メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

MacBook Pro 13" Unibody Mid 2010 の基板を交換します。

  1. MacBook Pro 13インチ Unibodyに留められた底ケースから次のネジを10本外します。
    • MacBook Pro 13インチ Unibodyに留められた底ケースから次のネジを10本外します。

    • 3 mmプラスネジー7本

    • 13.5 mmプラスネジー3本

    Compare the short screws carefully before reinstalling them. The shouldered screws go in the holes on the front edge.

    David Kilbridge - 返信

    Before I started removing any screws I took a piece of paper and drew the bottom of the laptop and put a piece of double-sided tape in the spot where each screw goes. That way when I took out the screws, I could put them on the tape so I knew exactly which screw went in which spot. I did the same thing for dismantling the inside on another sheet of paper, then a third sheet for the screen after getting the front glass off.

    mastover - 返信

    I use a similar technique: I print out the iFixit manual for the job, and Scotch-tape down the screws/brackets/cables I remove at each step next to the component descriptions. That way, when I'm reassembling, the bits are taped right next to the photo of where they came from.

    adlerpe -

    That's exactly what I do for all my repairs! It's the best way to keep track of all of the parts ' original location and to make sure that you don't miss any parts during reassembly.

    joyitsjennie -

    Great idea and one I use often

    Thomas Overstreet -

    Excellent idea! Thanks for sharing it here.

    Laura Sharkey -

    I used a 00 that fit but the screws were very tight so I used a tiny paintbrush with some wd40 on it and put it around the edges of the screws. Worked like a charm

    valentinedhdh - 返信

  2. 取付台タブを外すため、底ケースをわずかに持ち上げて、デバイス本体の背中側に向けて押します。
    • 取付台タブを外すため、底ケースをわずかに持ち上げて、デバイス本体の背中側に向けて押します。

    In the introduction you should link fixers to this excellent doc: https://www.ifixit.com/Misc/HD_Software_...

    It is really critical, super easy, and free(!) to clone your existing drive onto the new one you will install. I ran into one error, but SuperDuper! support replied immediately on how to fix it...Thanks ifixit and SuperDuper! (I ponied up the $28 for the software anyway, I was so impressed!)

    Mike - 返信

  3. 作業前の注意点として、放電を防ぐためロジックボードからバッテリーコネクターの接続を外してください。
    • 作業前の注意点として、放電を防ぐためロジックボードからバッテリーコネクターの接続を外してください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターを持ち上げます。

    gansodesoyaからの引用:

    why is step 3 necessary?

    Just to disconnect any power source to avoid damages by short-circuits.

    MrKane - 返信

    How do you get that battery connector back on? Do you just press it in back in place after you're done?

    Horace Chung - 返信

    yes. I usually plug it in before I screw it down so I can lift the battery a bit and have enough slack to be able to go straight down on the connector, otherwise it comes in on a bit of an angle, which can't be good (though not necessarily bad).

    maccentric -

    This step almost finished me, and I did extensive damage to the battery plug. Fortunately, I later replaced the battery, and the replacement came with a new plug! :) Newbies need to know - 1. The battery plug is like a thin lip on a thicker lip, so you need to pry BETWEEN 2 thin lips to get it off, else you are trying to yank out the socket. 2. Mine was initially VERY tight, and trying to get it out broke the plastic on all sides of plug, even though I was as careful as possible. Luckily, this didn't hurt functionality and I later replaced the battery. AFTER disconnecting once, it was never so tight again,

    Jeff Diamond - 返信

  4. ファンコネクタを基板上のソケットからファンコネクタを引き抜きます。 コネクタの接続を外すには、ファンケーブルのワイヤ下からスパッジャーでツイストしながら作業をすると上手くいきます。 ファンのソケットとファンのコネクタは2番目、3番目の画像で確認できます。スパッジャーを使ってファンのコネクタをまっすぐソケットから引き抜く際に、基板に付いているプラスチックのファンソケットを壊さないようご注意ください。基板のレイアウトは2番目の画像で確認できますが、お手元のデバイスのデザインと若干異なることがあるかもしれません。ファンソケットは同じはずです。
    • ファンコネクタを基板上のソケットからファンコネクタを引き抜きます。

    • コネクタの接続を外すには、ファンケーブルのワイヤ下からスパッジャーでツイストしながら作業をすると上手くいきます。

    • ファンのソケットとファンのコネクタは2番目、3番目の画像で確認できます。スパッジャーを使ってファンのコネクタをまっすぐソケットから引き抜く際に、基板に付いているプラスチックのファンソケットを壊さないようご注意ください。基板のレイアウトは2番目の画像で確認できますが、お手元のデバイスのデザインと若干異なることがあるかもしれません。ファンソケットは同じはずです。

    The image is very misleading. This is why many people are breaking their connectors. Please correct this and make it VERY clear that one has to put the spudger straight behind the cables, NOT behind the connector, as shown in the pic.

