メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを参照して、壊れたトラックパッドを交換しましょう。

  1. 次のネジを10本外します。
    • 次のネジを10本外します。

    • 14.4 mm #00プラスネジー3本

    • 3.5 mm #00プラスネジー3本

    • 3.5 mm #00 肩付きプラスネジー4本

    • 小さなネジを交換する際は、ケースのわずかに湾曲した部分に対し、垂直にネジを揃えてください。

  2. 排気口(液晶ヒンジ部)付近より、底ケースを指で開けます。 底ケースを取り外します。
    • 排気口(液晶ヒンジ部)付近より、底ケースを指で開けます。

    • 底ケースを取り外します。

  3. スパッジャーの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから上向きに引き上げます。 ソケットからバッテリーコネクターを外す際に、両側の短いサイドから上向きに引き上げると作業がしやすいです。コネクターの角に気をつけてください。簡単に壊れてしまいます。
    • スパッジャーの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから上向きに引き上げます。

    • ソケットからバッテリーコネクターを外す際に、両側の短いサイドから上向きに引き上げると作業がしやすいです。コネクターの角に気をつけてください。簡単に壊れてしまいます。

  4. バッテリーケーブルをロジックボード上のソケットから外して、わずかに折り曲げておきます。そうすると、作業中にアクシデントで接続することがありません。
    • バッテリーケーブルをロジックボード上のソケットから外して、わずかに折り曲げておきます。そうすると、作業中にアクシデントで接続することがありません。

  5. 次のネジを2本外します。
    • 次のネジを2本外します。

    • 5.6 mm トライポイントネジ 1本

    • 13 mm トライポイントネジ 1本

  6. バッテリーの警告ラベルを、光学ドライブの間の上部ケースから丁寧に剥がします。
    • バッテリーの警告ラベルを、光学ドライブの間の上部ケースから丁寧に剥がします。

    • バッテリーから警告ラベルを完全に外さないでください。

  7. バッテリー上部についているプラスチックのプルタブを使って、上部ケースからバッテリーを外します。
    • バッテリー上部についているプラスチックのプルタブを使って、上部ケースからバッテリーを外します。

    • この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのカリブレーションを行なってください。

    • 100%になるまで充電します。充電後も最低2時間はプラグを繋げたままにします。それからプラグを外して、通常通り使用しながら、自然に放電させます。バッテリー残量小のサインが表示されたら、これまでの作業を保存して、スリープ状態になるまで放置してください。スリープ状態に入ったら、少なくとも5時間置きます。それから一気に100%まで充電します。

    • 新しいバッテリーを装着後、通常通り作動しない場合は、MacBook ProのSMCをリセットしなければならない可能性があります。

  8. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからトラックパッドのコネクターを丁寧に引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからトラックパッドのコネクターを丁寧に引き上げます。

  9. MacBook Proを開口して画像のようにデバイスを配置します。
    • MacBook Proを開口して画像のようにデバイスを配置します。

  10. 片手でロジックボード付近のトラックパッドの端を持ちながら、赤くハイライトした1.2 mmプラスネジを4本外します。
    • 片手でロジックボード付近のトラックパッドの端を持ちながら、赤くハイライトした1.2 mmプラスネジを4本外します。

  11. 必要に応じて、上部ケースの角から丁寧にキーボード側のトラックパッドの端を外します。 ここに翻訳を挿入する ここに翻訳を挿入する
    • 必要に応じて、上部ケースの角から丁寧にキーボード側のトラックパッドの端を外します。

    • ここに翻訳を挿入する

    • ここに翻訳を挿入する

  12. 新しいトラックパッドを搭載する際は、上部ケースからケーブルを通して基板に取り付ける作業が困難です。片手でケーブルを上部ケースのスロットに押し込みながら通して、スパッジャーの先端を使ってコネクタを基板に取り付けてください。
    • 新しいトラックパッドを搭載する際は、上部ケースからケーブルを通して基板に取り付ける作業が困難です。片手でケーブルを上部ケースのスロットに押し込みながら通して、スパッジャーの先端を使ってコネクタを基板に取り付けてください。

  13. 次にトラックパッドの内側端にそって1.2 mmプラスネジを取り付けます。 ネジをしっかりと締めてから、1/4ほど緩めてください。
    • 次にトラックパッドの内側端にそって1.2 mmプラスネジを取り付けます。

    • ネジをしっかりと締めてから、1/4ほど緩めてください。

    • 上部ケースのキーボード側のトラックパッドの位置が揃っているか確認してください。上部ケースのトラックパッドを正しい位置に付けたら、4本のネジを留めてください。

終わりに

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

187 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

railgunさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

472,610 ポイント

410のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

137 メンバー

16,049のガイドは作成済み

8 件のコメント

I have a sensitivity problem with my new just installed Trackpad. Click works fine but the trackpad doesn't detect fingers the way it used to. For example if u use the tip of the finger (not the nail obviously) the arrow doesn't move at all but it works if u use the "fingerprint" part of the finger (flatter part). Any suggestions?

casse89 - 返信

You probably need to slightly loosen the screw in that little triangle shaped groove by the bottom center of the trackpad. That will lessen restriction on the pressure sensor's range of movement so that it can detect slight touches.

Ari Himber -

Easy to follow, excellent instructions and photos. Apple considers this repair too difficult for the end user. The only thing that is difficult about it is having the right tools. Other than that, just focus. It took me maybe 30 minutes with the trackpad centering being the most time-consuming problem.

Larry Hicok - 返信

Great directions and very useful site! No surprises for this installation. Thanks!

Far - 返信

The hex screw towards the bottom of the trackpad adjusts the sensitivity and “click” of the trackpad. This might need adjusting after installation.

Rob - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 23

過去 7 日: 164

過去 30 日: 852

今までの合計 100,166