メインコンテンツにスキップ

はじめに

Huaweiはスマートフォンのカメラの最先端を行くフロンティアです。私たちはP30 Proを分解して内部を覗くことにしました。私たちの言う“覗き見” とは、言うまでもなく、分解を意味します。このPシリーズは人工知能 (AI)主導の最先端フラットカメラを搭載しているようです。さあ、分解に取り掛かりましょう。

最新ニュースや分解情報を見逃さないでください!

TwitterTwitter日本語版InstagramFacebookをフォローしてください。

もしくは、ニュースレターを購読することもできます。(英語配信)

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのHuawei P30 Proを修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. Huawei P30 Proのスペックをざっと確認してみましょう。 6.47インチOLED ディスプレイ、フルHD+、解像度2340 × 1080 8コアHuawei Kirin 980プロセッサ、デュアルニューラルネットワーク処理ユニット、Mali-G76 MP10 GPU
    • Huawei P30 Proのスペックをざっと確認してみましょう。

    • 6.47インチOLED ディスプレイ、フルHD+、解像度2340 × 1080

    • 8コアHuawei Kirin 980プロセッサ、デュアルニューラルネットワーク処理ユニット、Mali-G76 MP10 GPU

    • 6GB RAMと128GBオンボードストーレッジ (8GB RAMと最大512GBストーレッジまで拡張可能)

    • Leica "クアッド" リアカメラ、広角40メガピクセル、 (ƒ/1.6開口部、手ブレ補正機構) + 超広角レンズ20メガピクセル (ƒ/2.2開口部) + 望遠レンズ8メガピクセル (ƒ/3.4開口部、手ブレ補正機構) + Huawei タイム・オブ・フライト方式モジュール —これに、セルフィーカメラ32メガピクセル (ƒ/2.0開口部)

    • "Acoustic Display Technology"と呼ばれる新イヤフォンスピーカーテクノロジー、ディスプレイに搭載された指紋認証センサ

    • USB-C充電ポート (ヘッドホンジャックなし)

    • IP68防水防塵機能対応

  2. 昨年モデルのP20 Proを取り出して、最新のカメラモデルと見比べてみましょう。 P30 Pro (画像左側:左/ 画像中央と右:下側)は、前モデルと比べて3mm長く、0.61mm厚く、横幅は若干短く(0.5mm) なりました。 ホームボタンとイヤフォン用のスピーカーグリルがスクリーンの裏側に移動しましたが、それでもP30 Proは長くなりました。
    • 昨年モデルのP20 Proを取り出して、最新のカメラモデルと見比べてみましょう。

    • P30 Pro (画像左側:左/ 画像中央と右:下側)は、前モデルと比べて3mm長く、0.61mm厚く、横幅は若干短く(0.5mm) なりました。

    • ホームボタンとイヤフォン用のスピーカーグリルがスクリーンの裏側に移動しましたが、それでもP30 Proは長くなりました。

    • 電源と音量ボタンはP20 Proと同じ位置に搭載されています。

    • デバイス本体下側の端に沿って、USB-Cポートが付いています。スピーカーホールの反対側に4つのマイクロフォンホールがありましたが、SIMカードスロットのスペースを確保するため1つに減らされました。

    • SIMカード用エジェクトツールを差し込む時は、正しいホールに差し込んでいるか注意が必要です…

    • 分解を始めると、フレームとバックガラスとの間には、気づきにくいもののよく見ると非常に極細な隙間があることに気づきます。

    • 製作交差は小さくなり続けているようですー接着剤で密封されたデバイスの開口は非常に困難です。IP68(防水防塵機能)を実現するための代償でしょうか?

