メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

このガイドを参照して、MacBook Air 13インチ Early 2017 デュアルマイクロフォンを交換します。

    • 作業を始める前に、MacBookの電源を落として下さい。ディスプレイを閉じ柔らかい表面の上に置いてください。

    • P5ペンタローブドライバーを使って、下部ケースをはずしてください。ネジは次の長さに分かれます。

    • 9mm ネジー 2本

    • 2.6mm ネジー 8本

  1. ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。
    • ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。

    • 下部ケースを取り外して脇に置きます。

  2. 作業中に電源がオンにならないようにするには、バッテリーを外すことをお勧めします。 バッテリーコネクターに取り付けられた透明なプラスチック製のプルタブを掴み、Airの前端に向かって引っ張り、バッテリーをロジックボードから外します。
    • 作業中に電源がオンにならないようにするには、バッテリーを外すことをお勧めします。

    • バッテリーコネクターに取り付けられた透明なプラスチック製のプルタブを掴み、Airの前端に向かって引っ張り、バッテリーをロジックボードから外します。

    • コネクターの接続を外すときは、コネクターソケットにダメージを与えてしまう可能性があるためコネクターを上に持ち上げないでください。

  3. バッテリーを上部ケースに固定している次の5本のネジを外します:
    • バッテリーを上部ケースに固定している次の5本のネジを外します:

    • 6.9mm T5トルクスネジ 3本

    • 3.0mm T5トルクスネジ 2本

  4. 今あるものを使い続けましょう

    オールインワインキットで安く修理して、節約しましょう。

    iPhone 修理キットを見る

    今あるものを使い続けましょう

    オールインワインキットで安く修理して、節約しましょう。

    iPhone 修理キットを見る
  5. バッテリーを取扱う際は、露出した4つのリチウムポリマーセルを触ったり、掴まないようにご注意ください。
    • バッテリーを取扱う際は、露出した4つのリチウムポリマーセルを触ったり、掴まないようにご注意ください。

    • ロジックボード側の端からバッテリーを持ち上げて、上部ケースから取り出します。

    • この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのカリブレーションを行なってください。

    • 100%になるまで充電します。充電後も最低2時間はプラグを繋げたままにします。それからプラグを外して、通常通り使用しながら、自然に放電させます。バッテリー残量小のサインが表示されたら、これまでの作業を保存して、スリープ状態になるまで放置してください。スリープ状態に入ったら、少なくとも5時間置きます。それから一気に100%まで充電します。

    • 新しいバッテリーを装着後、通常通り作動しない場合は、MacBook ProのSMCをリセットしなければならない可能性があります。

  6. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーのケーブルコネクターを跳ね上げて外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーのケーブルコネクターを跳ね上げて外します。

    • ワイヤーの下から接続を外してください。

  7. スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケースに左側スピーカーを固定している接着剤から解放します。 上部ケースから左側スピーカーを取り出します。 上部ケースから左側スピーカーを取り出します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケースに左側スピーカーを固定している接着剤から解放します。

    • 上部ケースから左側スピーカーを取り出します。

  8. スパッジャーのフラットエンドを使用して、I / OボードケーブルコネクタをI / Oボードのソケットから跳ね上げて外します。 I / Oボードケーブルを取り外す必要はありませんが、作業の邪魔にならないように曲げてください。
    • スパッジャーのフラットエンドを使用して、I / OボードケーブルコネクタをI / Oボードのソケットから跳ね上げて外します。

    • I / Oボードケーブルを取り外す必要はありませんが、作業の邪魔にならないように曲げてください。

    • ファン上部に固定された接着剤からI / Oボードケーブルを慎重に剥がしますが、完全に外さないでください。

  9. スパッジャーの先端を使って、マイクロフォンのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを丁寧に跳ね上げて外します。 ソケット自体ではなく、保持フラップを裏返していることを確認してください。 マイクロフォンリボンケーブルをI / Oボードのソケットからまっすぐ、丁寧に押し出します。
    • スパッジャーの先端を使って、マイクロフォンのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを丁寧に跳ね上げて外します。

    • ソケット自体ではなく、保持フラップを裏返していることを確認してください。

    • マイクロフォンリボンケーブルをI / Oボードのソケットからまっすぐ、丁寧に押し出します。

  10. スパッジャーの先端を使って、上部ケースの左側につけられた接着剤からマイクロフォンを解放します。 上部ケースからマイクロフォンを取り出します。 上部ケースからマイクロフォンを取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、上部ケースの左側につけられた接着剤からマイクロフォンを解放します。

    • 上部ケースからマイクロフォンを取り出します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?まずはベーシックなトラブルシューティングを試してみるか、このモデルのアンサーコミュニティに尋ねてみましょう。

ある他の人がこのガイドを完成しました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Adam O'Camb

メンバー登録日: 2015年04月11日

105,410 ポイント

322のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

128 メンバー

13,052のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 4

過去 7 日: 12

過去 30 日: 46

今までの合計 123