my art. Apple Store was going to charge me a lot, more than a replacement logic board, “if they could get one”. since i had done the fan on a 2009, RAM on the 2009 and this machine, and tightened up the screen hinge on this one (i bought it “refurbished”, turns out it has broken battery mounting lugs and was missing a hinge screw), so i figured, wth, lets do this. weeks of hemming and hawing, and i finally ordered the board for ~ $350. spent the morning working on it, forgot to latch the keyboard ZIF, so i had to backtrack, but otherwise, it works. the only thing was that i have to do a whole new backup (Time Machine), in progress now. now iʻm saving money to get a new battery and 1TB SSD, which should be a breeze after doing the logic board. gonna rehab my partnerʻs old white machine (2004?) sometime. one happy and relieved kitty girl here!!!!!

Kahana - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 24

過去 7 日: 135

過去 30 日: 616

今までの合計 74,610