    • iSclackで少し温めて、開口ピックを使えば、接着剤で固められたバックカバーを開口できます。

    • もちろん、ガラス製バックカバーはデバイスがひび割れる確率を高くするためで、ワイヤレス充電を可能にします。

    • 私たちは精密ビットドライバーとMakoドライバーセットに入っているプラスビットを準備しています。 (ネタバレ) この分解を終えるまでに唯一必要なビットでした。 結果、私たちは嬉んでいます。

    • 次に取り出すのは、マザーボードのカバーに取り付けられたワイヤレス充電コイルで、数本のアンテナと2箇所の接合部分を繋いでいる不思議なオレンジ色のフレックスケーブルが付いています。この目的はよく分かりません。

    • この充電コイルは、デバイスを充電するだけでなく、マウス、電気かみそり、または電動歯ブラシなどにリバース充電も可能ですー嘘のような本当の話です。

    • 2019年は、リバース充電が最新モデルスマートフォンの標準装備になってきているようです。

  3. デバイスの開口が完了しました。カメラに作業の手を移します。まず取り出すのは新ペリスコープ(潜望鏡)スタイルのカメラモジュールです。最大50倍ズームまで可能と言われています。 巨大なカメラの突起を作る代わりに、このモジュールはカメラの開口部から90度回転します。センサー上に光を屈折させるプリズム効果を持ち、デバイスに対して水平に搭載されています。 ここで確認ですーこのモジュールは1倍〜5倍ズーム間では使用されず、5倍ズーム以上のみで機能するようです。
    • デバイスの開口が完了しました。カメラに作業の手を移します。まず取り出すのは新ペリスコープ(潜望鏡)スタイルのカメラモジュールです。最大50倍ズームまで可能と言われています。

    • 巨大なカメラの突起を作る代わりに、このモジュールはカメラの開口部から90度回転します。センサー上に光を屈折させるプリズム効果を持ち、デバイスに対して水平に搭載されています。

    • ここで確認ですーこのモジュールは1倍〜5倍ズーム間では使用されず、5倍ズーム以上のみで機能するようです。

    • P30 Proには合計5台のカメラが搭載されています。 左上から確認していきましょう。20メガピクセルの超広角カメラ、その真下が40メガピクセルの広角カメラ、この隣に搭載されているのがタイム・オブ・フライト(ToF)方式カメラ (最大50倍 ズーム)、一番下が8メガピクセルの望遠カメラ、そして右上は何とも32メガピクセルのフロントカメラです。

    • 興味深いことに、40メガピクセルのカメラセンサーはRGGB(赤/緑/緑/青)のベイヤーフィルターからRYYB(赤/黄/黄/青)のパターンに変更されました。昨年のP20 Proモデル以降、モノクロセンサーを廃止したため、この新パターンによって光の感度を高め、さらにコントラスト効果を出せるようです。

  4. PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る
  5. カメラのツアーは終了です。さて次は、マザーボードにズームして高感度処理してみましょう。 このコンパクトな回路は複数のレイヤーで積層されています。複数のレイヤー状のPCB(プリント基板)に加えて(おそらく)、このマザーボードは実際に2つのプリント基板が積み重ねられています。 素晴らしい3Dです!
  6. より詳細に点検するため、シールドを剥がすと、幾つかのチップが確認できます。 SKhynix H9HKNNNFBMAU LPDDR4X—Huawei Kirin 980が下に積層
    • より詳細に点検するため、シールドを剥がすと、幾つかのチップが確認できます。

    • SKhynix H9HKNNNFBMAU LPDDR4X—Huawei Kirin 980が下に積層

    • Micron JZ064 MTFC128GAOANAM-WT 128 GB フラッシュストーレッジ

    • HiSilicon HI6405

    • HiSilicon HI6363 GFCV100 RFトランシーバー

    • Skyworks 78191-11WCDMA/LTE用フロントエンドモジュール

    • Qorvo 77031フロントエンドモジュール

  7. このデバイス前面側にイヤホン用スピーカーグリルが付いていないことを覚えていますか? この理由は、振動スピーカーのように機能するHuaweiの”Acoustic Display Technology”スピーカーによるものです。 これは一般のスピーカーとほぼ同じように機能しますが、メンブレン (膜)の振動によるサウンドウェーブを生成せず、硬い表面(ガラススクリーン)を振動させてスクリーンをスピーカーに変えます。 このモジュールの原動力は、中央にマグネットが付いたコイルで作られています。スクリーンを振動させるパーツと連動しています。このパーツはディスプレイ裏側に接着剤で付けられています。
    • このデバイス前面側にイヤホン用スピーカーグリルが付いていないことを覚えていますか? この理由は、振動スピーカーのように機能するHuaweiの”Acoustic Display Technology”スピーカーによるものです。

