Skip to main content

はじめに

このDualShock 4は、両方のアナログスティックにドリフト挙動が発生していました。非常にわかりやすいジョイスティックの交換により、この問題は解決しました。

  1. フィリップス#00ドライバーを用いて、コントローラとリアカバーを留めている4つの6.0mmネジを外します。
    • フィリップス#00ドライバーを用いて、コントローラとリアカバーを留めている4つの6.0mmネジを外します。

    • ネジに無理やり緩めないでください。ネジに永続的なダメージを与えてしまい、取り外しができなくなる場合があります。

  2. 左側から始めてください。 コントローラの左側ショルダーを掴んでこじ開けます。 プラスチックの開口ツールを開口部分の隙間に差し込み、ジョイスティック側にスライドします。
    • 左側から始めてください。

    • コントローラの左側ショルダーを掴んでこじ開けます。

    • プラスチックの開口ツールを開口部分の隙間に差し込み、ジョイスティック側にスライドします。

    • 押し下げてケースを割り開けます。

    • 右側も同じ手順を繰り返します。

  3. プラスチックの開口ツールを開口部分に差し込んで、以下のボタンの付近のケースを開口するため、両側から開けます。 Shereボタン Optionボタン
    • プラスチックの開口ツールを開口部分に差し込んで、以下のボタンの付近のケースを開口するため、両側から開けます。

    • Shereボタン

    • Optionボタン

    • コントローラのプラスチックカバーを開いた後でも、基板上のリボンケーブルが接続している状態であることを念頭に置いてください。

    • 3つの小さいパーツはコントローラから外れる場合があります。失くさないよう、作業スペースを管理してください。

    • 2つのトリガースプリング

    • 1つのグレーのリセットボタンの延長パーツ

  4. コントローラの2つのパートを接続している、マザーボードのリボンケーブルを、指で引き抜いて取り外します。 接続しなおす際には、ケーブルの向きに注意して、正しい方向を向いていることを確認します。 2つのパートを分離したら、コントローラのトップパートは脇に置きます。
    • コントローラの2つのパートを接続している、マザーボードのリボンケーブルを、指で引き抜いて取り外します。

    • 接続しなおす際には、ケーブルの向きに注意して、正しい方向を向いていることを確認します。

    • 2つのパートを分離したら、コントローラのトップパートは脇に置きます。

  5. MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now

    MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now
  6. 先端が丸いピンセットを使用して、バッテリープラグをゆっくりと左右に揺らしながらプラグを緩めます。 マザーボードからプラグを取り外すと、バッテリーを持ち上げてコントローラから分離できます。 慌ててバッテリープラグを取り外すと、プラグのプラスチックのツメが歪んでしまうことがあります。
    • 先端が丸いピンセットを使用して、バッテリープラグをゆっくりと左右に揺らしながらプラグを緩めます。

    • マザーボードからプラグを取り外すと、バッテリーを持ち上げてコントローラから分離できます。

    • 慌ててバッテリープラグを取り外すと、プラグのプラスチックのツメが歪んでしまうことがあります。

  7. バッテリーの固定リテイナーの下にある6.0mmのプラスネジ1本を#00のドライバーを使って外してください。
    • バッテリーの固定リテイナーの下にある6.0mmのプラスネジ1本を#00のドライバーを使って外してください。

    • ネジが壊れるほど強い力をかけないでください。もしこの部品に回復不能な損傷が加えられた場合、分解が不可能になる可能性があります。

  8. 先の丸いピンセットを使って、マザーボードとタッチパッドをつなぐリボンをゆっくりと切り離します。タッチパッドリボンはきつくしたり、緩めるために調整するコネクタでマザーボードと接続しています。再組み立ての際、リボンを再装着するには、プラスチックトレイをマザーボードからゆっくりと取り外して、ラッチを裏返します。 先の丸いピンセットを使って、マザーボードとタッチパッドをつなぐリボンをゆっくりと切り離します。タッチパッドリボンはきつくしたり、緩めるために調整するコネクタでマザーボードと接続しています。再組み立ての際、リボンを再装着するには、プラスチックトレイをマザーボードからゆっくりと取り外して、ラッチを裏返します。
    • 先の丸いピンセットを使って、マザーボードとタッチパッドをつなぐリボンをゆっくりと切り離します。タッチパッドリボンはきつくしたり、緩めるために調整するコネクタでマザーボードと接続しています。再組み立ての際、リボンを再装着するには、プラスチックトレイをマザーボードからゆっくりと取り外して、ラッチを裏返します。

