メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドを使ってヒートシンクを交換します。もしくは放熱グリスを再装着するために、ヒートシンクを外します。

ヒートシンクを再装着する前に、必ず放熱グリスを塗布してください

    • 作業を始める前に、MacBookの電源を落として下さい。ディスプレイを閉じ柔らかい表面の上に置いてください。

    • P5ペンタローブドライバーを使って、下部ケースをはずしてください。ネジは次の長さに分かれます。

    • 9mm ネジー 2本

    • 2.6mm ネジー 8本

  1. ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。
    • ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。

    • 下部ケースを取り外して脇に置きます。

  2. 作業中に電源がオンにならないようにするには、バッテリーを外すことをお勧めします。 バッテリーコネクターに取り付けられた透明なプラスチック製のプルタブを掴み、Airの前端に向かって引っ張り、バッテリーをロジックボードから外します。
    • 作業中に電源がオンにならないようにするには、バッテリーを外すことをお勧めします。

    • バッテリーコネクターに取り付けられた透明なプラスチック製のプルタブを掴み、Airの前端に向かって引っ張り、バッテリーをロジックボードから外します。

    • コネクターの接続を外すときは、コネクターソケットにダメージを与えてしまう可能性があるためコネクターを上に持ち上げないでください。

  3. スパッジャーの平面側先端を使って、I/O ボード上のソケットからI/O ボードケーブルのコネクタを跳ね上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/O ボード上のソケットからI/O ボードケーブルのコネクタを跳ね上げます。

  4. ファン上部に固定された接着剤からゆっくりと丁寧にI/O ボードケーブルを解放します。
    • ファン上部に固定された接着剤からゆっくりと丁寧にI/O ボードケーブルを解放します。

    • 再組み立ての際は、このケーブルが正しい方向に装着されているか確認してください。逆向きでも装着できますが、ラップトップが起動しません。

  5. 次のコネクターのソケットは特に深くなっています。このソケットから接続を外す際はご注意ください。 スパッジャーの平面側先端を使って、I / Oボードのケーブルをロジックボードの接続部付近に向けてゆっくりと跳ね上げます。コネクタの両側から上向きに押し上げて、ソケットから外します。
    • 次のコネクターのソケットは特に深くなっています。このソケットから接続を外す際はご注意ください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、I / Oボードのケーブルをロジックボードの接続部付近に向けてゆっくりと跳ね上げます。コネクタの両側から上向きに押し上げて、ソケットから外します。

    • I/O ボードケーブルを取り出します。

  6. スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを注意深く跳ね上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを注意深く跳ね上げます。

    • ソケットではなく、蝶番で動く固定フラップのみを跳ね上げているか確認してください。

  7. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  8. ファン上部についているゴム製ガスケットの接着剤を剥がします。
    • ファン上部についているゴム製ガスケットの接着剤を剥がします。

  9. 上部ケースにファンを固定している次のネジを外します。
    • 上部ケースにファンを固定している次のネジを外します。

    • 5.2 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.3 mm T5トルクスネジー1本

    • 4.4 mm T5トルクスネジ(ショートヘッド)ー1本

  10. I/O ボードの側面からファンを持ち上げて、上部ケースからファン全体を取り出します。 ファンを取り出すには、ファン用リボンケーブルの接続を外さなければなりません。ケーブルを他のケーブルに引っかけないようにご注意ください。
    • I/O ボードの側面からファンを持ち上げて、上部ケースからファン全体を取り出します。

    • ファンを取り出すには、ファン用リボンケーブルの接続を外さなければなりません。ケーブルを他のケーブルに引っかけないようにご注意ください。

  11. I/Oボードのパワーケーブルをロジックボード上のソケットから引き抜いて、接続を外します。
    • I/Oボードのパワーケーブルをロジックボード上のソケットから引き抜いて、接続を外します。

    • Airの右側端に向けて、ロジックボードの表面と平行にケーブルを引き抜きます。

  12. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーケーブルコネクタを持ち上げます。 ワイヤーの下から持ち上げてください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーケーブルコネクタを持ち上げます。

    • ワイヤーの下から持ち上げてください。

  13. スパッジャーの先端を使って、マイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを注意深く跳ね上げます。 ソケットではなく、固定フラップのみを跳ね上げているか確認してください。
    • スパッジャーの先端を使って、マイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを注意深く跳ね上げます。