    • これは一般のスピーカーとほぼ同じように機能しますが、メンブレン (膜)の振動によるサウンドウェーブを生成せず、硬い表面(ガラススクリーン)を振動させてスクリーンをスピーカーに変えます。

    • このモジュールの原動力は、中央にマグネットが付いたコイルで作られています。スクリーンを振動させるパーツと連動しています。このパーツはディスプレイ裏側に接着剤で付けられています。

    • 隣の金属フレームに取り付けられた、従来の通知用振動モーターと混同しないでください。

  8. 指紋認証センサーにたどり着く途中で、長いインターコネクトケーブルに付いているUSB-Cポートを取り出します。 ワイヤレス充電を使用すれば、ポートの使用頻度が減ります。しかしながら、いつかポートが消耗して交換しなければならない場合、SIMカードリーダーとドーターボードから個別に交換できます。 私たちは、多くのメインパーツがモジュールというデザインを望んでいます。このデザインはGalaxy S10ラインで半田付けされたポートと比べると、大幅に修理が簡単になります。
    • 指紋認証センサーにたどり着く途中で、長いインターコネクトケーブルに付いているUSB-Cポートを取り出します。

    • ワイヤレス充電を使用すれば、ポートの使用頻度が減ります。しかしながら、いつかポートが消耗して交換しなければならない場合、SIMカードリーダーとドーターボードから個別に交換できます。

    • 私たちは、多くのメインパーツがモジュールというデザインを望んでいます。このデザインはGalaxy S10ラインで半田付けされたポートと比べると、大幅に修理が簡単になります。

    • せっかくここを分解しているので、通常のラウドスピーカーモジュール(ディスプレイに付けられていない方)を取り出します。

  9. 最後に指紋認証センサを取り出します。このセンサはデバイス下側の端付近に搭載されています。 この指紋認証センサーは、OnePlus 6TやXiaomi Mi9、Vivo Nex Sに搭載されていたものと同じGoodix GM185光学スキャナーです。 光学センサーですって?技術的な話をすれば、このデバイスは実に6つのカメラが搭載されているのです。
    • 最後に指紋認証センサを取り出します。このセンサはデバイス下側の端付近に搭載されています。

    • この指紋認証センサーは、OnePlus 6TやXiaomi Mi9、Vivo Nex Sに搭載されていたものと同じGoodix GM185光学スキャナーです。

    • 光学センサーですって?技術的な話をすれば、このデバイスは実に6つのカメラが搭載されているのです。

  10. このバッテリーには取り出しに便利なプルタブがついています。前モデルMate 20 Proにも付けられていました。 "1"、"2"と付番されたタブは、意味のないものです。接着剤のプルタブではありませんので、ご注意ください。”3”と付番されたタブが、ケースからバッテリーを引き上げてくれます。 このバッテリーは標準サイズの16.04 Wh (4200 mAh @ 3.82 V)です。Mate 20 Proモデルと大きな違いはありません。Galaxy S10+(15.79 Wh)と比べると若干大きく、iPhone XS Max(12.08 Wh)よりもっと大きいです。
    • このバッテリーには取り出しに便利なプルタブがついています。前モデルMate 20 Proにも付けられていました。

    • "1"、"2"と付番されたタブは、意味のないものです。接着剤のプルタブではありませんので、ご注意ください。”3”と付番されたタブが、ケースからバッテリーを引き上げてくれます。

