はじめに

The feathers in a down jacket need to be held in place or else they’ll all slide to the bottom of the jacket, leaving your upper torso and shoulders without insulation. The easiest method to prevent this is simply sewing the jacket’s outer and inner fabrics together with seams to keep the feathers from shifting about. While this type of construction solves the problem of feather migration, the seams and corresponding holes in the fabric allow moisture and cold air to penetrate the jacket, decreasing the down’s insulating efficiency. Many Patagonia jackets incorporate internal baffles to keep the down from shifting. The baffle acts like a shelf inside your jacket to hold the down insulation while eliminating the need for seams that pierce both the internal and external fabric. While this is a more complicated construction method, the performance of the finished jacket is greatly improved.This guide shows you how to repair a non-lined portion of your jacket. If you’re not sure whether or not you jacket is lined, or you have a lined jacket, complete our Opening a Patagonia Down Jacket Guide before you follow the steps in this guide.

For replacement parts or further assistance, contact Patagonia Customer Service.

ダウンジャケットの穴を確認します。ダウンが穴から出るのを防ぐためにバッフル全体を修理しなければなりません。
  • ダウンジャケットの穴を確認します。ダウンが穴から出るのを防ぐためにバッフル全体を修理しなければなりません。

コメントを追加する

粘着性の補修テープを穴を覆う十分な大きさに切ります。 粘着性の補修テープを穴を覆う十分な大きさに切ります。
  • 粘着性の補修テープを穴を覆う十分な大きさに切ります。

コメントを追加する

補修テープを穴に貼ります。 補修テープを穴に貼ります。 補修テープを穴に貼ります。
  • 補修テープを穴に貼ります。

コメントを追加する

リッパーを使って、修理が必要なバッフルの終わりの縫い目をほどきます。ここでは一番近い縫い目は袖下です。 作業しやすいように縫い目は長めにほどきます。 作業しやすいように縫い目は長めにほどきます。
  • リッパーを使って、修理が必要なバッフルの終わりの縫い目をほどきます。ここでは一番近い縫い目は袖下です。

  • 作業しやすいように縫い目は長めにほどきます。

コメントを追加する

ジャケットを裏返します。 バッフルの幅を測ります。ここでは5センチです。 2つのバッフルを修理するので、幅10センチ強のあて布が必要です。
  • ジャケットを裏返します。

  • バッフルの幅を測ります。ここでは5センチです。

  • 2つのバッフルを修理するので、幅10センチ強のあて布が必要です。

  • バッフルの縫い目に沿ってバッフルの長さを測ります。ここでは23センチですが、袖の修理なので2倍の長さの46センチのあて布を用意します。

コメントを追加する

あて布を用意します。修理箇所を確実に覆うよう各方向に3~5センチ余裕を持たせて布を裁断します。 ここでは修理箇所がわかりやすいようにジャケットよりやや明るい色の生地を使用しています。
  • あて布を用意します。修理箇所を確実に覆うよう各方向に3~5センチ余裕を持たせて布を裁断します。

    • ここでは修理箇所がわかりやすいようにジャケットよりやや明るい色の生地を使用しています。

  • 生地の長辺の端を折り返し、まっすぐにします。

コメントを追加する

折り目にアイロンをかけます。 折り目にアイロンをかけます。 折り目にアイロンをかけます。
  • 折り目にアイロンをかけます。

コメントを追加する

折り返した縁を修理箇所の一番外側の縫い目沿いに配置します。 折り返した布が穴の開いたバッフルと継ぎ当て布の間にあることを確認します。 バッフルの折り返した縁を縫い目に揃えてまち針でとめます。
  • 折り返した縁を修理箇所の一番外側の縫い目沿いに配置します。

  • 折り返した布が穴の開いたバッフルと継ぎ当て布の間にあることを確認します。

  • バッフルの折り返した縁を縫い目に揃えてまち針でとめます。

コメントを追加する

まち針で留めた箇所をミシンで縫います。 新たなステッチが目立たず、また穴からダウンが出るのを防ぐために極細の針を使用します。 もとのバッフルの縫い目上を縫います。折り返し部分の最も生地端に近い所を縫います。
  • まち針で留めた箇所をミシンで縫います。

  • 新たなステッチが目立たず、また穴からダウンが出るのを防ぐために極細の針を使用します。

  • もとのバッフルの縫い目上を縫います。折り返し部分の最も生地端に近い所を縫います。

  • 袖を修理するときは袖を塞いでしまわないよう、片側だけを縫っていることを確認してください。

  • もとのバッフルの縫い目をゆっくりと丁寧に縫います。必要であれば折り返した生地端を揃え直してください。

コメントを追加する

縫い目の端を覆っていたバイアステープを一緒に縫ってしまわないよう注意してください。 折り返し部分を注意深く縫います。 滑りやすい生地なのでゆっくり進めましょう。
  • 縫い目の端を覆っていたバイアステープを一緒に縫ってしまわないよう注意してください。

