メインコンテンツにスキップ

はじめに

Harley-Davidson Sportsterはこれまで数々のマイナーチェンジがされてきましたが、オイル交換の仕方については1986年から現在に至るまで変わっていません。このガイドでは1998年モデルを例に説明します。

  1. ドレンホースに手が届きやすくするために、ジャッキなどを使用してバイクを持ち上げてください。 安全に作業するために、作業場の整理整頓を心掛けましょう。また作業場では絶対にバイクを走らせないでください。 安全に作業するために、作業場の整理整頓を心掛けましょう。また作業場では絶対にバイクを走らせないでください。
    • ドレンホースに手が届きやすくするために、ジャッキなどを使用してバイクを持ち上げてください。

    • 安全に作業するために、作業場の整理整頓を心掛けましょう。また作業場では絶対にバイクを走らせないでください。

  2. 多くの他のバイクとは違い、ハーレーダビッドソン・スポーツスター エボリューションのエンジンにはオイルドレンホースが使用されています。プラグではありません。 このドレンホースはホースクランプ(留金)によって固定されています。 マイナスドライバーを使ってホースクランプ(留金)を緩めてください。なおオイルの受け皿を適切な場所に置いてからホースを取り外す様に注意してください。
    • 多くの他のバイクとは違い、ハーレーダビッドソン・スポーツスター エボリューションのエンジンにはオイルドレンホースが使用されています。プラグではありません。

    • このドレンホースはホースクランプ(留金)によって固定されています。

    • マイナスドライバーを使ってホースクランプ(留金)を緩めてください。なおオイルの受け皿を適切な場所に置いてからホースを取り外す様に注意してください。

    • オイルタンクからキャップとオイルゲージを外しておく事により、オイルが早く排出されます。

    • ドレンホースを引き抜き、受け皿にオイルを排出してください。

    • オイルの排出が終わったら、ドレンホースを交換しましょう。まだホースクランプ(留金)は閉めないでください。後ほどご説明します。

  3. オイルフィルターはエンジンの前方部、パイプ下のフレームとフロントシリンダーの間に搭載されています。 オイルの受け皿をバイク前方部、オイルフィルターの真下へ移動してください。 オイルフィルターレンチを使い、オイルフィルターを外します。
    • オイルフィルターはエンジンの前方部、パイプ下のフレームとフロントシリンダーの間に搭載されています。

    • オイルの受け皿をバイク前方部、オイルフィルターの真下へ移動してください。

    • オイルフィルターレンチを使い、オイルフィルターを外します。

    • オイルキャッチャーを使わない場合、排出されるオイルがフレームやバイクの各パーツに垂れることがあります。オイルが付いてしまった場合はすぐに拭き取るようにしてください。

  4. PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る
  5. オイルフィルターのおよそ半分が浸るまで新しいオイルを注ぎ入れてください。(画像では約1リットルのオイルを使用) 少量のクリーンオイルをゴムガスケット(パッキン)に塗って馴染ませてください。 オイルフィルターを取り付ける場所や残っていたオイルが流れ落ちてしまった箇所をしっかりと拭いてください。
    • オイルフィルターのおよそ半分が浸るまで新しいオイルを注ぎ入れてください。(画像では約1リットルのオイルを使用)

    • 少量のクリーンオイルをゴムガスケット(パッキン)に塗って馴染ませてください。

    • オイルフィルターを取り付ける場所や残っていたオイルが流れ落ちてしまった箇所をしっかりと拭いてください。

    • 古いゴムガスケット(パッキン)がフィルター取り付け箇所に残っていないかを確認し、新しいフィルターの取り付け面もきれいなことを確かめてください。

  6. ゆっくりと新しいオイルフィルターを入れ、時計回りに回してください。その際に、強く締めすぎ無いように注意しましょう。エンジン側のガスケットに接触したことによる抵抗を感じてから半分ほど回すくらいが良いでしょう。
    • ゆっくりと新しいオイルフィルターを入れ、時計回りに回してください。その際に、強く締めすぎ無いように注意しましょう。エンジン側のガスケットに接触したことによる抵抗を感じてから半分ほど回すくらいが良いでしょう。

  7. オイルの受け皿をオイルドレインチューブの下に移動させます。この時オイルがチューブに溜まっている場合、残りがほとんど無くなるまでオイルを取り除きましょう。 オイルドレインチューブを突起に再度取り付け、マイナスドライバーでホースクランプ(金具)を締めてください。
    • オイルの受け皿をオイルドレインチューブの下に移動させます。この時オイルがチューブに溜まっている場合、残りがほとんど無くなるまでオイルを取り除きましょう。

    • オイルドレインチューブを突起に再度取り付け、マイナスドライバーでホースクランプ(金具)を締めてください。

  8. オイルキャップとオイルゲージをタンクから取り外します。 いくつかのモデルではオイルキャップを取り外す際に最初に捻る必要があります。もし自分のバイクがそのモデルか不明な場合、傷つけないように注意して優しく取り扱いましょう。 ファンネル(漏斗)を使ってゆっくりと約3リットルのオイルを入れてください。
    • オイルキャップとオイルゲージをタンクから取り外します。

    • いくつかのモデルではオイルキャップを取り外す際に最初に捻る必要があります。もし自分のバイクがそのモデルか不明な場合、傷つけないように注意して優しく取り扱いましょう。

    • ファンネル(漏斗)を使ってゆっくりと約3リットルのオイルを入れてください。

    • エボリューションエンジンは新車やオーバーホールした場合は約3.5リットルのオイルを入れる必要がありますが、オイル交換の場合は3リットルで問題ありません。

    • (サイドスタンド等を使用してバイクの位置を固定し)オイルゲージでオイルの量を確認しながらオイルゲージの二つのマークの間に来る様に調整下さい。約3リットルのオイルを入れると上のマークの位置に来ているでしょう。

まとめ

オイル交換が終わったらエンジンをかけ、実際に走らせてみながらオイル漏れがないか確認しましょう。必要に応じてエンジンオイルの量を調整して下さい。

60 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Eric Essen

メンバー登録日: 2010年06月04日

16,106 ポイント

8のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

99 メンバー

9,302のガイドは作成済み

One of the most helpful guides on a sportster oil change.

brandon christian - 返信

You may be able to use a Form-A-Funnel (Pig Funnel) to catch the oil from the filter.

http://www.formafunnel.com/buyNow.html

IF(!) I owned a Hardley like this, i would keep an eye on the drain hose for deterioration or road debris damage, and probably carry a spare hose. Also, a vandal could loosen the clamp or cut the hose.

George - 返信

Very helpful, simple instruction, good pictures

Howard Brewer - 返信

Best oil change I've read. Easy and hard to make mistakes. A+

Phillip Esquibel -

Eric Essen: G. bless your generations forever. Manu, Brazil.

Manu Costa - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 80

過去 7 日: 643

過去 30 日: 3,121

今までの合計 220,970