    • このバッテリーは標準サイズの16.04 Wh (4200 mAh @ 3.82 V)です。Mate 20 Proモデルと大きな違いはありません。Galaxy S10+(15.79 Wh)と比べると若干大きく、iPhone XS Max(12.08 Wh)よりもっと大きいです。

  11. スクリーンに移ります。接着剤と格闘中に見つけたものは、ディスプレイ裏側に搭載された、ガラスを振動させるイヤフォンスピーカーモジュールの反対側です。 バックカバーのように、一見したところ、フレームとディスプレイ間の隙間がほとんど存在しないようです。そしてわずかにカーブしたディスプレイエッジのため、作業はさらに困難です。強靭なディスプレイを温めて、接着剤を剥がし、力ずくでこじ開けたため、もうディスプレイは使いものにならないはずです。 フレームとディスプレイの間に張られた強力な接着剤は、スパイダーマンが船を糸で繋ぎ合わせているかのように、私たちに戦いを挑んでいます。
    • スクリーンに移ります。接着剤と格闘中に見つけたものは、ディスプレイ裏側に搭載された、ガラスを振動させるイヤフォンスピーカーモジュールの反対側です。

    • バックカバーのように、一見したところ、フレームとディスプレイ間の隙間がほとんど存在しないようです。そしてわずかにカーブしたディスプレイエッジのため、作業はさらに困難です。強靭なディスプレイを温めて、接着剤を剥がし、力ずくでこじ開けたため、もうディスプレイは使いものにならないはずです。

    • フレームとディスプレイの間に張られた強力な接着剤は、スパイダーマンが船を糸で繋ぎ合わせているかのように、私たちに戦いを挑んでいます。

    • ここで疑問が頭を過ぎりました。もしスクリーンデバイス上部半分が割れたり、壊れたら、新イヤフォンスピーカー技術によるサウンドクオリティに影響はあるのでしょうか?変わりなく、機能するのでしょうか?これは更なる調査が必要ですー追って結果を報告します!

  12. P30 Proの分解が終わりました。幾つか重要なポイントを列挙してみましょう。
    • P30 Proの分解が終わりました。幾つか重要なポイントを列挙してみましょう。

    • 強固に接着剤で留められたデバイスには、開口するための隙間がほとんどありません。

    • この内側にはペリスコープカメラやディスプレイに搭載された指紋認証センサなど、素晴らしい光学テクノロジーが詰まっています。

    • 大型バッテリーに、接着剤から外しやすいプルタブが付いています。

    • さらに長く伸びたスクリーン裏側に、接着剤で留められたイヤフォンスピーカーが搭載されています。

    • これら全てを考慮して、修理難易度を算出しましょう。

  13. 最終案
    • 1本のプラスネジ用ドライバーがあれば、このデバイス内のネジに対応できます。
    • ほとんどのコンポーネントがモジュールで個別に交換が可能です。ただし、イヤフォンスピーカーの片一方を除きます。
    • 強靭な接着剤と戦う意思があるならば、バッテリーの交換は可能です。
    • 重厚に接着剤で塗布されたフロントとバックガラスは割れてしまう確率が高まります。そして修理の取り掛かりとなる開口作業が難しくなります。
    • スクリーンの修理は、タフな接着剤と戦いながらの解体作業となります。(バックパネル、バッテリーとスクリーン)
    修理難易度スコア
    4
    10点満点中4点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

And P30 please!

magnus - 返信

Tnx for disassembly explanation. What is under PCB stack?

Michel Markovski - 返信

Is there any chance you will do a overview of the front internals for a wallpaper? I along with other people would be thrilled to have it :)

Robert Louth - 返信

Hi Robert,

You can find the wallpaper here! Enjoy!

https://ifixit.org/blog/15777/huawei-p30...

Arthur Shi -

Orange flex looks like grounding flex. It would be nice to see what is other side of that part.

Tony Vahtera - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 235

過去 7 日: 1,326

過去 30 日: 6,002

今までの合計 72,323