    Giunia - 返信

    Thankfully there is a helpful guide in the comments on this post for fixing the socket in the likely event that you snap the sucker clean off like I did:

    I popped off the fan connection from the logic board...Fix?

    agoodcourage - 返信

  5. 次の3本のネジを外します。
    • 次の3本のネジを外します。

    • 7 mm T6 トルクスネジー1本

    • 5.4 mm T6トルクスネジー2本

  6. 上部ケースからファンを取り出します。
    • 上部ケースからファンを取り出します。

  7. ディスプレイデータケーブルのロックに固定されたプラスチックのタブを掴んで、コンピューターのDC-Inサイドに向けて回転させます。 ゆっくりとディスプレイデータケーブルのコネクタを基板と並行に引っ張ります。 コネクタを上向きに引っ張らないでください。コネクタにダメージを与えてしまいます。
    • ディスプレイデータケーブルのロックに固定されたプラスチックのタブを掴んで、コンピューターのDC-Inサイドに向けて回転させます。

    • ゆっくりとディスプレイデータケーブルのコネクタを基板と並行に引っ張ります。

    • コネクタを上向きに引っ張らないでください。コネクタにダメージを与えてしまいます。

    On my system the pad on top of the connector was shifted making the bracket difficult to rotate into the up position. The bracket looks like a handle so my first instinct was to pull it straight up. Big mistake. I ended up popping the brass guard off the connector on the logic board. The instructions could benefit from an arrow indicating the direction to pull and rotation of the bracket.

    highnoontoday - 返信

  8. ディスプレイデータケーブルのブラケットに上部ケースを固定している2本のネジを外します。 8.6 mmプラスネジー1本
    • ディスプレイデータケーブルのブラケットに上部ケースを固定している2本のネジを外します。

    • 8.6 mmプラスネジー1本

    • 5.6 mmプラスネジー1本

    • ディスプレイデータケーブルのブラケットを上部ケースから持ち上げます。

  9. スパッジャーの平面側先端を使って、サブウーファーと右側スピーカーのコネクタを基板から引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、サブウーファーと右側スピーカーのコネクタを基板から引き上げます。

    Push it straight down. It should snap in.

    BobG - 返信

    The first time i tried this on a MBP 13 I broke the connector form the board. It should be noted that you have to be very careful in this step, as the plug fits very tightly and you can easily use too much force to tear the connector from the board. Use a second spudger to hold down the connector at its border and try very gently using a second spudger to move the plug out of the connector upwards.

    Joachim Kathmann - 返信

  10. カメラケーブルコネクタを光学ドライブ側に向けて引っ張り、基板から接続を外します。
    • カメラケーブルコネクタを光学ドライブ側に向けて引っ張り、基板から接続を外します。

    • このソケットはメタル製で簡単に曲がってしまいます。コネクタを基板上のソケットと接続させる前に、位置を合わせて確認してください。

    As mentioned, the socket can be easily damaged when re-inserting it. I didn't care enough and one pin was damaged. Wifi was not detected.

    Hopefully the pin was not broken (only bent). Putting it back in its correct position, the wifi re-appeared.

    Arnaud ROSAY - 返信

  11. スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブ、ハードドライブ、トラックパッドケーブルコネクタを基板から引き抜きます。 スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブ、ハードドライブ、トラックパッドケーブルコネクタを基板から引き抜きます。 スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブ、ハードドライブ、トラックパッドケーブルコネクタを基板から引き抜きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブ、ハードドライブ、トラックパッドケーブルコネクタを基板から引き抜きます。

  12. 爪先やスパッジャーの先端を使って、キーボードリボンケーブル用のZIFソケット上の固定用ケーブルを引き上げて裏返します。 キーボード用リボンケーブルをソケットからスライドさせるには、スパッジャーを使ってください。 キーボード用リボンケーブルをソケットからスライドさせるには、スパッジャーを使ってください。
    • 爪先やスパッジャーの先端を使って、キーボードリボンケーブル用のZIFソケット上の固定用ケーブルを引き上げて裏返します。

    • キーボード用リボンケーブルをソケットからスライドさせるには、スパッジャーを使ってください。

    Sometimes spulger is not the best tool to slide the cable out. If it is difficult to slide, try two toothpicks to pull the cable from two sides simultaneosly.