    • ソケットではなく、固定フラップのみを跳ね上げているか確認してください。

  14. I/Oボードを上部ケースに固定している4.1mm T5トルクスネジを1本外します。
    • I/Oボードを上部ケースに固定している4.1mm T5トルクスネジを1本外します。

  15. I/Oボード上の凹みからカメラケーブルを慎重に引き戻して、スパッジャーの先端でケーブルを邪魔にならない位置に押さえます。 I/Oボード上の凹みからカメラケーブルを慎重に引き戻して、スパッジャーの先端でケーブルを邪魔にならない位置に押さえます。
    • I/Oボード上の凹みからカメラケーブルを慎重に引き戻して、スパッジャーの先端でケーブルを邪魔にならない位置に押さえます。

  16. I/Oボードをロジックボードから持ち上げて、上部ケースから引き抜いて取り出します。
    • I/Oボードをロジックボードから持ち上げて、上部ケースから引き抜いて取り出します。

    • I/Oボードを取り出すと、マイク用リボンケーブルの接続を外さなければなりません。ケーブルを引っ掛けないようご注意ください。

  17. 左側ディスプレイの蝶番にアンテナケーブルのリテイナーを上部ケースに固定している4.9 mm T8トルクスネジを2本外します。
    • 左側ディスプレイの蝶番にアンテナケーブルのリテイナーを上部ケースに固定している4.9 mm T8トルクスネジを2本外します。

  18. アンテナケーブルのリテイナーを作業の邪魔にならない位置に移動させて、上部ケースにヒートシンクの先端を固定している3 mm T5トルクスネジを1本外します。
    • アンテナケーブルのリテイナーを作業の邪魔にならない位置に移動させて、上部ケースにヒートシンクの先端を固定している3 mm T5トルクスネジを1本外します。

  19. ロジックボードにヒートシンクを固定している2.5 mm T5トルクスネジを4本外します。
    • ロジックボードにヒートシンクを固定している2.5 mm T5トルクスネジを4本外します。

    • 前の手順で5本のネジ全てを取り外した後、ヒートシンクがロジックボードに貼り付いているように見える場合は、スパッジャーを使ってヒートシンクをCPUおよびGPUの表面から慎重に取り外します。

    • ロジックボードからヒートシンクを外します。

    • ヒートシンクを再装着する際は、放熱グリスを塗ってください。今までに放熱グリスを使用したことがない場合は簡単に作業が進むガイドを準備しています。

  20. デバイスを再組み立てする際は、画像のようにヒートシンクにガスケットを装着してください。 ガスケットの先端はヒートシンクのくぼみにはめてください。ガスケットはロジックボードに付いているヒートシンクの下で切れないようにしてください。
    • デバイスを再組み立てする際は、画像のようにヒートシンクにガスケットを装着してください。

    • ガスケットの先端はヒートシンクのくぼみにはめてください。ガスケットはロジックボードに付いているヒートシンクの下で切れないようにしてください。

    • ゴム製のガスケットにモールドされた小さなポストが、ロジックボードの右上隅にある穴と合わさるか確認してください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

10 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Goldheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

413,716 ポイント

547のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

125 メンバー

11,800のガイドは作成済み

6 件のコメント

hello if I do not put the gasket in the heatsink that me causes any problem when using the mac?

Edhys Santos - 返信

Don’t be lazy and do it right or don’t do it at all. It is not a difficult step and should not be skipped

BRUCEL86 -

My MAC didn’t have a gasket on the heat sink. It’s not about lazy, it’s about not finding that part. I assume the repair shop didn’t reassemble it correctly, or it came without.

Erin Kaspar-Frett - 返信

I do not have a gasket on the heat sink either; what does that mean?

Niki - 返信

The gasket is what is shown in step 8 that surrounds the long heatsink next to the backside of the case. It essentially wraps around the heatsink and rests on top of the small fan. The two purposes of this small gasket is primarily insulate the fan against vibration. The second function is that in some small part it could help provide insulating effects for air flow. This is to ensure that air passes through the fan and out of the rear of the heat exchanger and then out of the back of the laptop.

I suspect it for the first reason I gave primarily and really don’t see an issue as to the performance of the laptop. It just means it might be a little louder with rattle due to vibration.

Justin Hainline -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 8

過去 7 日: 75

過去 30 日: 306

今までの合計 9,306