  • 折り返し部分を注意深く縫います。

  • 滑りやすい生地なのでゆっくり進めましょう。

  • 縫い目の終わりにたどり着いたら糸がほどけないよう返し縫いをします。

コメントを追加する

ここでは合計3箇所の縫い目を縫っています。外側の生地端を縫い終わったので、真ん中の縫い目は飛ばし、反対側の外側の生地端の縫い目上に2つ目の折り返し部分を揃えてまち針でとめます。 2つめの縫い目を縫います。 2つめの縫い目を縫います。
  • ここでは合計3箇所の縫い目を縫っています。外側の生地端を縫い終わったので、真ん中の縫い目は飛ばし、反対側の外側の生地端の縫い目上に2つ目の折り返し部分を揃えてまち針でとめます。

  • 2つめの縫い目を縫います。

コメントを追加する

縫い進めます。 2つめの画像は縫い終わった時点での見た目です。
  • 縫い進めます。

  • 2つめの画像は縫い終わった時点での見た目です。

コメントを追加する

もとのバッフルのステッチが見えるようにジャケットの裏返しを直します。 バイアステープを一緒に縫ってしまわないよう注意してください。 縫い終わった2つの縫い目の中間にある縫い目にミシンの押さえ金を揃えます。
  • もとのバッフルのステッチが見えるようにジャケットの裏返しを直します。

  • バイアステープを一緒に縫ってしまわないよう注意してください。

  • 縫い終わった2つの縫い目の中間にある縫い目にミシンの押さえ金を揃えます。

コメントを追加する

もとのバッフルの中央のステッチの上を直接縫います。 バイアステープを一緒に縫ってしまわないよう注意してください。 バイアステープを一緒に縫ってしまわないよう注意してください。
  • もとのバッフルの中央のステッチの上を直接縫います。

  • バイアステープを一緒に縫ってしまわないよう注意してください。

コメントを追加する

あて布の余分を切り取ります。 あて布の余分を切り取ります。
  • あて布の余分を切り取ります。

コメントを追加する

ここでは、袖の縫い目を揃え直す必要があります。 バイアステープを一緒に縫ってしまわないよう注意してください。 はじめと終わりに返し縫いをして、袖下の縫い目を縫い閉じます。
  • ここでは、袖の縫い目を揃え直す必要があります。

  • バイアステープを一緒に縫ってしまわないよう注意してください。

  • はじめと終わりに返し縫いをして、袖下の縫い目を縫い閉じます。

コメントを追加する

袖の縫い目上にバイアステープを配置します。 バイアステープが縫い目の両側を同等に覆うように調整します。
  • 袖の縫い目上にバイアステープを配置します。

  • バイアステープが縫い目の両側を同等に覆うように調整します。

コメントを追加する

バイアステープを縫い合わせます。バイアステープのできるかぎり内側の生地端を縫います。 はじめと終わりに返し縫いをします。 はじめと終わりに返し縫いをします。
  • バイアステープを縫い合わせます。バイアステープのできるかぎり内側の生地端を縫います。

  • はじめと終わりに返し縫いをします。

コメントを追加する

縫い目をチェックします。すべてがきちんと配置されているのを確認し、糸を切ります。 縫い目をチェックします。すべてがきちんと配置されているのを確認し、糸を切ります。
  • 縫い目をチェックします。すべてがきちんと配置されているのを確認し、糸を切ります。

コメントを追加する

ゴール

9 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Yoshihiro HIRANOさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! 貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Brittany McCrigler

メンバー登録日: 2012年03月05日

78,110 ポイント

431のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

117 メンバー

5,753のガイドは作成済み

This looks so complicated and I don't own a sewing machine.

soconnell - 返信

I could never do this myself. Is there any talented seamster or seamstress out there who has done this before and would like to do my repair for a fee?

Can one buy matching fabric from patagonia?

danilowitz - 返信

Yes, this seems overwhelming. Patagonia, please sell simple, iron-on supplies in your colors. This would be a GENIUS move. I just bought a used Down Sweater for a mere $30 and need to repair 2 holes. My plan is to stitch them tight with a needle & thread in a similar color (it's Viking Blue), but was hoping for a SIMPLE patch solution on here. None exists. Most of us don't have time for replacing baffles, and aren't looking for perfection. Matching colors would be awesome. As would a clear patch that will last through a lifetime of washes, and has Patagonia's seal of approval. I bet you could come out with a line of simple fix-it products. Even if iron-on solutions only last for say, 10 washes or something. Give busy, working moms like me who rely on your outerwear easier solutions so we can continue to buy used and keep up the green circle, so your products continue to see many years of life. :)

Rachel - 返信

The other option is to send it in to Patagonia's repair center, it will be free as everything at Patagonia is covered by the Iron Clad Guarantee. They will fix it or replace for free, regardless of when it was bought, how bad of a rip it is, etc.

Mary - 返信

please upload some vids to: how to repair big down jacket to fit off (from L size to M size)

thank you

mark santos - 返信

just stop at step 3 ....or send it in

kicurtis - 返信

Yes, I have been sewing for many years, but I still dont think this repair is as difficult as some of you may think. What's difficult is trying to write out directions for folks who haven't a great deal of sewing experience, so, the author had to include deeply detailed instructions. It may help to think of it as an overly large patch, that simply is the size and shape of the baffles. Fold under edges & stitch - do your best to follow on top of existing stitch lines. Tada! You CAN do it!

DressDr - 返信

She mentions that if you err when trying this you can send it in for repair. Can you provide me with the address as to where I can send my jacket?

cecile - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 37

過去 7 日: 182

過去 30 日: 921

今までの合計 68,514