    Leo Nikitin - 返信

    As Mateo said, replacing the zif cable is NOT easy, and in this case, will leave you with a computer that won't power on- this cable connects the power button. I learned a trick somewhere for dealing with these cables- put a piece of good sticky tape on the cable, and use it to pull it back into the connector. Works every time.

    stevesontheroad - 返信

    Yeah! The tape trick worked for me. Thanks!

    Ted Bishop -

    Thank you Steve, it’s works perfectly.

    never_forever18 -

  13. キーボードバックライト用のリボンケーブルソケットから黒色のテープで小さな一片を剥がします。
    • キーボードバックライト用のリボンケーブルソケットから黒色のテープで小さな一片を剥がします。

    Be very careful while taking this black tape off. I accidentally broke the chip off the motherboard and so my keyboard is not backlit any more.

    Asim Akath - 返信

  14. スパッジャーの先端を使って、キーボードバックライト用のリボンケーブル用のZIFソケット上の固定ブラップケーブルを引き上げて裏返します。 スパッジャーを使って、ソケットからキーボードのバックライトリボンケーブルをスライドします。 スパッジャーを使って、ソケットからキーボードのバックライトリボンケーブルをスライドします。
    • スパッジャーの先端を使って、キーボードバックライト用のリボンケーブル用のZIFソケット上の固定ブラップケーブルを引き上げて裏返します。

    • スパッジャーを使って、ソケットからキーボードのバックライトリボンケーブルをスライドします。

    Be especially careful as my hole socket detached from the board. It would have helped to vertically press the socket to the board with the tip of a spudger. Thus partially blocking the strap, you can first peel the free end, then change position and peel the rest. Slide the ribbon cable perfectly horizontally.

    Rainer - 返信

    I had the same issue of trying to get the ZIF cable back in but found that if I used a piece of scotch tape, it worked. I followed this guide. MacBook unibody keyboard ribbon cable won't go in

    spearson - 返信

    A reassembly trick that works for me is to use some 3/4" blue painters tape to stick to the very back (lower end) of the ribbon cable so I can pull it up and back before locking the cam. Trying to get a good grip without cutting, or crimping the ribbon means no tweezers or pliers can be used.

    originalmachead - 返信

  15. スパッジャーの平面側先端を使って、基板からバッテリーインディケーター用ケーブルコネクタを引き抜きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板からバッテリーインディケーター用ケーブルコネクタを引き抜きます。

    If you’re swapping top cases, you might need to remove the battery indicator from the case and swap it to the replacement top case. It attaches with three very tiny Phillips screws. I wasn’t aware that my replacement top case didn’t have this part and got confused when reversing the steps to reassemble and I didn’t have this connector. I had to take the battery back out in order to swap the indicator over.

    Mark Barnes - 返信

  16. スパッジャーの先端を使って、上部ケースに留められた接着剤からマイクを引き上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、上部ケースに留められた接着剤からマイクを引き上げます。

    on the Australian/Asia version speaker cable is located underneath the logic board.

    linuxuser101 - 返信

  17. 次のネジを外します。
    • 次のネジを外します。

    • 7 mm T6トルクスネジー2本

    • 3.3 mm T6トルクスネジー5本

    • 4 mm T6トルクスネジー2本

  18. 基板を取り出す前にバッテリーを取り出す必要はありませんが、基板を簡単に安全に取り出しやすくなります。バッテリーを残す場合は、基板をバーコード付近のバッテリーケース側に向けて曲げないようにご注意ください。 上部ケースにバッテリーを固定している次のトライポイントネジを外します。
    • 基板を取り出す前にバッテリーを取り出す必要はありませんが、基板を簡単に安全に取り出しやすくなります。バッテリーを残す場合は、基板をバーコード付近のバッテリーケース側に向けて曲げないようにご注意ください。