  9. 注意しながらフロントカバーからマザーボードを取り外します。 バイブレーションモーターはマザーボードに軽く合わせます。両端のサポートをきちんと合わせると取り外しが簡単になります。
    • 注意しながらフロントカバーからマザーボードを取り外します。

    • バイブレーションモーターはマザーボードに軽く合わせます。両端のサポートをきちんと合わせると取り外しが簡単になります。

    • マザーボードアセンブリを外す際には、ボタンとボタンカバーが落ちてしまうかもしれないため、下のフロントカバーの上面を傾けないでください。

  10. コントローラの分解に成功すると、3つのパーツに分けることができます: マザーボードアセンブリ フロントカバー
    • コントローラの分解に成功すると、3つのパーツに分けることができます:

    • マザーボードアセンブリ

    • フロントカバー

    • リアカバー

  11. 「補助クリップ」または同様の工具を使用して、はんだ付けを実行できるように回路基板を固定します。 これらのはんだ接点のはんだを溶かす必要があります。基板は裏返しになっているため、左スティックは右側になります。 はんだ吸い取り線とフラックスを使用して、はんだを溶かして除去します。
    • 「補助クリップ」または同様の工具を使用して、はんだ付けを実行できるように回路基板を固定します。

    • これらのはんだ接点のはんだを溶かす必要があります。基板は裏返しになっているため、左スティックは右側になります。

    • はんだ吸い取り線とフラックスを使用して、はんだを溶かして除去します。

  12. すべての接点のはんだが溶けると、古いジョイスティックを取り外せます。すべてのはんだの除去が必要となるため、この作業には多少練習が必要です。はんだを溶かし、吸い取り線を使用する際に、ジョイスティックを少し引っ張るとやりやすくなります。 新しいジョイスティックの接点が、元のものと同じであることを確認します。 すべてのホールに古いはんだが残っていないことを確認します。注射針と微細ドリルビットを使用して、ホールをきれいにすることが可能です。基板上にある、溶けたような外観の物質が、はんだを溶かす際に使用するフラックスです。
    • すべての接点のはんだが溶けると、古いジョイスティックを取り外せます。すべてのはんだの除去が必要となるため、この作業には多少練習が必要です。はんだを溶かし、吸い取り線を使用する際に、ジョイスティックを少し引っ張るとやりやすくなります。

    • 新しいジョイスティックの接点が、元のものと同じであることを確認します。

    • すべてのホールに古いはんだが残っていないことを確認します。注射針と微細ドリルビットを使用して、ホールをきれいにすることが可能です。基板上にある、溶けたような外観の物質が、はんだを溶かす際に使用するフラックスです。

  13. 新しいジョイスティックを回路基板に挿入します。正しく装着されており、すべての接点が回路基板のホールにはまっていることを確認します。 すべての接点を基板にはんだ付けします。 これが修理後の基板です。最後に古いフラックスを無水エタノールで拭き取ります。
    • 新しいジョイスティックを回路基板に挿入します。正しく装着されており、すべての接点が回路基板のホールにはまっていることを確認します。

    • すべての接点を基板にはんだ付けします。

    • これが修理後の基板です。最後に古いフラックスを無水エタノールで拭き取ります。

まとめ

コントローラを組み立てる際は、これらの手順を逆に実行してください。

38 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

prednin5mgさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

oldturkey03

メンバー登録日: 2010年09月29日

578,043 ポイント

101のガイドは作成済み

チーム

OTS OTS人のメンバー

Business

1 メンバー

127のガイドは作成済み

Swammieslippyslappy, there is no lead in the device, if so the solder would release much easier. Lead Solder goes to liquid at 180-190 Celsius vs lead free at 212-226 Celsius. I would suggest buying a desoldering iron (cheap ones are fine $10-$20 they have the bulb attached for one handed operation) as using a solder wick becomes rather tedious with the smaller parts.

Joseph Van Meter - 返信

Would this fix the issue with the L3 button not remaining activated after initiating? (ie. running in call of duty)

Jorge - 返信

Very helpful guide!! I've never soldered/desoldered anything before so this was a little difficult for me. I ran into a few problems along the way: my inital soldering iron was 30W and it wasn't melting the solder, so I had to buy a 40W iron and that one did the trick. I also had a rough time using the desoldering wick (the solder didn't seem to suck up into the wick) so I ended up using a combination of a desoldering pump and the wick. I eventually got the piece out and the rest was easy! Thanks again and if anybody needs help with this project feel free to message me and I'll do the best I can to help.

SergeantCorbett - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 57

過去 7 日: 420

過去 30 日: 1,951

今までの合計 148,941