    • 上部ケースにバッテリーを固定している次のトライポイントネジを外します。

    • 5.5 mmトライポイントネジー1本

    • 13.5 mmトライポイントネジー1本

    • 上部ケースからバッテリーを取り出します。

  19. 上部ケースの横側がクリアになるまで、基板を左側から持ち上げます。 上部ケースサイドから基板を持ち上げて取り出します。DC-Inボードが絡まないようにご注意ください。
    • 上部ケースの横側がクリアになるまで、基板を左側から持ち上げます。

    • 上部ケースサイドから基板を持ち上げて取り出します。DC-Inボードが絡まないようにご注意ください。

    Be careful while taking the board out, as the heatsink usually is caught by the optic drive.

    Leo Nikitin - 返信

    mid 2012: Careful of the left speaker (on your right because unit is upside down). Gently remove with spudger tool before removing logic board and when reinstalling press firmly back into place with spudger. Install speaker after putting logic board in place but before installing screws.

    JASON CULP - 返信

  20. 基板にヒートシンクを固定している8.5 mm プラスネジを4本外します。
    • 基板にヒートシンクを固定している8.5 mm プラスネジを4本外します。

    • これらの各ネジの下にバネが付いています。

  21. 基板からヒートシンクをゆっくりと持ち上げます。
    • 基板からヒートシンクをゆっくりと持ち上げます。

    • ヒートシンクを基板上に再装着す流際は、新しい放熱グリスを取り付けてください。放熱グリスの塗布方法のガイドを参照してください。

    As the pic in step 22 reveals, the Apple factories in Asia apply a huge amount of thermal heat sink paste goop to the top surface of the processors. The need for a special primer on this reapplication procedure (other than the removal and cleaning of the old paste from the processors' surfaces) is over-rated.

    dcelander - 返信

  22. マイクケーブルコネクタと左側スピーカーケーブルコネクタを覆っているテープを剥がします。
    • マイクケーブルコネクタと左側スピーカーケーブルコネクタを覆っているテープを剥がします。

  23. スパッジャーの平面側先端を使って、基板から左側スピーカーのコネクタを引き抜きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板から左側スピーカーのコネクタを引き抜きます。

  24. スパッジャーの平面側先端を使って、基板からマイクケーブルのコネクタを引き抜きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板からマイクケーブルのコネクタを引き抜きます。

  25. 基板に左側スピーカーとマイクアセンブリを固定している接着剤をゆっくりと剥がします。
    • 基板に左側スピーカーとマイクアセンブリを固定している接着剤をゆっくりと剥がします。

  26. 基板上のソケットからDC-Inボードのコネクタを引っ張り、DC-Inボードの接続を外します。
    • 基板上のソケットからDC-Inボードのコネクタを引っ張り、DC-Inボードの接続を外します。

  27. RAMから両側タブを同時に押して、チップの両側にあるタブを外します。 これらのタブはチップを固定しており、外すと”カチ’と音がします。
    • RAMから両側タブを同時に押して、チップの両側にあるタブを外します。

    • これらのタブはチップを固定しており、外すと”カチ’と音がします。

    • RAMチップが取り出せたら、ソケットからまっすぐ引き出してください。

    • 2番目のRAMチップが搭載されている場合は、この手順を繰り返してください。

    • 基板のみが残ります。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

132 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

658,349 ポイント

1,203のガイドは作成済み

4 件のコメント

My Mac book pro mid 2010 unibody 13' suddenly stopped working and was diagnosed for water damage. followed step by step instruction to disassemble and reassemble the logic board. Even the cleaning procedure for the water damage was available on the ifixit website. The author's instructions are very clear and precise and the colour coded markings about the screws and all other instruction are very precise. My mac book is now back to life after two years. THANKS A LOT to IFIXIT and the AUTHOR.

rishi - 返信

Thanks so much. A Wonderful Resourse. The Logic board Tutorial is great and computer is working so far!

Logic board purchased from ifix also!

Shelley McKaughan - 返信

Absolutely great guide for logic board replacement. iFixIt.com was also great in overnighting a replacement to the first logic board they sent me because it was missing the fan connector. Love the warranty on their boards. Worth the extra money vs buying on eBay, etc.

Dan - 返信

Is a Macbook Pro mid 2012 mobo compatible with this macbook pro mid 2010 ?

phfred - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 23

過去 7 日: 115

過去 30 日: 461

今までの合計 210,690